ビットコイン・仮想通貨の買い方・入手方法まとめ|初心者でもわかる簡単手順

読者

仮想通貨・ビットコインの買い方は?どうやって購入するの?

今回はこのようなお悩みを持った方に向け、仮想通貨の買い方や購入手順、注意点、およびおすすめの暗号資産交換業者(取引所)について詳しく解説します。

本記事を読むことで、知識ゼロの方でも仮想通貨の購入に必要な正しい知識が身に付き、安全に仮想通貨を楽しむことができます。ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。

2022年8月11日17時59分現在の価格は、『3,247,022円』です。

通貨名 Bitcoin(ビットコイン)
通貨単位 BTC
価格(2022年8月11日時点) 3,247,022円
ビットコイン・仮想通貨の買い方まとめ
  • 手順1.暗号資産交換業者(取引所)でアカウントを開設する
  • 手順2.仮想通貨口座を開設する
  • 手順3.開設した口座に日本円を入金する
  • 手順4.実際に仮想通貨を購入する
  • ビットコインを購入するなら、取引量No1のビットフライヤーがおすすめ

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

⬇︎こんな記事もおすすめ

仮想通貨取引所おすすめ6選【最新版】選ぶ際のチェックポイントや注意点も解説

ビットコインの今後は?過去の出来事や専門家の予測から今後の値動きを予測

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨を購入する手順

読者

仮想通貨を買うための第一歩目がわからない

と、まずどう動いたらいいかわからない方も多いかと思います。

仮想通貨を購入する手順は、以下の通りです。

仮想通貨の購入の4つの手順
  • 手順1.暗号資産交換業者(取引所)でアカウントを開設する
  • 手順2.仮想通貨口座を開設する
  • 手順3.開設した口座に日本円を入金する
  • 手順4.実際に仮想通貨を購入する

それぞれ順を追って解説します。

仮想通貨の買い方①: 暗号資産交換業者(取引所)でアカウントを作成する

第一歩目として「暗号資産交換業者(取引所)でアカウントを作成」しましょう。

ご希望の暗号資産交換業者(取引所)の公式サイトで自身のアカウントを作成しない限り、仮想通貨を買うことはできません。

暗号資産交換業者(取引所)には「GMO」や「DMM」などの大手企業が運営するものもあります。もしその会社のアカウントを既に持っている方であれば、このアカウント登録のステップは省略できます。

読者

暗号資産交換業者(取引所)は色々あるけど結局どれがいいの?

と思う方も多いかと思います。具体的におすすめの暗号資産交換業者(取引所)については記事の後半で後述しますので参考にしてください。

ただ、よほどの理由がない限り日本国内の大手の暗号資産交換業者(取引所)から選ぶことをおすすめします。

理由は国内大手の暗号資産交換業者(取引所)はセキュリティ対策が強固なため、安心かつ安全な仮想通貨の取引ができるためです。また、各社サービスやサポート体制も充実しているため、上手に利用すれば大きく稼ぐことも可能です。

仮想通貨の買い方②:仮想通貨口座を開設する

アカウント作成が済んだら、その暗号資産交換業者(取引所)にて、仮想通貨用の口座を開設しましょう。

仮想通貨用の口座の開設に必要な手順は、主に以下の4つです。

仮想通貨口座開設に必要な手順
  • メールアドレスや電話番号を入力
  • パスワードの作成や個人情報の入力
  • 本人確認書類のアップロード
  • ハガキorメールを受け取る

登録の際には、事前に支払いに使用するクレジットカードや銀行口座、身分を証明する書類(免許証や保険証、マイナンバーカードなど)を手元に用意しておくとスムーズです。

また、本人確認書類をアップロードする際、「実際に本人確認書類を手に持った本人の顔or上半身」の撮影が求められる場合が多いです。

気になる方は身だしなみを整えたり、見られても恥ずかしくない小綺麗な洋服に着替えるなど準備も済ませましょう。

情報の入力や本人確認書類のアップロードが終わったら、ハガキやメールが届き登録完了となります。

仮想通貨の買い方③:開設した口座に日本円を入金する

仮想通貨用の口座の開設が済んだら、実際にその仮想通貨口座に日本円を入金しましょう。

仮想通貨口座への入金には、一般的に以下の3つの方法があります。

仮想通貨用の口座へ日本円を入金する方法
  • 銀行振込…銀行から指定した口座に振込で入金する方法
  • コンビニ入金…最寄りのコンビニのATMから指定した口座に入金する方法
  • クイック入金…インターネットバンキングを利用して指定した口座に入金する方法

銀行振込を利用した場合、どの暗号資産交換業者(取引所)でも手数料が安い傾向にあります。

しかしデメリットもあり、入金後から反映されるまで数十分~1時間程度のタイムラグが生じます。もし銀行の営業時間外だった場合は、さらに反映までの時間がかかる可能性もあるため、1分1秒を争うような取引をしたい方には不向きです。

一方コンビニ入金とクイック入金の場合、デメリットとして銀行振込より高い手数料が発生しますが、口座への反映にタイムラグがありません。急ぎで取引がしたい場合はコンビニやクイック入金を利用しましょう。

仮想通貨の買い方④:実際に仮想通貨を購入する

開設した口座へ入金後、反映が確認できたら実際に仮想通貨を購入しましょう。

仮想通貨の購入方法は一般的に以下の2つがあります。

仮想通貨の購入方法
  • 各仮想通貨の単位ごとに購入する
  • 円単位で購入する

「各コインは保有数で管理したい」といった方は、各仮想通貨の単位ごとに購入するのがいいでしょう。

「コインに使用した日本円の金額で管理したい」という方の場合、円単位で選択しての購入も可能です。

また保有している仮想通貨を使って、別の仮想通貨を購入することも可能です。

このように、仮想通貨口座に日本円を入金しておくだけで、幅広く様々な方法での取引が可能となります。

レバレッジ取引などせずに現物取引のみの利用にとどめれば、入金した金額内でしかビットコインの購入や取引ができないため、余計なお金や借金が発生する心配もありません。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

初心者が仮想通貨を買う際に注意すること

初心者が仮想通貨を買う際には、いくつかの注意点もあります。

その注意点とは、主に以下の3つが挙げられます。

仮想通貨を買う際の注意点
  • 国内の取引所で口座を開設する
  • 最初から大きな金額を投資しない
  • なるべくレバレッジ取引は避ける

注意点にも着目していないと、一瞬で大きな損失を抱えてしまったり、最悪の場合は保有している大切な資産を全て失うことにもなりかねません。

安心、安全な仮想通貨の運用のためにぜひ参考にしてください。

仮想通貨の注意点:国内の取引所で口座を開設する

仮想通貨用の口座ですが、日本国内大手の暗号資産交換業者(取引所)で開設することをおすすめします。

理由は以下のとおりです。

国内の取引所で開設した方いい理由
  • 金融庁が認可しているため、セキュリティが強固だから
  • 万が一のトラブルの際のサポート体制も充実しているから
  • 定期的なキャンペーンやサービスを利用すれば、得することに繋がるから

国内の大手の暗号資産交換業者(取引所)の場合、金融庁が認可しているためセキュリティが強固で、万が一の際のサポート体制も万全です。

それに加えて各社、定期的なキャンペーンやサービスもあるため、上手に利用することで大きな得になることもメリットです。

暗号資産交換業者(取引所)は海外製のものもあります。全くセキュリティ対策が整っていないわけではありませんが、日本の暗号資産交換業者(取引所)と比較すると安全性に差があります。

海外製のものは自分でセキュリティ対策を施す必要もある一方、国内の暗号資産交換業者(取引所)なら自分で何か対策する必要はほとんどありません。

したがって、よほどの理由がない限り国内大手の暗号資産交換業者(取引所)を選びましょう。

仮想通貨の注意点:最初から大きな金額を投資しない

仮想通貨初心者の方は、最初から大きな金額を投資することは避けましょう。

最初から大きな金額を投資しない方いい理由
  • 下落した際の損失が大きくなるから
  • 最初から高額を投じる人の特徴として「高値掴み」をしてしまう傾向にあるから

仮想通貨のみならず、「少額からコツコツ積み上げる」のが投資の基本です。

そのため、毎月決まった金額を少しづつ投資に回していくことが大切です。

また最初から大きな金額を投資する方は、傾向として「高値掴み」をしてしまいます。

「高値掴み」とは、価格が高騰している最中で多額分の仮想通貨を購入し、その直後下落し結果として大きく損してしまうことです。

高騰すればその分下落するのは間違いありません。そのリスクを少しでも小さくするのが投資における鉄則であり、投資の上級者というものです。

したがって多額の金額を最初から投じず、少額をコツコツ積み上げるようにしましょう。

仮想通貨の注意点:なるべくレバレッジ取引は避ける

注意点最後は、「なるべくレバレッジ取引は避ける」ことです。

レバレッジ取引はなるべく避けた方いい理由
  • 借金を抱えてしまう可能性があるから
  • レバレッジ取引は上級者向けのハイリスクハイリターンな取引方法
  • 初心者が手を出すと、大きく損をするリスクあり

レバレッジ取引とは簡単に言うと、例えば10万円の予算の場合、100万円分の仮想通貨の売買ができる取引方法です。

例として1BTCが10万円の時に、10万円分のビットコインを「レバレッジ10倍」で購入したとします。

もし、ビットコインが11万円に値上がりすれば、10万円の利益が発生します。同様にビットコインが9万円に値下がりした場合、10万円の損失が発生します。

逆にもし、ビットコインが8万円まで値下がりしたら損失は20万円。その場合、予算の10万円で賄うことはできなくなるので、10万円を追加で入金する必要があります。

仮に最初の予算が100万円で、同様にレバレッジを10倍にした場合、シンプルに上記の例の利益や損失に0が一つ加わります。

このように、レバレッジ取引は小さな金額で大きく稼げる特徴をもつ一方、大きなリスクを伴う上級者向けのハイリスクハイリターンな取引方法です。

そのため初心者の方はなるべくレバレッジ取引には手を出さず、現物取引のみの利用に留めることをおすすめします。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨を保有するメリット・デメリット

仮想通貨の買い方や、購入の際の注意点について開設してきました。

ここまで読んだ方の中には、

読者

仮想通貨を持ってると、何かこれといったメリットはある?利ざやを稼げるだけ?

といった疑問を持つ方もいるかと思います。

この章では、仮想通貨を保有することのメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

仮想通貨を保有するメリット

仮想通貨を保有するメリットは、主に以下のとおりです。

仮想通貨を保有するメリット
  • 値動きの幅が大きいため、今後大きく稼げる可能性がある
  • 24時間365日取引ができる
  • 一部店舗では、決済手段として利用できる

まず仮想通貨は、日々の値動きが大きいことが特徴です。

仮想通貨に使用されているブロックチェーン技術は将来的な需要も見込まれていることから、今後の価格の高騰が期待されています。

また、仮想通貨に関するニュースや、たった1人の影響力のある人の発信などでも価格が大きく変動するのが、仮想通貨の醍醐味でもあります。

そんな仮想通貨を保有することで、将来的に資産を大きく増やせる可能性があるのがメリットの一つです。

また、仮想通貨は24時間365日取引できることも魅力です。

例えば株式投資の場合、平日の9:00~15:00(国内株式の場合)しか取引ができません。

読者

仕事が忙しすぎて、平日の夜と休日or祝日しか時間が取れない…

という方もいる中で、仮想通貨は真夜中の空き時間などで取引できるのが嬉しいポイントです。

また以下の店舗では、仮想通貨が決済手段として利用できます。

仮想通貨で決済できる店舗
  • コジマ
  • ソフマップ
  • ビックカメラ
  • DMM.com

海外では仮想通貨決済に対応している店舗はさらに多く、現在進行系で拡大しています。

「仮想通貨さえ持っていれば両替不要で海外で買い物ができる未来」もそう遠くないかも知れません。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨を保有するデメリット

仮想通貨を保有するデメリットは、主に以下の2つです。

仮想通貨を保有するデメリット
  • 大きな損失を抱えることもある
  • ハッキングのリスクがある

仮想通貨は日々の値動きが大きいため、将来的に大きな値上がりが期待されていると前述しました。

しかし、大きく高騰する可能性があれば当然、その逆の可能性もあります。

株式投資の場合、株価の値動きには制限がかけられています(国内株式の場合)。そのため極端に儲かったり、極端に損したりする心配はありません。

一方仮想通貨の場合、相場の上下に制限などありません。下がるときはとことん下がるため、損失も大きくなるのが仮想通貨のデメリットです。

また、仮想通貨にはハッキングのリスクもあります。

国内大手の暗号資産交換業者(取引所)なら金融庁が認可していることもあり、セキュリティ対策は日々強固なものになっています。

しかし、銀行や証券会社などの大手の金融機関と比較すると、まだまだ劣っているのが現状です。

仮想通貨の購入におすすめの取引所

これから初めて仮想通貨を購入する際、おすすめの暗号資産交換業者(取引所)を4つご紹介します。

全て金融庁が認可している国内の大手取引所ですので、以下の暗号資産交換業者(取引所)から選べば、初めての方でも安心かつ安全に売買が可能です。

特徴や特典もそれぞれ異なりますので、自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の購入におすすめの取引所
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

仮想通貨取引所おすすめ:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(4.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(4.5)
総合評価
(4.5)
bitFlyer(ビットフライヤー)のココがおすすめ!
  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • 登録から最短10分で取引可能
  • ビットコインの場合、1円から売買できる

bitFlyer(ビットフライヤー)は、「ビットコインの取引量が6年連続No.1」という実績を誇る暗号資産交換業者(取引所)です。

最短10分で仮想通貨を取引できる手軽さが魅力で、加えて取扱通貨数も国内取引所において最多水準となっています。

読者

まずは少額から取引してみたい

といったニーズにもしっかり対応しており、ビットコインの場合ならなんと1円から購入することが可能です。

なお、bitFlyer(ビットフライヤー)は独自の取引ツール「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」を提供しています。

bitFlyer Lightningは、ゴールドマンサックスの元トレーダーが作った取引所です。

この取引ツール(取引所)ではビットコインの現物取引はもちろん、ビットコインFXやビットコイン先物取引などを行えます。

やや上級者向けですが、ビットコイン取引に慣れてきたらbitFlyer Lightningの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 330円(クイック入金)
※住信SBIネット銀行は0円
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
※三井住友銀行は上記金額より330円安い
取扱通貨数 15通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 直近30日の取引量に応じて0.15% BTC以下
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所おすすめ:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の評価
口座開設スピード
(4.0)
入出金手数料
(3.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(5.0)
総合評価
(4.0)
Coincheck(コインチェック)のココがおすすめ!
  • アプリダウンロード数が業界No.1
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 約500円からビットコインの購入が可能

Coincheck(コインチェック)は、アプリの使いやすさに定評のある国内大手の仮想通貨取引所です。

2020年1月から12月までのアプリダウンロード数は業界No.1であることを公式サイトにて公表しています。

実際にアプリのデザインもユーザーインターフェースに優れ、直感的で非常に分かりやすいです。そのため初めて仮想通貨を購入する方でも迷うことなく操作できます。

また、取引手数料が無料なので小さな額をコツコツ積み上げていく取引スタイルの方にも適しています。

読者

いきなりビットコインに大きな金額を投じるのは怖い

というニーズにも対応しており、ビットコインなら約500円から購入できることも初心者には嬉しいポイントです。

下表では入金手数料770円以上とありますが、これは「クイック入金」を利用した場合です。

「振込入金」を利用した場合は通常220円以下で振込可能ですので、少しでも手数料を安く済ませたい方は「振込入金」を利用しましょう。

振込先入金口座は「GMOあおぞらネット銀行」か「住信SBIネット銀行」です。既にいずれかの銀行口座を持っている方は、手数料無料で入金が可能です。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 17通貨(うち1通貨は取扱停止中)
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨取引所おすすめ:DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(5.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(5.0)
総合評価
(4.0)
DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジ取引の取扱通貨数国内No.1
  • 登録から最短1時間で取引可能
  • 入出金手数料や取引手数料が0円

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に大きな強みを持つ暗号資産交換業者(取引所)で、レバレッジ取引の取引通貨数は国内No.1の実績を誇ります。

読者

小さな金額と時間で、少しでも大きく稼ぎたい

と考えている方にとっては、レバレッジ取引に定評のあるDMM Bitcoinが最良の選択肢となるでしょう。

また多くの暗号資産交換業者(取引所)は、住信SBIネット銀行やPayPay銀行など一部の金融機関としか提携していません。

そんな中でDMM Bitcoinは、1,000社以上の金融機関と提携しているため、多くの人がクイック入金を無料で利用可能です。

DMM Bitcoinは「DMMグループ」の傘下であり、その「DMMグループ」は、ネット証券会社も運営しています。

その影響もあってDMM Bitcoinはスマホアプリの使い勝手に定評があり、ワンタッチで現物やレバレッジ注文が可能となっています。

「4分割チャート」という他の取引所にはない独自の画面もあり、仮想通貨の価格変動が把握しやすくなっている点もポイントです。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 15通貨(うち、レバレッジ取引のみの取扱いが4通貨)
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨取引所おすすめ:GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの評価
口座開設スピード
(3.0)
入出金手数料
(3.0)
取扱通貨数
(3.0)
取引所・販売所手数料
(4.5)
総合評価
(3.5)
GMOコインのココがおすすめ!
  • 取扱通貨数が国内最多の20通貨
  • 登録から最短10分で取引可能
  • 入出金手数料が無料

GMOコインはこれから仮想通貨を始める初心者におすすめの機能をふんだんに備えた暗号資産交換業者(取引所)です。

国内取引所で最多の20通貨を取扱っており、オリコン顧客満足度も国内取引所のなかで堂々の1位を獲得しています。

また、暗号資産交換業者(取引所)の中には、入出金手数料の合計が1,000円ほどとなる暗号資産交換業者(取引所)もあります。そんな中でGMOコインは、入出金手数料を無料にすることが可能です。

読者

面倒なことは抜きで、少しでも早くビットコインを始めたい!

といったニーズにもしっかり応えており、GMOコインは登録から最短10分で取引可能となっています。

そのため、仮想通貨の購入の際のわずらわしさを少しでも軽減させたい方にもおすすめです。

その他、例えば1ビットコインの価格が600万円なら取引所で600円(0.0001 BTC)、販売所なら60円(0.00001 BTC)で取引できる手数料の手軽さも魅力です。

GMOコインは口座開設スピードや入出金手数料、取扱通貨数、取引手数料なども考慮して、非常に総合力の高い暗号資産交換業者(取引所)となっています。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 20通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨の買い方についてよくある質問

この章では仮想通貨をこれから始める方に向け、よくある質問をまとめました。

ぜひ参考にし仮想通貨に関する知識を深め、リスクを減らしていきましょう。

仮想通貨についてよくある質問
  • スマホ1台でも仮想通貨を購入できる?
  • 仮想通貨はいくらから購入できる?
  • 仮想通貨はどのくらいの金額から始めたらいい?
  • 今から仮想通貨を買って、値上がりする?

スマホ1台でも仮想通貨を購入できる?

スマホ1台でも仮想通貨の購入はできます。特にPCを所有する必要はありません。

むしろ身分証や顔写真の撮影を考えると、スマホのみで完結させた方がわずらわしさの軽減になるともいえます。

仮想通貨の口座開設に必要になるものは、以下のとおりです。

仮想通貨の購入に必要になるもの
  • スマホ
  • 支払いに使うクレジットカードや銀行口座
  • 免許証や保険証など、身分を証明するもの

仮想通貨用の口座を開設したら、あとはコンビニなどで資金を入れるだけで仮想通貨を購入できるようになります。

仮想通貨はいくらから購入できる?

取引所にもよりますが、1~500円くらいが相場です。

ビットコインを例に上げると、Coincheckの場合は500円から、bitFlyer(ビットフライヤー)の場合は1円から購入できます。

最初のうちはチュートリアルのつもりで「なくなっても困らない程度の金額」を投資して様子見し、概要を掴み、慣れてきたらまとまった金額を投資してみるのもいいでしょう。

ただ、500円程度の金額で仮想通貨を始めた場合、もし仮想通貨が値上がりしても大きなリターンは得られません。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨はどのくらいの金額から始めたらいい?

仮想通貨を始める金額
  • 口座への入金は5~10万
  • 仮想通貨の購入は、なくなっても困らない、緊張しない程度の金額で
  • 多額を投入せず、少しづつコツコツ投資していくのがコツ

最初に口座に入金する金額としては、5~10万くらいが相場という認識で差し支えありません。

ただその後、初めての仮想通貨の購入額については「なくなっても困らない程度の金額」にとどめておきましょう。

言い換えるのであれば「緊張しない金額」に留めましょう。初めての仮想通貨の購入は緊張しますが、金額が小さくなれば緊張は最小限に押さえられます。

仮想通貨のチャートは刻一刻と上下します。大きく高騰しているタイミングだからといって入金額全てを投じると、一気に下落し高値掴みとなる危険性も十分に考えられます。

なので最初は練習のつもりで、1000~2000円くらいの仮想通貨を購入して値動きを眺めてみましょう。

その後はタイミングを見つつ、残りの金額を「少額づつ」投じていくことが大切です。

まとめ

以上、仮想通貨の買い方や購入手順、注意点、およびおすすめの取引所についてご紹介しました。

仮想通貨やブロックチェーンは今後も需要の拡大が期待され、それに伴った値上がりも期待されています。

しかしリスクやデメリットも存在するため、十分に理解し、それを最小限に留めることも大切です。

ただ、きちんと国内の大手の暗号資産交換業者(取引所)を利用し、一度に多額を投資することさえ避ければ、ある程度リスクを最小限に押さえた仮想通貨の運用が可能となります。

仮想通貨は今や難しいことや専門的な知識は必要ありません。ぜひ本記事を参考に、仮想通貨を始めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨の始め方および稼ぎ方について、以下の記事も参考になります。

⬇︎こんな記事もおすすめ

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較8選【初心者向け】手数料・スプレッドで徹底比較

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。