Coincheck(コインチェック)口座開設の手順【5分でできる】取引の始め方まで徹底解説

読者

Coincheck(コインチェック)の口座開設の方法が知りたい!

読者

Coincheck(コインチェック)の口座開設に必要な書類はある?

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

Coincheck(コインチェック) 初めての暗号資産取引にもおすすめの取引所で、特に初心者におすすめできる要素がたくさんある取引所です。

今回は特徴から口座開設の手順まで詳しく紹介していきます。

Coincheck(コインチェック) 口座開設をまとめると
  • Coincheck(コインチェック)は取引画面が見やすく、初心者におすすめの取引所
  • Coincheck(コインチェック)の口座開設は簡単ステップ
  • Coincheck(コインチェック)はコールドウォレット、マルチシグ、二段階認証、SSL(Secure Sockets Layer)などのセキュリティ対策に力を入れている
  • 取引銘柄数は17種類(2022年6月現在)
  • Coincheck(コインチェック)の口座開設はアプリで行うとスムーズ

⬇︎こんな記事もおすすめ!

仮想通貨おすすめ銘柄TO10|将来性からおすすめ取引所まで厳選

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Coincheck(コインチェック)の特徴

口座開設の手順を説明する前に、まずはCoincheck(コインチェック)の特徴について紹介していきます。

会社名 コインチェック株式会社
親会社 マネックスグループ株式会社
会社設立日 2012年8月28日(旧社名 レジュプレス株式会社)
暗号資産取引サービス開始日 2014年8月
本社所在地 〒150-0044
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
取扱い通貨 ・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)
・サンド(SAND)
※2022年6月現在
取引手数料 無料
入出金手数料 ・銀行振込(日本円):無料
・コンビニ入金:770円~
・クイック入金:770円~
・日本円出金:407 円
暗号資産/入金手数料 無料
暗号資産/送金手数料 ・BTC:0.0005 BTC
・ETH:0.005 ETH
・ETC:0.01 ETC
・LSK:0.1 LSK
・XRP:0.15 XRP
・XEM:0.5 XEM
・LTC:0.001 LTC
・BCH:0.001 BCH
・MONA:0.001 MONA
・XLM:0.01 XLM
・QTUM:0.01 QTUM
・BAT:63.0 BAT
・IOST:1.0 IOST
・ENJ:30.0 ENJ
・OMG:11.0 OMG
・PLT:139.0 PLT
・SAND:21.0 SAND
・XYM:1.0 XYM

取引画面が見やすい

Coincheck(コインチェック)はすっきりとしたシンプルなデザインが特徴で、操作性の高いインターフェイスを備えています。

そのため、暗号資産取引が初めての人でも直感的に操作して取引を進めることができ、時間も手間もかからずにスムーズに取引ができます。

実際の取引画面は次のようになります。

出典:Coincheck(コインチェック)

このように、暗号資産の取引だけでなく価格推移を確認するために必要なチャート画面や入出金画面も非常にシンプルで使いやすいデザインとなっています。

パソコンでもスマホでも取引をすることができ、シンプルな操作で最適なタイミングで取引ができる点も魅力です。

口座開設がスピーディ

Coincheck(コインチェック)は公式サイトからメールアドレスを入力するだけですぐにアカウント作成ができます。

詳しくは後程紹介しますが、口座開設は簡単なステップで完了することができるため、すぐに仮想通貨取引を始めたい人にもおすすめです。

安全なセキュリティ体制

Coincheck(コインチェック)はユーザーの資金を安全に守るために、さまざまなセキュリティ対策を強化しています。

主なセキュリティ対策としてあげられるのは次の4点です。

  • コールドウォレット
  • マルチシグ
  • 二段階認証
  • SSL(Secure Sockets Layer)

コールドウォレットは完全にネットワークから隔離した場所で保管され、ハッカーによる侵入やデータ改ざん、暗号資産の流出などの危機に備えることができます。

マルチシグは秘密の鍵を複数用意して、別々の場所で保管しておくことで、全ての鍵を入手しなければハッキングができないような仕組みを採用しています。

マルチシグを利用することでハッキングが困難になり、セキュリティ対策としては非常に有効な手法で、他の取引所でも使われているセキュリティ対策です。

二段階認証はログイン時にパスワードの入力だけで登録しているスマホ充てにワンタイムパスワードが発行され、それを入力しなければログインすることはできません。

そのため、仮にメールアドレスやパスワードの情報が盗まれたとしてもアカウントに不正にアクセスされてしまう被害を防いでくれます。

SSL(Secure Sockets Layer)は個人情報が盗まれてしまうことを防いでくれるセキュリティ対策方法です。

通信データを暗号化することにより、データ通信時に不正が行われることはなく、安心・安全に取引ができます。

また、ガバナンス体制やコンプライアンス体制の強化、顧客資産分別管理などのセキュリティ対策も実施しており、安全に取引ができる取引所と言えるでしょう。

サービスが多様

Coincheck(コインチェック)は暗号資産取引ができる以外にも、次のようなサービスを提供しています。

  • Coincheckつみたて
  • Coincheckでんき
  • Coincheckガス
  • 貸暗号資産サービス
  • Coincheck NFT(β版)
  • IEO(Initial Exchange Offering)

特に、Coincheckでんき、Coincheckガスなどのサービスを提供している取引所はCoincheck(コインチェック)のみになります。

Coincheckでんきは普段支払っている電気代を現金払いかビットコイン払いにすることで通常よりもお得に支払いができるサービスです。

ただ電気代を支払うだけで最大7%のビットコイン還元や割引され、毎月ビットコインが貯まっていくことになります。

CoincheckガスもCoincheckでんきと仕組みは同じですが、最大3%のビットコイン還元、割引が適用されます。

Coincheck(コインチェック)で口座開設する方法

それでは、ここからはCoincheck(コインチェック)で口座開設をする方法について紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)で口座開設をする場合、次のような手順で進めていきます。

Coincheck(コインチェック)で口座開設をする方法

アカウント作成

Coincheck(コインチェック)で暗号資産取引を始める時は、公式サイトから「会員登録」をクリックして進めてください。

「会員登録」をクリックすると、次のような画面が表示されます。

この画面が表示されたら、メールアドレスとパスワードを入力して会員登録を進めてください。

尚、口座開設はCoincheck(コインチェック)アプリで行うこともできますが、手順は一緒です。

メールアドレスとパスワードを入力して「会員登録」をクリックすると、入力したメールアドレス宛にメールが送付されます。

届いたメールのリンクをクリックすれば、アカウント作成は完了です。

PCでアカウント登録をした場合は次のような画面が表示されます。

このような画面が表示されましたら、アカウント登録完了ですが、この時点ではまだ取引をすることはできません。

必要事項の入力と本人確認を済ませる必要がありますので、この後の手順通りに進めてください。

必要情報の入力

メールアドレスとパスワードの登録が完了した後は、次に必要情報を入力していきます。

「同意」をクリックして、電話番号を入力してください。

その後、届いたSMSに表示されている6桁の番号を入力して、基本情報の入力です。

基本情報では、次のような情報を入力します。

  • 氏名
  • 郵便番号
  • 住所
  • 職業など

全ての情報を入力しましたら、「次へ」をクリックして次に進んでください。

パソコンで口座開設を進めていた人は、上記のような画面が表示されます。

また、重要事項の承諾では次の各種重要事項に同意、承諾、確約が必要です。

  • プライバシーポリシー
  • 電子交付に関する同意書
  • 取引説明書
  • 利用規約
  • PEPs確認書
  • 反社会的勢力でないことの確約書
  • 「Coincheck payment」暗号資産取引説明書
  • 加盟店規約
  • 実質的支配者について
  • 情報取得者に係る確認書
  • 計画されたハードフォーク及び新コインに係る当社対応指針
  • 当社がご登録メールアドレスや電話番号(SMS配信等)宛にキャンペーン情報等をご案内すること

本人確認書類の送付・撮影

本人確認は基本的にCoincheck(コインチェック)で行います。

そのため、ここまで進めたらCoincheck(コインチェック)アプリをインストール後、マイページにログインして本人確認を済ませてください。

アプリが使えない場合は、必要事項を入力して本人確認書類をアップロードすることで本人確認を済ませられます。

登録可能な本人確認書類は次のような書類です。

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

また、本人確認書類に現在お住まいの住所が記載されていない場合はこちらを参照してください。

その後、自分の顔写真を撮影して口座終了です

審査が完了すれば、すぐにでもCoincheck(コインチェック)の全ての機能を使うことができます。

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法

続いて、Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法について紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する手順は以下の簡単2ステップです。

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨を購入する方法

入金

仮想通貨を購入するためには、口座開設後日本円を入金する必要があります。

Coincheck(コインチェック)のアプリやサイトから「入出金」をクリック後、入金の種類を選択してください。

日本円の入金は、「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つから選ぶことができます。

銀行振込で日本円を入金する場合は、振込み先の口座情報が表示されますので、指定口座に振り込みを行ってください。

これだけで、入金完了です。

コンビニ入金とクイック入金をする場合も同様に、必要事項を入力して「決済申請」をクリックすると支払先のコンビニ選択の画面になります。

コンビニとクイック入金は銀行振込に比べて入金速度が速い点が魅力ですが、手数料銀行振込に比べると高くなります。

また、住信SBIネット銀行の口座をお持ちであれば、振込み手数料が無料なためお得です。

同時に、住信SBIネット銀行から同行ねの入金の場合は、着金も早いためおすすめです。

コンビニとクイック入金の場合は770円~の手数料がかかるため、注意してくださいね。

仮想通貨の購入

入金が完了しましたら、「販売所」をクリックして自分の好きな仮想通貨を購入します。

「購入」をクリックして、金額を入力すれば仮想通貨を購入することができます。

Coincheck(コインチェック)で日本円を出金する方法

Coincheck(コインチェック)で購入した仮想通貨や、利益を出金する場合は、マイページのメニューから「日本円の出金」をクリックして数量を指定します。

出典:Coincheck(コインチェック)

その後、「売却」をクリックすれば暗号資産の売却が完了し、日本円に出金できます。

ただし、日本円に出金した時点で利益が確定となり、年に20万円以上の利益が出た場合は確定申告をして税金を納める必要があるため、注意が必要です。

Coincheck(コインチェック)で口座開設をする時の注意点

ここからは、Coincheck(コインチェック)で口座開設をする時の注意点について紹介していきます。

出金先の口座も登録しておく

口座開設が完了しましたら、事前に出金先の口座も登録しておきましょう。

出金先の口座を登録しておかないと、出金したいタイミングで出金ができなくなってしまうこともあります。

事前に登録しておけば、そのような心配もないため、自分の好きなタイミングで日本円の出金ができます。

20歳未満74歳以上は口座開設できない

そもそも、Coincheck(コインチェック)では20歳未満、74歳以上の方は口座開設ができません。

これは、どの取引所にも言えることです。

特に20歳未満の人は口座開設すらできませんので、注意が必要です。

二段階認証は必ず設定する

Coincheck(コインチェック)で口座開設をしたら、必ず二段階認証の設定をしてください。

Coincheck(コインチェック)では、安全に仮想通貨取引ができるようにさまざまなセキュリティ対策に力を入れています。

その一つが二段階認証です。

二段階認証によって悪意のある第三者からの不正サクセスを防止することができ、自分の資産を安全に守れます。

Coincheck(コインチェック)では簡単に二段階認証ができますので、口座開設完了後が万が一に備えて設定しておいてください。

Coincheck(コインチェック)の評判

数ある仮想通貨取引所の中でも圧倒的な人気を誇る取引所ですが、口座開設をする前に口コミ評判が気になる!という人も多いと思います。

そこで、ここでは、Coincheck(コインチェック)の口コミ評判について紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)の良い口コミ

Coincheck(コインチェック)の良い口コミ評判には次のような意見が多く見受けられました。

  • 使いやすい
  • 驚異的な処理能力
  • 取扱い銘柄が多い
  • 対応が早い

最近流行っている仮想通貨取引、私も挑戦してみようと思って利用しました。はじめる前はめんどくさそうだなと思っていたのですが、驚くほどに簡単でした。親切な案内でわかりやすく最初の取引もできて、これからも真剣に使っていこうと思えるような対応でした。まだ始めたばかりですが、慎重に、ときには大胆に、取引を行っていきたいと思っています。またサポートが充実しているのも嬉しいです。

参照:https://minhyo.jp/coincheck?sort=high#review-pre-area

実際に私が利用して見て思ったのは、購入もボタンを押すだけでとても簡単で手軽なので、利用しやすいということです。また不正ログイン保証があるので、もし携帯を無くしたりした時も安心できていいなと思います。引き続き利用しようと思います。

参照:https://minhyo.jp/coincheck?sort=high#review-pre-area

仮想通貨で稼いでいる知人の勧めでコインチェックに登録しました。以前は他の取引所を利用していたのですが、今回乗り換えることにしました。なぜなら、以前の取引所は非常に混雑し、サイトのチャートがまともに表示されないことが多かったからです。コインチェックではそのようなことがないので良いです。

参照:https://minhyo.jp/coincheck?sort=high#review-pre-area

Coincheck(コインチェック)の悪い口コミ

Coincheck(コインチェック)の悪い口コミ評判には次のような意見が見受けられました。

  • 電話サポートが受けられない
  • 制限がかかる

手数料は高いし、入金後に暗号資産を買って他の取引所に送金する場合も一部7日間の制限がかかったりと、かなりうざい。

参照:https://minhyo.jp/coincheck?sort=low#review-pre-area

問い合わせがフォームのみで電話番号がない。入出金に関わるトラブルである事を明記してフォームから送信すると自動応答で「一週間ほどかかります」の文言。そして本当に一週間音沙汰がない。可能な限り早く引き揚げます。

参照:https://minhyo.jp/coincheck?sort=low#review-pre-area

Coincheck(コインチェック)で利益を出すためのポイント

続いて、Coincheck(コインチェック)で利益を出すためのポイントについて紹介していきます。

Coincheck(コインチェック)で利益を出すためのポイント

メジャーな通貨を選ぶ

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨取引をする場合は、メジャーな通貨を選んで購入するようにしましょう。

マイナーな通貨は値動きが激しく、大きなリスクを伴う可能性があります。

マイナーな通貨に投資をして、値上がりに期待する投資方法もありますが、初心者の人はビットコインやイーサリアムなどのメジャーな通貨を選ぶことが無難です。

仮想通貨取引は最初から初心者が稼げる投資方法ではないため、まずはメジャーな通貨を購入して取引に慣れて、それからマイナーな通貨や自分が好きな銘柄の取引をすることをおすすめします。

積立投資を活用する

仮想通貨取引が初めてであれば、積立投資を活用することもおすすめです。

Coincheck積立は毎月1万円から積立ができ、いつでも気軽に始めることができます。

購入単価を引き下げて長期で安定した投資ができるため、仮想通貨取引が初めての人や知識が薄い人などにもおすすめです。

入金から購入まで全て自動で完結し、購入タイミングが分からない場合でも安心して取引をすることができます。

また、毎日少額の積立をすることもでき、従来の積立に比べてリスクを抑え、安定した利益を狙うことも可能です。

余剰資金で投資する

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨取引をする場合、余剰資金で投資するようにしてください。

仮想通貨はあくまでも投資のため、プロの投資家でも利益を出し続けることは難しいです。

時には多くの損害が出てしまうこともあり、生活資金も投資に使用してしまうとその後の生活が難しくなってしまいます。

仮想通貨は株式などと比べても一夜で大きく下落してしまうこともあるため、その点を十分に理解したうえで投資をしてください。

分散投資をする

Coincheck(コインチェック)で初めて仮想通貨取引を始める場合は、分散投資をすることもポイントです。

一つの銘柄だけでなく複数の銘柄に分散投資することで、万が一の時でもリスクを最小限に抑えることができます。

また、分散投資では売買のタイミングをあまり気にすることなく、長期的な投資が目的となるため、毎日何度もチャートを確認する手間も必要なく、売買のタイミングを失敗してしまうリスクも削減できるというメリットがあります。

Coincheck(コインチェック)口座開設に関するよくある質問

最後に、Coincheck(コインチェック)口座開設に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

口座開設に必要なものは?

Coincheck(コインチェック)の口座開設に必要なものは以下になります。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類
  • 銀行口座

口座開設にかかる時間は?

口座開設にかかる時間は数日程度です。

申し込みから数日程度で全ての手続きが完了し、取引を進めることができます。

ただし、本人確認書類が手元にないとその分時間がかかってしまうため、注意が必要です。

口座開設の申し込み用紙はありますか?

口座開設の申し込み用紙はありません。

スマホアプリかブラウザで口座開設をする必要があります。

IDセルフィ―とは何ですか?

IDセルフィ―とは、免許証などの本人確認書類を持って顔全体と同じ画面に収めて写真を撮影した画像です。

「電話番号がすでに登録されている」と表示される場合はどうすればいい?

「電話番号がすでに登録されている」と表示されてしまう場合は、一度ログアウトして「別のメールアドレス」と「パスワード」でログインしてください。

それでも解決しない場合は、Coincheck(コインチェック)のヘルプページを参照してください。

本人確認が終わったらすぐに使えますか?

本人確認書類提出後、手続き完了の通知メールが届くまでお待ちください。

登録情報の変更はできる?

できます。

口座開設後に、引越しや結婚などで住所や姓が変わることも多いです。

その場合、マイページから「本人確認」のページに移動し、「登録情報(変更)」をクリックすると情報の変更や必要書類の画像のアップロードができます。

Coincheck(コインチェック)口座開設のまとめ

今回はCoincheck(コインチェック)の特徴から口座開設の手順まで詳しく紹介してきました。

Coincheck(コインチェック)の口座開設は簡単な手順で終了し、すぐに仮想通貨取引をスタートすることができます。

また、取引画面も見やすく、ヘルプページも充実しているため、初心者にはおすすめの取引所となっています。

Coincheck(コインチェック)で仮想通貨取引を始めるには、まずは口座開設をする必要がありますので、少しでも気になる場合は、口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。