JA共済は保険とどう違う?特徴やメリット、デメリットまで徹底的に解説!

読者

JA共済ってそもそもなんなの?

読者

保険との違いを知りたい。

皆さんは、JA共済という言葉をご存知でしょうか?

この記事では、JA共済とは何なのか、保険との違いや評判まで徹底的に解説していきます。

もしJA共済が合わないと思った方には厳選したオススメの保険相談窓口も紹介してますのでぜひ最後までお読みください。

この記事のポイント
  • JA共済は、農家でなくても加入でき、特に「ひと」に関する共済が充実している
  • 保障内容がわかりやすく、共済費があがらないなど費用も抑えられているが、選択の幅は多くない
  • JA共済のメリットは、掛け金が一律でお手頃になっており、保障内容がよくわかりやすいこと
  • JA共済のデメリットは、パッケージ商品になっており保障(補償)設定の自由度が低いこと
  • 他社の保険も広く検討したい方には、保険見直しラボなどの他の保険相談窓口もおすすめ
  • 他の保険との比較したファイナンシャルプランナーの意見も聞けるので、検討段階であれば利用するのがおすすめ

読者

JA共済に迷ったら、保険会社も検討しましょう。保険相談窓口がおすすめです。

他社の保険も気になるという方には、保険見直しラボなども利用して見てください!

 

JA共済とは?

JA共済は、互いに助け合う相互扶助の精神に基づいています。

JA共済の実際の事業内容や保険との違いについて詳しく説明したいと思います。

JA共済について
  • JA共済の事業
  • 保険との違い

JA共済の事業内容について

事業内容はたとえば以下のようなものがあります。

  • 農産物直販所
  • ガソリンスタンド
  • スーパーマーケット
  • 冠婚葬祭(JA葬祭)
  • 旅行事業(JA観光)
  • 自動車整備会社
  • 簡易郵便局

保険との違い

共済も保険もどちらもお互いに助け合うという意味合いがありますが、保険だけにあるのが、リスクの肩代わりです。

JA共済の特徴

特徴としては、一般的な保険とは違って、出資者に利益を還元する営利的な事業がある点です。

JA共済の特徴
  • 全国にJAの窓口がある
  • 農家以外でも誰でも加入できる
  • 人以外でも家や車なども保障してくれる

JAの窓口は全国にある

窓口はJAで、全国に店舗があるため、窓口で契約から管理、そして共済の変更まで完了できます。

気軽に、相談もしに行けるため、大変便利です。

農家以外でも誰でも加入できる

JA共済というと、農業協同組合(JA)が扱っている事業なので、農業に携わっている人たち向けと思われがちです。

しかし、そのようなことはなく、基本的には誰も加入することができます。

人以外でも家や車も保障してくれる商品がある

ひと」に関する共済は「生命総合共済なないろデザイン」があります。

  • 「万一」
  • 「医療・がん」
  • 「特定疾病」
  • 「就労不能」
  • 「介護」
  • 「老後」
  • 「学資」

の7種類の保障があり、自由に組み合わせられます。

いえ」の共済としては、以下のような例があります。

  • 火災や台風に備える建物保障の「むてきプラス」
  • 家財保障の「むてきプラス」

そして、「くるま」の共済は以下です。

  • 賠償や損害、修理に備える「くるまスター」
  • 自賠責に関する「自賠責共済」

このように、JA共済では、ひと以外にもさまざまな保険内容を取り扱っています。

JA共済の保険に加入するには?

では、共済の保険に実際に加入さるためには条件がありますので、ここでご紹介しておきます。

JA共済に加入するには
  • 生組合員になる
  • 準組合員になる

他社の保険も気になるという方には、保険見直しラボなども利用して見てください!

 

正組合員になる

農業で生計を立てている場合、JAの正組合員になることができ、加入することが可能です。

ただし、各JAごとに基準が設けられているため、確認する必要があります。

準組合員になる

農業を仕事にしていなくても、JAの準正組合員になることで加入できます。

これは、出資金を払うことで、準組合員になることで可能になります。

正組合員と同じようにサービスを受けられますが、運営には関与できません。

JAの保険に加入するには組合員になる必要がある

JA共済の保険商品の種類について

では、JA共済の保険商品についてみてみましょう。

JA共済の商品種類ト
  • 医療共済
  • がん共済
  • 介護共済
  • 一時介護共済
  • こども共済

医療共済

医療共済 ロゴ

医療共済は、その名の通り、入院や手術、治療などに関する保障が受けられる共済です。

生涯または一定期間の間、放射線や先進医療も含まれています。

がん共済

がん共済 ロゴ

がん共済は、がんや脳疾患に関して入院や手術、治療に関する保障が受けられます。

例えば、がんと診断された後に治療を受けた場合、一時的なお金を受け取れます。

契約時に先進医療保障の有無を選択できます。

介護共済

介護教材は、生涯にわたって要介護状態になった場合に保障されます。

引受緩和型医療共済

引受緩和型医療共済 ロゴ

加入年齢が幅広く設定されているため簡単に加入が可能で、かつ充実した保障を受けることが可能な「共済」です。

健康に不安のある方の医療保障ニーズに対応しています。

一時払介護共済

一時払介護共済 ロゴ

掛金を一時に払い込み、生涯、被共済者の方の要介護状態の保障がされます。

被共済者が死亡すると、死亡給付金を受け取ることができます。

こども共済

JA共済「こども共済

お子さんの万が一の時の保障に加えて教育資金づくりができる「共済」です。

契約者に万一のことが起こると、その後の払い込みは不要となります。

養育年金特則付きのご契約は、満期まで毎年養育年金を受け取ることもできます。

JAの共済保険のメリット

では、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

JA共済のメリット
  • 人に関する保障が充実している
  • 窓口が全国にある
  • 割戻金がある

人に関する保障が充実している

JA共済は、人に関する保障が豊富であり終身、養老、生命共済などがあります。

特定疾病やがんなどの医療保障もしっかりしていて、特に再発時の保障があると、組合員だけでなく家族も安心できるのではないでしょうか。

就労保障や介護、老後についても、保障が充実しているので、重度の介護や老後の生活に備えられ、生活の安定がはかれます。

窓口が全国にある

冒頭でも触れましたが、窓口が全国に展開しているため、いつでも困ったらきがるに相談できます。

割戻金がある

JA共済には、割戻金と呼ばれる還元システムがあり、お金が戻ってくる点もメリットの一つです。

以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 契約金額、期間、商品種類による
  • 割戻金は毎年変動する

JA共済のデメリットは?

次は、JA共済のデメリット2つについて、解説します。

JA共済のデメリット
  • 経営破綻してしまうと、保険金が下りない

  • 選べるプランの自由度が低い

経営破綻してしまうと、保険金が下りない

どの教材でもデメリットとしてあるのが、破綻してしまうリスクです。

破綻してしまうと、保険金が下りないため、意味がなくなってしまいます。

一般的な保険であれば、「生命保険契約者保護機構」があり、保険金は返ってきますが共済の場合はそういう制度はありません。

選べるプランの自由度が低い

共済は、ある程度パッケージ化されたプランが多いため、わかりやすいことが特徴ですが、

また、カスタマイズ性に乏しく、保証金の上限設定も比較されているケースが多いです。られます。

そのため、共済はいま加入している保険に上乗せして保障を充実させたり、手頃な保障を安くで受けたい人に向いているといえます。

保険や共済はそれぞれメリット・デメリットがあり、それらをしっかり理解した上で加入するべきです。

JA共済と他社の生命保険を徹底比較

JA共済の特徴やメリット、デメリットなどを解説してきましたが、他の保険会社と比べて、どうなのか気になるかと思います。

そこで、保障内容や保険料などの項目について比較してみましょう。

他社との比較
  • 保障内容
  • 保険料

保障内容

共済と生命保険で、保障内容の点での違いです。

共済は、保険会社とは違って、生命保険や死亡保険が一緒になっているプランがあり、わかりやすくなってます。

一方で、生命保険の場合は、共済のようにまとめられていないため、より自由度は増します。

たとえば、一時金の金額を上げたり、必要な保障を特約やオプションで追加できるので、より自分に合った保険にアレンジできます。

保険料

共済の場合は、保険料は基本的に一律でほとんど変わりません。

誰に対しても同じ金額で、同じ保障が受けられる、というところが共済の大きな特徴です。

一方、生命保険の場合は、通常、年齢が上がるにつれて保険料も増えていきます。

JA共済に迷ったら保険相談窓口がおすすめ!

読者

保険相談窓口って、たくさんあってどこに相談したらいいかわかりません。。実際どうなんですか?

保険相談窓口の中でもおすすめの3社を比較します。

この記事のポイント
  • 保険見直しラボ
  • ほけんのぜんぶ
  • 保険見直し本舗

おすすめの保険相談窓口|保険見直しラボ

出典 : 保険見直しラボ

保険見直しラボの評価
相談のしやすさ
(3.5)
商品の数
(4.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)
保険見直しラボの特徴
  • 全国に拠点が70箇所で、国内最大手
  • 保険の取り扱いは34種類と豊富
  • 顧客対応における過度な勧誘行為・失礼な対応を厳禁とした制度あり
  • 相談無料

読者

保険見直しラボは、豊富な保険の取扱や徹底したサポート制度が初心者でも使いやすく便利だね。

保険見直しラボが日本全国に70か所の拠点があるほか、訪問だけでなく、オンライン相談も可能です。

また、コンサルタントの経験も豊富であるため、自分に合う最適な保険を紹介してくれます。

実は、保険相談窓口の中には、保険会社ごとに専門のアドバイザーを置いている会社もあります。

ほけんのぜんぶ

出典 : ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶの評価
相談のしやすさ
(4.0)
商品の数
(3.0)
申し込み方法
(5.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)
ほけんのぜんぶの特徴
  • ファイナンシャルプランナー資格を持ったお金のプロに相談ができる
  • 15万件以上の相談実績がある
  • WEB面談の他、自宅・カフェ・オフィスなどの利用しやすい場所に訪問に来てくれる
  • 保険の取り扱いは30社以上
  • 相談無料

読者

ほけんのぜんぶは、訪問相談がメインだから、自宅で気軽に受けられるんだね。

ほけんのぜんぶは、自分が都合の良い場所へファイナンシャルプランナーが来てくれる訪問型の保険相談窓口です。

全国に17箇所の拠点を持ち、北から南まで相談可能です。

30社以上の保険商品を扱っており、スタッフは全員がFPの資格を持っており、お金のプロフェッショナルに保険の相談ができる点もメリットです。

豊富な保険の取扱や徹底したサポート制度により、保険の相談が初めてという人にも安心して利用することができるのが特徴です。

保険見直し本舗

出典 : 保険見直し本舗

保険見直し本舗の評価
相談のしやすさ
(3.0)
商品の数
(5.0)
申し込み方法
(4.0)
拠点数
(3.0)
経験
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

保険見直し本舗の特徴
  • 何度相談しても無料
  • 相談スタイルが『店舗・訪問・電話・オンライン』の4つから選べて便利
  • 全国320店舗と圧倒的店舗数
  • 取り扱い保険数40社で業界トップクラス

読者

保険見直し本舗は、店舗数が多いんだね。

保険見直し本舗は、店舗を300以上持つ比較的大きな保険相談窓口となっています。

取り扱っている保険の数も40社以上で他社と比較しても手厚い内容が期待できます。

また、保健見直し本舗では、相談の種類が豊富で以下から選べます。

  • 直接店舗での相談
  • 訪問相談
  • 電話の相談
  • オンラインでの相談

読者

より多くの保険会社から比較して選びたいという方には、保険見直し本舗がおすすめです!

 

JA共済に関するよくある質問

最後によくある質問についてまとめましたので、参考にしてください。

JA共済に関するよくある質問
  • 誰でも参加できますか?
  • どんな保障が受けられるの?
  • 破綻した場合、契約はどうなる?

誰でも参加できますか?

組合員には「正組合員(農家組合員)」と「准組合員」の2種類あります。

准組合員になるには、JAの協同組合運動に賛同した上で、出資金を支払うことで可能です。

どんな保証が受けられるの?

JA共済は、生命・建物・自動車などの各種共済による総合保障が受けられます。

JAが破綻した場合は、どうなりますか?

JA自体が破綻してしまうと、契約は終了し、保障は受けられないと考えるのが普通です。

しかし、仮に、窓口となっているJAの経営が困難になり破綻するような場合でも、可能です。

JA共済のまとめ

いかがでしたでしょうか?

JA共済についてまとめます。
JA共済のまとめ
  • JA共済は、農家でなくても加入でき、特に「ひと」に関する共済が充実している
  • 保障内容がわかり安い上に、費用も一律でさほど高くはない
  • 運用利率の保障がある共済や、審査基準が緩い引受緩和型の共済も用意されている
  • 共済のメリットは、掛け金が一律でお手頃になっており、保障内容がよくわかりやすいこと
  • 共済のデメリットは、パッケージ商品になっており保障(補償)設定の自由度が低
  • 他社の保険も広く検討したい方には、保険見直しラボなどの他の保険相談窓口もおすすめ
  • 他の保険との比較したファイナンシャルプランナーの意見も聞けるので、検討段階であれば利用するのがおすすめ

JA共済は「掛け金が安く」、「サービス重視で商品も多い」といったことが分かりました。

普通の保険や共済と違って、誰でも加入できないと思われがちですが、組合員たなることで参加できます。

万が一の、JA共済が合わないと思った場合に相談したい場合は保険見直しラボほけんのぜんぶなどの他の保険相談サービスも複数利用することで、自身に本当に会う保険を見つけやすくなります。

また、担当者との会話も大事でしっかりと相談できる又はしやすい担当者がいる保険会社の方がいいです。

評判が気になる方は、ぜひ保険見直しラボなどを利用して、ファイナンシャルプランナーに保険の相談をしてみては以下がでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。