傷害保険おすすめ人気ランキング10選!保険のタイプ・保証内容・契約可能年齢を徹底比較

おすすめの傷害保険が知りたい!

どの傷害保険に加入すればいいかわからない

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

傷害保険は各保険会社が提供しており、種類も多いためどれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

そこで、今回は傷害保険の内容や選ぶポイント、おすすめの傷害保険などについて詳しく紹介していきます。

この記事の要点
  • 傷害保険とはケガや事故に対する保険で病気は補償対象にはならない
  • 傷害保険は「通院補償」「入院補償」「手術補償」「死亡または後遺症補償」などの保障が受けられる
  • 傷害保険は「普通傷害保険」「交通事故傷害」「保険旅行保険」「スポーツ保険」「積立保険」などの種類がある
  • おすすめの傷害保険は「あいおいニッセイ同和損保|タフ・ケガの保険」「損保ジャパン|中学・高校生総合保険」
  • 損害保険選びに迷ったら保険相談サービスに相談しよう!

傷害保険とは

傷害保険は保険会社が取り扱うケガや事故に対する保険です。

日常の中での突然のケガは心配ですよね。

社会人であればケガや事故が影響して仕事ができなくなったり、治療費や通院費などの費用がたくさんかかってしまいます。

そんな時に役立つのが傷害保険です。

傷害保険や基本的にケガに対する補償になるため、病気は傷害保険の対象にはなりません。

傷害保険で対象になるケガは次の通りです。

  • 急激:突発的な自己から時間間隔がなくケガに至る場合
  • 偶然:事故やケガの発生などの予知していないことでケガに至ること
  • 外来:ケガの原因が身体の外からの作用による場合

傷害保険は基本的に上記3つの条件を満たした場合に適用されます。

条件を満たしていれば仕事中や通勤中、交通事故、スポーツ中などさまざまな場面でケガをした時に適用されます。

傷害保険の保障内容

続いて、傷害保険で保障される内容について紹介します。

通院補償

ケガが原因で通院する場合、傷害保険に加入していれば通院1日につき各保険会社で定められた通院保証金が支払われます

万が一大けがをしてしまった場合は数か月通院する必要もあり、保険に入っていなければ治療費や入院費などの多額な費用がかかります。

傷害保険の通院補償があればそんな時でも費用を補償してくれるため、安心して過ごすことができます。

入院補償

ケガが原因で入院することになったとしても、通院同様に1日につき定められた入院保証金が支払われます。

そのため、万が一大けがで入院する日数が長くなった時でも金銭面で非常に楽になります。

入院補償の審査が下りればまとまった金額を受けられるため、すぐに仕事が始められない状況でも金銭面で不安を抱えることは少ないです。

手術補償

ケガが原因で手術をすることになったとしても傷害保険に加入していれば補償の対象になります。

一つの事故に対して金銭面での制限はありますが、安心して手術が受けられるでしょう。

死亡または後遺症補償

死亡または後遺症が残ってしまった場合でも保険金が支給されます。

そのため、万が一の時でも安心です。

傷害保険と医療保険の違い

傷害保険と医療保険で大きく異なるのは補償の範囲です。

医療保険の場合は病気やケガなどをカバーできますが、通院する場合は保険金の対象外になってしまいます。

しかし、傷害保険の場合はケガしか補償されませんが、ケガが原因で通院・入院する場合でも保険金が支払われます。

また、傷害保険は現在の健康状態の告知義務はありません。

そのため、医療保険に加入していなくてもケガをした場合は補償を受けることができ、金銭面での不安を軽減できます。

傷害保険を選ぶ時のポイント

ここでは、傷害保険を選ぶ時のポイントについて紹介します。

誰のために加入するのか

傷害保険は対象者によっても商品が細かく細分化されているため、誰のために加入するのかを明確にしておく必要があります。

自分のための保険なのか、子供のための保険なのか、親のための保険なのかによっても選ぶべき保険は異なるため注意が必要です。

家族全員のために加入するのであれば一般向け傷害保険に加入することをおすすめしますが、特定の人物だけを対象にしたい場合は子供専用の傷害保険やシニア専用の傷害保険などに加入した方が毎月の保険料の負担を軽減できます。

補償される範囲

傷害保険に加入する場合は補償される範囲に注目することも大切なポイントです。

傷害保険は保険料が支払われるタイミングが異なります。

基本的には通院、入院、手術、死亡、後遺障害などのタイミングで保険金が支払われますが、逆に通院補償などをなくして保険料を安く済ませる方法もあります。

保険料

傷害保険に加入する時は保険料も重要なポイントです。

一番は備えられる補償に対して保険料が安いほうが良いです。

不必要な補償があってもその分毎月の保険料の支払いの負担が大きくなるため、自分が備えることに対する保険だけを選ぶようにしましょう。

補償金額

傷害保険に加入する時は補償金額も重要なポイントです。

ケガをして通院・入院・死亡してしまった時にどのくらいの金額が補償されるのかを事前にしっかり確認してください。

ただし、補償額が高ければ高いほど毎月の保険料の負担は大きくなるため、注意が必要です。

特約をつけるか

傷害保険は加入する商品によって特約を付けることができます。

特約は基本契約ではカバーできない部分を補填してカバーすることができます。

特約を付ける時は基本契約で備わっている内容とダブらずに、適切な補償内容かどうかを判断することが大切です。

特約は各保険会社によっても異なりますが、個人賠償責任や特定感染症、受託品賠償責任、救援者費用特約などがあります。

特に子供のために傷害保険に加入する場合、自分の子供が他人にケガをさせてしまうことも考えられるため、個人賠償責任特約を付けることをおすすめします。

傷害保険の主な種類

傷害保険はどんなケガを補償するかによっても加入すべき保険が異なります。

ここでは、傷害保険の主な種類について紹介します。

普通傷害保険

普通傷害保険は傷害保険の中でも最も一般的な保険で、加入者が一番多い保険でもあります。

家庭内や職場、通勤中、旅行中、交通事故など総合的にカバーすることができ、一つの傷害保険でカバーできる内容を全て備わっています。

しかし、地震や噴火、津波などの事故は補償の対象にならないため、注意が必要です。

交通事故傷害保険

交通事故傷害保険はその名前の通り交通事故によるケガの補償ができる保険です。

自動車や自転車でも交通事故だけでなく、歩行中の交通事故や乗り物の火災などでも補償の対象となります。

また、家族で補償を受けることもできるため、おすすめの保険です。

旅行保険

旅行保険は旅行中にケガをしてしまった場合に補償される保険です。

旅行先で交通事故に巻き込まれてしまった場合や、バッグの盗難や破損が起きた時の損害賠償も補償してくれるため、旅行によく行く人であれば加入しておくべき保険と言えるでしょう。

また、旅行保険は国内旅行と海外旅行の保険があり、どちらも加入する年齢や旅行の日数などに応じて保険料が変わります。

スポーツ保険

スポーツ保険はスポーツをしている最中や移動中などにケガをしてしまった場合に補償される保険です。

事故の日を含めて180日以内であれば入院や手術、通院などが補償対象になります。

積立保険

積立保険は日々のケガに備えるだけでなく、払込期間が満期になった場合は満期返戻金を受け取ることができ、支払った保険料は戻ってきます。

そのため、家族構成や年齢に合わせて対象になる人を選択して積み立てている人も多いです。

おすすめの傷害保険比較表

ここでは、おすすめの傷害保険を保険のタイプや補償内容などについて比較していきます。

タフ・ケガの保険 中学・高校生総合保険 トータルアシストからだの保険 傷害総合保険「THEカラダの保険」 ケガの保険交通事故(スタンダード傷害保険) GK ケガの保険 けがの保険 ぜんちのこども傷害保険 ライフスタイル保険(特定感染症安心プラン) 「おまもりがわり」傷害保険
保険のタイプ 一般向け 子ども向け 一般向け,高齢者向け 総合保険 一般向け 一般向け 一般向け 知的障害・発達障害・ダウン症・てんかんのかた向けの保険 一般向け シニア向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院一時金,入院給付金日額,通院給付金,手術給付金,死亡保険金 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金 入院一時金,入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金,後遺障害保険金 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金 入院給付金,通院給付金 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 1億円 3億円 1億円 記載無し 1億円 3億円(特約あり) 1億円,3億円 5億円 要問い合わせ 1億円
契約可能年齢 満70歳未満 13~18歳 満70歳未満 プランにより異なる 0~74歳 満69歳以下 0~70歳 5~18歳 満20歳~満74歳 40歳~89歳

おすすめの傷害保険ランキング10選

ここからは、おすすめの傷害保険ランキングを10選にして紹介していきます。

あいおいニッセイ同和損保|タフ・ケガの保険

出典:あいおいニッセイ同和損保|タフ・ケガの保険

あいおいニッセイ同和損保のタフ・ケガの保険は満69歳以下の人は加入できる保険です。

事故によるケガから日常生活のリスクまで幅広くカバーすることができ、加入者本人と家族全員まで選べます。

普通傷害や交通傷害をカバーでき、基本補償の入院保険は日帰り入院から適用されまます。

また、ケガが影響して20日以上入院する場合は退院一時金を受け取ることもでき、入院の費用負担を抑えることも可能です。

保険のタイプ 一般向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院一時金,入院給付金日額,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 1億円
契約可能年齢 満70歳未満

損保ジャパン|中学・高校生総合保険

出典:損保ジャパン|中学・高校生総合保険

損保ジャパンの中学・高校生総合保険は第三者への賠償責任は家族まるごと無制限補償保険です。

他人に損害を与えてしまった場合や事故により扶養者に万ーのことがあった場合、病気になった場合にも対応となり、幅広くカバーできる保険となっています。

また、子供が何かの事件に巻き込まれてしまった場合でも弁護士費用補償もあるため、万が一に備えることができます。

子供のための保険加入を検討している場合は、損保ジャパンの中学・高校生総合保険に加入していれば間違いないと言えるでしょう。

保険のタイプ 子ども向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 3億円
契約可能年齢 13~18歳

東京海上日動|トータルアシストからだの保険

出典:東京海上日動|トータルアシストからだの保険

東京海上日動のトータルアシストからだの保険は「急激かつ偶然な外来の事故」によるケガを補償してくれる保険です。

家庭内のケガや仕事中のケガ、旅行中のけが、交通事故によるケガなど一つの保険でトータル的にカバーできます。

また、オプションで賠償責任に関する補償や財産・費用に関する補償も付けらえるため、保証の幅がさらに広がります。

認知症安心プランに加入すれば高齢者の日々の不安をまとめて解消できることでしょう。

保険のタイプ 一般向け,高齢者向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 1億円
契約可能年齢 満70歳未満

損保ジャパン|傷害総合保険「THEカラダの保険」

出典:損保ジャパン|傷害総合保険「THEカラダの保険」

損保ジャパンの傷害総合保険「THEカラダの保険」はケガや賠償事故、就業不能による収入減や体にリスクに備えることができる保険です。

傷害・賠償・所得リスクを一つの商品でカバーすることができ、年代ニーズに応じた6つのプランから要件に合わせて選べる点も魅力です。

保険のタイプ 総合保険
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 記載無し
契約可能年齢 プランにより異なる

au損保|ケガの保険交通事故(スタンダード傷害保険)

出典:au損保|ケガの保険交通事故(スタンダード傷害保険)

au損保のケガの保険交通事故(スタンダード傷害保険)は個人でも家族でも契約できる傷害保険です。

au損保は、ドコモ・ソフトバンクなどau以外の人も契約することができ、月々280円からの低コストとなるため、家計が圧迫してしまうリスクもありません。

一番低いコースでも入院保険金は4,000円、手術保険金は2万円または4万円の保険金が受け取れます。

保険のタイプ 一般向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院一時金,入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 1億円
契約可能年齢 0~74歳

三井住友海上火災|GK ケガの保険

出典:三井住友海上火災|GK ケガの保険

三井住友海上火災のGKケガの保険は日常生活におけるケガや身の回りのリスクに備えられる傷害保険です。

受託物賠償、弁護士費用、携行品損害補償などの豊富なオプション補償もあり、ケガ以外の部分でも備えることができます。

健康・医療、介護、認知症・行方不明時の対応に関する相談・情報提供など、日常生活に役立つさまざまなサービスを提供してくれますので、気になる人は相談から始めてみてはいかがでしょうか。

保険のタイプ 一般向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金,後遺障害保険金
個人賠償責任補償の上限金額 3億円(特約あり)
契約可能年齢 満69歳以下

AIG損保|けがの保険

出典:AIG損保|けがの保険

AIG損保のけがの保険はライフスタイルに合わせてオーダーメイドで補償を設計できる傷害保険です。

個人型や家族型などの家族構成に合った契約プランを選択でき、交通事故やケガに特化した補償も可能です。

また、治療費は実費で補償し、ケガによる入院や通院時の補償はもちろん治療費の自己負担分は全て補償してくれます。

保険のタイプ 一般向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 1億円,3億円
契約可能年齢 0~70歳

ぜんち共済|ぜんちのこども傷害保険

出典:ぜんち共済|ぜんちのこども傷害保険

ぜんち共済のぜんちのこども傷害保険は1泊2日以上のケガによる入院を保障できる傷害保険です。

知的障害・発達障害・ダウン症・てんかんのかた向けに特化しており、専門弁護士によるバックアップサポートもあります。

毎月の保険料は410円からと低コストで子供に何かあった時に備えることができます。

保険のタイプ 知的障害・発達障害・ダウン症・てんかんのかた向けの保険
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 5億円
契約可能年齢 5~18歳

アメリカンホーム|ライフスタイル保険(特定感染症安心プラン)

出典:アメリカンホーム|ライフスタイル保険(特定感染症安心プラン)

アメリカンホームのライフスタイル保険(特定感染症安心プラン)は保険料238円~で新型コロナウイルスなどの特定感染症による入院などが補償される保険です。

性別や年齢で保険料が変わることはないため、毎月一定額の保険料で万が一の時に備えることができます。

障害保険金の日額は3,000円、5,000円、1万円の3つの金額から選ぶことができ、新型コロナウイルスに感染してしまった場合は傷害入院保険金日額と同額の金額を受け取れます。

保険のタイプ 一般向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金
個人賠償責任補償の上限金額 要問い合わせ
契約可能年齢 満20歳~満74歳

トライアングル|「おまもりがわり」傷害保険

出典:トライアングル|「おまもりがわり」傷害保険

トライアングルの「おまもりがわり」傷害保険はシニア向けの傷害保険です。

40歳~89歳まで加入することができ、入院、通院、手術はもちろん骨折保険金もあります。

また、日常のケガを24時間補償し、1年間保険金の請求がない場合は更新する際の保険料が5%も安くなり、お得にケガに備えることができる保険です。

保険のタイプ シニア向け
入院・通院・死亡に関する補償 入院給付金,通院給付金,手術給付金,死亡保険金
個人賠償責任補償の上限金額 1億円
契約可能年齢 40歳~89歳

傷害保険 おすすめに関するよくある質問

最後に、傷害保険 おすすめに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

傷害保険に関する相談はどこですればいい?

直接保険会社に相談しても良いですが、いくつかの保険商品を比較しながら加入する傷害保険を選びたい場合は保険相談サービスを利用することをおすすめします。

保険相談サービは無料で何度でも相談することができ、取り扱っている複数の保険会社の保険料や内容を比較しながら決めることができます。

医療保険との違いは?

傷害保険と医療保険では主に次のような点が異なります。

  • 告知の有無
  • 保険料
  • 補償範囲
  • 保険会社の種類

子供の傷害保険の保険料はいくらくらいが目安?

子供の傷害保険の保険料の目安は2,000円以下が目安です。

少ないのでは?と感じる人もいると思いますが、子供が怪我をしてしまった場合、国や自治体からの医療費助成を受けることができる可能性が高くなります。

そのため、結果的に医療費はそこまでかからず、自己負担も少なくて済む場合が多いです。

19歳未満の通院費は1日あたり約1万円程度しかかからないため、そもそも保険が必要ないことも考えられます。

自分が住んでいる自治体によっては医療費がほぼ無料になる場合もあるため、子供の傷害保険に加入する前に一度確認しておくことをおすすめします。

傷害保険 おすすめのまとめ

今回は傷害保険の内容や選ぶポイント、おすすめの傷害保険などについて詳しく紹介してきました。

傷害保険は自分だけでなく子供や家族がケガをしてしまった時に備えることができます。

ケガや通院は医療保険でカバーできないことも多いため、万が一の時に備えたい時は傷害保険の加入をおすすめします。

しかし、傷害保険は各保険会社によっても毎月の保険料や補償内容、対象年齢などが異なるため、こちらの記事を参考にニーズに合った傷害保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。