NFTアートの買い方完全ガイド|基礎知識やメリットも解説

読者

NFTアートに興味があるけど、買い方がわからない

読者

そもそもNFTアートってどんなもの?今さら誰にも聞けない

このような疑問や悩みをお持ちではないでしょうか?

近年、NFTアートの注目度は日に日に上昇しております

しかし気になってはいるけれど、実際どういうものなのかわからなかったり、買える場所や買い方がわからない方も多いでしょう。

そこでこの記事では、NFTアートのおすすめの販売サイト、買い方の流れ、購入するメリットなどについて解説していきます

この記事を読み終えると、すぐにNFTアートの世界に飛び込めるはずです。

1つずつ理解しながら、ゆっくりと読み進めてくださいね。

NFTアートの買い方ガイドを簡単にまとめると
  • NFTアートの基礎知識がわかる
  • NFTアートの特徴や購入するメリットがわかる
  • NFTアートの主流販売サイトはコインチェックNFT・OpenSea・Rarible(ラリブル)
  • NFTアートを購入する一連の流れがわかる
  • NFTアートを購入する際の注意点がわかる
  • NFTアートを購入・販売するなら『ビットフライヤー』で口座開設をしておくと、スムーズに売買ができるのでおすすめです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。
現在はファイナンシャルプランナーとして、健康とお金、豊かなライフスタイルなどの相談を受ける。個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師などを広く活動している。趣味はジャザサイズ。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートの基礎知識

nft_art_knowlege

まずはNFTアートを購入する前に、NFTアートが何なのかについて理解しておく必要があります。

そのためには、まずNFTとは何なのかを理解することが大切です。

NFTアートの基礎知識
  • NFTとは?
  • NFTアートとは?

NFTとは?

NFTとは、「Non Fungible Token」の略です。

直訳すると、代替えできないトークンということになります。

トークンとは、「しるし」や「象徴」を意味し、仮想通貨業界では、既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨のことを指します。

トークンの特徴

  • 発行者・管理者がいる
  • 個人でも法人でも発行可能
  • 独自の価値付けがおこなわれている

引用:bitFlyer

よって、NFTとは代替できない既存のブロックチェーン技術を利用して発行された仮想通貨で、発行者独自の価値付けがおこなわれているのが特徴だといえます

NFTアートとは?

NFTの特徴を踏まえて、NFTアートとは「ブロックチェーン技術を用いて作成される代替不可能なデジタルアート」ということになります。

これまでのデジタルアートは「簡単にコピー・改ざんが可能=代替可能」という問題点があり、資産価値が生まれにくい状況でした。

しかしブロックチェーン技術を導入することにより、コピー・改ざんを防げるようになり、偽造不可能な所有証明書を発行することが可能になったのです

簡単にいうと、シリアルナンバーが振ってあるような状態で、唯一無二のデジタルアートがNFTアートだといえるでしょう。

NFTアートを始めるのであれば、ビットフライヤーで口座開設をしておくと、スムーズにやり取りができます。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートの特徴

nft_art_feature

NFTアートには、以下の5つの特徴があります。

これらの特徴は、言い換えればNFTアートならではの価値あり、購入するメリットだといえるでしょう。

1つずつ解説していきます。

NFTアートの特徴は?
  • ブロックチェーンにより唯一無二の価値が証明される
  • NFTは誰でも作成・売買ができる
  • さまざまな情報を記録できる
  • アーティストに公平な報酬が支払われる
  • 将来価値が上昇する可能性がある

ブロックチェーンにより唯一無二の価値が証明される

NFTアートは、コピーや改ざんできないことが特徴です。

つまり、所有したNFTアートはブロックチェーンにより、唯一の価値が証明されていることになります。

NFTアートは所有権がブロックチェーン上に記録されるので、盗難やコピーされることがありません。

これまでのデジタルアートは簡単にコピーできてしまったため、有形のアートに比べると価値が下がりやすいという問題がありました。

この問題は、所有者にとってもクリエイターにとっても、大きな課題だったのです。

しかし、ブロックチェーン技術によりコピー・改ざんが不可能なNFTアートは、有形のアートと同等の価値を発揮することができます。

例えば、有名な画家の作品は高額な代金を支払っても購入する方がいます。

なぜなら、有名な画家が描いた絵はコピーできない一点モノで、価値が高いからです。

それと同じ状態を、デジタルアートの世界でも可能にしたのがNFTアートなのです。

コピー・改ざんができないデジタルアートであるNFTアートは、「モノを所有したい」という人間の欲求を刺激します

唯一無二であることが証明されることは、NFTアートの最大の特徴だといえます。

NFTは誰でも作成・売買ができる

NFTは誰でも作成・売買ができることが特徴です。

絵画のようなアートのみに限らず、音楽・ゲーム内のコンテンツや土地・電子書籍・映像・会員権・不動産など、さまざまなものをNFT化できます

日本ではお笑い芸人のたむらけんじさんが、自身のお笑いネタの音声をNFT化して販売し、約170万円で落札されたことが話題となりました。

(出典:Yahoo!ニュース)

NFT化できるコンテンツの種類は無限にあり、誰でもNFTを作成して出品可能なのです。

購入も誰でもでき、特に2021年はNFT元年といわれており、数多くのNFT作品が世界中で売買されました。

さまざまな情報を記録できる

information

NFTアートは、ブロックチェーン技術を用いてさまざまな情報を追加記録することができます。

例えば購入者名を記録して所有権を明らかにしたり、転売する場合は利益を自動で分配できるように仕組みをプログラミングすることができるのです

アーティストに公平な報酬が支払われる

NFTアートは、ブロックチェーン技術により、二次流通後も報酬を得ることができます

例えば、本やCDの印税と比べるとわかりやすいでしょう。

新品の本やCDを購入すると、購入価格の数パーセントが印税として、アーティスト(著作権保有者)に渡ります。

しかし購入した本やCDを例えば中古取扱店に売却しても、利益があるのは売却者と、それを転売できる中古取扱店のみです。

ところがNFTアートは、二次流通後の動向を正確に把握できます

二次流通市場でも、取引に応じて一定の報酬がアーティスト側にも入るようなシステムが構築できるようになったのです。

転売ロイヤリティと呼ばれるこのシステムは、アーティスト側にとっても大きなメリットだといえるでしょう。

アーティストに公平な報酬が支払われ、アーティストの権利を守る方法としても注目されております。

将来価値が上昇する可能性がある

worth

NFTアートを購入したあとに、将来価値が大幅に上がる可能性があることも特徴だといえます。

例えば有名な画家が描いた絵は、描いた直後よりも数年先・数十年先の方が価値が上がることがあります。

また、CDなども枚数限定で発売されたものや、既に廃盤になっているものは、人気アーティストのものなら価値が高騰しますよね。

それと同じことがNFTアートにも起こるのです。

今現在購入したものが、数年後・数十年後に大幅に価値が上がる可能性を秘めています

NFTアートが売買されているマーケット

nft_art_market

NFTアートが売買されているマーケットは、NFTプラットフォームと呼ばれています。

今現在、主流となっているNFTプラットフォームは以下の3つです。

それぞれの特徴を解説していきます。

NFTアートが売買されているマーケットの主流は?
  • コインチェックNFT
  • OpenSea
  • Rarible(ラリブル)

コインチェックNFT

coin_check

コインチェックNFTの評価
初心者おすすめ度
(5.0)
操作性
(5.0)
NFTアートの出品数
(3.0)
総合評価
(4.0)

コインチェックは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を売買できる取引所です。

現在、17種類の仮想通貨が取引されています。

仮想通貨とNFTを交換できる「Coincheck NFT(β版)」を、2021年3月24日にローンチしました

  • 安全性が保障されている国内取引所である
  • 国内の主要取引所の中で先駆けてNFTマーケットをリリースしている

上記の理由から、今後国内最大手のNFTマーケットとなっていくことが予想されております

NFTアートのほとんどは、イーサリアムのブロックチェーン上で作成されているので、ほとんどのNFTプラットフォームでは、NFTアートの売買にイーサリアムが必要です。

しかしコインチェックNFTでは、コインチェックで取り扱われている13種類の仮想通貨を支払い方法として選べるので、イーサリアムを所有していなくてもNFTを購入可能です。

2022年4月上旬時点ではゲーム分野のNFTを主に取り扱っており、NFTアートには対応しておりません

しかし、ファッションブランド「トモコイズミ」がコインチェックと提携してデジタルドレスNFTの販売を発表しているなど、今後も対応する分野が拡張されていくことが予想されます。

コインチェックの口座を持っている方なら、気軽にNFT市場に参入可能です。

国内最大手であり、またNFTの購入手続きも簡単に進められることから、初心者におすすめのNFTプラットフォームだといえます

OpenSea

open_sea

OpenSeaの評価
初心者おすすめ度
(4.0)
操作性
(4.0)
NFTアートの出品数
(5.0)
総合評価
(4.0)

OpenSeaは、世界で最も流通量が多いNFTプラットフォームです

世界中でNFTの取引がおこなわれており、著名人の作品も購入可能です。

著名人の作品は、後々の値上がりも期待できます。

値上がり後に売却して利益を得たい方にも、おすすめできるプラットフォームだといえます。

また、海外のサイトにしては珍しく、日本語に対応しているところも嬉しいところです

素人から著名人まで、多くのアーティストがNFTアートを出品しており、その数は現時点で世界一だといえるでしょう。

数が多い分、好みのNFTアートが見つかることが期待できます。

Rarible(ラリブル)

rarible

Raribleの評価
初心者おすすめ度
(4.0)
操作性
(4.0)
NFTアートの出品数
(4.0)
総合評価
(4.0)

Raribleはアカウントの作成が簡単にでき、気軽に始めることができるNFTプラットフォームです

RARIという独自のトークンを使用していることが特徴で、Raribleでの活動に応じて付与されます。

RARIトークンの将来性には、大手企業や投資家も注目しているといわれており、仮想通貨市場で価値が上昇していくことも期待されております。

著名人の作品も出品されており、アカウント作成も簡単なことから、初心者にもおすすめできるNFTプラットフォームです

NFTの買い方・一連の流れ

nft_art_hou_to_buy

それではNFTの買い方を、一連の流れに沿って解説していきます。

NFTの買い方・一連の流れは?
  1. 仮想通貨取引所に口座を開設
  2. ウォレットを解説する
  3. ウォレットに入金する
  4. NFTプラットフォームにログインする
  5. NFTアートを購入する

仮想通貨取引所に口座を開設

まずは、取引で使う仮想通貨取引所に口座を開設します。

口座の開設には、メールアドレスの登録やパスワードの設定、本人確認書類の提出などが必要です

入力した個人情報と、本人書類確認の内容に相違がないか審査が入るため、個人情報の入力内容に間違いがないか確認してから送信しましょう。

本人確認には、身分証明書単体の画像の他に、IDセルフィー画像のアップロードが必要です

身分証明書を持った、自分の顔写真を撮ってアップロードします。

画像のブレなどで読み取りにくい場合は再提出を求められることもあるので、ブレがないように慎重に撮影しましょう。

おすすめの仮想通貨取引所は、『ビットフライヤー』です。

ビットフライヤーは、ビットコインの取引高6年連続国内No1の人気仮想通貨取引所で

金融事件も0なので信頼ができます。

何より、各種手数料無料で、コストを下げて仮想通貨を購入したい方にはおすすめです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

ウォレットを解説する

NFTを購入する際に使用するイーサリアムなどを保存するウォレットの解説も必要です

MetaMaskというプラグインが主流です。

chromeでMetaMaskを検索し、chromeのwebストアからMetaMaskの拡張機能を追加しましょう。

拡張機能を追加できたら、「ウォレットを作成」をクリックし、パスワードを設定します。

※ウォレットのパスワードを紛失した際にウォレットを復元できる「シードフレーズ」は大切なので、必ずメモしておきましょう。(スマホ・パソコン・手書きの3重保存をおすすめします)

ウォレットに入金する

money

ウォレットが作成できたら、まずは仮想通貨取引所に日本円を入金します

入金方法は、「銀行口座から入金」「コンビニ入金」「クイック入金」から選べます。

続いて、入金した日本円を使って、イーサリアムを購入しましょう

イーサリアムの購入数を入力すると、必要な日本円の金額が表示されるはずです。

必ず金額を確認してから、「購入する」をクリックしましょう。

続いて、購入したイーサリアムをMetaMaskのウォレットに送金します

送金するには、ウォレットアドレスの入力が必要です。

ウォレットアドレスはMetaMaskのログインページで確認できます。

トップページのアカウント名にマウスを置くと、ウォレットアドレスが表示されるはずです。

そちらをコピーして、ウォレットへの送金を進めてください。

NFTプラットフォームにログインする

ウォレットにイーサリアムを送金できたら、いよいよNFTの購入に進みます。

コインチェックに口座を作成した場合は、コインチェックにログインすると簡単にコインチェックNFTにアクセスできるはずです

OpenSeaにログインする場合は、MetaMaskと接続させる必要があります

画面の案内に従って、ログインしましょう。

NFTアートを購入する

nft

会員ページから、購入したいNFTを選択し、購入しましょう。

コインチェックNFTなら、ガス代と呼ばれる手数料が不要です

コインチェックの連携もスムーズにできるので、初心者でも迷うことなく購入まで辿り着けるでしょう。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートの種類

nft_art_kinds

NFTアートには、大きく分けて2つの種類があります。

それぞれの特徴を解説します。

NFTアートの種類
  • 1点モノ
  • コレクティブ

1点モノ

1点モノは、その名の通りこの世に1点しか存在しない、希少価値の高いものです

NFTアートの作成者の知名度が高いほど、1点モノの価値は高まり、高値で取引されます。

例えば、有形の絵画の場合は、それが本物であることを証明する「鑑定証」が必要です。

しかしNFTアートの場合は、ブロックチェーンによってNFT自体が価値を証明する鑑定証のような役割を担っています

有名の絵画はよくできたレプリカに間違えた価値がつけられてしまうことが稀にありますが、ブロックチェーン上での管理が厳格なNFTアートの場合は、そのような事態は起こりえません。

1点モノは世界に1つだけのアートなので、人間の所有欲を満たすことができ、高い価値を持つことが特徴です。

コレクティブ

コレクティブは、同じアーティストが作成した「シリーズモノ」だと認識してもらえれば分かりやすいかと思います。

テイストは似ているけど、細部が違うデザインになっていることが特徴です

しかし、大量に生産されることはなく、数量を限定して販売されております。

また、同じコレクティブ商品を所有している人のみが参加できるコミュニティが存在していることもあります

希少価値の高い商品を購入するコレクターが、同じ趣味を持つコレクターとの交流を楽しむことを目的としたコミュニティです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートを購入する際の注意点

nft_art_point

NFTアートを購入する際は、以下の2点に注意が必要です。

NFTアートを購入するデメリットともいえる部分なので、しっかりと把握しておきましょう。

NFTアートを購入する際の注意点
  • 取引手数料
  • コンテンツの著作権

取引手数料

NFTプラットフォームによっては、イーサリアムを利用する際にガス代と呼ばれる手数料が発生します

ガス代は、NFTアートを購入する側だけではなく、出品するアーティスト側にも発生し、NFT市場の大きな課題となっております。

コインチェックNFTはオフチューンという仕組みを利用することでガス代がかからず、またOpenSeaもガス台が低いことから人気のサービスです

コンテンツの著作権

 copyright

NFTはサービスが導入されてから間もないため、国内外で法的な措置が追い付いていません

例えば、NFTアートを購入すると所有権を得られますが、これは著作権を持っていることとは意味合いが違います。

元の所有者、つまりアーティストは同じデザインのNFTアートを更に作成することも可能なのです。

また、NFTアートは他人の作品をNFT化するという悪用もできてしまい、そういった実例もこれまでに多発しております。

以前暗号資産で起こったように、NFTを使った詐欺事件やハッキング事件が起こることも予想されます

こういったNFTの著作権関連にはまだまだグレーゾーンといえる部分があり、法的な体制が整えられるまでは不安要素だといえるでしょう。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTアートの将来性

nft_art_future

NFT市場はまだまだ始まったばかりであり、今後の可能性は未知数です。

現時点で考えられる、NFTアートの可能性について解説します。

NFTアートの将来性
  • チャリティー目的で使用される
  • NFT活用の幅が拡がる
  • あらゆるものがNFTになる可能性がある

チャリティー目的で使用される

有名タレントの香取慎吾さんによる取り組み、NFTアートチャリティブロックチェーン「LINE Blockchain」が話題になりました

こちらは寄付をおこなった方に、香取さんによる「I enjoy」をテーマとしたNFTアートを受け取れるというものです。

収益は全額「日本パラリンピックサポートセンター」へ寄付されることになっております。

このプロジェクトの発端を機に、NFTに関心を持った方も多くいるはずです

今後もこのような著名人による、NFTアートを使ったチャリティ企画が開催されていくことが予想されます。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

NFTの活用方法の幅が拡がる

vote

NFTの魅力の1つは、ブロックチェーンの技術を使った「改ざんできない」という部分にあります。

そのことを利用して、アメリカのウエストバージニア州では、選挙のデジタル投票にNFTの導入する実証実験が行われました

また、日本でも茨木県つくば市などの自治体がNFTの開発に力を入れております。

このように、アート以外の分野でもNFTやブロックチェーンの技術が応用されていくことが予想されます。

あらゆるものがNFTになる可能性がある

NFTはアートだけではなく、さまざまなものに価値をつけることができます。

近年もっとも話題になったものは、2021年3月に、Twitterの共同開発者兼CEOのJack Dorseyが、自身の最初のツイートをNFT化したものが、およそ291万ドルで販売された件ではないでしょうか。

このように、それまでは価値がつくと思われていなかったものにもNFT化することにより、今後価値がつけられていくことが予想されます。

NFTの買い方ガイドのまとめ

nft_art_samarry

NFTのマーケットはまだまだ始まったばかりであり、今後の可能性は未知数です。

2022年4月の時点では、話題になっているとはいえ、参入している人数はさほど多くはないはずです。

今後規模が大きくなっていくことは確実視されており、大手企業や著名人などにも着目されているといわれております

早めに参入することで、先行者利益を享受できる可能性は高いでしょう。

NFTの買い方ガイドまとめ
  • NFTとは代替できないトークンのこと
  • NFTアートとは、代替えできないデジタルアート
  • NFTアートは将来価値が上がる可能性があり、アーティストにも公平な報酬が入る
  • NFTの問題点は手数料と法的な整備
  • NFTを購入するには仮想通貨取引所での口座開設が必要
  • おすすめのNFTプラットフォームはコインチェックNFT
  • NFTは今後の可能性が無限大

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。