これから1000倍になる仮想通貨は?購入のポイントやおすすめの取引所も!

読者

仮想通貨は1000倍になりそうなの?

読者

もしこれから1000倍になるかもしれない銘柄とかあるなら知りたい!

といったお悩みを抱えた方に向けた記事となります。

現代において日に日に市場規模を拡大しつつある「仮想通貨」。

仮想通貨にはさまざまな銘柄があり、

その中には現在の値段から1000倍まで跳ね上がると期待されるものも存在します。

本記事では、そんな1000倍まで値上がりが期待される仮想通貨について解説します。

ぜひ最後までご覧いただき、ひとつの参考にしてください。

1000倍になる仮想通貨についてまとめると
  • 1000倍まで跳ね上がる可能性を秘めた仮想通貨は、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)をはじめ、他にもある。
  • 基本的に、まだマイナーで規模が小さく、知名度が低い仮想通貨が対象。
  • マイナーな仮想通貨の購入は、長期保有を前提にし、一気に大金を投資しないなど、ポイントがある。
  • マイナーな仮想通貨は値動きの激しさから、損失も大きくなるデメリットもある。
  • マイナーコインは少額投資ができるbitFlyerがおすすめ

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

⬇︎こんな記事もおすすめ

仮想通貨取引所おすすめ6選【最新版】選ぶ際のチェックポイントや注意点も解説

ビットコインの今後は?過去の出来事や専門家の予測から今後の値動きを予測

目次

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

【8月最新版】今後1000倍に値上がりが期待される仮想通貨10銘柄

読者

これから1000倍になりそうな仮想通貨には、どんなものがある?

といった疑問を持った方に向け、早速「今後1000倍に跳ね上がる可能性のある仮想通貨」を以下のとおりご紹介します。

今後1000倍に跳ね上がる可能性のある仮想通貨10選
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • RAY(レイディウム)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ポルカドット(DOT)
  • XLM(ステラルーメン)
  • SAND(サンド)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • ATOM(コスモス)

これらの10銘柄を、それぞれ順を追ってご紹介します。

仮想通貨取引所の口座を持っていない方は、先に口座開設の審査を申し込んでおきましょう。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

1000倍?仮想通貨銘柄:XRP(リップル)

「リップル」というのは、もともと会社名です。
リップル社が開発し、発行や運営を行っている通貨が、このXRP(リップル)です。

XRP(リップル)は、2017年に大幅な値上がりを見せたコインのひとつです。

リップル社には、「国際送金を円滑にし、より低コストにする」という明確な目的があります。
その目的の達成のために使用されているのが、このXRP(リップル)という仮想通貨です。

基本的に仮想通貨は、目的やビジョンが明確であればあるほど値上がりが期待されます。

「これほど目的やビジョンが明確な仮想通貨は、リップル以外にない」といっても過言でありません。

さまざまな銀行や金融機関、企業とも提携し、現在進行系で実用化も進んでいます。

そのため、今後も値上がりにも大きな期待がかかる仮想通貨です。

シンボル(通貨) XRP
時価総額(順位) 約2兆442億(6位)
価格 50.43円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:LTC(ライトコイン)

ライトコインは、ビットコインの特徴を継承しつつ、より良い点を強化させた仮想通貨です。
しばしば「ビットコインが金なら、ライトコインは銀」と揶揄されることもあります。

ライトコインは、主に決済機能の利便性の向上を目的としている仮想通貨です。

ビットコイン決済にかかる時間の4分の1程度のスピードで支払いが可能となるよう設定され、利便性の向上が評価されています。

また2018年にはライトペイというデビットカードのサービスを開始しています。
これまで決済手数料に5%かかっていたところ、ライトペイにより1%での決済が可能となりました。

今後もライトコインによって決済サービスは発展し、拡大を続けていくことが見込まれています。

このような背景から、ライトコインは将来的に1000倍になることが期待されています。

シンボル(通貨) LTC
時価総額(順位) 約559億円(21位)
価格 7,945.30円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:ENJ(エンジンコイン)

エンジンコイン(ENJ)は「Enjin」というシンガポールの会社が開発、運営する仮想通貨です。

2021年4月には20倍以上の値上がりを見せており、今勢いのある仮想通貨といっても過言ではありません。

エンジンコイン(ENJ)は主に、NFT分野で活用されています。
「Enjin Platform」という、NFTプラットフォームで発行、運用されている仮想通貨で、ユーザーは2,000万人を超えるほどに拡大しています。

さまざまな大手企業の参入なども相まって、NFT分野は現在進行系で市場拡大、発展を遂げています。

NFT分野の今後の市場拡大を考慮すると、エンジンコイン(ENJ)が1000倍に跳ね上がる可能性は高く、期待できる銘柄といえます。

シンボル(通貨) ENJ
時価総額(順位) 約743億円(77位)
価格 81.95円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:RAY(レイディウム)

RAY(レイディウム)は、Solanaブロックチェーンで構築された仮想通貨です。

Solanaブロックチェーンは他のブロックチェーンとも相性がよく、互換性がある技術です。
そのためさまざまな分野で活用、拡大されていくことが期待され、1000倍も堅いといわれている銘柄です。

またRAY(レイディウム)の特徴として、イーサリアムにも用いられている「スマートコントラクト機能」というものが実装されています。

欠点としてRAY(レイディウム)の取り扱いは2022年8月現在、海外の暗号資産交換業者(取引所)に限定されています。

そのためRAY(レイディウム)を保有したい場合は、海外の暗号資産交換業者(取引所)にて口座開設を行い、送金する手間が必要となるので、注意が必要です。

シンボル(通貨) RAY
時価総額(順位) 約1429億円(193位)
価格 115.10円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:IOST(アイオーエスティー)

IOSTは従来の仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)が抱える問題を解決する目的のもとで、生まれた仮想通貨です。

主に送金や、処理速度の解決に利用されています。

2021年に国内大手の暗号資産交換業者(取引所)であるCoincheck(コインチェック)に上場されたことから、価格が急上昇しました。

また2022年5月には、BITPoint(ビットポイント)での取り扱いも開始されています。

IOSTの特徴として、セキュリティが高く、処理速度が早いことが挙げられます。
IOST独自の技術である、「非中央集権型コンセンサスアルゴリズム」を採用しているためです。

この「非中央集権型コンセンサスアルゴリズム」によってマイニングの消費電力の軽減も期待でき、環境問題の解決にも貢献できる可能性を秘めています。

そのような背景から、今後1000倍に跳ね上がる可能性があるとして、注目を集めています。

シンボル(通貨) IOST
時価総額(順位) 約369億円(121位)
価格 1.98円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)は、スイスのブロックチェーン財団である「Web3 Foundation」が開発した仮想通貨です。

ポルカドット(DOT)の最大の特徴として、「ブリッジ機能」という技術が挙げられます。

ブリッジ機能とは?

ビットコインやイーサリアムなどの、他の仮想通貨と連係する技術のこと。
連係することで、以下のようなメリットがある。

・セキュリティの向上
・通貨の取引スピードの向上
・アップデートの速度の向上

ポルカドット(DOT)はブリッジ機能にとどまらず、さまざまなプロジェクトが現在進行系で進められています。

そのため日々知名度を高め、今後の需要拡大が期待される仮想通貨です。

シンボル(通貨) DOT
時価総額(順位) 約1兆1514億円(11位)
価格 1,165.95円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:XLM(ステラルーメン)

 

XLM(ステラルーメン)は2014年、リップル開発者のジェド・マケーレブ氏が率いるチームで開発された仮想通貨です。
「新興国の個人間の送金取引をより円滑にする」という目的のもとで生み出されました。

XLM(ステラルーメン)の特徴は、数ある決済可能な通貨の中でもスピードが早いことです。
通常ビットコインの場合10分程度かかりますが、ステラルーメンなら2~5秒もの間で完結します。

また、加えて手数料も安いため、多くの方がその利便性を感じています。

2021年の8月、XLM(ステラルーメン)の決済数はイーサリアムやリップルを上回りました。

現在は時価総額ランキングで26位と下がっていますが、投資の世界では「下落後の高騰」があります。

そのようなことから、急上昇の可能性を秘めていると投資家の間で期待されている仮想通貨です。

シンボル(通貨) XLM
時価総額(順位) 約3957億円(26位)
価格 15.73円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:SAND(サンド)

SAND(サンド)は、メタバースゲームの「The Sandbox」をプレイするのに必要となる仮想通貨です。

メタバースゲーム「The Sandbox」は、マインクラフトのようなボクセルアートが特徴のゲームです。
自身のアバターやアイテムを作成したり、土地を作って売買を楽しめるものとなっています。

SANDには数多くの大手企業が出資しており、ドラゴンクエストで知られる「スクエア・エニックス」もそのひとつです。

2022年5月には、Coincheck(コインチェック)にて取り扱いが始まりました

国内の暗号資産交換業者(取引所)では初めての取り扱いとなり、現在、急激に注目を浴び始めている仮想通貨です。

シンボル(通貨) SAND
時価総額(順位) 約2240億円(37位)
価格 174.52円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:BAT(ベーシックアテンショントークン)

BAT(ベーシックアテンショントークン)は、2017年に開発された、比較的新しい部類の仮想通貨です。

Webブラウザ「Brave」にて独自トークンとして利用されているのが特徴です。

現在YouTubeのスーパーチャットをはじめ、その他さまざまな配信サイトの「投げ銭」機能にも活用されています。

今後もそのようなコンテンツやネットワークは、需要の拡大が見込まれます
それに伴って、BAT(ベーシックアテンショントークン)の価値もどんどん高騰していくことが期待されています。

今後の注目が集まり、価格が上がる前に投資するべき仮想通貨です。

シンボル(通貨) BAT
時価総額(順位) 約816億円(69位)
価格 54.56円(2022年8月現在)

1000倍?仮想通貨銘柄:ATOM(コスモス)

ATOM(コスモス)は、アメリカの「Tendermint社」によって開発された仮想通貨です。

「誰でも簡単にブロックチェーンの開発・利用ができる未来の実現」を目標としています。

一般的に、互換性がないブロックチェーン同士は接続できません。
しかしATOM(コスモス)の特徴として、互換性のないブロックチェーン同士を連携させることができる点が挙げられます。

これによってイーサリアムのアプリを動かすこともでき、利便性を証明しています。

そのため、今後もよりさまざまなブロックチェーン接続が試行されると見られています。
そのような観点から、今後の1000倍も有力視される仮想通貨といえます。

ちなみにATOM(コスモス)の競合として前述した「ポルカドット(DOT)」が挙げられ、ライバル関係にあります。

シンボル(通貨) ATOM
時価総額(順位) 約3965億円(27位)
価格 1,384.69円(2022年8月現在)

1000倍になる仮想通貨の選び方

今後1000倍になる仮想通貨を選定する方法があります。

以下のとおりご紹介します。

1000倍になる仮想通貨の選び方
  • 仮想通貨の目的、用途で選ぶ
  • 信頼性から選ぶ
  • 出資している企業の数で選ぶ

仮想通貨の選び方:仮想通貨の目的、用途で選ぶ

まず仮想通貨を選ぶ際は、仮想通貨の目的や用途を確認しましょう。

仮想通貨は、目的があって成り立つものだからです。

「(仮想通貨名) 目的」などで検索した際に、すぐに目的がヒットするような銘柄を選びましょう。

なにごとにおいても、目的があいまいではいずれ淘汰されてしまいます。

仮想通貨の選び方:信頼性から選ぶ

仮想通貨の信頼性を見て、仮想通貨を選ぶのが賢明です。

信頼性は、以下の条件で見極めることができます。

信頼性の見極め方

・時価総額が高い
・有名な取引所で取引されている
・開発者や開発チームの情報が検索で出てくる
・公式サイトに情報がしっかり掲載されている

仮想通貨の選び方:出資している企業の数で選ぶ

出資している企業の数から選ぶこともおすすめです。

大手企業が出資するということは、将来性が期待されているということだからです。

例えば、イーサリアムは現在、時価総額2位の仮想通貨です。
その裏には、米大手企業のMicrosoftや、トヨタ自動車からの出資を受けています。

「大手企業の仮想通貨への出資」といった情報は、要チェックです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

マイナーな仮想通貨に投資する際のポイント

マイナーな仮想通貨に投資する際は、いくつかのポイントがあります。

以下のとおり3つに絞ってご紹介します。

マイナー通貨に投資する際のポイント
  • 長期保有を前提に投資する
  • 1度に大きな金額を投資しない
  • 高値掴みに注意する

仮想通貨投資の注意点:長期保有を前提に投資する

基本的に、仮想通貨での短期トレードは推奨されていません。

ビットコインは2020年10月から2021年3月にかけて大きく高騰しました。

とはいえ、同じ値上がりが今後も繰り返されるとは限りません

少なくとも半年~1年以上の長期投資を見込んだ投資をするのがポイントです。

仮想通貨投資の注意点:1度に大きな金額を投資しない

一度に大きな金額を投資すると、万が一大暴落したとき、損失が大きくなるためです。

投資の格言で、「卵は一つの籠に盛るな」という言葉があります。

仮想通貨への投資においては、どんな銘柄であっても、リスク対策として少額を分散して投資することをおすすめします。

仮想通貨投資の注意点:高値掴みに注意する

初心者にありがちなのが、高値掴みです。

高値掴みとは?

価格高騰につられて購入し、直後に大幅に下落し、損失を多く含んでしまうこと

価格高騰の直後には、必ず下落があります。

読者

今買わないと損する!

という気持ちで慌てて買ってしまうのは危険です。

少額からコツコツ買い足していくことが市場に左右されないポイントです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

マイナーな仮想通貨に投資するデメリット

マイナーな仮想通貨に投資することには、デメリットもあります。

以下の2つに絞ってご紹介します。

マイナー通貨に投資するデメリット
  • 値動きが激しく、損失が増える可能性もある
  • 取り扱いが少なく、購入しづらい

仮想通貨のデメリット:値動きが激しく、損失が増える可能性もある

マイナーな仮想通貨は、取引量が少ないため、メジャーな仮想通貨に比べて値動きが活発です。

そのため値上がりも大きい一方で、値下がりも大きいのが特徴として挙げられます。

前述したとおりですが、一度に大きな金額を投資せず、少額を数回に分けて投資し、長く様子を見る姿勢が大切です。

仮想通貨のデメリット:取り扱いが少なく、購入しづらい

マイナーな仮想通貨は取り扱いが少ないため、購入までが大変というデメリットがあります。

実際、日本国内の暗号資産交換業者(取引所)で取り扱いしていない通貨の場合、海外の口座を解説しなければ保有できません。

読者

海外の口座の開設はちょっと勇気がいるな…。

という方も多いと思うので、国内で取り扱いがある中でもマイナーなものを選ぶのがいいでしょう。

おすすめの仮想通貨取引はビットコインが1円から変えるbitFlyerです。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

初心者におすすめ!暗号資産交換業者(取引所)

初心者におすすめの暗号資産交換業者(取引所)を以下のとおり紹介します。

マイナー通貨に投資する際のポイント
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin

これから1000倍になる暗号資産交換業者(取引所)を選ぶ際に、参考にしてください。

仮想通貨取引所おすすめ:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)のココがおすすめ!
  • ビットコイン取引量が6年連続でNo.1
  • 登録から最短10分でコインの取引が可能
  • ビットコインならなんと約1円から売買可能

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)4つ目は、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量に関しては6年連続で1位という実績を誇ります。

取扱通貨数も国内の暗号資産交換業者(取引所)の中で最多水準となっており、登録から10分でコインの取引が可能な点も魅力です。

またbitFlyer(ビットフライヤー)の大きな特徴として、販売所なら約1円からビットコインを購入できる点が挙げられます。

読者

最初から大金をつぎ込むのは怖い。
とにかく少ない金額から始められたら嬉しい。

といった慎重派の方にもぜひおすすめです。

なおbitFlyer(ビットフライヤー)は、取引ツール「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」を運営しています。
bitFlyer Lightningを利用することで、ビットコインはもちろん、ビットコインFXなどの取引が行なえます。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 330円(クイック入金)
※住信SBIネット銀行は0円
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
※三井住友銀行は上記金額より330円安い
取扱通貨数 15通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 直近30日の取引量に応じて0.15% BTC以下
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨取引所おすすめ:Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のココがおすすめ!
  • アプリダウンロード数No.1
  • 取引手数料は取引所のなら無料
  • ビットコインなら、約500円から購入できる

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)1つ目は、Coincheck(コインチェック)です。

Coincheck(コインチェック)はスマホアプリの直感的な操作性が評判の、初心者におすすめの暗号資産交換業者(取引所)です。

比較的スプレッドが安く、取引所の手数料が無料なのもポイントといえます。

またCoincheck(コインチェック)はNFT事業にも力を入れています。
日本で初めてのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を運営しています。
「Coincheck NFT(β版)」では、自由にアイテムやキャラクターの売買ができます。

さらにCoincheck(コインチェック)では2022年5月、新たに仮想通貨「SAND」の取り扱いをスタートさせました。
SANDも今後1000倍まで値上がりする可能性を秘めた銘柄として、前述で紹介しています。

Coincheck(コインチェック)の入金口座は、GMOあおぞらネット銀行、もしくは住信SBIネット銀行いずれかです。
いずれかの銀行口座をすでに持っている方は、入金手数料が無料で済むものメリットです。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 17通貨(うち1通貨は取扱停止中)
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨取引所おすすめ:GMOコイン

GMOコインのココがおすすめ!
  • 取扱通貨数は20通貨で、国内最多
  • 登録から取引までの時間が最短10分
  • 入出金手数料は無料

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)2つ目は、GMOコインです。

GMOコインは初心者におすすめの機能が充実しており、これから仮想通貨を始める方にも最適といえます。

2022年5月現在で、国内取引所では顧客満足度1位を獲得ています。
取り扱い通貨数も豊富で、国内の取引所の中でも最多の20種類を誇ります。

暗号資産交換業者(取引所)の基本的な入出金手数料は、合計で1,000円ほどかかります。
しかし一方でGMOコインなら、無料にすることも可能です。

GMOコインは口座開設スピードにも定評があり、最短10分で取引できる手軽さも魅力です。

読者

面倒な手続きとか、ないに越したことはない。
始めるまでの時間は短ければ短いほどありがたい。

という時短派の方にもぜひおすすめです。

今後の値上がりを期待できるコインの購入のみならず、取引までのスピードや手数料など総合力に優れています。
そのため、初心者にもおすすめの暗号資産交換業者(取引所)です。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 20通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨取引所おすすめ:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジ取引の取扱通貨数が国内でNo.1
  • 取引が可能になるまで、最短1時間
  • 入出金手数料、および取引手数料は無料

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)5つ目は、DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinの最大の特徴は、なんといってもレバレッジ取引が可能な点にあります。

2022年5月現在、ビットコインをはじめとする暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引の取引通貨数は国内No.1を誇ります。

またDMM Bitcoinは、入出金にかかる手数料が無料なのも大きなポイントといえます。

加えてDMM Bitcoinでは、多くの人がクイック入金を無料で利用できます
提携の金融機関は1,000社を超えているためです。

口座への入金は手数料の安さから銀行入金やコンビニ入金を利用するのが一般的で、反映までのタイムラグも気になります。

その点クイック入金なら、特定の場所に足を運ぶ必要もなく、料金の反映にもタイムラグもありません。
そんなクイック入金が無料なのは、時間軸で考えて大きなメリットとなるでしょう。

DMM Bitcoinで仮想通貨の現物取引の感覚を掴んだら、十分な注意を払い、レバレッジ取引にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 15通貨(うち、レバレッジ取引のみの取扱いが4通貨)
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

まとめ

以上、今後1000倍にまで跳ね上がる仮想通貨をはじめ、購入の際のポイントやデメリット、おすすめの暗号資産交換業者(取引所)について解説しました。

マイナーな仮想通貨は値動きも大きく、下落の可能性もあります。
しかし、欲張らず少額ずつ投資を行うことで、上手に大きな利益を出すことも夢ではありません。

今後の可能性や将来性にかけて、マイナーな通貨への投資に挑戦してみましょう。

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

なお、仮想通貨については以下の記事も参考になります。

リップル(XRP)とは?今後がやばい理由と見通し、価格予想・将来性を解説

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

暗号資産(仮想通貨)の取引なら
6年連続ビットコイン取引量No.1(※)のbitFlyerがおすすめ!

【bitFlyerなら、
クイック本人確認で、
今から10分後に取引できる!】

・多くの取引手数料が無料!

・ビットコイン(BTC)のFX取引にも対応!

・Tポイントをビットコインにも交換できる!

などなど。

取引所選びは、暗号資産取引を行う上で、必要な要素がしっかり揃っているbitFlyerが一番おすすめです!

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※

仮想通貨取引所bitFlyer松本人志さんバナー


●クイック本人確認を利用すれば、今から10分後に暗号資産が購入できます!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。