株式会社ウィルズ運営   ビットコインの今後を専門家による価格予想!将来どうなるかチャートで価格動向と出来事を解説 - WILL CRYPTO
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

ビットコインの今後を専門家による価格予想!将来どうなるかチャートで価格動向と出来事を解説

読者

ビットコインって今後どうなるの?

読者

ビットコインの今度の見通しを分析するための情報が知りたい!

現在のビットコインの価格はこちら

2024年2月現在、短期的に見ると上昇傾向にあるビットコインですが、高値には程遠い価格での推移を続けています。

今後はこのまま上昇を続けるのか?または今よりもさらに下落するのか?など、そんなビットコインの今後の見通しや、購入すべきタイミング、おすすめの取引所などについて詳しく紹介していきます。

この記事のポイント
  • ビットコインは世界で初めて作られた仮想通貨
  • 今後も価格が上昇すると予測している専門家が多い
  • 大型アップデートや国家規制の影響を受けやすい
  • ビットコイン投資をするにはまずは自分で予測することが大切
  • ビットコイン投資は仮想通貨取引所で口座開設をする必要がある
  • おすすめの仮想通貨取引所は最短5分で申し込めて手数料無料で取引できるコインチェック
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー
鳥谷 威さん
大学卒業後、大手インフラ会社でご家庭の光熱費削減や新電力の提案業務に約4年ほど従事。
現在は【光熱費見直しFP】として活動中。
FPとしての実績は、個人相談業務、ライフプラン表の作成、中小企業への企業型確定拠出年金の導入、また日本FP協会でのアシスタント相談員も務める。また現役世代の人を中心とした長期での資産形成や、家計の見直しなどについても発信しています。 <保有資格>FP®認定者CFP1級技能士、DCプランナー2級
鳥谷 威さん公式ホームページ

【2024年2月26日】ビットコインの価格

通貨名 Bitcoin(ビットコイン)
通貨単位 BTC

2023年の強気派流れを受け、2024年2月のビットコインは好調な出だしとなっています。

現在は、600万円台へのブレイクアウトを目前にし、今後の値動きに期待が寄せられます。

ビットコインは2023年の初めから右肩上がりに推移していることから、2024年2月の今が絶好の買い目。

2024年の半減期も迫っていることも考えると、2024年2月はビットコインの買い場タイミングのチャンスに備えることが重要でしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインに将来性はない?今後の価格予想【2024年】

ビットコイン 今後

ビットコインの今後を予想している分析者は世界中に多くいますが、どのような方が分析しているのかと気になるところです。

そこで今回、ビットコインの今後の価格予想について、注目すべき点をまとめました。

・【金融・仮想通貨の専門家】ビットコイン今後の価格予想
・【分析家・トレーダー】ビットコイン今後の価格予想
・【Ai】ビットコイン今後の価格予想

3つの注目点を次に挙げて、解説していきます。

【金融・仮想通貨の専門家】ビットコイン今後の価格予想

専門家によるビットコインの今後の価格予想ですが、ポジティブであることが多いです。

  • スタンダードチャータード銀行(イギリス金融大手銀行)
    2024年末までにビットコインの価格が12万ドルまで上昇する可能性があることを予測
  • マトリックスポート(暗号資産サービスプロバイダー)
    2024年末までにビットコインの価格が12万5000ドルまで上昇する可能性があることを予測
  • CoinShares(英大手仮想通貨ファンド)
    最高戦略責任者のメルテム・デミラーズ氏が2022年7月に「ビットコインは今後24ヶ月の間に史上最高値を更新するだろう」と発言している。
  • ゴールドマンサックス(米投資銀行大手)
    2022年1月に「ビットコインの価格が10万ドルを超える可能性がある」との見解を示した

【分析家・トレーダー】ビットコイン今後の価格予想

分析家やトレーダーの間でも、ビットコインの今後の価格を前向きに予想しています。

  • Tech Dev
    Twitter(X)にて、2023年5月24日に「2024年12月に16万ドル~18万ドルに上昇する」という予想を発信
  • CrediBULL Crypto
    Twitter(X)にて、2023年5月24日に「2023年10月に最高値を超える」という予想を発信
  • アーサー・ヘイズ
    2023年7月に「異常な成長のピークは2025年から2026年の期間に訪れると信じている」、「BTCの価格は1コインあたり76万ドル(約1億円強)まで上昇する可能性がある」、「『そんなわけがない』が『おこるかもしれない』の間で起こる価格調整が、稼ぐチャンスだ」と発信
  • Tim Draper
    2023年7月に「2025年までにビットコインが25万ドルに達する可能性がある」と発信

【AI】ビットコイン今後の価格予想

海外の仮想通貨予想サイトは、AI分析でビットコインの価格予想を提示しています。

  • DigitalCoinPrice
    2025年には、71,505ドルになると予想
  • TechNewsLeader
    2025年には、59,888ドル~73,021ドルになると予想
  • PricePrediction
    2025年には、66,295ドル~78,762ドルになると予想ポジティブな予想が多く、今後の仮想通貨市場の展開に期待しています。
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインとは

ビットコイン今後_ビットコインとは

ビットコインへ投資する前に、「ビットコインとは何か」を押さえておく必要があります。

編集部

まずはビットコインの仕組みや基本的なことについて解説します。

世界発のデジタル通貨

ビットコインは、世界で初めて生まれたデジタル通貨です。

円やドルなどの法定通貨は、通常中央銀行などの管理者が必要ですが、ビットコインではこの中央管理者が存在しません。

国家や銀行などを介すことなく分散管理型の暗号資産として生まれたのが、ビットコインです。

ビットコインは2008年にサトシナカモトという人物により提唱され、いまだにどこの国の人物なのか、どこに住んでるのかなどが特定されていません。

取引にブロックチェーンを使用している

ビットコインは取引にブロックチェーンと呼ばれる技術を利用しています。

ブロックチェーンとは、簡単に言うと取引の記録をまとめた台帳のようなものです。

トランザクションと呼ばれる取引データをオンライン上で管理し、その管理をチェーン上にしていることから、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンは今では有名な技術として知られており、他の仮想通貨でもこのブロックチェーン技術が採用されていることが多いです。

発行枚数に上限がある

ビットコインは誕生した当初から、発行枚数が2,100万枚と決められています。

これは、ビットコインの仕様で、どれだけ需要が増えてもこれ以上増えることはありません。

発行上限が決められていることで、ビットコインの将来的な値上がりによる価値の上昇で、大きな利益を得られる可能性が高いのです。

世界中でリアルタイムで送金できる

ビットコインは、インターネット環境さえあれば世界中どこでも24時間365日送金可能です。

従来の法定通貨を利用した送金では、着金までに1週間以上かかるケースも多いですが、ビットコインならほんの数分〜数十分で送金が完了します。

これまで以上に送金が楽になったこともあり、ビットコインの需要は増えています。

ビットコインの価格動向!ポイントまとめチャート付き

ビットコインの価格動向に関するポイントをまとめてみました。

  1. 2021年~2022年の値動き
  2. 2023年の値動き

ポイント2つをそれぞれ挙げて、解説していきます。

2021年~2022年の値動き

ビットコイン 今後-2021~2022年値動き

出典:CoinMarketCap

2019年12月に新型コロナウイルスが発生し、2020年1月になると感染者が増えたのがきっかけで、2020年2月〜3月にコロナショックが本格的に起きて、世界的に株価が暴落しました。

それに伴い、世界各国は大規模な金融緩和政策を行い、仮想通貨市場に資金が流れました。

結果、ビットコインの価格が2021年4月に約690万円、2021年11月に約730万円に暴騰しています。

しかし、2021年7月に約337万円、2022年1月に約414万円と、それぞれ暴落した時期がありました。

暴騰と暴落、その要因となりそうな出来事を以下にまとめました。

2021年2月:テスラ社が1,300億円相当のビットコインを購入
2021年5月:中国がマイニングを禁止し、同時期にテスラ社がビットコイン決済を停止
2021年7月:中国マイナーの移動が一段落した
2021年9月:エルサルバドルがビットコインを法定通貨に制定
2021年11月:世界的なインフレと金融緩和により法定通貨に対する不安が高まったため。同時期にオミクロン株の登場により下落が始まる
2022年5月:Terra(LUNA)の崩壊
2022年11月:海外取引所FTX破綻

2022年に入ると、仮想通貨市場全体が冷え込み始め、2022年12月末辺りに一時期、約217万円に下落しています。

2023年の値動き

ビットコイン 今後-2023年価格

出典:CoinMarketCap

2023年に入ると、ビットコインの価格が上昇傾向に入り始めました。

2023年6月には約441万円に上昇し、2023年11月時点で500万円を上回っています。

その要因となったと考えられる出来事を以下にまとめました。

2023年2月:ビットコインの価格が約333万円に急上昇
2023年3月:米国シリコンバレー銀行(SVB)とシグニチャーバンクが破綻
2023年4月:米国ファースト・リパブリック銀行の株価が暴落・翌月破綻
2023年7月:米国銀行の破綻による法定通貨への不安が高まったためビットコインなど仮想通貨に資金が流れたと考察
2023年9月:米国の超党派議員グループがSEC(米国証券取引委員会)のゲイリー・ゲンスラー院長に、ビットコインETFの承認を要請
2023年9月:マイクロストラテジーが5000BTC以上の大量買い増しを行う
2023年9月:米コインベースがビットコインのライトニングネットワークを導入

ビットコインの価格が変動するのは、需要と供給にあります。

ビットコインの枚数は最大2,100万枚となっているため、それ以上増えることはありません。

世界中の投資家達がビットコインを購入すればするほど、ビットコインの価格が上がります。

逆にビットコインの売却が多くなるほど、ビットコインの価格が下がります。

なぜビットコインを買うのか、なぜビットコインを売るのかと考え、分析していけば、今後の価格を予想することが可能です。

今後のビットコインの見通し

ビットコイン 今後

編集部

ここでは、今後のビットコインの見通しが予測できる要素について紹介していきます。
今後のビットコインの見通しが予測できる要素
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

大型アップデート

ビットコイン 今後

編集部

今後のビットコインは大型のアップデートが行われることで、大きな値上がりに期待ができます。

例えば、約4年ぶりに行われた2021年「Taproot」などの大型アップデートが起こると、ビットコインの価格が上昇していくことに期待ができます。

ライトニングネットワークの実装

ビットコイン 今後

編集部

今後、ビットコインではライトニングネットワークの実装が予測されています。
ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは、ブロックチェーンの外で取引を行い、ビットコインの送金速度や少額決済に対応した安価な送金手数料を考案された送金方法です。

ライトニングネットワークは主にスケーラビリティ問題を改善できたり、取引処理族度が向上するといった特徴があります。

特に、ライトニングネットワークはブロックチェーン外で取引ができるため、効率良く取引ができるようになれば、今後もビットコインの信頼性や利便性が向上し、価格が上昇していきやすいと言えるでしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

メディアによる宣伝

ビットコイン 今後

編集部

メディアによる宣伝も、ビットコインの価格変動に大きな影響を与えます。

仮想通貨やテレビやマスコミに紹介される度に、ITに抵抗がない30代~40代の若い投資家達に注目されています。

これにより、ビットコインを購入する人が増え、メディアで宣伝されることで今以上に知名度が上がり、自然と価格も上昇していくことに期待ができるでしょう。

大手企業の採用と参入

ビットコイン 今後

大手企業の採用と参入も、価格の変動に大きな影響を与えます。

編集部

テスラ社のビットコイン大量購入や売却で価格が変動したように、今後も大手企業がビットコインを採用、参入すれば、ビットコインに対する信用性が上がり、市場が一気に活性化していくという効果が得られます。

そのため、大手企業による採用や参入に関するニュースは欠かさずチェックするようにしましょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

国家規制

ビットコイン 今後

暗号資産は一部の国では規制がかけられるケースもあります。

編集部

世界経済に大きな影響を与える中国では、2013年と2019年にビットコイン取引に規制が設けられ、価格が下落する事態となりました。

今後も、このように規制がされる国が増えると、市場価格にマイナスな影響を及ぼす可能性があります。

ハッキング問題

ビットコイン 今後

編集部

ビットコインは過去に何度もハッキング被害に遭っており、その度価格が暴落してきました。

実際にビットコインや他の暗号資産でもハッキング対策を徹底していますが、今後は100%ハッキングされないセキュリティシステムを確立させることが重要と言えるでしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインに大きな影響を与えた出来事

ビットコイン 今後

編集部

2021年にビットコインに大きな影響を与えた出来事を振り返ってみましょう。
2021年〜2023年にビットコインに大きな影響を与えた出来事
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場

ビットコイン 今後

ビットコインは暗号資産市場における金融市場とは切り離された存在でしたが、2021年は暗号資産であるビットコインがついに金融市場の一部になりました。

編集部

海外の暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場しました。

テスラ社がビットコインの購入を発表

ビットコイン 今後

2021年、テスラ社は「ビットコインでテスラを購入できるようになった」とTwitterに投稿され、ビットコインはドルや円などの法定通貨には換金しないとも書き込みをしました。

編集部

実際に2021年2月に15億ドルものビットコインを購入し、一時期前日をはるかに上回る水準で取引されました。

カナダでビットコインETFの承認を発表

ビットコイン 今後

北米で初めてとなる暗号資産(仮想通貨)ビットコインの上場投資信託(ETF)が18日、カナダのトロント証券取引所に上場しました。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事はインフレ圧力を低下させる取り組みが「最優先」だとし、利上げを着実に進める一方でバランスシートの縮小を来月にも開始する意向を表明した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事はインフレ圧力を低下させる取り組みが「最優先」だとし、利上げを着実に進める一方でバランスシートの縮小を来月にも開始する意向を表明した。
引用:「Bloomberg

編集部

カナダでビットコインETFの承認が始まったことから、ビットコインの相場が大きく変わりました。

中国でビットコインマイニングが禁止

ビットコイン 今後

編集部

2021年6月には、ビットコインのマイニングで世界のシェア率50%以上を占める中国では、マイニング禁止法が打ち出されました。

そのため、中国国内のマイニング業界は壊滅状態となっており、相場が大きく変動しました。

中国の当局者は、仮想通貨が経済の秩序を乱し、違法な資産取引や資金洗浄を後押しすると説明しています。

しかし、海外投資家の間で中国という巨大市場が混乱に見舞われるとの警戒感が広がり、ビットコイン価格が急落して一時は3万ドルを割り込み、4月に付けた過去最高値から半分以下の水準になりました。

米国でビットコインの先物ETF取引が開始

ビットコイン 今後

2021年10月には、米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの先物に連動した上場投資信託(ETF)の取引開始がされました。

編集部

この時の相場は一時期最高値の64,800ドル台まで上昇しました。[

まだ先物ETFだけで現物ETFについては承認されていませんが、今後も商品の多様化が期待されています。

DeFiとNFTの台頭

ビットコイン 今後

2021年は暗号資産を活用した新しい金融市場が誕生した年でもありました。

編集部

分散型金融であるDefiは仲介機関をなしに取引できる金融サービスです。

暗号資産の値上がり益だけでなく、年利数%以上の利息も得られるということもあり、2021年11月には一時1,000億ドルまでに拡大されました。

特に、DefiとNFTに関してイーサリアムを中心に基盤となるブロックチェーンとして機能する銘柄が大きく価値を伸ばし続けています。

リスクオフ取引

ビットコイン 今後

投資家は、経済が減速し、インフレが加速し、金利が上昇する時代にうまく機能する資産に常に注目しています。

編集部

2022年は株式市場の低迷に伴い、ビットコインの価格は、株式市場と同様に下落しました。

ビットコインなどの仮想通貨は依然としてリスクの高い投機的資産として広く見られているため、この「リスクオフ」取引により、ビットコインは6月中旬に20,000ドルを下回りました。

現在、20,000ドルをわずかに上回って取引されていますが、現在の価格は、ビットコインが202111月の69,000ドル近くのピーク時に比べ、70%程度も下落しており、持続的な回復の兆候は見られません。

ビットコインのマイニングに伴う大量の電力使用や、中国による仮想通貨取引の禁止に対する懸念も、ビットコインの価値を下げるきっかけとなっています。

支払い手段としての採用増加

ビットコイン 今後

支払い手段としてビットコインを採用する企業が増えれば、その価値は安定する可能性があります。

編集部

すでにビットコインを受け入れている主要企業には、マイクロソフト、AT&T、スターバックス、PayPalAmazonなどがあります

また、コロラド州の住民はビットコインを使用して、州の個人税と事業税を支払うことができます。

LUNA/UST騒動

現在は価格を取り戻しているものの、2022年に入ってビットコインの価格は大暴落しました。

5月9日に価格変動リスクが低いとされていたアルゴリズム型のステーブルコインであるUSTが、1ドル=1USTの価格を維持できなくなる問題です。

LUNAの運営組織であるLFGは、USTのペグを維持するための資産として35億ドル相当のビットコインを保有していましたが、資産家たちの間で今回の騒動によって売却するのでは?という憶測が飛び交います。

その結果市場でビットコインを売却する流れが加速し、515万円から380万円ほどまで暴落することになりました。

テスラ社の売却

2022年7月20日に電気自動車大手であるテスラが保有する75%のビットコインを売却したと発表がありました。

その結果、ビットコインの価格は1.7%ほど下落し、23,000ドル台となりましたが、その後回復を見せています。

ファースト・リパブリック銀行の株価が暴落

2023年4月には、米地方銀行ファースト・リパブリック銀行の株価が暴落し、その翌月には破綻しました。

ビットコインはこのころ好調で、4月11日には3万ドルを突破しています。

2023年のはじめは、世界的なインフレとドル高に加えて、AI系企業への注目も集まっている状況です。

ビットコインバブル期のような大きな価格変動はないものの、FTX破綻以前の水準を回復させました。

今後に期待ができるビットコインの特徴

ビットコイン 今後

編集部

そもそも、ビットコインとは?と思う人のために、ビットコインの特徴を紹介します。

ビットコインのことは知っているよ!という人でも、今後も見通しを予測するためには、ビットコインの特徴を抑えておく必要があるため、おさらいしておきましょう。

個人間で送金できる仮想通貨

ビットコイン 今後

編集部

ビットコインは個人間で送金が簡単にできる仮想通貨です。

銀行などの金融機関を介せずに個人同士で通貨のやりとりができるため、送金スピードが早く、安価に送金できるというメリットがあります。

実用性が高い

ビットコイン 今後

ビットコインはブロックチェーンの技術を採用しており、第三者や外部からのデータ改ざんがほぼ不可能と言われています。

編集部

強固なセキュリティで資産が守られているため、安心して仮想通貨取引をすることができます。

取引量が多い

ビットコイン 今後

編集部

ビットコインは取引量が多いという特徴があります。

取引量が多いということは、買い手と売り手がたくさんいるため、自分の希望するレートで取引ができやすいと言えます。

値動きが激しい仮想通貨ですが、取引量が多いということもあり、トレードの機会が多い点が特徴です。

実際取引量が少ないと、自分が希望するレートで取引ができずにタイミングを逃してしまったり、妥協した価格レートで取引をせざるを得ないこともあるため、取引量が多いということは大きなメリットとなるでしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

発行上限があり価格が下がりにくい

ビットコイン 今後

ビットコインの発行総数は2,100万BTCと発行上限が決まっています。

編集部

希少性が高く、価値が下がりにくいです。

ビットコインを新規発行するためには、マイニングという承認作業が必要になりますが、このマイニング報酬は一定期間ごとの半分となるため、希少性が高くなりやすい特徴があります。

世界で最初に作られた仮想通貨

ビットコイン 今後

編集部

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトという人物がネット上で論文を公開したことがきっかけで作られた暗号資産です。

2009年にビットコインが運営され、イーサリアムやリップルなどよりも最初に作られました。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインに大きな影響を与えた出来事

ビットコイン 今後

編集部

2021年にビットコインに大きな影響を与えた出来事を振り返ってみましょう。
2021年〜2023年にビットコインに大きな影響を与えた出来事
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場

ビットコイン 今後

ビットコインは暗号資産市場における金融市場とは切り離された存在でしたが、2021年は暗号資産であるビットコインがついに金融市場の一部になりました。

編集部

海外の暗号資産取引所であるコインベースがナスダックに上場しました。

テスラ社がビットコインの購入を発表

ビットコイン 今後

2021年、テスラ社は「ビットコインでテスラを購入できるようになった」とTwitterに投稿され、ビットコインはドルや円などの法定通貨には換金しないとも書き込みをしました。

編集部

実際に2021年2月に15億ドルものビットコインを購入し、一時期前日をはるかに上回る水準で取引されました。

カナダでビットコインETFの承認を発表

ビットコイン 今後

北米で初めてとなる暗号資産(仮想通貨)ビットコインの上場投資信託(ETF)が18日、カナダのトロント証券取引所に上場しました。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事はインフレ圧力を低下させる取り組みが「最優先」だとし、利上げを着実に進める一方でバランスシートの縮小を来月にも開始する意向を表明した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事はインフレ圧力を低下させる取り組みが「最優先」だとし、利上げを着実に進める一方でバランスシートの縮小を来月にも開始する意向を表明した。
引用:「Bloomberg

編集部

カナダでビットコインETFの承認が始まったことから、ビットコインの相場が大きく変わりました。

中国でビットコインマイニングが禁止

ビットコイン 今後

編集部

2021年6月には、ビットコインのマイニングで世界のシェア率50%以上を占める中国では、マイニング禁止法が打ち出されました。

そのため、中国国内のマイニング業界は壊滅状態となっており、相場が大きく変動しました。

中国の当局者は、仮想通貨が経済の秩序を乱し、違法な資産取引や資金洗浄を後押しすると説明しています。

しかし、海外投資家の間で中国という巨大市場が混乱に見舞われるとの警戒感が広がり、ビットコイン価格が急落して一時は3万ドルを割り込み、4月に付けた過去最高値から半分以下の水準になりました。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

米国でビットコインの先物ETF取引が開始

ビットコイン 今後

2021年10月には、米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、暗号資産(仮想通貨)ビットコインの先物に連動した上場投資信託(ETF)の取引開始がされました。

編集部

この時の相場は一時期最高値の64,800ドル台まで上昇しました。[

まだ先物ETFだけで現物ETFについては承認されていませんが、今後も商品の多様化が期待されています。

DeFiとNFTの台頭

ビットコイン 今後

2021年は暗号資産を活用した新しい金融市場が誕生した年でもありました。

編集部

分散型金融であるDefiは仲介機関をなしに取引できる金融サービスです。

暗号資産の値上がり益だけでなく、年利数%以上の利息も得られるということもあり、2021年11月には一時1,000億ドルまでに拡大されました。

特に、DefiとNFTに関してイーサリアムを中心に基盤となるブロックチェーンとして機能する銘柄が大きく価値を伸ばし続けています。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

リスクオフ取引

ビットコイン 今後

投資家は、経済が減速し、インフレが加速し、金利が上昇する時代にうまく機能する資産に常に注目しています。

編集部

2022年は株式市場の低迷に伴い、ビットコインの価格は、株式市場と同様に下落しました。

ビットコインなどの仮想通貨は依然としてリスクの高い投機的資産として広く見られているため、この「リスクオフ」取引により、ビットコインは6月中旬に20,000ドルを下回りました。

現在、20,000ドルをわずかに上回って取引されていますが、現在の価格は、ビットコインが202111月の69,000ドル近くのピーク時に比べ、70%程度も下落しており、持続的な回復の兆候は見られません。

ビットコインのマイニングに伴う大量の電力使用や、中国による仮想通貨取引の禁止に対する懸念も、ビットコインの価値を下げるきっかけとなっています。

支払い手段としての採用増加

ビットコイン 今後

支払い手段としてビットコインを採用する企業が増えれば、その価値は安定する可能性があります。

編集部

すでにビットコインを受け入れている主要企業には、マイクロソフト、AT&T、スターバックス、PayPalAmazonなどがあります

また、コロラド州の住民はビットコインを使用して、州の個人税と事業税を支払うことができます。

LUNA/UST騒動

現在は価格を取り戻しているものの、2022年に入ってビットコインの価格は大暴落しました。

5月9日に価格変動リスクが低いとされていたアルゴリズム型のステーブルコインであるUSTが、1ドル=1USTの価格を維持できなくなる問題です。

LUNAの運営組織であるLFGは、USTのペグを維持するための資産として35億ドル相当のビットコインを保有していましたが、資産家たちの間で今回の騒動によって売却するのでは?という憶測が飛び交います。

その結果市場でビットコインを売却する流れが加速し、515万円から380万円ほどまで暴落することになりました。

テスラ社の売却

2022年7月20日に電気自動車大手であるテスラが保有する75%のビットコインを売却したと発表がありました。

その結果、ビットコインの価格は1.7%ほど下落し、23,000ドル台となりましたが、その後回復を見せています。

ファースト・リパブリック銀行の株価が暴落

2023年4月には、米地方銀行ファースト・リパブリック銀行の株価が暴落し、その翌月には破綻しました。

ビットコインはこのころ好調で、4月11日には3万ドルを突破しています。

2023年のはじめは、世界的なインフレとドル高に加えて、AI系企業への注目も集まっている状況です。

ビットコインバブル期のような大きな価格変動はないものの、FTX破綻以前の水準を回復させました。

ビットコインの今後に将来性はない?暴落する可能性

ビットコイン今後_暴落する可能性

ビットコインは法定通貨のように価値が決まっていないこともあるので、今後価値が上昇することもあれば、逆に暴落してしまうこともあります。

編集部

ビットコインの暴落によるリスクをできるだけ回避するためにも、ビットコインの暴落理由を把握しておく必要があります。

取引所によるハッキング

ビットコインを取引するためには、仮想通貨取引所を利用する必要があります。

この取引所がハッキングされてしまうと、資産が流失してしまう可能性があります。

実際に2014年に仮想通貨取引所の「マウントゴックス社」がハッキング被害を受け、約490億円以上のビットコインが流失した過去もあります。

これにより、当時1BTCが約8.5万円でしたが、約4万円まで一気に価値が暴落しました。

編集部

自分の資産を守るためにも、ハッキングリスクのない安全な取引所を選ぶことが大事です。

株式市場や為替市場の暴落

ビットコインは株式市場や為替市場の影響も受けます。

各国で金融資産の売りが強くなると、その結果株価と同様の動きを見せながら仮想通貨市場も下落します。

編集部

最近では、ウクライナ情勢や新型コロナウイルスなどが原因で株式市場や仮想通貨市場に大きなダメージを与えました。

ビットコインは株式と同様に金融資産にあたるため、株式市場の動向との相関性が非常に強くなっています。

アメリカによる金融引き締め対策

2022年9月に行われたアメリカによる金融引き締め対策では、実際に株式市場や仮想通貨市場に大きなダメージを与えました。

編集部

相関性が高くなると、株式市場同様に下落基調になってしまいます。

アメリカの金融引き締め対策は今後も維持する方向を示しており、一時的にビットコインの価値が下がってしまうリスクはあります。

ステーブルコインUSTの大暴落

編集部

2022年には、ステーブルコインUSTの大暴落によりビットコインを含む仮想通貨市場が大きく暴落しました。

この時、アメリカでは景気後退の警戒心が高まったこともあり、前日比約97%ほど価格が下がりました。

また、ステーブルコインUSTの大暴落は、株式市場やDeFi市場にも大きな不安を与え、大量売却により大暴落が起きてしまったのです。

ビットコイン取引におすすめの仮想通貨取引所

ビットコイン 今後-おすすめ取引所

編集部

ここからは、ビットコイン取引におけるおすすめの仮想通貨取引所について紹介します。

取引所 コインチェック DMM Bitcoin bitFlyer GMOコイン bitbank LINE ビットマックス BITPoint SBI VC トレード 楽天ウォレット マネックスビットコイン
ロゴ
特徴 初心者人気No1
シンプルで使いやすい
手数料も最安値級
国内最大手GPが母体
レバレッジ取引に特化
BTC取引高国内No1
精密なチャートが人気
取扱通貨数が
国内最多の21通貨

入出金手数料が無料
取り扱い銘柄が
22種類と業界最大級

UIが使いやすい
LINEアプリから
簡単取引

少額から取引可能
最短当日で取引可能
500円から始められる
豊富な取り扱い銘柄
取引スタイルを選べる
楽天ポイントが使える
楽天経済圏の人に
おすすめ

取引手数料無料
レバレッジ取引が可能
評価
(5.0)
(4.5)
(4.5)
(4.0)
(4.0)
(3.5)
(3.0)
(3.0)
(3.0)
(2.5)
レビュー数 93,110件 9,718件 111,074件 3,908件 24,266件 なし 204 241 5,708 33
公式サイト

coincheck(コインチェック)

ビットコイン 今後

参照:「coincheck

コインチェックは金融庁に登録されている「コインチェック株式会社」が運営している仮想通貨取引所です。

コインチェックはビットコインやアルトコインの取り扱い通貨数が国内最大級で、17種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

編集部

コインチェックの取り扱いツールは非常にシンプルなデザインとなっており、初心者でも簡単に操作ができ、誰でもすぐに慣れることができます。

さらに、ヘルプページも充実しているため、分からないことや困ったことがあれば、すぐに悩みや不安を解消することも可能です。

コインチェックを選んだのは、先に始めた友人がオススメしてきたからというのもありますし、国内最大級の取引所という触れ込みも初めての者からしたら安心感があったからです。いざ使ってみると、チャートも見やすいし総資産も一目でわかるし売買も簡単です。手数料が安くないと言われてますが、アプリ機能やチャット機能などその他の取引所よりは使いやすいので、現状は満足しています。
引用:「みん評」

最低取引額 約500円
レバレッジ取引
取引手数料 無料
送金手数料 無料
※変動制手数料
入金手数料 銀行振込:無料
コンビニ入金:770円~
クイック入金:770円~
出金手数料 407円
取り扱い通貨数 27(2023年10月時点)種類
ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) パレットトークン(PLT) サンド(SAND) ポルカドット(DOT) フィナンシェトークン(FNCT) チリーズ(CHZ) チェーンリンク(LINK) メイカー(MKR) ダイ(DAI) ポリゴン(MATIC) イミュータブル(IMX) エイプコイン(APE) アクシーインフィニティ(AXS) ラップドビットコイン(WBTC)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

ビットコイン 今後

参照:「DMM Bitcoin

DMMビットコインは「DMMグループ」が展開する国内代表的な仮想通貨取引所です。

DMMビットコインは数多くある暗号資産の中でも、最も時価総額が高いデジタル資産です。

編集部

入金手数料・出金手数料・送金手数料・取引手数料は無料となっており、多くの投資家から選ばれている取引所と言えるでしょう。
※BitMatch取引手数料を除く

特に、取引手数料は仮想通貨取引をする時に必ず発生するため、手数料が無料ということは、投資家からしても大きなメリットが得られることになります。

ホームページは分かりやすく、日本人なりの考え方と論理性で構成されているような気がします。手数料0円などのお得なキャンペーンがよく行われており、サービスが充実しているなと思います。苦情や相談に関しては電話できるので安心感もあります。ビットコインの様々なリスクや注意事項も分かりやすく、金融知識が浅い人にとっても安心して判断できそうです。
引用:「みん評」

最低取引額 0.0001BTC
レバレッジ取引 2倍
取引手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
取り扱い通貨数 現物(BitMatch注文を除く)23、レバレッジ(BitMatch注文を除く)33種類
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)ステラ・ルーメン(XLM)イーサリアムクラシック(ETC)オーエムジー(OMG)エンジンコイン(ENJ)ベーシックアテンショントークン(BAT)モナーコイン(MONA)トロン(TRX)ジパングコイン(ZPG)チリーズ(CHZ)アバランチ(AVAX)チェーンリンク(LINK)メイカー(MKR)ネム(NEM)クアンタム(QTUM)テゾス(XTZ)シンボル(XYM)カルダノ(ADA)ポルカドット(DOT)アイオーエスティー(IOST)ポリゴン(MATIC)アクシーインフィニティ(AXS)アルゴランド(ALGO)コスモス(ATOM)サンドボックス(SAND)ソラナ(SOL)ドージコイン(DOGE)ニッポンアイドルトークン(NIDT)フレア(FLR)

>>>DMM Bitcoinで口座開設する!<<<

DMMビットコイン

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

参照:「bitFlyer

ビットフライヤーは「株式会社bitFlyer」が運営する国内大手の仮想通貨取引所です。

編集部

ビットフライヤーはSMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタルなどの大手企業や3大メガバンクが出資していることもあり、信頼性が高い取引所です。

国内でも最も資本金が多い取引所として、世界でも2番目に大きい企業となっています。

また、ビットフライヤーはセキュリティ対策も充実しており、2段階認証や定期的なパスワード変更、SSLなどの高度なセキュリティ対策を取り入れているため、安心して利用できます。

もともと仮想通貨取引に興味があり、どの取引所がよいか検討を重ねていました。そこでネット検索してみると、ビットフライヤーが一番使い勝手がよさそうだったので、こちらで試してみることにしました。私は基本的にパソコンで利用しています。まだ初めて1ヶ月も経っていませんが、非常に使いやすいです。ビットコインをメインにやっていますが、これからどんどん使い込んでいきたいと思っています。とてもよい取引所だと思います。
引用:「みん評」

最低取引額 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
レバレッジ取引 2倍
取引手数料 販売所:無料※別途スプレッドあり
取引所:約定数量 ×0.01~0.15%
送金手数料 BTC:0.0004BTC
ETH:0.005ETH
XRP:無料
入金手数料 銀行振込:無料
住信SBIネット銀行:無料
住信SBIネット銀行以外:330円
出金手数料 220~770円
取り扱い通貨数 22種類
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)リスク(LSK)イーサリアムクラシック(ETC)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)メイカー(MKR)ポリゴン(MATIC)ジパングコイン(ZPG)フレア(FLR)シバイヌ(SHIB)パレットトークン(PLT)ザ・サンドボックス(SAND)
ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
ビットフライヤー

GMOコイン

ビットコイン 今後

参照:「GMOコイン

GMOコインは東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」が運営している取引所です。

GMOコインはGMOクリック証券で培われたコールドウォレット、マルチシグ、2段階認証などの多くのセキュリティ対策を導入しており、圧倒的に安全性が高いと言う特徴があります。

編集部

日本の大手企業である三井住友海上火災保険などとも提携しており、サイバー攻撃等にも対応しています。

メディアへの露出が多く、GMOコインという名前は知っていたため、申し込みました。とても使い勝手が良く、満足しています。購入・売却が大きなボタンをタッチで完了です。気をつけるのは、常に値動きしているので慎重な判断が必要かと思います。トレーダーの方には単純すぎて物足りないかもしれません。最も良い点が、楽天銀行であれば入金が無料なところです。一円でも無駄にしたくない投資なのに、振込手数料を支払うなんてもったいないです。
引用:「みん評」

最低取引額 販売所:0.00005BTC
取引所:0.0001BTC
レバレッジ取引 2倍
取引手数料 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%,Taker 0.05%
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
取り扱い通貨数 23種類
(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM,MONA,ADA,MKR,DAI,LINK,FCR,DOGE,SOL)

bitbank(ビットバンク)

ビットコイン 今後

参照:「bitbank

ビットバンクは「ビットバンク株式会社」が運営している仮想通貨取引所です。

一番の特徴は取引量の多さです。

編集部

売上の活発性に優れており、自分の注文が通りやすいという特徴があります。

そのため、初心者でも中上級者でもストレスなく取引ができ、自分の希望通りの取引ができるため利益を出しやすいです。

また、ビットバンクは定期的にキャンペーンを開催しており、手数料無料や入金だけで1万円もらえることもあるため、お得に取引ができる点も特徴と言えます。

スマホやパソコンから24時間使用できるので便利でした。アルトコインを安く取引できるのが魅力で使い始めたのですが、他の会社より手数料がかなり安くて良かったです。アルトコインの手数料はマイナスだったので、取引するごとにプチボーナスが貰えるようなものなので、アルトコインを使う人には絶対お勧めです。1円未満から取引できるのも嬉しいです。トレードの画像はシンプルだけど、知りたい情報はしっかりのっていて取引しやすかったです。セキュリティもしっかりしていて、安心して使用しています。
引用:「みん評」

最低取引額 販売所:0.00000001 BTC
取引所:0.0001 BTC
レバレッジ取引
取引手数料 無料
送金手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 550円~770円
取り扱い通貨数 24種類
(BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM,LINK,MKR,BOBA,ENJ,MATIC,DOT,DOGE,ASTR,ADA,AVAX,AXS,FLR,SAND)

ビットコインを今後購入すべきタイミング

ビットコイン今後_購入すべきタイミング

編集部

ここからは、ビットコインを購入すべきタイミングについて解説します。

ビットコインなどの仮想通貨は価格変動が激しいため、適切なタイミングを見はからって売買する必要があります。

価格が暴落している時

ビットコインに限ったことではないですが、仮想通貨市場が大きく暴落しているタイミングは、ビットコインを安く購入するチャンスです。

投資の基本は、「安く買って高く売る」です。

仮想通貨を購入するタイミングを間違えてしまうと、「高値掴み」となり大きなリターンを得ることが難しくなります。

しかし、仮想通貨市場が全体的に低迷している時であれが、将来価格が急騰した時に大きなリターンを得られる可能性が高くなります。

もちろん、将来的に100%価格が上がるわけではないので、一つのタイミングとして検討するようにしてください。

ビットコインに関するポジティブなニュースが出た時

ビットコインに関するポジティブなニュースが出た時も、ビットコインの買い時です。

短期的な売買で利益を得る場合、ビットコインに関するポジティブなニュースが発表されると、ビットコインの価格が上昇する可能性が高いです。なるべく早く情報を入手すれば、さらなる上昇トレンドを掴むこともできます。

ポジティブなニュースが出ても、ビットコインは他の仮想通貨と比べて価格が安定しているため、すぐに価格が戻ってしまいますが、短期的な売買であれば十分に利益を狙えるでしょう。

編集部

そのためには、最新のニュースのこまめにチェックする必要があります。

ビットコインは”今”が買い時

ビットコインは常に価格が動いているため、いつ買うにしても”買い時”を見極める必要があります。

ですが、いきなり最適なタイミングでビットコインを売買することは難しいです。

編集部

投資で1億円以上稼いでいる人でも、売買のタイミングを間違えて損失を抱えてしまうこともあります。

ビットコインを含む仮想通貨や株式、金などの金融資産は、今後その価値が上がるか下がるかを明言することはできません。

もしかすると今の価格が一番安く購入できるタイミングかもしれません。

ビットコインは仮想通貨の中でも最も需要があり、将来的にかなり価格が上がることが期待されています。

そのため、今ビットコインを購入しておけば、将来的に価格が上がる可能性は十分にあります。

いつまでも悩んで買わないよりかは、今買ってしまって今後の価格動向を分析する方が賢明でしょう。

WILLCRYPTO注目の最新ニュース【2024年2月】

ビットコイン今後_最新ニュース

ビットコインはブラックロック分のETF承認の誤報により、30,000ドルに到達後、28,000ドル前半に下がりますが、半ばでもみ合いになります。

フィデリティのETF申請再提出を受け一時29,000ドル台に迫る勢いを見せますが、バイデン大統領のイスラエル訪問でも中東情勢は好転しません。

逆に、イランがイスラム国家にイスラエルの原油禁輸を呼び掛け、米国は国連の停戦案に拒否権を発動するなど事態が悪化。

世界情勢の不安からビットコインは28,000ドル台に値を下げました。

しかし、SECの控訴断念、グレースケールがBTC現物ETFを再申請するなど、ビットコインにとって良いニュースもあったことから、28,000ドル後半に上昇。

米財務省が暗号資産をマネーロンダリング懸念がある制裁対象に認定したこともあり、ビットコインはは28,000ドル半ばまで下がりますが、上昇気配も感じさせています。
参考:cointelegraph

ビットコインの今後に関するよくある質問

ビットコイン今後_よくある質問

最後に、ビットコインの今後に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

編集部

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

ビットコインはいつ購入すればいい?

ビットコイン 今後

編集部

ビットコインはいつ買えばいいですか?[

ビットコインは価格上昇に期待ができる時に購入すると良いでしょう。

専門家の発言やニュースなどが発表された時は、価格が上昇することに期待ができます。

ビットコインの取引は安全?

ビットコイン 今後

編集部

ビットコインの取引は安全ですか?

取引自体は安全です。

ただし、必ず利益が得られるというわけではないため、しっかりと知識を得た状態で取引を始めることをおすすめします。

専門家が予測していることは信頼できますか?

ビットコイン 今後

編集部

専門家の予測は信頼できますか?

専門家が予測することはあくまでも予測のため、100%信頼できるわけではありません。

専門家の予測とは逆になることもあるため、参考程度に分析するのはアリです。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインの今後・将来性まとめ

ビットコイン今後_まとめ

今回はビットコインの今後の見通しや、ビットコインを購入すべきタイミング、コイン後ビットコインを購入する時に最適な取引所などについて詳しく紹介してきました。

専門家はプロの投資家の間では、ビットコインの価格は今後も上昇すると言われています。

2024年2月現在は、大きな価格暴落もありましたが、350~450万円台を推移しており、価格が回復しています。

2024年には半減期を控えており、その時期はめまぐるしく価格が変化する可能性が高いです。

ビットコインの今後がどうなるかは誰にも予測できません。

今からでも全然遅くないので、まずはビットコインを少額から購入してみて、経験値を積むことが大事です。

ビットコインの取引を始める時には、取引所で口座開設をする必要があるため、まずは口座開設から始めてみてください。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

⬇︎こんな記事もおすすめ

ビットコイン・仮想通貨の始め方【かんたん】初心者でも儲けるコツや買い方を解説

消費者庁、金融庁、警察庁、政府からの注意喚起

「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

暗号資産取引に関して特に注意すべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です