ビットコイン・仮想通貨の始め方【かんたん】初心者でも儲けるコツや買い方を解説

読者

ビットコイン取引を始めてみたいけど、始め方がわからない

読者

ビットコイン取引をするのにおすすめの始め方ってあるの?

ビットコイン取引を始めたいと考えている人のなかには、上記のような疑問を持つ人も多いでしょう。

結論から言えば、ビットコイン取引の始め方はとても簡単で、最短で10分、最低1円で取引を始めることも可能です。

ただし、暗号資産交換業者(取引所)の選び方やビットコイン取引のポイントなど、初心者が知っておきたい知識もあります。

そこでこの記事では、ビットコインの始め方をわかりやすく解説するだけでなく、ビットコイン取引のコツなども紹介しています。

ビットコインはバブル期に比べてかなり価格を下げているため、安く保有をするチャンスです。

ぜひこの記事で紹介する内容を理解し、ビットコイン取引で利益を安定して出し続けられるようになりましょう。

2022年8月11日17時59分現在の価格は、『3,247,022円』です。

通貨名 Bitcoin(ビットコイン)
通貨単位 BTC
価格(2022年8月11日時点) 3,247,022円
この記事のポイント
  • ビットコイン取引は簡単に始められる
  • 暗号資産交換業者(取引所)によっては最短10分程度で取引することも可能
  • おすすめの暗号資産交換業者(取引所)は、ビットコインが1円から買えるbitFlyer

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
現在はファイナンシャルプランナーとして、健康とお金、豊かなライフスタイルなどの相談を受ける。個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師などを広く活動している。趣味はジャザサイズ。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

⬇︎こんな記事もおすすめ

仮想通貨取引所おすすめ6選【最新版】選ぶ際のチェックポイントや注意点も解説

ビットコインの今後は?過去の出来事や専門家の予測から今後の値動きを予測

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【初心者向け】ビットコイン取引の始め方


かなり大まかに説明してしまうと、ビットコイン取引は口座を開設して入金し、購入するだけで始められます。さらに、最短10分程度で取引が可能です。

もう少し具体的にすると次のようになります。ビットコイン取引の始め方を1つずつ確認していきましょう。

この記事のポイント
  • 始め方①暗号資産交換業者(取引所)を選ぶ
  • 始め方②口座開設を申し込む
  • 始め方③取引口座に入金する
  • 始め方④ビットコインを購入する
  • 始め方⑤ビットコインを売却する

始め方①暗号資産交換業者(取引所)を選ぶ

ビットコイン取引は、暗号資産交換業者を選ぶことから始まります。

なお、法律(資金決済法)上は暗号資産交換業者と定義されていますが、一般的には暗号資産(仮想通貨)取引所と呼ばれることが多いです。

具体的には、暗号資産交換業者(取引所)と言うとbitFlyer(ビットフライヤー)やGMOコイン、Coincheck(コインチェック)などが挙げられます。

暗号資産交換業者(取引所)によってサービス内容が異なるため、そのなかでも自分に合った暗号資産交換業者(取引所)を選ぶことが重要です。

また、暗号資産交換業者(取引所)は複数選び、シーンに応じて使い分けることもできます。

後半ではおすすめの暗号資産交換業者(取引所)を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

始め方②口座開設を申し込む

暗号資産交換業者(取引所)が決まったら、口座開設を申し込みましょう。

暗号資産交換業者(取引所)によって多少順序が異なりますが、一般的には次の流れです。

一般的な口座開設の流れ
  • 登録フォームやアプリなどからメールアドレスを登録する
  • パスワードを設定する
  • 受信メールのURLにアクセスするか記載されているコードを入力してメールアドレス認証をする
  • 利用規約や重要事項説明書などを確認して同意する
  • 電話番号を登録する
  • 届いたSMSに記載されたコードを入力してSMS認証をする
  • 氏名や生年月日、性別、職業、住所などお客様基本情報を登録する
  • 本人確認書類を提出しeKYCなどで本人確認を完了する
  • 取引目的などを入力する

上記の流れで申し込んだ後は、暗号資産交換業者(取引所)が口座開設基準に基づく口座開設審査を行います。

ただ、審査といっても例えば次のようなことを確認する簡単な審査です。

一般的な口座開設基準の例
  • 国内に居住している
  • 20歳(または18歳)以上74歳以下である
  • 個人である(法人ではない)
  • 反社会的勢力と関連がない

つまり、基本的には申込情報と本人確認書類の情報が同一であることを確認できれば問題ありません。

読者

カードローンやクレジットカードのような厳しい審査ではないみたいだね。

実際、審査完了までの時間は暗号資産交換業者(取引所)によって変わりますが、例えばbitFlyerやGMOコインなら最短10分です。

ただし、最短10分など当日中に口座開設を完了するためには、運転免許証やマイナンバーカード、そして自分の顔をスマホで撮影して本人確認を行うことが前提となっています。

いわゆるeKYCと呼ばれている方法です。このeKYCの方法でない場合、郵送物によって本人確認を行う方法が一般的となっています。

そのため、郵送物が当日中に届くことは難しく、基本的には当日中に取引を開始できないことに注意しましょう。

ちなみに、このような本人確認手続きは犯罪収益移転防止法によって定められているため、どの暗号資産交換業者(取引所)も同様です。

始め方③取引口座に入金する

暗号資産交換業者(取引所)による審査が完了し、取引口座を開設できたら取引資金を入金します。

具体的な入金方法は暗号資産交換業者(取引所)によりますが、基本的にはインターネットバンキング(Pay-easy含む)によって入金する方法が便利でおすすめです。

暗号資産交換業者(取引所)によって名称は異なり、即時入金やクイック入金という名称の場合があります。

インターネットバンキングでは即時(リアルタイム)に取引余力に反映されるため、待つことなくすぐにビットコイン取引を開始可能です。

ただし、暗号資産交換業者(取引所)によって即時入金やクイック入金に対応している金融機関は異なるため、詳細を確認しておきましょう。

例えば、住信SBIネット銀行やPayPay銀行、イオン銀行と提携している暗号資産交換業者(取引所)は多いですが、ゆうちょ銀行やauじぶん銀行などに対応しているケースは少ないです。

もしインターネットバンキングが利用できない場合は振込入金を利用しますが、利用している金融機関所定の振込手数料に注意しましょう。

また、Coincheck(コインチェック)やフォビジャパンなど一部の暗号資産交換業者(取引所)ではコンビニ入金も可能ですが、コンビニ入金は手数料が高いためおすすめしません。

始め方④ビットコインを購入する

入金が反映されたら、いよいよビットコインを購入します。

読者

取引所とか販売所とかあるけど、どこで買うのが正解なの?
ビットコインの現物を購入する方法
  • 取引所形式
  • 販売所形式

取引所形式と販売所形式は同じようにも見えますが、実はまったく異なります。

簡単に説明すると、取引所形式はオークションでビットコインを購入する方法、販売所形式はお店でビットコインを購入する方法です。

詳しくは後述しますが、一般的には取引所形式でビットコインを購入する方法をおすすめします。

始め方⑤ビットコインを売却する

ビットコインを購入した後は、タイミングを見て売却を検討しましょう。ビットコインを売却する方法は購入したときとほとんど同じです。

ビットコイン取引初心者におすすめの暗号資産交換業者(取引所)

読者

結局、暗号資産交換業者(取引所)はどこを選べばいいの?

ビットコイン取引初心者におすすめの暗号資産交換業者(取引所)5選を紹介します。ぜひ参考にしながら、自分に合った暗号資産交換業者(取引所)を選んでみてください。

この記事のポイント
  • おすすめ第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)
  • おすすめ第2位:DMMビットコイン
  • おすすめ第3位:コインチェック
  • おすすめ第4位:GMOコイン

おすすめ第1位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(4.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(4.5)
総合評価
(4.5)
bitFlyer(ビットフライヤー)のココがおすすめ!
  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • 最短10分で取引可能
  • ビットコインを1円から売買できる

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量6年連続No.1と人気のある暗号資産交換業者(取引所)です。

GMOコインと同様に最短10分でビットコインを取引でき、取扱通貨数も国内取引所において最多水準となっています。

読者

まずは少額から取引してみたい

bitFlyer(ビットフライヤー)なら上記のようなニーズにも対応可能です。具体的には、販売所なら1円からビットコインを購入することができます。

なお、bitFlyer(ビットフライヤー)は独自の取引ツール「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」を提供しています。bitFlyer Lightningは、ゴールドマンサックスの元トレーダーが作った取引所です。

この取引ツール(取引所)では、ビットコインの現物取引はもちろん、ビットコインFXやビットコイン先物取引などができます。

やや上級者向けですが、ビットコイン取引に慣れてきたらbitFlyer Lightningの利用も検討してみましょう。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)は日本で初めてビットコインが貯まるクレジットカード「bitFlyer クレカ」を新生銀行グループのクレジットカード会社「アプラス」と提携して発行しています。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 330円(クイック入金)
※住信SBIネット銀行は0円
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
※三井住友銀行は上記金額より330円安い
取扱通貨数 15通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 直近30日の取引量に応じて0.15% BTC以下
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第2位:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の評価
口座開設スピード
(4.0)
入出金手数料
(3.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(5.0)
総合評価
(4.5)
Coincheck(コインチェック)のココがおすすめ!
  • アプリダウンロード数No.1
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 約500円からビットコインが買える

Coincheck(コインチェック)は、アプリの使いやすさに定評のある、初心者におすすめの暗号資産交換業者(取引所)です。

実際、2020年1月から12月までのアプリダウンロード数はNo.1であったとホームページ上に示されています。

GMOコインと同じく500円相当からビットコインの取引が可能で、さらに取引所手数料が無料とわかりやすい点が初心者にとって大きなメリットです。

また、Coincheck(コインチェック)は「Coincheck NFT(β版)」という暗号資産交換業者運営の国内初のNFTマーケットプレイスを運営中です。

NFTは非代替性トークンと呼ばれるもので、例えばNFTアートといってデジタルアート(美術品)に使われたり、ゲームアイテムに使われたりしています。

ビットコイン取引に慣れてきたら、イーサリアムという暗号資産(仮想通貨)を取引し、NFTに触れてみても良いかもしれません。

なお、下表では入金手数料770円以上とありますが、これはクイック入金を利用した場合です。振込入金なら通常220円以下で振込可能ですので、Coincheck(コインチェック)の場合は振込入金を利用しましょう。

ちなみに、振込先入金口座はGMOあおぞらネット銀行か住信SBIネット銀行が選べます。どちらかの銀行口座を持っている人は手数料無料で入金可能です。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 17通貨(うち1通貨は取扱停止中)
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第1位:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(5.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(5.0)
総合評価
(4.5)
DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジ取引の取扱通貨数国内No.1
  • 最短1時間で取引可能
  • 入出金手数料や取引手数料が0円

DMM Bitcoinは、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引に大きな強みを持つ暗号資産交換業者(取引所)です。

レバレッジ取引の取引通貨数は国内No.1となっています。ただ注意したいのは、DMM Bitcoinは基本的に取引所取引(オークション形式)が利用できない点です。

前述のとおり、基本的には販売所取引より取引所取引所がおすすめであるため注意しておきましょう。

もっとも、販売所取引は初心者でも取引がしやすく、DMM BitcoinではBitmatch注文という取引所取引に似た注文方法も可能です。

DMM Bitcoinでは、入出金手数料が無料である点もおすすめポイントと言えます。

多くの暗号資産交換業者(取引所)は、住信SBIネット銀行やPayPay銀行など一部の金融機関としか提携していません。

一方、DMM Bitcoinは1,000社以上の金融機関と提携しているため、多くの人がクイック入金を無料で利用可能です。

ビットコインの現物取引に慣れてきたら、DMM Bitcoinでレバレッジ取引を試してみても良いでしょう。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 15通貨(うち、レバレッジ取引のみの取扱いが4通貨)
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第4位:GMOコイン

GMOコインの評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(5.0)
取扱通貨数
(5.0)
取引所・販売所手数料
(4.5)
総合評価
(5.0)
GMOコインのココがおすすめ!
  • 取扱通貨数が国内最多の20通貨
  • 最短10分で取引可能
  • 入出金手数料が無料

まず初心者におすすめしたい暗号資産交換業者(取引所)は、GMOコインです。

国内取引所で最多の20通貨を取扱っており、オリコン顧客満足度も国内取引所のなかで1位を獲得しています。

また、実は入金と出金の手数料を合計すると1,000円ほど手数料を負担する暗号資産交換業者(取引所)もあるところ、GMOコインは入出金手数料を0円にすることが可能です。

読者

今すぐビットコイン取引をしたい!

上記のようなニーズにも、最短10分で取引可能とされていることからGMOコインはおすすめです。

その他、例えば1ビットコインの価格が600万円なら取引所で600円(0.0001 BTC)、販売所なら60円(0.00001 BTC)で取引できる手軽さもあります。

このように、GMOコインは口座開設スピードや入出金手数料、取扱通貨数、取引手数料など、非常に総合力の高い暗号資産交換業者(取引所)です。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 20通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

ビットコイン始め方・取引のコツ【初心者むけ】

読者

ビットコイン取引の流れやおすすめの取引所はわかったけど、やっぱり実際に取引をするとなると不安。

ここでは、初心者が知っておくべきビットコイン取引のポイントやコツを紹介します。ビットコイン取引に不安がある人も、ぜひポイントを押さえて実践してみてください。

この記事のポイント
  • 基本的な稼ぎ方を知る
  • ビットコインの取引方法を知る
  • 少額から時間を分散させて投資する(集中投資は避ける)
  • 少額からでも買ってみる
  • 短期間で利益を出そうとせず長期投資を前提にする
  • 取引ルールを作って守り続ける
  • ビットコインなど投資対象のことを知る

基本的な稼ぎ方を知る

ビットコイン取引を行う理由はもちろん「稼ぐため」という人が多いでしょう。ビットコイン取引で稼ぐためには、基本的にはキャピタルゲインを狙うことになります。

キャピタルゲインは資産価格の値上がり益のことで、例えば1ビットコインが500万円から550万円に値上がりしたとき、1ビットコインあたり50万円の利益です。

稼ぎ方はとても単純ですが、簡単に稼げるわけではありません。もちろん、将来の価格変動を確実に予測できるのであれば簡単です。

しかし、当然ながらビットコインの将来の価格を知っている人はいません。

また、ビットコインに限らず暗号資産(仮想通貨)の取引は、価格変動が激しいなどの理由から不確実性(リスク)が高いと言われています。

つまり、ビットコインはハイリスク・ハイリターンの投資対象です。

ビットコインの取引方法を知る

ここまでの解説で一部紹介していますが、ビットコインの取引方法は現物取引を含めて次の3つがあります。

ビットコインの取引方法
  • 現物取引
  • レバレッジ取引(FX・CFD)
  • 積立投資

レバレッジ取引とは、例えば500万円のビットコインを250万円で取引できる取引方法です。

そもそもレバレッジは「てこ」を意味し、取引資金を借りて自己資金を超える取引をすること、またはその効果を指します。

レバレッジの効果とは、同じ投資金額で利益は2倍になるが、損失も2倍になる可能性があるということです。また、同じ損益を得るために必要な資金が2分の1にもなります。

つまり、レバレッジ効果とは自己資金に対する損益率が大きくなる(資金効率が高まる)効果のことです。

レバレッジ取引(差金決済)は、売りポジションを持つことができたり、レバレッジ手数料(ロールオーバースワップ)が発生することがあったりなど、現物取引とは異なるルールもあることに注意しておきましょう。

また、レバレッジ取引はリスクが拡大する取引方法ですが、積立投資は投資リスクを抑えることができる投資方法です。詳しくは次項で確認していきましょう。

少額から時間を分散させて投資する(集中投資は避ける)

ビットコインは比較的リスクの大きい投資対象であるため、初心者が集中投資をすることは避けるべきです。

集中投資とは、例えば投資に使っても良いお金が100万円あったとして、その100万円を一度にビットコインに投資してしまうような投資方法を指します。

集中投資はうまくいけば大きな利益が狙える反面、同等に大きな損失を出す可能性があるのです。

大きな損失を出してしまうと、投資資金が尽きてビットコイン取引を継続することができなくなるかもしれません。

そこで、例えば10ヶ月にわたって1ヶ月10万円ずつ投資するなど、投資する時間を分散する投資方法(積立投資)を試してみましょう。

短期間で利益を出そうとせず長期投資を前提にする

短期間で大きな利益を出そうとするほど、短期間で大きな損失を出す可能性がある取引になってしまいます。

そのため、まずは長期投資を前提にリスクを抑えたビットコイン取引を検討することがおすすめです。

少額からでも買ってみる

ここまで紹介した内容からすると、ビットコインへの投資は「危ない投資」と認識した人もいるかもしれません。

とはいえ、リスクがあるから投資をしないというのでは本末転倒です。車を運転することにも交通事故を起こす(起こされる)かもしれないという不確実性(リスク)があります。

しかし、リスクがあるからといって車の運転をしないという人はそう多くないでしょう。たしかに自賠責保険や任意自動車保険などリスクに備える方法もありますが、それでも一定のリスクを許容しているはずです。

要するに、稼ぎたいのであれば当然に損する可能性(リスク)も負わなければならず、そのリスクをどこまで許容するかという点が重要となります。

そこで、例えば1,000円だけでもビットコインに投資をしてみてはいかがでしょうか。何もリスクを負わない場合よりも、ビットコイン取引のコツを習得しやすくなるはずです。

取引ルールを作って守り続ける

安定して利益を出し続けるためには、自分なりのルールに基づいた取引が欠かせません。

特に、1回に投資する額や1回の取引で許容できる損失額など、投資資金を管理するためのルールは優先して決めておきましょう。

そのルールを守ることによって、取引資金がなくなりビットコイン取引を継続できないという状態を避けることができます。

さらに、ルールもなくたまたま運が良かっただけで得た利益は、安定して出し続けることができません。ルールを守って得た利益こそ、今後も安定して出し続けられる利益です。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ビットコイン取引の始め方に関するよくある質問【Q&A】

ビットコイン取引の始め方に関するよくある質問をまとめました。ぜひチェックしてみて、ビットコイン取引に関する理解を深めておきましょう。

この記事のポイント
  • ビットコイン取引の始め方は?
  • 取引所と販売所の違いは?
  • ビットコイン取引におすすめの取引所は?
  • ビットコイン取引を始めるために準備が必要なものは?
  • ビットコイン取引を始めるのにかかる時間は?
  • ビットコイン取引は何時から何時までできる?
  • ビットコインはいくらから買える?

ビットコイン取引の始め方は?

ビットコイン取引は、暗号資産交換業者(取引所)に口座開設を申し込み、取引資金を入金後、販売所や取引所で注文を出すことによって始められます。

取引所と販売所の違いは?

取引所は参加者同士の注文をマッチングして取引を行うオークション形式の取引で、販売所は暗号資産交換業者が提示する価格で取引を行う店頭形式の取引です。

基本的には、取引手数料やコストを抑えられる取引所での取引をおすすめします。

ビットコイン取引におすすめの取引所は?

この記事で紹介している取引所はすべておすすめですが、迷ったら総合力の高いbitFlyerを選んでみてはいかがでしょうか。

ビットコイン取引を始めるために準備が必要なものは?

口座開設の流れで説明したとおり、一般的には次のものを準備する必要があります。

ビットコイン取引のために準備が必要なもの
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)

当然、メールやSMSを送受信するための通信環境も必要です。

ビットコイン取引を始めるのにかかる時間は?

ビットコイン取引を始めるのにかかる時間は、最短で10分程度です。多くの暗号資産交換業者(取引所)では翌営業日以内にビットコイン取引を始められるでしょう。

ビットコイン取引は何時から何時までできる?

ビットコイン取引は、24時間365日取引できます。ただし、臨時にメンテナンスが実施されることがあるため注意が必要です。

ビットコインはいくらから買える?

ビットコインの価格にもよりますが、通常は500~600円程度から購入できます。取引所や販売所ごとに最小発注数量が決められているため確認しておきましょう。

例えば、bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所における最小発注数量は0.00000001 BTCです。

ビットコイン価格を適用すると1円未満になることもありますが、つまり1円から取引できます。

ただし入出金手数料を負担することがあるため、そのようなコストにも注意しておきましょう。

⬇︎こんな記事もおすすめ

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。