IOST(アイオーエスティー)ってどんな通貨?過去の動向から今後も見通しを予測!

読者

IOST(アイオーエスティー)ってどんな通貨?

読者

IOST(アイオーエスティー)の今後の見通しが知りたい!

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

IOST(アイオーエスティー)はさまざまなブロックチェーン技術を活用したサービスの提供を目指す注目の仮想通貨です。

とはいったものの、IOST(アイオーエスティー)に投資をするためには特徴や過去の値動き、今後の見通しについて分析する必要があります。

そこで、今回はIOST(アイオーエスティー)の特徴や今後の見通し、IOST(アイオーエスティー)の取引が出来る取引所などについて詳しく紹介していきます。

IOST(アイオーエスティー)の2022年8月11日17時50分現在の価格は『2.13円』です。

IOST(アイオーエスティー)をまとめると
  • IOST(アイオーエスティー)は他の通貨よりも処理速度が速く、現在抱えている問題を解決できる通貨
  • JavaScriptを用いて簡単に開発できる
  • IOST(アイオーエスティー)は今後の値上がりに期待ができる
  • 2022年8月現在の価格は1.96JYP
  • IOST(アイオーエスティー)の取引ができる国内の取引所はBITPoint、Coincheck、Huobi Japan、OKCoin Japan

⬇︎こんな記事もおすすめ

ビットコインの今後は?過去の出来事や専門家の予測から今後の値動きを予測!

イーサリアムの今後の見通しは?これまでの価格変動の流れから今後を徹底予測!

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

IOST(アイオーエスティー)の概要

IOST(アイオーエスティー)はさまざまなブロックチェーン技術を用いたサービスのプラットフォームを目指しているブロックチェーンネットワークです。

Internet of service tokenの頭文字をとった名称となっており、第三世代のパブリックブロックチェーンとも言われています。

まずはIOST(アイオーエスティー)の概要について確認していきましょう。

創設者 Jimmy Zhong氏
Terrence Wang氏
Justin Li氏
Ray Xiao氏
Sa Wang氏
Kevin Tan氏
通貨名 IOST(アイオーエスティー)
シンボル IOST
現在の価格(2022年8月11日現在) 2.13円
時価総額(2022年8月11日現在) ¥39,608,226,280
時価総額ランキング(2022年8月11日現在) 123位
公式サイト https://iost.io/
公式SNS Twitter
ホワイトペーパー https://iost.io/624/

 

IOST(アイオーエスティー)の特徴

IOST(アイオーエスティー)は将来のオンラインサービスのアーキテクチャーとして機能するブロックチェーンインフラストラクチャを提供することによって、ニーズを満たす目的といて開発された仮想通貨です。

ここからは、IOST(アイオーエスティー)の特徴について紹介していきます。

PoBの採用

IOST(アイオーエスティー)はPoB(Proof of Burn)を採用している点が特徴です。

PoBとは、仮想通貨を償却したことを証明すると新しい仮想通貨に同額の金額のコインが獲得できる仕組みです。

IOST(アイオーエスティー)が採用しているPoBは近年世界中で大きな問題となっているマイニングによる消費電力の高さを抑えることができ、環境問題を改善できる点も注目されています。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨ではPoW(Proof of Work)が採用されていますが、IOST(アイオーエスティー)のPoBは複数のノードに処理を分散させることができ、処理速度を高めることにも期待ができます。

ノードとは

ノードとは、仮想通貨ネットワークに参加しているコンピューター端末を指します。

処理速度が速い

IOST(アイオーエスティー)が採用しているPoBは処理速度が非常に速いという特徴があります。

スケーラビリティ問題が多いイーサリアムと比較してもトランザクションを処理するスピードが早く、従来よりも処理速度が速いです。

また、処理にかかる手数料を削減することもでき、手数料の安さと送金速度の2つの魅力を持つ通貨がIOST(アイオーエスティー)になります。

スマートコントラクトを開発できる

IOST(アイオーエスティー)はスマートコントラクトを開発できる点も特徴です。

JavaScriptを使えばスマートコントラクトを開発することができるのです。

JavaScriptはプログラミングや開発における現場で最も使用されるメジャーな言語で、JavaScriptを用いて簡単に開発できることから、多くの開発者から好評を得ています。

ノードの負担が軽い

IOST(アイオーエスティー)はノードの負担が軽い点も特徴です。

仮想通貨におけるノードは簡単に説明すると仮想通貨取引所に存在するネットワークに参加しているコンピューターを指します。

今までの仮想通貨は過去のブロックを全て保存しなければノードになれませんでしたが、IOST(アイオーエスティー)の最新の仕組みを採用することで、ノードの負担を軽減することができます。

よって、ノードの参加人数を増やすことに成功しているのがIOST(アイオーエスティー)です。

DeFiの動向に左右される

IOST(アイオーエスティー)はDeFiの動向に左右される通貨でもあります。

DeFiは分散型金融とも呼ばれ、金融サービスに管理者が存在しないサービスのことを指します。

IOST(アイオーエスティー)はDeFi関連の銘柄としても人気のため、DeFiの動向に左右されやすい特徴があります。

ちなみに、DeFi関連銘柄には、イーサリアム(ETH)、チェーンリンク(Chainlink/LINK)、メイカー(Maker/MKR)などもあります。

IOSTブロックチェーンのNFTマーケットプレイスが登場

IOST(アイオーエスティー)は独自ブロックのNFTマーケットプレイスとしても注目している銘柄です。

2020年9月のリリース以来、ダウンロード数14万を超えているプラチナエッグが提供するGPS連動戦略ゲーム「CROSSLINK クロスリンク」ではゲーム内アイテム自体がデジタル資産となり、IOST(アイオーエスティー)のアカウントと連携することでゲーム内のアイテムを購入することができます。

また、トークンリンクはリリース当初、クロスリンクゲームのトークンアイテムのみに対応していましたが、今後IOST(アイオーエスティー)ブロックチェーン上にある他のNFTもサポートする予定です。

NFT市場は近年注目されている市場ということもあり、関連するIOST(アイオーエスティー)も注目を浴びています。

医療分野でも実証実験が行われている

IOST(アイオーエスティー)は2020年6月から医療データ共有プロジェクトをスタートし、IOSTブロックチェーンのプライベート環境を採用したプロトタイプを開発しデータのハッシュ値を保存する、技術的な検証を行いました。

ブロックチェーン技術によって改ざんのできない状態で医療や健康記録を保存することができ、正確な情報の利用が可能となります。

このような医療分野での活用が進めば、他の仮想通貨ではできないIOST(アイオーエスティー)の活用目的として認知度も高まり、値上がりに期待ができると言えるでしょう。

IOST(アイオーエスティー)のエアドロップ

IOST(アイオーエスティー)はエアドロップのタイミングの前に価格が上昇しているという傾向が見られます。

過去4回ほどエアドロップがありましたが、発表の少し前には一時的な価格上昇が見られています。

IOST(アイオーエスティー)の過去の価格動向

ここでは、2018年に新しく発行されてから今までに起きた過去の価格動向について紹介していきます。

IOST(アイオーエスティー)の今後を分析するためには、過去の動向や事例について把握しておくと、より正確な分析ができるようになりますので、事前に把握しておきましょう。

IOST(アイオーエスティー)の過去の価格動向

2018年

IOST(アイオーエスティー)が公開された2018年には、公開直後ということもあり、多くの投資家達からの注目を浴びて最高額である約14円台を記録しました。

2019年~2020年

2019年~2020年にかけては、0.004ドル〜0.018ドルまでの相場で推移していました。

この時、海外の大手取引所であるバイナンスに上場したこともあり、一時的に価格が上昇した場面もありますが、上場後は下落相場が継続していた状況となっています。

2020年~2021年

2020年~2021年にかけては、2019年~2020年の下落相場が続き、価格はそこまで上昇していません。

むしろ、この時期には過去最低水準となる0.002ドルまで下落した状況もありました。

ですが、2020年の9月には国内大手の取引所であるコインチェックへの上場が決まり、知名度が一気に上昇したことから価格も大きく上昇しています。

このように、取引所への上場の発表がある時には一時的にはなるものの値上がりする傾向が高いため、今のうちに保有しておくと、仮想通貨取引所に上場するタイミングで利益を出しやすい通貨でもあります。

2021年~2022年(6月現在)

2021年はIOST(アイオーエスティー)だけではく仮想通貨全体の価格が大きく伸びた年でもあります。

2021年の5月には0.09ドルまで上昇し、全体的にみても飛躍の1年だったと言えるでしょう。

その後は中国での仮想通貨禁止やコロナウイルス、ウクライナ侵攻などの影響もあり相場を正しく分析することは難しい現状となっています。

2022年6月現在も仮想通貨市場全体で下落相場が続き、価格が落ち込んでいます。

しかし、2022年に入ってからはビットポイントやフォビジャパンに上場することが決まったこともあり、明るいニュースがあることも事実です。

そのため、今後の動向次第では値上がりすることに期待ができる通貨とも言えるでしょう。

IOST(アイオーエスティー)の今後の見通し

続いて、IOST(アイオーエスティー)の今後の見通しについて紹介していきます。

今後の値動きを100%予測することは難しいですが、今後どのような要因で価格が変動するかどうかを把握しておくことは重要なポイントです。

IOST(アイオーエスティー)の今後の見通し

認知度の向上

IOST(アイオーエスティー)はビットコインやイーサリアム、リップルなどの代表的な仮想通貨と比べると、まだまだ認知度で劣っています。

IOST(アイオーエスティー)は非常に高いポテンシャルを秘めている通貨ですが、まだまだ認知度が低いため、価格は低くなっています。

今後IOST(アイオーエスティー)の認知度が高まれば、取引量が増えて自然と価格が上昇することに期待ができます。

そのためには、国内取引所への上場が必須と言えるでしょう。

国内取引所への上場

IOST(アイオーエスティー)の国内取引所への上場も今後の価格変動に大きな影響を与えます。

2022年6月8日現在、IOST(アイオーエスティー)はコインチェックとビットポイント、フォビジャパン、オーケーコイン・ジャパンのみになります。

ビットコインやイーサリアムなどはほとんどの取引所で取引できますが、IOST(アイオーエスティー)はまだ取引できる取引所が少ないのが現状です。

ただし、これから他の取引所にも上場する可能性が高い銘柄でもあるため、今後に期待できる銘柄とも言えます。

DeFi市場での成長

IOST(アイオーエスティー)はDeFI市場との関連性が強く、DeFi市場の影響を受けやすいです。

現在DeFiへの進出を進めていますが、今後もDeFi市場規模の加速は成長すると予測することができます。

DeFi市場が成長して、それに伴い利用者が増加すれば価格上昇に大きな要因となることでしょう。

IOST(アイオーエスティー)は1,000円まで価格が上昇する見込みはあるか

IOST(アイオーエスティー)は前述した通り、将来的に見込みがある仮想通貨ですが、現段階でいきなり価格は100円~1,000円近くまで値上がりすることは考えにくいです。

しかし、DeFi市場への進出や国内取引所での上場も増えてきていることから、今後高い価格上昇に期待ができます。

過去には10数円程度まで上昇した過去もある通貨ですので、価格の値上がりが続けば近い将来100円前後まで値上がりする可能性は十分にあります。

ただし、値上がりしても急激に下落してしまう可能性もあるため、取引をする時は注意が必要です。

また、IOST(アイオーエスティー)などのアルトコインはビットコインの価格変動に大きな影響を受けますので、ビットコインの価格変動にも注目しておきましょう。

IOST(アイオーエスティー)の取引ができる仮想通貨取引所

ここからは、IOST(アイオーエスティー)の取引ができる仮想通貨取引所を紹介します。

IOST(アイオーエスティー)の取引には取引所で口座開設をするのが必須となりますので、自分に合った取引所で口座開設をしてみてください。

Coincheck(コインチェック)

出典:コインチェック

コインチェックは金融庁登録済の暗号資産交換業者であるコインチェック株式会社が経営している暗号資産取引所です。

特に初心者向けに見やすさと操作性に優れており、仮想通貨取引が初めての人には得におすすめの取引所です。

口座開設や取引はアプリで簡単に登録することができ、2段階認証やコールドウォレットなどのセキュリティ対策にも力を入れています。

そのため、ハッキングに強いシステムを構築でき、自分が購入した暗号資産を安全に管理できる仕組みとなっています。

取引手数料 無料
レバレッジ取引
最低取引額 500円相当
取扱通貨 BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT
キャンペーン 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン

Huobi Japan(フォビジャパン)

出典:フォビジャパン

フォビジャパンはグローバル企業であるHuobiグループが手掛ける取引所です。

日本だけでなく世界中の投資家達が利用しており、ほとんどの銘柄が取引所での売買に対応しています。

直近24時間の取引量は724,519,802,770円となっており、安全で信頼できる暗号資産取引や資産管理サービスを提供しています。

また、仮想通貨取引は約2円から始めることができるため、初心者や資産にそこまで余裕がない人でも始めやすい取引所とも言えます。

取引手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
最低取引額 0.0001BTC
取扱通貨 BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLTなど
キャンペーン お友達紹介キャンペーン

OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)

出典:オーケーコイン・ジャパン

オーケーコイン・ジャパンは暗号資産業界において高度な専門知識と最先端のブロックチェーン技術を有しているOK Groupの日本法人です。

他の取引所と比べると知名度が劣りますが、IOST(アイオーエスティー)の取引ができます。

2022年6月14日にはスマホアプリのリリースが決定しており、さらに多くの利用者じから注目されることは間違いないでしょう。

また、オーケーコイン・ジャパンはユーザー同士の注文をマッチングさせる仕組みのため、狭いスプレッドで取引が可能なため、無駄な費用を削減して取引できる点も魅力です。

取引手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
最低取引額
取扱通貨 BTC,BCH,ETH,ETC,LTC,XRP,LSK,OKB,IOST,ENJ,BAT,TRX,QTUM
キャンペーン お友達紹介プログラム

IOST(アイオーエスティー)取引をする時の注意点

ここでは、IOST(アイオーエスティー)取引をする時の注意点について紹介していきます。

IOST(アイオーエスティー)取引をする時の注意点

価格変動が激しい

IOST(アイオーエスティー)は他の主要な仮想通貨と比べても圧倒的に値動きが激しい仮想通貨です。

IOST(アイオーエスティー)だけに限らず、他のマイナーな通貨は値動きが大きいです。

そのため、価格上昇を見越して大量に購入しても1日も経たずに大暴落してしまう可能性が高く、一気に資産を失ってしまうこともあります。

長期保有を目的に投資をしているのであれば、長い目でみると価格が安定して戻ることもありますが、投資はハイリスクハイリターンの投資方法ということをしっかり頭に入れておいてください。

情報が少ない

IOST(アイオーエスティー)は情報が少ない点も注意点です。

IOST(アイオーエスティー)は2018年にできたばかりの仮想通貨で、ビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨と比べても情報が非常に少ないです。

また、情報があっても英語で記載されていることも多く、理解するまでに時間がかかってしまうことも多いです。

少しずつ認知度が高まっていますが、投資を考えているなら情報収集を徹底するようにしてください。

IOST(アイオーエスティー)に関するよくある質問

最後に、IOST(アイオーエスティー)に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

IOST(アイオーエスティー)には発行枚数の上限はありますか?

IOST(アイオーエスティー)の総発行枚数は900億枚です。

一般的な仮想通貨と比べても発行枚数が多い点が特徴とも言えます。

IOST(アイオーエスティー)は今後価格が上昇する見込みはある?

IOST(アイオーエスティー)は今後国内取引所への上場や認知度アップ、DeFi市場などの影響もあり、価格が上昇する見込みはあります。

IOST(アイオーエスティー)の取引のタイミングを逃さないように、いまのうちにIOST(アイオーエスティー)の取引ができる取引所で口座開設をしておくことをおすすめします。

IOSTネットワークは安全?

IOSTネットワークは企業向けとして作られており、Amazon、Google、Facebookなどの大手企業が生み出す負荷にも対応できます。

ブロックチェーンの拡張性と安全性を向上させるために作られていることもあり、安全に利用できると言えるでしょう。

海外の取引所では取引できる?

IOST(アイオーエスティー)はバイナンスなどの海外の取引所で取引することは可能です。

ただし、初心者がいきなり海外の取引所で口座開設をしてもハードルが高いため、仮想通貨取引初心者の人は国内の取引所を利用することをおすすめします。

他の取引所に上場する予定は?

2022年6月8日現在、IOST(アイオーエスティー)が他の国内の仮想通貨取引所に上場するという情報はありません。

IOST(アイオーエスティー)のまとめ

今回はIOST(アイオーエスティー)の特徴や今後の見通し、IOST(アイオーエスティー)の取引が出来る取引所などについて詳しく紹介してきました。

IOST(アイオーエスティー)は他にはないブロックチェーン技術を採用しており、今後DeFiの進行やIOST技術の認知度が高まれば、値上がりに期待ができます。

IOST(アイオーエスティー)を取り扱っている取引所は少ないですが、取引所に上場することで値上がりする可能性も十分に考えられるため、今のうちにIOST(アイオーエスティー)の取引ができる取引所で口座開設をしておくことをおすすめします。

ただし、IOST(アイオーエスティー)に限らず仮想通貨は急激な下落で資産を失ってしまう可能性もありますので、十分に注意したうえで取引をしてみてください。

また、マイナーな通貨の取引に不安を感じる場合は、ビットコインやイーサリアムなどの主要な通貨で取引に慣れておくこともおすすめです。

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。