仮想通貨の種類一覧を解説!銘柄の選び方や各ネットワークの特徴まとめ!

読者

仮想通貨って種類がありすぎてわけが分からない…。

読者

ビットコインやイーサリアムならわかるんだけど…それ以外はよく知らない

仮想通貨の種類は今や18,000以上あるので、どの銘柄が良いのかなんてわからないですよね。

取引所で使える仮想通貨は一般的ですが、専用のプラットフォームでしか使えない仮想通貨や、ゲーム内トークンなどもあります。

膨大な仮想通貨の種類について、この記事では選び方やネットワークごとの特徴、時価総額順のランキングTOP20も解説します!

最後まで読めば、メジャーな仮想通貨の種類がわかるようになり、アルトコインの見分け方も理解できますよ!

この記事のポイント
  • 仮想通貨の選び方・見分け方を解説
  • ネットワークごとに仮想通貨は存在する
  • 仮想通貨をランキング形式で20種類紹介

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の種類・選び方・ネットワークの違いを解説!

最初に、仮想通貨の種類の見分け方・選び方・ネットワークについて解説します。

国内・海外の取引所に上場していない仮想通貨はどんな状態なのか知っておきましょう!

仮想通貨は18,000以上ある

仮想通貨の価格追跡サイト「CoinMarketCap」によると、仮想通貨の種類は2022年4月時点で18,000以上もあります。

年初には15,000ほどだったので、2022年に入って急激に数が増えているのがわかりますね。

国内で最多の仮想通貨を扱う取引所「GMOコイン」でも20種類程度なので、国内で取引できる数はかなり少ないです。

海外取引所で仮想通貨を多く扱う「MEXC」で800種類以上なので、上場していない仮想通貨はまだまだたくさんあることがわかります。

それぞれの違いをもう少し深堀りしましょう!

読者

どこにも上場していない仮想通貨って17,000くらいあるんですね…!

取引所銘柄はすぐに取引できる

すでに仮想通貨取引所に上場している場合、入金さえすればすぐに取引できます。

上場するのは、知名度や流動性が高く、開発基盤が確保されており、取引所でのトレードが盛んになると予想される厳選された仮想通貨です。

海外の取引所では毎日のように新規銘柄が上場しています。

このような仮想通貨はだいたい安定しているといえますね。

開発中の銘柄は今後の注目度が高い

開発中の仮想通貨は、将来ビジョンやロードマップ、開発の基盤、トークンの詳細が明確になっていると注目度が高いです!

例えば、日本発のパブリックブロックチェーンである「Astar Network($ASTR)」は、ポルカドット($DOT)のネットワークで構築しており、異なるブロックチェーンで相互運用を可能にするというコンセプトがあります。

$ASTRの分配やメインネットの立ち上げに関して、細かく開発状況を発信しており安心できるプロジェクトです。

このように、開発段階から注目されると、上場後に価格が上昇することが多いので、必見なのは今開発中の仮想通貨です。

$ASTRの上場
現に$ASTRは、2022年にHuobi、Gate.io、Binanceなど大手海外取引所に続々と上場しました。

仮想通貨は開発するネットワークごとに展開する

Ethereum 最も多く利用されるネットワークだが
ガス代の高騰や速度が遅いなどのデメリットが目立つ
$ETH、$DAI、$SHIB、$SAND、$ENJなど
Binance Smart Chain Binanceのネットワークでガス代や速度が優秀 $BNB、$BUSD、$CAKEなど
Avalanche 高度な分散性・高速トランザクション・
低コストのプラットフォーム
$AVAX、$FXS、$JOEなど
Solana 高速処理のトランザクション・超低価格ガス代のレイヤー1のブロックチェーンプラットフォーム $SOL、$LUNA、$GMTなど
Polkadot ブロックチェーンの相互運用性により分散型ネットワークのWeb3の実現を目指す $DOT、$KSM、$ASTRなど
Polygon 高速トランザクションとほぼゼロのガス代で処理できるイーサリアムのサイドチェーン $MATIC、$DAI、$LINKなど

仮想通貨の種類は、開発されるブロックチェーンプラットフォームでも分類されます。

かつてはイーサリアムチェーン一強で開発されていましたが、取引が増えすぎて、トランザクションの遅延やガス代の高騰につながりました。

そこで、上記のようにセカンドチェーンやサイドチェーンが誕生して、独自ネットワークで開発・構築することでガス代解決や処理速度の改善を実現しています。

そのため、仮想通貨はどこのネットワークに所属するのか、ガス代は高いのか、という選び方も重要です

読者

確かに、UNISWAPはEthereumやPolygonなどのネットワークにも対応していますね。

ビットコインより利益を狙える場合もある

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びますが、取引所に上場していないアルトコインは未知なる可能性を持つので、ビットコインより利益を狙える可能性が十分あります。

例えば、Polkadot系のブロックチェーン(正式にはKUSAMA)に接続したMoonriver($MOVR)は、海外取引所に上場後300%もの急上昇を遂げました。

約8,000円台から約50,000円台まで上がったので、爆益報告も相次いだ銘柄です。

このように、ネットワークごとに開発中の仮想通貨を見抜いて投資すれば、ビットコインよりはるかに利益を獲得できるかもしれません。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の種類について時価総額ランキング順にTOP20を解説!

ここからは、CoinMarketCapを参考にして、時価総額ランキングの高い順から仮想通貨の種類一覧を解説します。

ビットコインは不動の1位です。20位まで簡潔にまとめるので、ぜひチェックしてくださいね!

1位:BTC(ビットコイン)

BTC

通貨名 Bitcoin(ビットコイン)
ティッカーシンボル BTC
価格 ¥5,268,303
時価総額
¥100,131,915,856,849
国内取引所の取扱 Coincheck、bitFlyer、GMOコイン、DMMBitcoinなど

※2022年4月時点の情報です。

BitCoin(ビットコイン)は、世界の経済を円滑に回すために開発された仮想通貨です。

金融機関を経由せず直接オンラインで取引できる分散性を持ち、円やドルのように世界中で利用されています。

仮想通貨の中で一番最初に作られており、将来的には日常生活でビットコインが使えるようになることを目指します。

Satoshi Nakamotoという人物(または複数人)により、2008年に創設されましたが、今も身元は不明のままです。

2位:ETH(イーサリアム)

Ethereum

通貨名 Ethereum(イーサリアム)
ティッカーシンボル ETH
価格 ¥398,787
時価総額
¥47,975,265,315,567
国内取引所の取扱 Coincheck、bitFlyer、GMOコイン、DMMBitcoinなど

※2022年4月時点の情報です。

Ethereum(イーサリアム)は、分散型のアプリケーションを構築できるプラットフォームです。

DeFiやNFTなど多くのプロジェクトがイーサリアムチェーン上で開発されています。

その理由はスマートコントラクトやEVM(イーサリアムヴァーチャルマシーン)の優れた機能によるものです。

スマートコントラクトとは、事前に設定されたルールにより様々な処理が自動で実行される機能のことで、仮想通貨の取引やスワップなどに今や欠かせない存在となっています。

EVM(イーサリアムヴァーチャルマシーン)」はスマートコントラクトを実行するための機能のようなものですよ。

読者

UNI SWAPやSUSHI SWAPなど有名なDeFiの多くはイーサリアムが基盤ですね!

3位:USDT(テザー)

USDT

通貨名 Tether(テザー)
ティッカーシンボル USDT
価格 ¥124
時価総額
¥10,261,473,248,291
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

USDT(テザー)は、Tether Limited社が運営する米ドルと連動しているステーブルコインです。

常に1ドルにペッグしており、安定性を保つために設計されているため、逆にトレードして利益を狙えるコインではありません。

ビットコインやアルトコインで得た利益を、一時的にUSDTのようなステーブルコインに避難させる使い道があります。

また、上場前の仮想通貨の販売セールで、価格の安定したUSDTが使われることもありますよ。

日本の仮想通貨取引所には上場していないので、海外の仮想通貨取引所で入手しないといけません。

4位:BNB(バイナンスコイン)

バイナンス

通貨名 Binance Coin(バイナンスコイン)
ティッカーシンボル BNB
価格
¥52,769
時価総額
¥8,712,725,283,144
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

BNB(バイナンスコイン)は、海外の仮想通貨取引所Binanceが発行した独自トークンです。

Binanceの取引所で使われたり、BSC(バイナンススマートチェーン)上のDeFiなどのプラットフォームで利用されます。

バイナンススマートチェーンは、ガス代の安さや処理速度のスピードに優れているので、様々な分散型アプリケーションが構築されています。

発生するガス代にBNBを使うので、BNBの需要が高まり、価格も上昇しているといえますね。

BSCのDeFi
有名なBSCのDeFiはPancakeSwapですね。BNBとCAKEを預けて報酬を得るユーザーがたくさんいましたが、最近は価格下落が続いています。ほかには、ApeSwapやBiswapなどもあります。

5位:USDC(USDコイン)

USDC

通貨名 USD Coin(USDコイン)
ティッカーシンボル USDC
価格
¥124
時価総額
¥6,336,363,927,619
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

USDC(USDコイン)は、USDTと同じく米ドルにペッグしたステーブルコインで、CoinbaseとCircleによって発行・運営されています。

USDTより流通した時期が3年ほど遅く、取り扱っている取引所も少ないため、時価総額はUSDTより低いですね。

ただ、信頼性についてはUSDCの方が高いです。USDTは担保資産の存在について疑われて、訴訟問題に発展した経緯があります。

USDCもトークンセールなどの購入や、仮想通貨のスワップとして利用されることが多いですよ。

6位:SOL(ソラナ)

Solana

通貨名 Solana(ソラナ)
ティッカーシンボル SOL
価格
¥14,020
時価総額
¥4,593,761,240,809
国内取引所の取扱 Liquid

※2022年4月時点の情報です。

Solanaは、トランザクションの高速処理とかなり抑えたガス代を実現したブロックチェーンプロジェクトです。

1秒間に50,000もの取引を処理できる能力があり、イーサリアムチェーンの5000倍近いです!

NFTゲームも構築している
最近話題のSTEPN(ステップン)もSolanaチェーン上で構築されたNFTゲームで、ウォーキングするだけで稼げることで話題ですね。

他にも、メタバースゲームの「スターアトラス(ATLAS)」や、分散型取引所「セラム(Serum)」もSolanaチェーンを利用しています。

Solanaの高速処理と安価な手数料で、様々なプロジェクトが成功しているのがわかりますね。

国内取引所なら「Liquid」がSOLの販売所・取引所の売買に対応しているので、購入するならおすすめです。

7位:LUNA(テラ)

LUNA

通貨名 Terra(テラ)
ティッカーシンボル LUNA
価格
¥12,010
時価総額
¥4,262,882,266,534
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

Terraは韓国発のプロジェクトで、各国の法定通貨にペッグしたステーブルコインの発行を目的としています。

TerraUSD(米ドル)やTerraKRT(韓国ウォン)などを発行しており、値動きがない安定したコインです。

Terraのブロックチェーンでは、DeFiプロジェクトも多く構築されており、Anchorは有名ですね。

専用のプラットフォームで$LUNAをステーキングして報酬を得ることもできます。

国内の取引所にはまだ上場していないので、海外取引所で入手しましょう。

8位:XRP(リップル)

XRP

通貨名 XPR(リップル)
ティッカーシンボル XRP
価格
¥94
時価総額
¥4,558,793,212,129
国内取引所の取扱 Coincheck、bitFlyer、GMOコイン、DMMBitcoinなど

※2022年4月時点の情報です。

XRP(リップル)は、リップル社のネットワークで利用されており、多くの国内取引所にも上場している仮想通貨です。

ビットコインなど他の通貨とは異なり、リップル社が管理する中央集権的な通貨で、運営資金を確保するために毎年市場にXRPが放出されています。

ブリッジ通貨として国際送金に利用されることも多く、日本円→XRP→米ドルのように送金して、処理コストや送金速度のメリットを生かした送金を行っています。

国内取引所では、XRPの送金手数料が無料だったり、24時間365日送金可能といった利便性があり、流動性の高い通貨といえますね。

9位:ADA(エイダ)

ADA

通貨名 Cardano(カルダノ)
ティッカーシンボル ADA
価格
¥131
時価総額
¥4,425,068,646,367
国内取引所の取扱 GMOコイン、HuobiJapanなど

※2022年4月時点の情報です。

ADA(エイダコイン)は、もともとオンラインカジノ「カルダノ」で利用できる仮想通貨として発行されました。

カルダノのブロックチェーンでADAの使用用途が広がり、オンラインカジノ以外でも人気が高まっています。

特に、ADAの専用ウォレット「ダイダロス」で、ADAのステーキングができることが特徴ですね。

ブロックチェーンネットワークに参加する「ノード」に対してステーキングを行い、ノードが得る報酬の一部を受け取る仕組みです。

ADAは、GMOコインなど国内の取引所でも購入できますよ。

10位:AVAX(アバランチ)

AVAX

通貨名 Avalanche(アバランチ)
ティッカーシンボル AVAX
価格
¥10,514
時価総額
¥2,820,826,710,493
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

AVAXは、高速処理とガスコストの安さに特化したブロックチェーンプラットフォームです。

1秒間に4,500ものトランザクションを処理するので、Solanaに匹敵し得る処理速度ですね。

独自にXチェーン・Cチェーン・Pチェーンというプロトコルに分かれており、タスクを分散させることで高い処理能力を保ちます。

AVAXチェーンのDeFiを使うときは、Cチェーンだけ使えば完結できるので難しくはないですよ!

複数のDeFiと連携しており、Trader JoePangolinBENQICurveなどもAVAXチェーンで使えます。

11位:DOT(ポルカドット)

DOT

通貨名 Polkadot(ポルカドット)
ティッカーシンボル DOT
価格
¥2,466
時価総額
¥2,436,138,730,306
国内取引所の取扱 bitFlyer、GMOコインなど

※2022年4月時点の情報です。

Polkadotは、異なるブロックチェーンで相互運用できることを目的としたプロジェクトです。

スイスのWeb3財団が開発しており、Polkadotブロックチェーンで開発する有能なプロジェクトにはWeb3財団からの助成金が与えられます。

Web3とは
最近よく耳にするWeb3とは、インターネット上でブロックチェーン技術を活用した非中央集権的なネットワークのことです。管理者が存在せず、みんなでネットを使って管理しよう!というイメージですね。

Polkadotは、独自のブロックチェーンや姉妹ネットワークを複数持つ巨大なプロジェクトで、相互運用性や高いセキュリティに魅了された様々なプロジェクトがPolkadot上で構築を希望しています。

日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkもその一つで、Polkadotに接続してメインネットを立ち上げていますよ。

他には、Acala NetworkMoonbeamなどもPolkadotで構築している期待度の高いプロジェクトですね。

12位:DOGE(ドージコイン)

DOGE

通貨名 Dogecoin(ドージコイン)
ティッカーシンボル DOGE
価格
¥18.61
時価総額
¥2,463,300,627,717
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

Dogecoinは、ビットコインと同じ機能を持つ仮想通貨で、ビットコインを参考に作られています。

発行上限がないので、マイニング次第で無限に発行する通貨ですが、逆に発行数が増えると価値が下がるので、価格が高騰するとは考えにくいですね。

しかし、ビットコインの価格やイーロン・マスク氏の発言により度々価格が急上昇した過去があります。

社会的影響力の高い人物の発言により、価格が左右される面白い仮想通貨といえますね。

元々、ミームコインとして発行された通貨ですが、長らく時価総額順位が20位圏内なので、今後もどうなるかわからないコインです。

読者

ミームコインはDOGEやSHIBなど、ネタやギャグ、パロディで作られた仮想通貨のことですよね…!

13位:BUSD(バイナンスUSD)

BUSD

通貨名 Binance USD(バイナンスUSD)
ティッカーシンボル BUSD
価格
¥125
時価総額
¥2,244,288,722,494
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

BUSDは、バイナンスとPaxos社(ステーブルコインを提供する企業)により発行されたステーブルコインです。

米ドルにペッグされており、担保資金はほぼ100%がドルです。いつでも米ドルに1:1で換金も可能となります。

バイナンスのブロックチェーンであるバイナンススマートチェーン(BSC)のステーブルコインなので、PancakeSwapなどBSCのDeFiユーザーなら使いやすいですね。

BUSDは、法定通貨(ドルや円)で手数料無料で購入できるので、他のステーブルコインよりお得です。

USDT・USDC・TUSDなど他のステーブルコインとの交換も手数料無料ですよ。

14位:UST(TerraUSD)

LUNA

通貨名 TerraUSD(テラUSD)
ティッカーシンボル UST
価格
¥125
時価総額
¥2,097,577,300,755
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

USTは、LUNA(Terra)と同じ韓国のプロジェクトが発行するドルペッグのステーブルコインです。

法定通貨を担保とするUSDTやUSDCなどと異なり、無担保型のステーブルコインなので、独自のアルゴリズムにより価格をドルに安定させています。

アルゴリズムでは、自社の$LUNAを使用して、供給量を常に調整しながら1ドルにペッグさせる方法を用いています。

供給が多く1ドルを超えたときは、$LUNAを焼却(バーン)して一定に保つ仕組みですね。

異なるブロックチェーンへ橋渡しする「ブリッジ機能」により、イーサリアムやバイナンススマートチェーンに資産を移動できるので、DeFiユーザーも使いやすいです。

コスモスネットワークについて
LUNAやUSTはコスモスネットワークで開発されています。コスモスも異なるブロックチェーンをつなげたり、スケーラビリティ問題を解決したりするブロックチェーンプロジェクトですよ。

15位:SHIB(ShibaInu)

SHIB

通貨名 Shiba Inu(シバイヌ)
ティッカーシンボル SHIB
価格
¥0.002953
時価総額
¥1,621,303,786,711
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

Dogecoinのミームコインとして発行されたSHIBは、2021年に急激な価格高騰を数回経験しました。

2021年10月には1,000%以上も上昇したので、SHIBの保有者は爆益でしたね。

Dogecoinと同じく、イーロン・マスク氏の発言で価格が上昇する傾向があります。

分散型取引所として「Shiba Swap」をリリースしており、構築しているのはイーサリアムネットワークです。

Shiba Swapでは、SHIBのほかにLEASHとBONEという独自のトークンが扱われており、スワップやステーキングをすることができます。

16位:WBTC(wBTC)

wBTC

通貨名 Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン)
ティッカーシンボル WBTC
価格
¥5,202,784
時価総額
¥1,435,602,077,357
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

WBTCは、ビットコインをイーサリアムブロックチェーンで使えるように規格を変更した通貨です。

イーサリアムでは多くのプロジェクトが構築しているので、DeFiやレンディングプロトコルでビットコインを利用可能にすべく、イーサリアムのERC-20規格でWBTCとして発行されました。

ERC-20とは
ERC-20は、イーサリアムブロックチェーンと互換性があり、イーサリアムチェーン上に仮想通貨を構築できます。USDTやUSDC、DAIなどもERC-20トークンです。

いわばビットコインを担保に発行されたステーブルコインがWBTCです。

BTC保有のためならWBTCは必要ありませんが、イーサリアム上のDeFiなどのプロトコルを使うためなら、WBTCを持つべきですね。

国内取引所では取り扱っていないので、Binanceなどの海外取引所でBTC建てで購入しましょう。

17位:CRO(クロノス)

CRO

通貨名 Cronos(クロノス)※旧Crypto.com Coin
ティッカーシンボル CRO
価格
¥52
時価総額
¥1,330,874,434,618
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

CRO(クロノス)は、Crypto.com(仮想通貨取引所やウォレットなどのサービスを幅広く展開する企業)が開発するブロックチェーンネットワークです。

イーサリアムブロックチェーンと互換性があり、CROチェーンで様々なアプリケーションを構築したり、イーサリアムから移動できたりするのがメリットです。

ブロックチェーンの相互運用性やスケーラビリティ問題の解決、さらにCrypto.comの1000万人もの既存ユーザーによって価格を維持しています。

18位:Polygon(マティック)

MATIC

通貨名 Polygon(ポリゴン)
ティッカーシンボル MATIC
価格
¥170.44
時価総額
¥1,340,911,674,680
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

Polygonは、かつてMATICネットワークでしたが2021年にPolygonにリブランドしました。

トランザクションの高速処理と、ほぼ0円のガス代により各DeFiプロジェクトやNFTマーケットプレイスでもPolygonネットワークが使われています。

使用するには$MATICを入手しないといけませんが、国内取引所では取り扱ってないので、海外取引所で購入しましょう。

Polygonは、イーサリアムのサイドチェーンなので、イーサリアムブロックチェーンのプロジェクトで使えるシーンが多いです。

読者

NFTのOpenSeaでも、イーサリアムネットワークかPolygonネットワークを選べますよね!

19位:NEAR(NEARプロトコル)

NEAR

通貨名 NEAR Protocol(NEARプロトコル)
ティッカーシンボル NEAR
価格
¥1,951
時価総額
¥1,299,720,527,024
国内取引所の取扱 なし

※2022年4月時点の情報です。

NEARは、スマートコントラクトを使って、分散型アプリケーションを構築するためのプラットフォームです。

高速処理とガスコストの低さ、シャーディング(データの分散処理)による環境負荷の低さでも認められています。

ブロックチェーンのブリッジ機能により、イーサリアムチェーンと行き来できるので、開発プロジェクトやユーザーがNEARブロックチェーンを利用しやすい環境が整っています。

20位:DAI(ダイ)

DAI

 

通貨名 DAI(ダイ)
ティッカーシンボル DAI
価格
¥125
時価総額
¥1,178,582,064,006
国内取引所の取扱 GMOコイン、CoinBestなど

※2022年4月時点の情報です。

DAIは、イーサリアムのERC-20規格で発行されているステーブルコインです。

スマートコントラクトを利用して、米ドルにペッグするよう調整され、価格を安定させています。

担保資産が仮想通貨のステーブルコインなので、ETHやWBTC、MATICなど複数の仮想通貨が担保となっています。

国内取引所ではGMOコインやCoinBestなどで取り扱っているので入手しやすいですね。

まとめ

btc-moukaru-matome

この記事では、仮想通貨の種類について時価総額順にTOP20を紹介しました。

仮想通貨の種類の違いや選び方、ネットワークについてもまとめたので、それぞれの見分け方がわかったと思います。

今後の価格上昇に期待するなら、まだ上場前のブロックチェーンプロジェクトに注目です!

TOP20を見てわかる通り、各トークンが明確な目標をもって開発しているので、純粋に応援したいプロジェクトを見つけるのもおすすめですよ。

仮想通貨を購入する前に、どのブロックチェーンで発行されているのか、ガス代や処理速度、プロジェクトの目的などもチェックしてくださいね!

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。