ビットコインの今後は?過去の出来事や専門家の予測から今後の値動きを予測!

読者

ビットコインって今後どうなるの?

読者

ビットコインの今度の見通しを分析するための情報が知りたい!

ビットコインは2022年8月11日17時54分現在『1BTC=3,240,336円』で推移しています。

この価格はここ半年で約-60%の下落となり、歴史的相場となっています。

そんな中、ビットコインは一時下げ相場から反発の動きを見せるなど、今後が再注目の動きを見せています。

ビットコインとは、インターネットを通じて流通する暗号資産の一種で、全世界で最も時価総額が高い暗号資産です。

今回は、そんなビットコインの今後の見通しや、ビットコインを購入すべきタイミング、コイン後ビットコインを購入する時に最適な取引所などについて詳しく紹介していきます。

この記事のポイント
  • ビットコインは世界で初めて作られた仮想通貨
  • 今後も価格が上昇すると予測している専門家が多い
  • 大型アップデートや国家規制の影響を受けやすい
  • ビットコイン投資をするにはまずは自分で予測することが大切
  • ビットコイン投資は取引所で口座開設をする必要がある

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

⬇︎こんな記事もおすすめ

ビットコイン・仮想通貨の始め方【かんたん】初心者でも儲けるコツや買い方を解説

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【2022年8月11日更新】ビットコインの価格

通貨名 Bitcoin(ビットコイン)
通貨単位 BTC
価格(2022年8月11日時点) 3,240,336円

先月のBTC/USDは、月間の上昇率が約19%ととなり、2022年のこれまでの月と比較しても、明らかに異なる動きをしたひと月となりました。

この大きな上昇により、リターンは2021年以来史上最高値をマークするとみられます。

8月は7月末の6週間ぶりの高値更新により、上昇傾向でスタートをしました。

この影響から、8月は強気の勢いが強まることに期待ができるとの見方もあります。

この勢いに乗り遅れないためにも、今のうちから仮想通貨取引所で口座開設をし、ビットコインを保有しておくことがおすすめです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

2021年にビットコインに大きな影響を与えた出来事

2021年にビットコインに大きな影響を与えた出来事を振り返ってみましょう。

2021年にビットコインに大きな影響を与えた出来事
  • 暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場
  • テスラ社がビットコインの購入を発表
  • カナダでビットコインETFの承認を発表
  • 中国でビットコインマイニングが禁止
  • 米国でビットコインの先物ETF取引が開始
  • DeFiとNFTの台頭

暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場

ビットコインは暗号資産市場における金融市場とは切り離された存在でしたが、2021年は暗号資産であるビットコインがついに金融市場の一部になりました。

海外の暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場しました。

テスラ社がビットコインの購入を発表

2021年、テスラ社は「ビットコインでテスラを購入できるようになった」とTwitterに投稿され、ビットコインはドルや円などの法定通貨には換金しないとも書き込みをしました。

実際に2021年2月に15億ドルものビットコインを購入し、一時期前日をはるかに上回る水準で取引されました。

カナダでビットコインETFの承認を発表

北米で初めてとなる暗号資産(仮想通貨)ビットコインの上場投資信託(ETF)が18日、カナダのトロント証券取引所に上場しました。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事はインフレ圧力を低下させる取り組みが「最優先」だとし、利上げを着実に進める一方でバランスシートの縮小を来月にも開始する意向を表明した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事はインフレ圧力を低下させる取り組みが「最優先」だとし、利上げを着実に進める一方でバランスシートの縮小を来月にも開始する意向を表明した。
引用:「Bloomberg

このように、カナダでビットコインETFの承認が始まったことから、ビットコインの相場が大きく変わりました。

中国でビットコインマイニングが禁止

2021年6月には、ビットコインのマイニングで世界のシェア率50%以上を占める中国では、マイニング禁止法が打ち出されました。

そのため、中国国内のマイニング業界は破滅状態となっており、相場が大きく変動しました。

中国の当局者は、仮想通貨が経済の秩序を乱し、違法な資産取引や資金洗浄を後押しすると説明しています。

しかし、海外投資家の間で中国という巨大市場が混乱に見舞われるとの警戒感が広がり、ビットコイン価格が急落して一時は3万ドルを割り込み、4月に付けた過去最高値から半分以下の水準になりました。

米国でビットコインの先物ETF取引が開始

2021年10月には、米株式市場でダウ工場株30種平均は反発し、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの先物に連動した上場投資信託(ETF)の取引開始がされました。

この時の相場は一時期最高値の64,800ドル台まで上昇しました。

DeFiとNFTの台頭

2021年は暗号資産を活用した新しい金融市場が台頭した年ではありました。分散型金融である(Defi)は仲介機関をなしに取引できる金融サービスです。

暗号資産の値上がり益だけでなく、年利数%以上の利息も得られるということもあり、2021年11月には一時1,000億ドルまでに拡大されました。

特に、DefiとNFTに関してイーサリアムを中心に基盤となるブロックチェーンとして機能する銘柄が大きく価値を伸ばし続けています。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

今後のビットコインの見通し

ここでは、今後のビットコインの見通しが予測できる要素について紹介していきます。

今後のビットコインの見通しが予測できる要素
  • 大型アップデート
  • テスラ社によるビットコインの売却
  • ライトニングネットワークの実装
  • メディアによる宣伝
  • 大手企業の採用と参入
  • 国家規制
  • ハッキング問題

大型アップデート

今後のビットコインは大型のアップデートが行われることで、大きな値上がりに期待ができます。

例えば、約4年ぶりの行われた2021年「Taproot」などの大型アップデートが起こると、ビットコインの価格が上昇していくことに期待ができます。

テスラ社によるビットコインの売却

テスラ社はビットコインを購入したことで注目されていましたが、2021年の5月にはビットコインでの決済を中止しています。

この時のビットコインの相場下がったことから、テスラ社の今後の動向次第で価格が上がるか下がるかの大きな要因であると、投資家たちから予測されています。

そのため、テスラ社が保有しているビットコインには多くの投資家が注目しています。

ライトニングネットワークの実装

今後、ビットコインではライトニングネットワークの実装が予測されています。

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは、ブロックチェーンの外で取引を行い、ビットコインの送金速度や少額決済に対応した安価な送金手数料を考案された送金方法です。

ライトニングネットワークは主にスケーラビリティ問題を改善できたり、取引処理族度が向上するといった特徴があります。

特に、ライトニングネットワークはブロックチェーン外で取引ができるため、効率良く取引ができるようになれば、今後もビットコインの信頼性や利便性が向上し、価格が上昇していきやすいと言えるでしょう。

メディアによる宣伝

メディアによる宣伝も、ビットコインの価格変動に大きな影響を与えます。

仮想通貨やテレビやマスコミに紹介される度に、ITに抵抗がない30代~40代の若い投資家達に注目されています。

これにより、ビットコインを購入する人が増え、メディアで宣伝されることで今以上に知名度が上がり、自然と価格も上昇していくことに期待ができるでしょう。

大手企業の採用と参入

大手企業の採用と参入も、価格の変動に大きな影響を与えます。

例えば、テスラ社のビットコイン大量購入で価格が変動したように、今後も大手企業がビットコインを採用、参入すれば、ビットコインに対する信用性が上がり、市場が一気に活性化していくという効果が得られます。

国家規制

暗号資産は一部の国では規制がかけられるケースもあります。

例えば、世界経済に大きな影響を与える中国では、2013年と2019年にビットコイン取引に規制が設けられ、価格が下落する事態となりました。

今後も、このように規制がされる国が増えると、市場価格にマイナスな影響を及ぼす可能性があります。

ハッキング問題

ビットコインは過去に何度もハッキング被害に遭っており、その度価格が暴落してきました。

実際にビットコインや他の暗号資産でもハッキング対策を徹底していますが、今後は100%ハッキングされないセキュリティシステムを確立させることが重要と言えるでしょう。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

2022年ビットコイン今後の価格予想

アメリカを拠点に活動している暗号資産クラーケンのジェシー・パウエル氏は、2022年のビットコイン価格は大幅に下落する可能性があると示唆されています。

しかし、下落した時が買い時だとも発言していることから、長期的上昇の期待はできるとも捉えることができます。

ビットコイン愛好家をされるジョン・マカフィー氏は、ビットコインは今後3年以内に50万ドルに到達する見通しを2017年に発表しています。

実際に、ジョン・マカフィー氏がこの発言をした半年後には価格予測を1000万ドルに上昇しました。

このように、全ての価格予測が合っているというわけではありませんが、今後の見通しや価格を予測するためには、このような情報が必要不可欠です。

今後に期待ができるビットコインの特徴

そもそも、ビットコインとは?と思う人のために、ビットコインの特徴を紹介します。

ビットコインのことは知っているよ!という人でも、今後も見通しを予測するためには、ビットコインの特徴を抑えておく必要があるため、おさらいしておきましょう。

今後に期待ができるビットコインの特徴
  • 個人間で送金できる仮想通貨
  • 実用性が高い
  • 取引量が多い
  • 発行上限があり価格が下がりにくい
  • 世界で最初に作られた仮想通貨

個人間で送金できる仮想通貨

ビットコインは個人間で送金が簡単にできる仮想通貨です。

銀行などの金融機関を介せずに個人同士で通貨のやりとりができるため、送金スピードが早く、安価に送金できるというメリットがあります。

実用性が高い

ビットコインはブロックチェーンの技術を採用しており、第三者や外部からのデータ改ざんがほぼ不可能と言われています。

強固なセキュリティで資産が守られているため、安心して仮想通貨取引をすることができます。

取引量が多い

ビットコインは取引量が多いという特徴があります。

取引量が多いということは、買い手と売り手がたくさんいるため、自分の希望するレートで取引ができやすいと言えます。

値動きが激しい仮想通貨ですが、取引量が多いということもあり、トレードの機会が多い点が特徴です。

実際取引量が少ないと、自分が希望するレートで取引ができずにタイミングを逃してしまったり、妥協した価格レートで取引をせざるを得ないこともあるため、取引量が多いということは大きなメリットとなるでしょう。

発行上限があり価格が下がりにくい

ビットコインの発行総数は2,100万BTCと発行上限が決まっています。

そのため、希少性が高く、価値が下がりにくいです。

ビットコインを新規発行するためには、マイニングという承認作業が必要になりますが、このマイニング報酬は一定期間ごとの半分となるため、希少性が高くなりやすい特徴があります。

世界で最初に作られた仮想通貨

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトという人物がネット上で論文を公開したことがきっかけで作られた暗号資産です。

2009年にビットコインが運営され、イーサリアムやリップルなどよりも最初に作られました。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコイン取引におすすめの仮想通貨取引所

ここからは、ビットコイン取引におけるおすすめの仮想通貨取引所について紹介します。

おすすめの仮想通貨取引所
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)

bitFlyer(ビットフライヤー)

参照:「bitFlyer

ビットフライヤーは「株式会社bitFlyer」が運営する国内大手の仮想通貨取引所です。

ビットフライヤーはSMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタルなどの大手企業や3大メガバンクが出資していることもあり、信頼性が高い取引所です。

国内でも最も資本金が多い取引所として、世界でも2番目に大きい企業となっています。

また、ビットフライヤーはセキュリティ対策も充実しており、2段階認証や定期的なパスワード変更、SSLなどの高度なセキュリティ対策を取り入れているため、安心して利用できます。

もともと仮想通貨取引に興味があり、どの取引所がよいか検討を重ねていました。そこでネット検索してみると、ビットフライヤーが一番使い勝手がよさそうだったので、こちらで試してみることにしました。私は基本的にパソコンで利用しています。まだ初めて1ヶ月も経っていませんが、非常に使いやすいです。ビットコインをメインにやっていますが、これからどんどん使い込んでいきたいと思っています。とてもよい取引所だと思います。
引用:「みん評」

最低取引額 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
レバレッジ取引 2倍
取引手数料 販売所:無料※別途スプレッドあり
取引所:約定数量 ×0.01~0.15%
送金手数料 BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料
入金手数料 銀行振込:無料
住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外:330円
出金手数料 220~770円
取り扱い通貨数 15種類(BTC,XRP,ETH,XTZ,XLM,ETC,XEM,BAT,LTC,BCH,MONA,LSK,DOT,LINK,XYM)

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

coincheck(コインチェック)

参照:「coincheck

コインチェックは金融庁に登録されている「コインチェック株式会社」が運営している仮想通貨取引所です。

コインチェックはビットコインやアルトコインの取り扱い通貨数が国内最大級で、17種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

また、コインチェックの取り扱いツールは非常にシンプルなデザインとなっており、初心者でも簡単に操作ができ、誰でもすぐに慣れることができます。

さらに、ヘルプページも充実しているため、分からないことや困ったことがあれば、すぐに悩みや不安を解消することも可能です。

コインチェックを選んだのは、先に始めた友人がオススメしてきたからというのもありますし、国内最大級の取引所という触れ込みも初めての者からしたら安心感があったからです。いざ使ってみると、チャートも見やすいし総資産も一目でわかるし売買も簡単です。手数料が安くないと言われてますが、アプリ機能やチャット機能などその他の取引所よりは使いやすいので、現状は満足しています。
引用:「みん評」

最低取引額 約500円
レバレッジ取引
取引手数料 無料
送金手数料 無料
※変動制手数料
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
取り扱い通貨数 17種類(BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

参照:「DMM Bitcoin

DMMビットコインは「DMMグループ」が展開する国内代表的な仮想通貨取引所です。

DMMビットコインは数多くある暗号資産の中でも、最も時価総額が高いデジタル資産です。

また、入金手数料・出金手数料・送金手数料・取引手数料は無料となっており、多くの投資家から選ばれている取引所と言えるでしょう。

特に、取引手数料は仮想通貨取引をする時に必ず発生するため、手数料が無料ということは、投資家からしても大きなメリットが得られることになります。

ホームページは分かりやすく、日本人なりの考え方と論理性で構成されているような気がします。手数料0円などのお得なキャンペーンがよく行われており、サービスが充実しているなと思います。苦情や相談に関しては電話できるので安心感もあります。ビットコインの様々なリスクや注意事項も分かりやすく、金融知識が浅い人にとっても安心して判断できそうです。
引用:「みん評」

最低取引額 0.0001BTC
レバレッジ取引 2倍
取引手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
取り扱い通貨数 14種類

(BTC,ETH,XEM,XRP,ETC,LTC,BCH,XLM,MONA,BAT,QTUM,OMG,XTZ,ENJ)

GMOコイン

参照:「GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」が運営している取引所です。

GMOコインはGMOクリック証券で培われたコールドウォレット、マルチシグ、2段階認証などの多くのセキュリティ対策を導入しており、圧倒的に安全性が高いと言う特徴があります。

また、日本の大手企業である三井住友海上火災保険などとも提携しており、サイバー攻撃等にも対応しています。

メディアへの露出が多く、GMOコインという名前は知っていたため、申し込みました。とても使い勝手が良く、満足しています。購入・売却が大きなボタンをタッチで完了です。気をつけるのは、常に値動きしているので慎重な判断が必要かと思います。トレーダーの方には単純すぎて物足りないかもしれません。最も良い点が、楽天銀行であれば入金が無料なところです。一円でも無駄にしたくない投資なのに、振込手数料を支払うなんてもったいないです。
引用:「みん評」

最低取引額 販売所:0.00005BTC
取引所:0.0001BTC
レバレッジ取引 2倍
取引手数料 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%,Taker 0.05%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
取り扱い通貨数 14種類(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM)

bitbank(ビットバンク)

参照:「bitbank

ビットバンクは「ビットバンク株式会社」が運営している仮想通貨取引所です。

一番の特徴は取引量の多さです。

売上の活発性に優れており、自分の注文が通りやすいという特徴があります。

そのため、初心者でも中上級者でもストレスなく取引ができ、自分の希望通りの取引ができるため利益を出しやすいです。

また、ビットバンクは定期的にキャンペーンを開催しており、手数料無料や入金だけで1万円もらえることもあるため、お得に取引ができる点も特徴と言えます。

スマホやパソコンから24時間使用できるので便利でした。アルトコインを安く取引できるのが魅力で使い始めたのですが、他の会社より手数料がかなり安くて良かったです。アルトコインの手数料はマイナスだったので、取引するごとにプチボーナスが貰えるようなものなので、アルトコインを使う人には絶対お勧めです。1円未満から取引できるのも嬉しいです。トレードの画像はシンプルだけど、知りたい情報はしっかりのっていて取引しやすかったです。セキュリティもしっかりしていて、安心して使用しています。
引用:「みん評」

最低取引額 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引
取引手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 550円~770円
取り扱い通貨数 14種類(BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM,LINK)

ビットコインの今後に関するよくある質問

最後に、ビットコインの今後に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

ビットコインの今後に関するよくある質問
  • ビットコインはいつ購入すればいい?
  • ビットコインの取引は安全?
  • 専門家が予測していることは信頼できますか?

ビットコインはいつ購入すればいい?

ビットコインは価格上昇に期待ができる時に購入すると良いでしょう。

専門家の発言やニュースなどが発表された時は、価格が上昇することに期待ができます。

ビットコインの取引は安全?

取引自体は安全です。

ただし、必ず利益が得られるというわけではないため、しっかりと知識を得た状態で取引を始めることをおすすめします。

専門家が予測していることは信頼できますか?

専門家が予測することはあくまでも予測のため、100%信頼できるわけではありません。

専門家の予測とは逆になることもあるため、参考程度に分析するのはアリです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

まとめ

今回はビットコインの今後の見通しや、ビットコインを購入すべきタイミング、コイン後ビットコインを購入する時に最適な取引所などについて詳しく紹介してきました。

専門家はプロの投資家の間では、ビットコインの価格は今後も予測されると言われています。

ビットコインの取引を始める時には、取引所で口座開設をする必要があるため、まずは口座開設から始めてみてください。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。