仮想通貨BATの今後は明るい?BATの概要や将来性、見通しまで徹底解説!

最近よく見かける「BAT」ってなに?
どんな仮想通貨で、何に役立ってるの?
今後の将来性っていうところではどうなの?

といった方に向けた記事となります。

近年、ニュースや報道でもよく耳にするようになった「BAT」。
BATとは一言でいうと、仮想通貨のひとつです。

本記事では、そんなBATの概要、今後の見通しや将来性、について詳しく解説しています。

またそれに加えて、BATを購入するためのおすすめの暗号資産交換業者(取引所)についても紹介しています。

ぜひ最後までご覧いただき、BATの購入にあたってのひとつの参考にしていただければと思います。

2022年8月11日17時58分現在の価格は『60.73円』です。

BAT(ベーシックアテンショントークン)についてまとめると
  • BATとは、仮想通貨のひとつ。
  • Basic Attention Token(ベーシック アテンション トークン)の頭文字をとってBATと呼ばれる。
  • Webブラウザ「Brave」で、独自トークンとして用いられている。
  • Braveの利用者増加や、提携企業のニュースが出たら買い時。
暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

BAT(ベーシックアテンショントークン)とは?

BATとは一言でいうと、仮想通貨の種類のひとつです。

Basic Attention Token(ベーシック アテンション トークン)の頭文字をとって、「BAT」と呼ばれています。

BATは2021年に上場した、比較的新しい部類の仮想通貨となっています。

時価総額は2022年6月現在で約706億4300万円です。

時価総額ランキングとしては、これまで70位台を行き来している状況でした。
しかし2022年6月下旬で、時価総額ランキングで60位台に突入しています。

シンボル(通貨) BAT
価格(2022年8月11日時点) ¥60.73
時価総額(2022年8月11日時点) ¥90,912,075,991(67位)

BAT(ベーシックアテンショントークン)の特徴

BATの特徴についてご紹介します。

BATの大きな特徴として、「Brave」というWebブラウザにて、独自トークンとして利用されていることが挙げられます。
この「Brave」が利用されることで、仮想通貨が付与される、特殊な仮想通貨でもあります。

Webブラウザ「Brave」とは?

Brave Softwareが開発、運営しているWebブラウザ。

Chromiumがベースとなっている。
他にもWindows、macOS、Linux、iOS、Android版が存在する。

このWebブラウザ「Brave」の広告を見ることで、ユーザーにBATが付与される。

つまり、この「Brave」の利用が広がれば広がるほど、BATの価格は高騰していく、ということになります。

また、BATの特徴はこの「Brave」にとどまりません。
現在はYouTubeのスーパーチャットをはじめ、その他さまざまな配信サイトの「投げ銭」機能に活用されています。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の将来性が見込まれる理由

BATがどういうものかわかったけど、将来性はどうなの?

と思う方も多いかと思います。

結論、BATは今後の将来性が高い通貨であると見込まれています。

その理由はさまざまありますが、代表的なものとして以下の3つが挙げられます。

BAT(ベーシックアテンショントークン)についてまとめると
  • Webブラウザ「Brave」がさらに普及する可能性があるから
  • 大手企業との提携が拡大しているから
  • ロードマップにて、NFTやDeFiとの連携も発表しているから

それぞれ、順を追って解説します。

Webブラウザ「Brave」がさらに普及する可能性があるから

BATの将来性が見込まれる理由1つ目が、Webブラウザ「Brave」が普及する可能性があるからです。

普及する可能性がある理由として、Braveの斬新な取り組みが挙げられます。

「広告を見るだけでBATが得られる」。
つまりこれは、高いお金と手間が必要な資産を手軽に手に入れられるということです。

ユーザーには、広告を見るだけで、資産となる「仮想通貨」が手に入るというメリットがあります。

それに加えて、Braveのページの読み込み速度は従来のブラウザの2~8倍となっています。
もちろんプライバシー保護の観点でも優れたものである点もメリットです。

今はまだ知名度は低いのが現状です。
しかし何かのきっかけで知名度が上がることで、急激な伸びを見せることが期待できます。

また本来では、広告主(企業やメーカー)とメディアの間には、「中間企業」が存在します。
しかしBraveでは「中間企業」がなく、広告主と直接やり取りを行います。

そのため、「広告主にとって広告費が削減されるメリット」もあります。

このようにユーザーのみならず、広告主に対してもメリットが存在します。

このような観点から、「Brave」が今後さらに普及する可能性は高いといえます。

大手企業との提携が拡大しているから

BATの将来性が見込まれる理由2つ目が、大企業との提携が拡大しているからです。

Webブラウザ「Brave」に将来性を感じているのは、ユーザーや広告主にとどまりません。
現在進行系で、多くの企業がBATとの提携を拡大させています。
「Braveの機能をより有効に活用しよう」と考えているからです。

例えば動画配信プラットフォームの最大手「YouTube」。
「BATでスーパーチャット(投げ銭)ができる拡張機能」をBrave上に実装しました。

加えて、スポーツチームやアイドルと提携したサービスの立ち上げも発表しています。
BATでの投げ銭機能をさらに活用、拡大させていくためと考えられます。

動画配信プラットフォーム最大手「YouTube」がここまでBATに対して前のめりな姿勢を見せています
また、スーパーチャット(投げ銭)のような機能と、BATの相性はとてもいいとも言われています。

今後も動画配信サービスやクリエイターへの支援は拡大していくことと思われます。
このような観点から、今後もBATの将来性は明るいと予想されています。

ロードマップにて、NFTDeFiとの連携も発表しているから

BATの将来性が見込まれる理由3つ目は、ロードマップにてNFTやDeFiとの連携も発表しているからです。

BATは今後のアップデート予定として、ロードマップを発表しています。

主に発表されているのは、以下のとおりです。

BATが発表しているアップデート

アカウント間のユーザビリティの向上を図ったUI

モバイルとデスクトップのサポートアプリの追加

JavaScript Ethereum Provider API (window.ethereum)への対応

NFT、DeFiへの対応

この他にもさまざまなアップデートが予定されています。
中でも注目を浴びているのが、「NFT、DeFiへの対応」です。

NFTとは?

Non Fungible Token(ノン ファンジャブル トークン)の頭文字をとった造語。
「非代替性トークン」とも言われる。
「唯一無二の一点モノ」であることを証明するデジタル技術のこと。
現在は主に、アート作品や、ゲームのアバター、アイテムなどで用いられている。
今後新たな活用方法が期待され、注目を浴びている技術。

DeFiとは?

Decentralized Finance(ディセントラライズド ファイナンス)の頭文字をとった造語。
「分散型金融」とも言われる。
ブロックチェーン上につくられた、分散型金融システムのこと。
つまり「金融機関を介さず、無人で金融取引を行う仕組み」のこと。

NFTに対応することで、現在の投げ銭だけでなく、アートやゲーム、マンガといったさまざまなジャンルに活用できることが期待されます。

またDeFiに対応することで、さらなる高速な取引、そして高いセキュリティも実現できるとされています。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去の主な値動き

BATが将来性あるのはわかった。
でもBATはこれまでどんな高騰とか下落をしてるの?

この章では、BATのこれまでの値動きを見ていきます。

大きく高騰した例と、下落した時の事例をそれぞれご紹介します。

BATの購入のタイミングの指標として、ぜひ参考にしてください。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去最高値(202111月)

BATはこれまでで大きな価格高騰を、2度記録しています。

BATのこれまでの過去最高値は2021年11月です。
この11月の高騰は、大幅な高騰として2度目です。

金額としては、最高値として213.31円まで値上がりしています。
Web3.0関連の銘柄などが注目されていることが一因となっています。

また参考までにですが最初の高騰として、BATは2021年1~4月にかけても、大幅に価格が上昇しています。

具体的には1BAT約25円だったところ、150円を超えています。
つまり約6倍となっています。

一因として、NFTやメタバースにおけるブームが到来したことが挙げられています。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の過去の下落

これまで大幅な高騰を見せてきたBATですが、当然、大幅な下落も記録しています

主に挙げられるのが、大幅な値上がりの直後です。

BATは2021年4月、約160円を超える金額を記録しています。
しかしその2ヶ月後の2021年6月、価格は約60円前後まで下落しています。

また、2021年11月には過去最高値の213円を記録しました。
しかし、2ヶ月後の2022年1月ころには80円台まで下落

さらにその直後の2月には、ロシアによるウクライナへの侵攻がありました。
それがBATの下落にも拍車をかけている状況となっています。

また2022年の5月にはステーブルコインショックがありました。

ステーブルコインショックとは?

2022年5月、ステーブルコインのひとつ「テラUSD」が大きく暴落。

その影響によって、仮想通貨全体の価格が大幅に下落したニュースのこと。

ちなみにステーブルコインとは、「法定通貨と連動させて、価値の安定を維持する仮想通貨」の総称。
現在は一般的には、海外の暗号資産交換業者(取引所)で使用されている。

こちらの影響もあり2022年6月現在では、BATのみならず、仮想通貨全体の下落が続いている状況です。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の価格が高騰するタイミングの傾向

BATを買うベストなタイミングって、いつ頃?

このように、BATを購入するタイミングがわからない方もいるかと思います。

この章では、BATの価格が高騰するタイミングとして、以下のとおり3つご紹介します。

BATの価格が高騰するタイミング
  • Webブラウザ「Brave」のユーザー数増加が発表された時
  • BATが企業との提携を発表した時
  • 暗号資産交換業者(取引所)への上場が発表された時

Webブラウザ「Brave」のユーザー数増加が発表された時

BATの価格高騰タイミング1つ目は、Webブラウザ「Brave」のユーザー数増加が発表された時です。

BATはBraveの需要拡大とともに、価格が高騰します。
Braveにて広告を閲覧することで、ユーザーにBATが付与される仮想通貨だからです。

BATのアップデートのロードマップなども考慮すると、今後はBraveのユーザー数も増えていくことが予想されます。

もしユーザー数拡大のニュースがあれば、間違いなく価格は高騰します。
そのため「Braveのユーザー数に関するニュース」に関しては、いち早く、かつ、もれなくチェックしたいところです。

BATが企業との提携を発表した時

BATの価格高騰タイミング2つ目は、BATが企業との提携を発表した時です。

企業との提携は、仮想通貨の価格高騰において大きく影響を与えるためです。

具体例として現在、時価総額ランキング2位を誇るイーサリアムがあります。

イーサリアムは、アメリカのIT大手、マイクロソフトからの出資を受けています
その他にも、名だたる企業との提携を多数発表しており、現在の規模まで成長しました。
提携企業の中には、日本が誇るグローバル企業「トヨタ自動車」が含まれることも有名です。

世界規模の看板をかかげる企業が、仮想通貨へ出資する。
これは紛れもなく、仮想通貨の将来に本気度を見せている証拠です。

現在BATはYouTubeとも提携しています。
YouTubeにおいても、かのGAFAに関連するグローバル企業です。
今後も動画のプラットフォームやクリエイターをはじめ、提携企業が増えることが期待されます。

今後BATが大企業との提携を発表したら、買い時ともいってもいいでしょう。

暗号資産交換業者(取引所)への上場が発表された時

BATの価格高騰タイミング3つ目は、暗号資産交換業者(取引所)への上場が発表された時です。

暗号資産交換業者(取引所)が取扱を開始するということは、価格高騰の要因でしかありません

理由は主に以下です。

暗号資産交換業者(取引所)での取扱が価格高騰につながる理由

需要が高まっているから取扱いを開始するため
取扱開始によって、知名度も増加するため

実際に国内の暗号資産交換業者(取引所)、Coincheck(コインチェック)にてSANDの取扱が発表された時、価格が高騰しました。
また、同じくBITPoint(ビットポイント)にて、IOSTの取扱が発表された時も、IOSTの価格は高騰しています。

暗号資産交換業者(取引所)で新しく取扱が開始されることは、仮想通貨にとってメリットしかありません

もし新規で上場するニュースがあったら、即座に購入していいタイミングといるでしょう。

BAT(ベーシックアテンショントークン)の購入におすすめの取引所

BATって、どの取引所で購入できる?
日本の取引所でも、普通に取扱に対応してるの?

BATは近年で急激に知名度を上げているため、さまざまな暗号資産交換業者(取引所)で取扱に対応しています。

日本国内だけで見ても、多くの大手の暗号資産交換業者(取引所)で取り扱いしています。

そんな中からBAT購入におすすめの暗号資産交換業者(取引所)を以下のとおり6つご紹介します。

BAT(ベーシックアテンショントークン)についてまとめると
  • Coincheck(コインチェック)
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint(ビットポイント)

BATを購入するにあたって、ぜひ参考にしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のココがおすすめ!
  • アプリダウンロード数No.1
  • 取引手数料は取引所のなら無料
  • ビットコインなら、約500円から購入できる

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)1つ目は、Coincheck(コインチェック)です。

Coincheck(コインチェック)はアプリの直感的な操作性が評判の暗号資産交換業者(取引所)です。

また取扱通貨数の豊富さも魅力のひとつで、もちろんBATについても取扱にも対応しています。

ちなみにCoincheck(コインチェック)では2022年5月、仮想通貨「SAND」の取り扱いをスタートさせています。
今後もさまざまな仮想通貨の取り扱いが期待される暗号資産交換業者(取引所)です。

Coincheck(コインチェック)の入金口座は、GMOあおぞらネット銀行、もしくは住信SBIネット銀行いずれかです。
いずれかの銀行口座をすでに持っている方は、入金手数料が無料で済むものメリットです。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 17通貨(うち1通貨は取扱停止中)
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

※掲載情報は2022年6月20日に公式サイトで確認した内容です。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジ取引の取扱通貨数が国内でNo.1
  • 取引が可能になるまで、最短1時間
  • 入出金手数料、および取引手数料は無料

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)2つ目は、DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinの最大の特徴は、レバレッジ取引が可能な点にあります。
2022年5月現在、仮想通貨レバレッジ取引の取引通貨数は国内No.1を誇ります。

DMMグループは日本国内でも大変規模の大きい会社です。
BATの取扱にもしっかり対応しており、今後もさまざまな通貨の取扱に対応することが予想されています。
また入出金にかかる手数料が無料なのも大きなポイントといえます。

加えてDMM Bitcoinでは、多くの人がクイック入金を無料で利用できます
提携の金融機関は1,000社を超えているためです。

口座への入金は手数料の安さから銀行入金やコンビニ入金を利用するのが一般的で、反映までのタイムラグも気になります。

その点クイック入金なら、特定の場所に足を運ぶ必要もなく、料金の反映にもタイムラグもありません。
そんなクイック入金が無料なのは、時間軸で考えて大きなメリットとなるでしょう。

DMM BitcoinでBATを購入し、慣れてきたらレバレッジ取引にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 15通貨(うち、レバレッジ取引のみの取扱いが4通貨)
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

※掲載情報は2022年6月20日に公式サイトで確認した内容です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のココがおすすめ!
  • ビットコイン取引量が6年連続でNo.1
  • 登録から最短10分でコインの取引が可能
  • ビットコインならなんと約1円から売買可能

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)3つ目は、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量に関しては6年連続で1位という実績を誇ります。

取扱通貨数も国内の暗号資産交換業者(取引所)の中で最多水準です。
もちろんBATの取扱も行っており、これからも取扱通貨数は増えていくといえるでしょう。

またbitFlyer(ビットフライヤー)は、約1円からビットコインを購入できる点も魅力です。

名前

最初から大金をつぎ込むのは怖い。
とにかく少ない金額から始められたら嬉しい。

といった慎重派の方にもぜひおすすめです。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 330円(クイック入金)
※住信SBIネット銀行は0円
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
※三井住友銀行は上記金額より330円安い
取扱通貨数 15通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 直近30日の取引量に応じて0.15% BTC以下
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

※掲載情報は2022年6月30日に公式サイトで確認した内容です。

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのココがおすすめ!
  • 取扱通貨数は20通貨で、国内最多
  • 登録から取引までの時間が最短10分
  • 入出金手数料は無料

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)4つ目は、GMOコインです。

GMOコインは2022年5月現在で、国内取引所では顧客満足度1位を獲得ています。

初心者におすすめの機能も充実しており、これから仮想通貨を始める方にも最適といえます。

暗号資産交換業者(取引所)の基本的な入出金手数料は、合計で1,000円ほどかかります。
しかし一方でGMOコインなら、無料にすることも可能です。

GMOコインは口座開設スピードにも定評があり、最短10分で取引できる手軽さも魅力です。

もちろん取り扱い通貨数も豊富で、国内の取引所の中でも最多の20種類を誇ります。
現在BATはもちろん取扱に対応しています。
今後も、新たに上場する仮想通貨の上場にも注目です。

今後の値上がりを期待できるコインの購入のみならず、取引までのスピードや手数料など総合力に優れています。
そのため、初心者にも自信をもっておすすめできる暗号資産交換業者(取引所)です。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 20通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

※掲載情報は2022年6月20日に公式サイトで確認した内容です。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)のココがおすすめ!
  • 取引量が多くチャートが安定しているので、スプレッドの変動も少ない
  • 取り扱い銘柄が14種類と業界最多
  • シンプルなUIで、アプリやツールの使いやすさに定評あり

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)5つ目は、bitbank(ビットバンク)です。

ビットバンクは公式サイトをはじめ、全体的なUIのシンプルさが特徴です。
各種ツールの機能性、スマホアプリが直感的に操作できる点に定評があります。

bitbank(ビットバンク)は2021年3月、新たにBATの取扱を開始しています。
この流れに沿って、今後もさまざまな通貨の取扱に対応していくでしょう。

また、「Trading View(トレーディングビュー)」が使える点も魅力となっています。
「Trading View(トレーディングビュー)」はbitbank(ビットバンク)が運営するチャートツールです。

加えてbitbank(ビットバンク)は、取引量が多く売買が活発化しています。
そのため、注文が通りやすいというメリットも魅力です。

またBATだけでなく、アルトコインの中でも需要の拡大を見せるリップル、シンボルなども手広く扱っています。
そのため、アルトコインに興味がある人にもおすすめの暗号資産交換業者(取引所)です。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 0円
出金手数料 550円 / 770円(3万円以上)
取扱通貨数 14通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%CC
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

※掲載情報は2022年6月20日に公式サイトで確認した内容です。

仮想通貨BATまとめ

以上、BATの特徴や将来性、値動きや購入のタイミング、おすすめの暗号資産交換業者(取引所)についてご紹介してきました。

BATの価格高騰は、Webブラウザ「Brave」のユーザー数の拡大がキモとなります。

もし現在主流となっているChromeやEdge、Firefoxに並ぶシェアににまで成長すれば、BATの価格は青天井となる可能性もあります。

BATは日に日に知名度を上げ、注目が集まっている仮想通貨です。
今後もより注目が集まり、価格は高騰していくことが期待されています。

BATを購入するのは、「知名度が低い今のうち」なのかもしれません。

なお、仮想通貨については以下の記事も参考になります。

【6月最新】リップル(XRP)とは?今後がやばい理由と見通し、価格予想・将来性を解説

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。