医療保険はいらない?必要な人と必要でない人の特徴を徹底解説!

読者

医療保険って必要なの?入るべきか悩む。。

日本は公的医療保険制度が充実していますので、医療保険があるため、医療費が高くつくことはありません。

こなような充実した環境にある我々が、民間の医療保険に加入する必要はあるのででしょうか?

保険料を支払ってまで加入するべきなのでしょうか迷う方とあるかと思います。

そこで、今回は医療保険とは何なのか、必要な場合と不要な場合、医療保険に関する注意点などについて詳しく説明して聞きます。
この記事のポイント
  • 医療保険には公的制度と民間のものがある
  • 緊急予備資金があり、保険が割に合わない人には医療保険不要である
  • 将来の貯蓄や健康状態に不安がある人は医療保険が必要
  • 医療保険に迷ったら、保険相談窓口がおすすめ!

目次

そもそも医療保険とは?

医療保険について詳しく説明します。

医療保険には、公的制度民間の医療保険があります。

医療保険が必要か不要かを考える上でのポイントは以下です。
  • 医療保険がなくても自分のお金で自己負担部分が払えるか
  • その金額が支払った保険料より低くなるか

その前に、公的な医療保険制度について理解しておきましょう。

そもそも医療保険とは
  • 公的医療保険制度の対象となる医療費
  • 対象外の医療費

公的医療保険制度の対象となる医療費

医療保険が結局ある人はどんな人なのかみていきましょう。

公的医療保険制度としては以下のような給付金がもらえます。

  • 病気やケガで治療を受けるとき:療養の給付
  • 自己負担が高額になったとき:高額療養費
  • 病気やケガの療養で仕事を休んだとき:傷病手当金
被保険者の年齢 自己負担額の割合
小学校入学前 2割
小学校入学後~70歳未満 3割
70歳以上75歳未満 一般 2割
現役並み所得者 3割
75歳以上 一般 1割
現役並み所得者 3割
  • 世帯合算:同じ世帯の家族全員の自己負担額を1カ月単位で合算できる仕組み。
  • 多数回:直近12ヶ月間に4回以上の高額療養費を受けている場合、4回目以降の自己負担限度額がさらに引き下げられる制度。

給付金額の目安は収入の3分の2となっており、年収換算ではなく、4月~6月の月収に基づいて計算されます。

公的医療保健制度の対象外となる医療費

そして、公的医療保険制度の対象外となる医療費は以下です。
  • 自由診療
  • 先進医療
  • 入院中の食事代、差額ベッド代
  • 通院に伴う交通費
  • 傷病手当金だけでは不足する収入
  • 看病に伴う家族の収入減少

生命保険文化センターの調査によると、入院時の自己負担費用の平均は20万円前後であり、平均在院日数は29日前後で、1日あたりの自己負担費用の平均は2万3,300円適度です。

医療保険がいらない・不要な人

 

以上のことから、次のようなケースに該当する人には医療保険はいらないでしょう。

必要になる場合として、自分の貯蓄を医療費として充てられる方は特に必要はありません。

医療保険が不要な人
  • 緊急予備資金の準備がある場合
  • 保険料が割に合わない場合

緊急予備資金がある場合

緊急予備資金とは、万が一の事故などに備えて、出費に充てられる資金のことです。

この資金が十分にあれば、わざわざ月額費用を払ってまで保険に加入する必要はありません。

払う保険料が割に合わない場合

生命保険文化センターの調査によると、年間払込保険料の平均は19万円前後です。

しかし、現実的に1年半で一回入院することはあまり考えられず、ほとんどの場合は割に会いません。

したがって、お金が戻ることを期待する人は、保険ではなく投資や貯蓄を選択したほうがいいです。
病気になったときに必要なのは保険そのものではなく、お金に困らない状況です。

したがって、入院・手術・通院といった出費に対して対応できるようにしておくことが重要です。

医療保険に入るべき・必要な人の特徴

一方で、医療保険が必要な場合も考えてみましょう。

以下のような場合に必要になります。

医療保険がいる人の特徴
  • お金に不安がある方
  • 今後の健康状態に不安がある方

お金に不安がある方

お金に不安があるケースとして、下記の人が当てはまります。

  • 貯蓄がゼロまたは少なく、貯蓄だけで自己負担部分を払うのが難しい人
  • 教育資金や老後資金など、使う目的がある貯蓄を取り崩したくない人
  • 年金生活者など、新たな収入がなく貯蓄を取り崩したくない人
  • 自営業などの社会保障制度が手薄な人

貯蓄などはなかなか難しく、できない方も多くいます。そんな時に役立つのが保険です。

万が一に備えて、緊急貯蓄を備えておくのは良いことです。

これからの健康状態に不安がある方

現状で異常はなく健康であっても、今後の健康状態に不安があるケースとして、下記の人が当てはまります。

  • 健康診断の結果が「異常なし」や「軽微な所見」程度の人
  • 健康診断で生活習慣の改善を指摘された人
  • 結婚・出産によって家族が増えた人
  • 先進医療など、さまざまな治療を選択したい人

それぞれについて解説します。

現在健康な人や妊娠前の女性

年齢が若く健康に不安がないうちは、医療保険への加入はまだ必要ないとかをがあることは普通なことです。

 しかし、保険に加入する際は健康状態に問題がないことが原則です。

医療保険に加入する際、以下を告げる義務カマあります

  • 現在の健康状態
  • 過去の傷病歴

家族が増えた人

また、結婚・出産により家族構成が変わった人も、下記の理由から医療保険に加入する最適な時期だと言えます。

  • 結婚・出産による出費で貯蓄が減っている
  • 教育資金や老後資金など使う目的がある貯蓄が今後必要になる
  • ケガや病気による経済的不安が家族の日常生活に直接影響する

先進医療を受けたい人

先進医療とは、最先端の医療であり、費用は比較的高額になります。

基本的には自己負担であり、高額療養費制度の対象にもならないことが多いです。

こうした費用を保険でカバーして、治療の選択肢を増やしたい人に、医療保険は有用です。

医療保険に迷ったら、おすすめの保険相談窓口を利用しよう!

ここからは、おすすめの保険相談窓口をご紹介していきます。

この記事のポイント
  • 保険見直しラボ
  • ほけんのぜんぶ
  • マネードクター
  • 保険市場
  • 保険クリニック
  • 保険無料相談ドットコム

おすすめの保険相談窓口|保険見直しラボ

出典 : 保険見直しラボ

保険見直しラボの評価
相談のしやすさ
(3.5)
商品の数
(4.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

保険見直しラボが日本全国に70か所の拠点があるほか、自宅やカフェなど訪問相談、オンライン相談など多様な方法で保険相談ができます。

また、コンサルタントの平均勤務歴は12.1年と超ベテランなため、メリットデメリットを深く理解していることが多く、ニーズに合った保険提案をしてくれます。

さらに保険見直しラボのおすすめポイントは、相談員全員が32社すべての保険を取り扱える点です。

実は、保険相談窓口の中には、保険会社ごとに専門のアドバイザーを置いている会社もあります。

保険相談窓口の中では老舗になり、実績も評価も申し分ありません。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型 21社 11社 ネット, 電話 在籍

 

おすすめの保険相談窓口|ほけんのぜんぶ

出典 : ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶの評価
相談のしやすさ
(4.0)
商品の数
(3.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

ほけんのぜんぶはISO27001 やプライバシーマーク付与を認定しており、個人情報の扱いなどにおいて安心できるサービスです。

無料WEB面談以外に、訪問や電話などでも相談可能です。

また、ほけんのぜんぶは以下のような相談に対応できます。

  • 保険相談
  • 教育資金
  • 家計相談
  • 住宅ローン
  • 老後資金

 

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型 22社 9社 ネット, 電話 在籍

 

おすすめの保険相談窓口|マネードクター

出典 : マネードクター

マネードクターの評価
相談のしやすさ
(3.5)
商品の数
(4.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

マネードクターは、約1,000人以上のファイナルプランナーが在籍している保険のプロ集団です。

平均経験年数は約10年となっており、培ったスキルと経験であなたにあった保険商品を紹介してくれます。

また、マネードクターは保険と貯蓄のカバーをコンセプトにしており、保険だけでなく貯蓄の相談も可能です。

生命保険・損害保険の取り扱い会社数はそこまで多くないですが、基本的に一人一人のライフプランにあった保険選びを重視している人におすすめです。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
店舗型, 訪問型, オンライン相談 定期保険, 終身保険, 養老保険, 個人年金保険, 学資保険 医療保険, がん保険, 三大疾病保険 20社 9社 ネット, 電話 在籍

おすすめの保険相談窓口|保険市場

 

出典 : 保険市場

保険市場の評価
相談のしやすさ
(3.5)
商品の数
(4.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

保険市場は、保険に関する情報の提供や契約時のサポート、契約後のアフターフォローまでトータル的にサポートしてくれる代理店です。

公式サイトからは、年齢と性別を入力するだけで、簡単に保険料の見積もりができる点が特徴です。

保険市場を運営している株式会社アドバンスクリエイトは、2002年に上場しており、2016年には東証一部へ上場しています。

東証一部に上場するためには、厳しい審査を通過しなければ上場できないため、保険市場はセキュリティ対策が整っていると言えます。

また、保険市場では店舗以外でも相談も受け付けており、自宅や近くのカフェなどで気軽に相談できますし、オンライン相談も受け付けています。

そのため、全国47都道府県どこに住んでいても申し込みができ、仕事や家事、育児などでなかなか店舗に足を運ぶ時間がない家庭にもおすすめです。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
店舗型, 訪問型, オンライン相談 定期保険, 終身保険, 養老保険, 個人年金保険, 学資保険 医療保険, がん保険, 女性保険 27社 23社 ネット, 電話, 予約不要 在籍

 

おすすめの保険相談窓口|保険クリニック

出典 : 保険クリニック

保険クリニックの評価
相談のしやすさ
(5.0)
商品の数
(4.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

保険クリニックは無料で保険相談・見直しができる、日本で最初の来店型保険窓口です。

実績が豊富な保険クリニックですが、現在はオンラインや電話相談、テキストチャットなどでも相談が可能です。

さらに、保険クリニックでは「保険IQシステム」を用いたシステムが便利であり、適切な保険商品を提案してくれます。

初心者の方でも可視化されたデータを見ることで、選択の幅が広がります。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
店舗型, 訪問型, オンライン相談 26社 18社 ネット, 電話, 予約不要 在籍

 

おすすめの保険相談窓口|保険無料相談.com


保険無料相談.comの評価
相談のしやすさ
(3.5)
商品の数
(4.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

保険ドットコムはプロの視点であなたにぴったりな保険商品を提案してくれます。

顧客満足度97.6%の高実績があり、相談者の目線立ったプランを提案してくれます。

また、保険無料相談ドットコムのFPは保険への勧誘を強要することはなく、相談者の家計や生活水準に合わせて自分で選択することも可能です。

さらに、女性ならではの悩みを相談したい場合は、女性スタッフに変更することができるため、女性一人でも安心して相談することができます。

保険無料相談ドットコムでは、合わない担当者をブロックでき、合わないと思ったらすぐに担当者を変更することもできるため、初めて保険に加入しようと考えている人でも安心です。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型,窓口型 定期保険, 終身保険, 養老保険, 個人年金保険, 学資保険 医療保険 ネット, 電話 在籍

おすすめの保険相談窓口|保険コネクト

出典 : 保険コネクト

保険コネクトの評価
相談のしやすさ
(3.5)
商品の数
(4.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

保険コネクトは訪問型の保健相談サービスです。

保険コネクトは、経験豊富なFPによる的確なアドバイスが付けられます。

具体的には、5年以上の経験、インターネットによる口コミ、保険の紹介実績などで評価されています。

また、保険コネクタでは、何回でも相談が無料なので、初心者の方でも安心してじっくり保険内容を検討することができます。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
訪問型 定期保険, 終身保険, 養老保険, 個人年金保険, 学資保険 医療保険, がん保険 担当FPによって異なる 担当FPによって異なる ネット 在籍

 

また、保険は「強引な勧誘がある」と思われがちですが、ほけんの110番では、強引な勧誘は一切行っていませんので、安心して気軽に相談することができます。

おすすめの保険相談窓口|保険見直し本舗

保険見直し本舗の評価
相談のしやすさ
(3.0)
商品の数
(5.0)
申し込み方法
(4.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

保険見直し本舗は、契約実績が100万件を超える信頼と実績のある保険相談窓口です。

取り扱い保険会社は40社以上あり、最高水準にあります。

どの保険に加入するか決めていない人や、全く検討がつかない方にもおすすめです。

店舗だけでなく、訪問サービスも行ってます。

相談方法 主な生命保険の種類 主な医療保険の種類 取り扱い生命保険会社 取り扱い損害保険会社 予約方法 FP資格保有者
店舗型, 訪問型, オンライン相談 27社 15社 ネット, 電話, 予約不要 在籍

 

保険相談窓口に相談するおすすめのタイミング

ぜひ以下のようなときに、保険相談窓口を利用することをおすすめします。

保険相談窓口のおすすめのタイミング
  • 結婚したとき
  • 子供が生まれるとき
  • ライフスタイルが変化したとき
  • 加入している保険の更新時期

結婚したとき

まず一つ目が結婚したときです。

保険も二人で生活していくことを考え、見直す必要があるでしょう。

必ず保険を変更する必要はないですが、一度相談してみても良いでしょう。

子供が生まれるとき

子供が生まれると、さまざまな経費がさ重なります。

そこで保険を見直すいいタイミングとなり、赤ちゃんが生まれると、病院に通うタイミングなども今までと変わってくるため、必要な保険がかわることもあります。

引っ越しや住宅環境が変わった時

引っ越しして親と二世帯住宅に暮らすことになる場合や、子供が一人暮らしを始めるときなど見直すといいでしょう。

加入している保険の更新時期

現在加入している保険の更新するときは、保険内容を再度見直すいいタイミングとなります。

現在のプランや内容が本当に合っているのかもう一度確認して必要に応じて、更新や変更を行いましょう。

医療保険を利用する際の注意点

医療保険を利用する際、注意点がありますので、ここで説明します。

医療保険を利用する際の注意点
  • 保険の知識がまったくない方は注意
  • 事前に公的保証について調べておく
  • できれば保険証書を用意しておく
  • 保険相談窓口を利用する前に口コミを調べておく

投資や保険の知識が全くない方は注意が必要

保険の知識が全くない方は、保険内容や投資に関することを説明されても、いまいちピント来ない場合が多いです。

あらかじめ、ご自身でも

事前に公的年金・公的保障について調べておく

次に、事前に公的年金や保障内容についても調べておきましょう。

例えば公的年金において受け取れる年金とは、老齢年金、障害年金、遺族年金などのことをいいます。

目的をハッキリと決めておく

保険会社は自分の会社の商品を売りたいはずです

したがって、流されないためにもある程度自分で決めて目的をしっかり持って相談しましょう。

保険証書を用意しておく

保険証書を持参しておくと、現在入っている保険の内容がはっきりわかります。

保険相談窓口に行く前に、口コミなどを確認しておく

保険相談窓口によって、口コミや評判はもちろんのこと、異なります。

医療保険に関するよくある質問

最後に医療保険に関するよくある質問についてまためましたので参考にされてください。

医療保険の加入率は?

生命保険に関する全国実態調査<速報版>」によると、民間の生命保険に88.5%の人が医療保険)に加入していまさら

医療保険の種類は?

医療保険は、保険の期間や保障内容、貯蓄機能の有無等によってさまざまな種類があります。

 

医療保険と生命保険の違いは?

医療保険と生命保険には、保障内容と保険金の受取人に違いがあります。

医療保険は自分自身の病気やケガによる経済的な損失に備えるための保険であるため、給付金を受取るのも自分自身であることが一般的です。

一方、生命保険は自分自身が死亡した時の経済的な損失に備えるための保険で

まとめ。医療保険を活用してみよう

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事のまとめです。

  • 医療保険には公的制度と民間のものがある
  • 緊急予備資金があり、保険が割に合わない人には医療保険不要である
  • 将来の貯蓄や健康状態に不安がある人は医療保険が必要
  • 医療保険に迷ったら、保険相談窓口がおすすめ

医療保険は、将来のお金に対する不安や健康状態に不安がある方は是非、利用するべき保険です。

今回の記事では、迷った際の保険相談窓口もご紹介してますので、是非参考にされてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。