株式会社ウィルズ運営   シンボル(XYM)の今後はどうなる?見通しや高騰のタイミングなどを徹底調査 - WILL CRYPTO
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

シンボル(XYM)の今後はどうなる?見通しや高騰のタイミングなどを徹底調査

シンボル(XYM) は今後価格が上昇する?

シンボル(XYM) の今後はどうなる?

といった悩みを抱えている人も多いでしょう。

シンボル(XYM)は企業とブロックチェーンを結びつける新しいブロックチェーンのプラットフォームとして、注目されている仮想通貨の一つです。

最近では、シンボル(XYM)上のブロックチェーンでNFTを発行できる「NFT-Drive」を用いたNFTが展開するなど、今後伸びる仮想通貨としてプロの投資家達が目を光らせています。

そこで、今回はシンボル(XYM)の今後の見通しや高騰のタイミング、シンボル(XYM)の取引におすすめの取引所などについて詳しく紹介していきます。

シンボル(XYM)の現在の価格はこちら

シンボル(XYM) 今後をまとめると
  • シンボル(XYM)は2021円3月15日に生まれた新しい仮想通貨
  • 他の仮想通貨と同様に下落相場が続いている
  • 今後の値上がりに期待できるため保有しておくメリットは十分にある
  • シンボル(XYM)を保有している人の多くは短期保有ではなく長期保有している人が多い
  • シンボル(XYM)の取引におすすめの取引所はコインチェック
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック
当記事の監修者
ファイナンシャルプランニング技能士 國弘泰治さん
大学院修了後、大手流通企業に就職するも3か月で退職をし、実家の山口県の酒造会社で店長として勤め、その後福岡県の投資用不動産企業へ転職。 退社後はフリーターをしながらFPの資格を取得し2017年10月にFPオフィスALIVEを開業。 2021年3月からFPオフィスALIVEからMBA・FPオフィスALIVEへと事務所名を変更し現在に至る。 得意分野は不動産投資と海外投資、相続・事業承継など <保有資格>2級ファイナンシャルプランニング技能士,AFP,MBA(経営学修士),スカラシップアドバイザー(日本学生支援機構)

國弘泰治さん公式ホームページ

こんな記事もおすすめ!

仮想通貨取引所おすすめ6選!選ぶ際のチェックポイントや注意点も解説!

イーサリアムの今後の見通しは?これまでの価格変動の流れから今後を徹底予測!

シンボル(XYM)ののリアルタイムチャート


しばらくシンボル(XYM)は、安値圏での推移が続いています。

今後シンボルの価格が上昇したタイミングで大きな利益を得るためにも、今が買い時だと言えるでしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

シンボル(XYM)とは

シンボル_XYM_購入方法

通貨記号 XYM
提唱者 NEM Group Ltd.
発行日 2021年3月17日
最大発行量 89億9999万9999枚
公式サイト https://symbolplatform.com/
ホワイトペーパー https://docs.symbolplatform.com/symbol-technicalref/main.pdf
公式Twitter https://twitter.com/nemofficial

シンボル(XYM)とは、仮想通貨ネム(XEM)をアップグレードしているブロックチェーン、ネイティブスピーカートークンを指します。

そのため、基本的にはネム(XEM)の良い特徴を引き継いでセキュリティ面が大幅に改善されるという特徴があります。

ネム(XEM)は個人向けの銘柄に対して、シンボル(XYM)は法人向けの銘柄と言われることもあります。

シンボル(XYM)の開発はNEM Group Ltd.が行っており、2021年の3月に最初のブロックが生成されました。

また、シンボル(XYM)のブロックチェーン上で流通するトークンを「XYM」といい、時価総額ランキングは2024年2月現在250位前後です。

シンボル(XYM)はDeFi(分散型金融システム)での活用も期待されており、「Fantom Foundation」とのパートナーシップが締結されたことでも注目されている仮想通貨です。

シンボル(XYM)はさまざまな分野の企業やプロジェクトとの連携を進めており、今後も新たなイノベーションの創出に期待されています。

シンボル(XYM)の特徴

シンボル 今後-特徴

ここからは、シンボル(XYM)の主な特徴を紹介していきます。

シンボル(XYM)へ投資をするなら、まずはシンボル(XYM)の特徴を理解しておく必要があります。

他の仮想通貨とは異なる特徴を持つシンボル(XYM)の魅力についてしっかり確認しておきましょう。

シンボル(XYM)の特徴:ハイブリッドチェーン

シンボル(XYM)はパブリックチェーンとプライベートチェーンの2つの機能を提供するハイブリッドチェーンが最大の特徴です。

パブリックチェーンとプライベートチェーンとは

パブリックチェーンとは、誰でも自由にネットワーク参加が可能な公共性の高いブロックチェーンです。

プライベートチェーンとは、ネットワーク参加に初認が必要なブロックチェーンです。

シンボル(XYM)はハイブリッドチェーンで他のブロックチェーンとの相互運用もでき、イーサリアムやビットコインなどの基盤ネットワークとの連携も得意です。

ビットコインやイーサリアム基盤のネットワークとの連携も可能で、開発がコミュニティ主体になっているのも特徴の一つです。

パブリックチェーンでは分散型ネットワークとして、単一組織に依存することなく価値交換を行えるエコシステムを構築できます。

シンボル(XYM)の特徴:アグリゲートトランザクション

シンボル(XYM)は複数のトランザクション(取引)を一つにまとめて処理することができ、破棄可能なスマートコントラクトを生成することで実現されている仮想通貨です。

第三者の手を介すことなくトランザクション処理できるプログラムということもあり、現在注目されています。

アグリゲートトランザクションは、複数のトランザクションを一つにまとめて、トラストレスな交換や高度なロジックを可能にします。

簡単に説明すると、複数の一連の処理や取引を1つにまとめることができ、しかも第三者の介入なしで複数の高度なロジックを実現できるということです。

シンボル(XYM)の特徴:マルチシグを標準導入

シンボル(XYM)はマルチシグを標準導入している特徴があります。

マルチシグとは

マルチシグとは、インターネット上におけるセキュリティ技術のひとつです。

このマルチシグを活用することで送金する際のセキュリティ面を格段に向上させることが実現できています。

シンボル上のXYMを取引するには、複数回の署名を行う必要があり、従来のセキュリティ技術よりもセキュリティ面が格段に向上しています。

このマルチシグは建設業の工程管理にも採用されており、多くの企業からセキュリティ面の高さが評価されているのです。

他の仮想通貨でもマルチシグが導入されているところもありますが、シンボル(XYM)には標準導入されているのは魅力の一つです。

シンボル(XYM)の特徴:新機能をテストできる

シンボル(XYM)を使えば企業で新機能や開発などのテストをする際に活用できます。

プライベートチェーンを活用すれば独自のトランザクションとの特定のトランザクションを管理することができ、デジタルウォレットを使用すれば顧客と対面で取引が行えるサービスを開発することもできます。

また、従来のブロックチェーンで混雑してしまった場合はこれまで取引に最適な時期を予測することは難しかったです。

ですが、シンボル(XYM)のハイブリッドシステムを使用することでパブリックチェーンを使用して取引を完了することができるため、よりスムーズでシンプルなプロセスを提供できるようになります。

シンボル(XYM)の特徴:マイニングによる承認作業で報酬が得られる

シンボル(XYM)はマイニングによる承認作業で報酬が得られるという特徴もあります。

シンボル(XYM)を金利として受け取ることができる点に注目している投資家たちも多く、今後にも期待ができることでしょう。

シンボル(XYM)の今後の見通し

シンボル 今後2-見通し

続いて、シンボル(XYM)の今後の見通しについて詳しく紹介していきます。

これからシンボル(XYM)への投資を検討している人や、今後の売買タイミングを予想したい人にとっては、今後の見通しが良いか悪いかは非常に重要です。

編集部

今後シンボル(XYM)の価格上昇に備えるためにも、今後の見通しについて分析しておきましょう。

シンボル(XYM)の今後:DeFi市場への参入

シンボル(XYM)の今後の見通しに期待できる要因の一つに、DeFi市場への参入が考えられます。

今後DeFi市場へ参入する可能性は高いです。

DeFiとは

DeFi(Decentralized Finance)とは、日本語で分散型金融と呼ばれるブロックチェーン上に構築された金融サービスです。

中央集権的な管理者を必要せず、イーサリアムチェーンなどを中心にさまざまなブロックチェーン上で展開されています。

ユーザー同士が直接取引を行うことができるので、仮想通貨市場との相性も良いです。

シンボル(XYM)がDeFi市場に参入すれば大きな需要が生まれる可能性が高いため、今よりも価格が大きく変動する可能性が高まることが予測できます。

ですが、2024年2月現在DeFi市場への参入が確定しているわけではないので、今後の動向を常に把握しておくことが大事です。

「Fantom Foundation」ではDeFi市場に関する情報が更新されているので、定期的に確認しておきましょう。

シンボル(XYM)の今後:NFT市場への参入

シンボル(XYM)はNFT市場への参入にも期待ができる通貨として注目されています。

近年NFTやメタバースという言葉をよく耳にすることが多くなりましたが、これらの市場と仮想通貨は関連性も高くなっています。

NFYは非代替性トークンのことを指し、唯一性を保証しているデータです。

このNFT市場ではシンボル(XYM)を使ってNFTを購入することができます。

実際にXYMでNFTを購入できるマーケットもあり、今後もNFT市場がさらに発展していくと予想されています。

編集部

仮想通貨自体が注目されている対象ですが、さらにNFT市場にも参入となると、今後も期待ができる投資対象として注目されていくことでしょう。

シンボル(XYM)の今後:大手取引所への上場

シンボル(XYM)は大手取引所である「Bithumb」へ新規銘柄として上場しました。

日本の一部の取引所でも取り扱っていますが、シンボル(XYM)は世界的にもメジャーな仮想通貨として認知度が向上しています。

今後ビットコインやイーサリアムのようにたくさんの取引所で取引できるようになれば、これまで以上の価格変動に期待ができます。

実際に、シンボル(XYM)は2021年10月に国内大手のGMOコインに上場し、翌月の11月には海外大手の「Bybit」にも上場しています。

他にも、DMM Bitcoinなどの大手取引所への上場も発表されており、今後さらに上場する取引所が増えれば需要も増えるので、価格上昇に期待できると言えるでしょう。

シンボル(XYM)の今後:ワールドカップのホテル建設に採用

シンボル(XYM)はカタールで開催されるワールドカップのホテル建設にも採用されています。

これがきっかけでシンボル(XYM)に注目し始めた人も多いでしょう。

シンボル(XYM)は処理速度が速いのが特徴で、FIFAワールドカップのホテル建設の工程管理に採用されました。

ホテル建設の情報を管理するプラットフォームとして使われ、これが発表された時には大きな話題となりました。

シンボル(XYM)はセキュリティ面が非常に評価されているブロックチェーンであるからこそ、今後の他のプロジェクトでもシンボル(XYM)が使われることは十分に考えられるでしょう。

ブロックチェーンのみならずAIも用いた大型プロジェクトとなっており、このプロジェクトが成功すれば世界的にも今後多くの建設業界で注目されていくと予測できます。

シンボル(XYM)の今後:決済手段としての採用

ビットコインなどの仮想通貨は近年さまざまな決済手段として活用されています。

日本でもビックカメラやコジマ、HISなどでビットコイン決済をすることができ、シンボル(XYM)も同様に決済手段として活用されたり、ブロックチェーンがさまざまな場所で活用されることにより、値上がりに期待ができます。

日本国内ではまだまだ仮想通貨が普及されていませんが、国内でXYM決済を導入する店舗が増えていることは事実なので、今後の普及にも期待できると言えるでしょう。

Symbolチェーンを使ったサービスでの手数料支払いや代金支払いに使うこともでき、ハーベスティングではXYMを売却して利益を得ることも可能です。

また、シンボル(XYM)は企業・公的機関の様々なニーズに答えることができ、海外ではシンボルブロックチェーンを利用することで、改ざん不能で常に効率化が図れる建設工程管理システムを実装しているところもあります。

シンボル(XYM)の今後:投資家たちの反応

シンボル(XYM)の今後の動向を予測するためには、投資家達の反応も確認することが大切です。

特に、シンボル(XYM)に関する知識が薄い場合は、SNS上で情報を集めながら分析しましょう。

ここでは、シンボル(XYM)に投資している人のシンボル(XYM)に関する感想について紹介しますので、参考にしてください。

シンボル(XYM)に投資している人のSNSの投稿を確認したところ、今後の動向に期待して投資している人が多いようです。

また、基本的に短期での取引ではなく、価格が上昇することに期待して長期保有する人も多い印象です。

さらに、国内でもシンボル決済が進んでおり、今後も注目されていくと予測できます。

実際に参議院財政金融委員会では、みんなの党浜田聡氏がシンボル(XYM)のブロックチェーンを使ってウォレットを作っていることを発言し、トークンを発行する予定をしていることを発表しました。

これにより、SNS上では多くの反応があり、今後に期待できるといった声が上がっています。

参照:https://youtu.be/O8dimy9g34E

シンボルは手数料が安いbitFlyerで取引するのがおすすめです。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

シンボル(XYM)の現在の価格とこれまでの価格動向

シンボル_XYM_購入方法

ここからは、シンボル(XYM)の現在の価格とこれまでの価格動向について紹介していきます。

2024年2月現在のシンボル(XYM)の価格は次のようになります。

出典:CoinMarketCap

2024年2月に入って上昇トレンドの兆しを見せていましたが、徐々に上昇傾向も収まりつつあります。

直近1ヶ月の推移を見てみると、以下のようになります。

出典:CoinMarketCap

2023年1月には価格が一時約7円程度まで伸びましたが、その後は緩やかに減少。

2022年末の約3円台から変動を続け、2023年は3円付近を底値に推移していました。

ただ、シンボル(XYM)はビットコインの相場状況に左右されやすいこともあり、シンボル(XYM)の価格はビットコインの価格推移に平行して20円あたりまで高騰する可能性を秘めている通貨です。

2021年11月には51円台まで価格が伸びていることは事実なので、逆に今が買い時だと感じ、シンボル(XYM)を買い増ししている人も多いです。

特に2024年2月ではビットコインが上昇基調にあるので、シンボル(XYM)市場に期待して参入する人は増加するでしょう。

シンボル(XYM)過去にあった価格変動要因

2022年に入ってからのシンボル(XYM)の価格が動いた要因をまとめましたので、参考にしてください。

2022年1月11日 仮想通貨取引所フォビジャパン、シンボル(XYM)上場へ
2022年1月27日 テックビューロ、新「COMSA」ローンチを発表
2022年1月29日 米Valkyrie、ネム・シンボルプロトコルの800億円相当の財務を監督へ
2022年2月13日 nem・Symbol待望の大型アップデート 専門家がハーロック・キプロスの重要性を解説
2022年2月14日 コインチェック、16日に対象者へ暗号資産シンボル(XYM)付与
2022年2月18日 仮想通貨取引所GMOコイン、シンボル(XYM)のステーキング開始へ
2022年3月10日 DMMビットコインでシンボル(XYM)上場
2022年3月23日 bitFlyerにシンボル(XYM)上場
2022年3月27日 JVCEAの仮想通貨上場審査の効率化に注目が集まり、イーサリアムのヴィタリック氏がTIME誌の表紙に掲載
2022年4月26日 Symbol(シンボル)をテーマとした漫画「じむコミ XYMcomic」、連載開始

参照:COINPOST

2023年時点では価格が低迷することもありましたが、これはシンボル(XYM)だけに限らず、仮想通貨市場全体に言えることです。

仮想通貨市場全体が盛り上がれば、シンボル(XYM)も価格上昇する可能性が高いです。

シンボル(XYM)は、上場後の2021年3月後半に最高値である約75円を記録。

その後は価格が上がることはありませんでしたが、2023年11月以降は上昇トレンドを見せています。

シンボル(XYM)のこれまでの価格推移

シンボル(XYM)は2021年の3月下旬に1ドル付近まで価格が高騰し、その時の価格が過去最高値となっています。

発行してからすぐということもあり特に大きなニュースが発表されることもなく、上昇理由も他の仮想通貨の上昇に追随する形で上昇したと考えられています。

シンボル(XYM)は基本的に単独のニュースで下落することは今のところなく、下落する時は仮想通貨市場が全体的に下落相場になっている時が多いようです。

新型コロナウイルスや中国の仮想通貨の規制などが起こると仮想通貨全体が大きく下落して、シンボル(XYM)も同様に下落相場となっています。

2021年の10月には、国内の取引所の一つであるGMOコインに上場することが発表され、一時的に価格が上昇しました。

また、同時期には海外の大手取引所であるBybitに上場することも発表され、価格が上昇しました。

2023年のシンボル(XYM)は激しい変動を見せることがありましたが、2024年は価格が上昇していくと予想している投資家もします。

編集部

つまり、2024年以降シンボル(XYM)の価格が上がるのならば、価格が下がっている今のうちに買い増ししておくという見解もあると思います。

次にいつ上昇トレンドがくるかわからないので、チャンスでしっかりと利益が得られるように、シンボル(XYM)を購入できる取引所の口座開設くらいは済ませておくのが良いでしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

シンボル(XYM)が取引できるおすすめの仮想通貨取引所5選

シンボル 今後-おすすめ取引所

ここからは、シンボル(XYM)取引におすすめの仮想通貨取引所を紹介します。

上昇トレンドを逃さずに、適切なタイミングで売買するには、まずは取引所で口座開設をして、いつでも取引できる状態にしておくことが大事です。

編集部

ここで紹介する取引所はどれも、国内大手取引所なので、安心して利用してください。

シンボル(XYM)におすすめ取引所:Coincheck(コインチェック)

シンボル_XYM_購入方法

出典:Coincheck

コインチェックは2024年2月、27(2023年10月時点)種類の暗号資産を取り扱っており、ユニークな暗号資産への投資もできる取引所です。

コインチェックの一番の魅力はすっきりとした使いやすいデザインの取引ツールです。

操作性の優れたインターフェースを備えており、暗号資産取引所初心者の人にも使いやすくなっています。

また、取引所の手数料は無料で、何度取引をしても一切手数料がかからないため、頻繁に仮想通貨取引をしたい人にもおすすめです。

親会社は東証プライム市場上場企業のマネックスグループが運営しており、セキュリティ強化により暗号資産交換業者の登録を完了し、信頼性のある取引所です。

さらに、コインチェックではシンボル(XYM)の貸暗号資産サービスを2022年2月16日にスタートさせ、保有しているシンボル(XYM)を貸し出すだけで利益が得られます。

リスクが少なく、確実に増やしたいのであれば、貸暗号資産サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

取引手数料 無料
レバレッジ取引
最低取引額 500円相当
取扱通貨 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) パレットトークン(PLT) サンド(SAND) ポルカドット(DOT) フィナンシェトークン(FNCT) チリーズ(CHZ) チェーンリンク(LINK) メイカー(MKR) ダイ(DAI) ポリゴン(MATIC) イミュータブル(IMX) エイプコイン(APE) アクシーインフィニティ(AXS) ラップドビットコイン(WBTC)
キャンペーン 1)家族友だち紹介キャンペーン
2)夏のつみたてキャンペーン
3)Coincheckでんき・Coincheckガス ウェルカムキャンペーン

※掲載情報は2023年11月1日に公式サイトで確認した内容です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

DMM Bitcoin

シンボル_XYM_購入方法出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジ取引の取扱通貨数が国内でNo.1※1
  • 取引が可能になるまで、最短1時間
  • 入出金手数料、および取引手数料は無料※2
1※2024年2月時点、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
2※BitMatch取引手数料を除く

DMM Bitcoinの最大の特徴は、なんといってもレバレッジ取引が可能な点にあります。

またDMM Bitcoinは、入出金にかかる手数料が無料なのも大きなポイントといえます。

加えてDMM Bitcoinでは、多くの人がクイック入金を無料で利用できます
提携の金融機関は1,000社を超えているためです。

口座への入金は手数料の安さから銀行入金やコンビニ入金を利用するのが一般的で、反映までのタイムラグも気になります。

その点クイック入金なら、特定の場所に足を運ぶ必要もなく、料金の反映にもタイムラグもありません。
そんなクイック入金が無料なのは、時間軸で考えて大きなメリットとなるでしょう。

DMM Bitcoinで仮想通貨の現物取引の感覚を掴んだら、十分な注意を払い、レバレッジ取引にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 現物(BitMatch注文を除く)23、レバレッジ(BitMatch注文を除く)33通貨(うち、レバレッジ取引のみの取扱いが4通貨)
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

>>>DMM Bitcoinで口座開設する!<<<

DMMビットコイン

シンボル(XYM)におすすめ取引所:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

出典:bitFlyer

ビットフライヤーはビットコイン取引量6年連続No.1の実績を持つ国内大手の取引所です。

日本の大手企業や三大メガバンクもビットフライヤーに投資していることから、信頼性が高い取引所と言えます。

シンボル(XYM)以外にも22種類の銘柄を取り扱っており、投資先の選択肢が多い点も魅力です。

また、ビットフライヤーは世界トップクラスのセキュリティ対策を講じており、預けた資産は安全な場所で管理されるため、安心して取引に集中することもできます。

ビットフライヤーは100円でも購入できるので、「まずは少額から買ってみたい!」という人にもおすすめの取引所です。

取引手数料 販売所:無料※別途スプレッドあり
取引所:約定数量 ×0.01~0.15%
レバレッジ取引 2倍
最低取引額 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
取扱通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)リスク(LSK)イーサリアムクラシック(ETC)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)メイカー(MKR)ポリゴン(MATIC)ジパングコイン(ZPG)フレア(FLR)シバイヌ(SHIB)パレットトークン(PLT)ザ・サンドボックス(SAND)
キャンペーン なし

※2023/11/01時点

ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
ビットフライヤー

シンボル(XYM)におすすめ取引所:GMOコイン

シンボル_XYM_購入方法

出典:GMOコイン

GMOコインは2年連続オリコン顧客満足度No.1の実績を持つ取引所です。

最短10分で口座開設ができ、すぐにシンボル(XYM)をはじめとする全ての暗号資産取引ができます。

また、口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入・送付などの各種手数料は無料となり、無駄なコストをかけることなく取引ができます。

取引所のみの購入・売却となりますが、シンボルやXYMに興味がある方は、お取引を検討してみてはいかがでしょうか。

初めての利用でも自動購入ができ、500円から積立できるサービスもあるため、気軽な気持ちで仮想通貨投資を始めることも可能です。

取引手数料 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%,Taker 0.05%
レバレッジ取引 2倍
最低取引額 販売所:0.00005BTC
取引所:0.0001BTC
取扱通貨 BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM,MONA,ADA,MKR,DAI,LINK,FCR
キャンペーン 1)【取扱開始記念】新規3銘柄の購入で現金最大10万円が当たる!
2)暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる
3)暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる
4)「選べる外貨」の新規取引数量に応じて最大5,000円キャッシュバック!

※掲載情報は2023年月1日に公式サイトで確認した内容です。

シンボル(XYM)におすすめ取引所:bitbank(ビットバンク)

シンボル_XYM_購入方法

出典:bitbank

ビットバンクは初心者から中上級者まで本格的なトレードができる仮想通貨取引所です。

スマホでも快適にトレードすることができ、24時間365日チャートが更新されるため、テクニカル分析や本格的な相場分析にも最適なツールで取引ができます。

オフラインのコールドウォレットやマルチシグでハッキング対策も万全となっており、第三者機関から高い評価を得ています。

ビットバンクは2021年取引高世界1位を達成し、多くの方に支持されています。

取引手数料 販売所:無料(一部銘柄を除く)
取引所:Maker -0.02%,Taker 0.12%
レバレッジ取引
最低取引額 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
取扱通貨 BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM,LINK,MKR,BOBA,ENJ
キャンペーン
  • 1)ビットバンク毎日チャレンジ
  • 2)はじめてのご入金プログラム

※2023/11/01時点

シンボル(XYM)におすすめ取引所:Huobi Japan(フォビジャパン)

シンボル_XYM_購入方法

出典:Huobi Japan

フォビジャパンは世界170ヵ国、数千万人のユーザーが利用している取引所です。

世界最高水準のセキュリティレベルで資産を安全に管理しているため安心して取引を進めることができます。

また、WebSocket規格のAPIを提供しており、豊富な機能、ミリ秒対応の高いレスポンス性能とスループットで自動売買に最適な取引所でもあります。

フォビジャパンへの上場は日本初で、2021年5月17日より初めて取引が開始されました。

取引手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
最低取引額 0.0001BTC
取扱通貨 BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLTなど
キャンペーン

※2023/11/01時点

シンボル(XYM)の購入方法

シンボル_XYM_購入方法

ここからは、シンボル(XYM)の購入方法について解説していきます。

例として、bitFlyerでシンボル(XYM)を購入する場合の手順を紹介します。

シンボル(XYM)の購入方法
  1. メールアドレスの登録
  2. 必要事項の記入
  3. 本人確認
  4. 入金
  5. シンボル(XYM)を購入

シンボル(XYM)購入のステップ1.|メールアドレスの登録

bitFlyerに限らず、シンボル(XYM)などの仮想通貨を購入する場合は、仮想通貨取引所で口座開設を済ませる必要があります。

bitFlyerでは、まずはメールアドレスの登録から始めます。

自分のメールアドレスを入力して、届いたメールに添付されているURLを開いてください。

シンボル(XYM)購入のステップ2.|必要事項の記入

URLを開くと、口座開設の専用フォーム画面が表示されます。

ここでは、氏名や住所、職業、投資目的などの必要事項を全て入力してください。

間違って登録してしまうと、口座開設ができなくなってしまうので、間違いがないかを必ず確認してください。

シンボル(XYM)購入のステップ3.|本人確認

次に、本人確認です。

本人確認書類を用意して、本人確認をもとに口座を開設します。

本人確認で使える主な書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 在留カード

また、同時にクイック本人確認を使う場合は、スマホカメラを使って顔写真の撮影を行います。

スマホをお持ちでない方は「対面での本人確認」を利用してください。

シンボル(XYM)購入のステップ4.|入金

口座開設が完了したら、次にシンボル(XYM)を購入するための資金を口座へ入金します。

bitFlyerでは、「銀行振込」「インターネットバンキング」「コンビニ」の3つの入金方法を用意しています。

それぞれの入金方法によっても口座に反映されるタイミングや手数料が異なるので、事前に確認しておきましょう。

シンボル(XYM)購入のステップ5.|シンボル(XYM)を購入

bitFlyerでは販売所のみでシンボル(XYM)の購入・売却が可能です。

シンボル(XYM)を購入する時は販売所を選択して、XYM(XYM/JPY)をタップしましょう。

その後、取引画面で「買う」を選択し、購入数量を指定すればシンボル(XYM)を購入できます。

他の取引所での口座開設から購入までの流れは若干異なることがありますが、基本的にはどの取引所でも上記のような流れで購入できます。

シンボル(XYM)が利用されたサービス例

シンボル_XYM_購入方法

ここでは、実際にシンボル(XYM)が利用されたサービスを3つ紹介します。

シンボル(XYM)の今後の将来性を分析するためにも、一つの参考にしてください。

シンボル(XYM)が利用されたサービス例

NFTマーケットプレイス

シンボル(XYM)は「NEMBER ART」というマーケットプライスでNFTアートを購入できます。

Openseaなどと比べるとまだまだ小さいマーケットですが、興味があるならシンボル(XYM)でNFTアートを購入してみてはいかがでしょうか。

ワールドカップのホテル建設

シンボル(XYM)は2022年に開催されたFIFAワールドカップの一部のホテル建設のプラットフォームで用いられました。

FIFAワールドカップは世界中でも大きなイベントということもあり、シンボル(XYM)が用いられることが公開された後は、大きな話題となりました。

FIFAワールドカップは世界的に注目される大イベントなので、今後もさまざまなプラットフォームとして活用されることになれば、価格高騰に期待できます。

DeFi

シンボル(XYM)は今後DeFi市場に参入する可能性がある銘柄の一つです。

2021年にはDeFiの開発を行っている団体(Fantom Foundation)とパートナーシップを結び、話題となりました。

この締結により、今後ますますDeFi市場に参入する可能性が高くなっています。

シンボル(XYM) 今後に関するよくある質問

シンボル_XYM_購入方法

最後に、シンボル(XYM) 今後に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

編集部

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

シンボル(XYM)の将来性はどう?

シンボル(XYM)は市場セグメントや投資家達の反応などは全て影響します。

そのため、今後投資家達が増加するような活動や開発計画が進めば、将来性が明るいものになると予測できます。

確実なことは言えませんが、実際にカタールワールドカップにも採用されるほどのため、今後の動向には大きな期待ができる仮想通貨であることは間違いないでしょう。

シンボル(XYM)とネム(XEM)はどう違うの?

シンボル(XYM)はネム(XEM)を大きくアップグレードさせたブロックチェーンです。

そのため、トランザクションの処理速度やセキュリティ面が充実しているかが大きな違いと言えるでしょう。

シンボル(XYM)は上がる?下がる?

多くの予測サイトや投資家達の反応を見ると、長期的に価格が上昇すると予測されています。

結論、価格が上がるか下がるかは誰にも明確にわかりませんので、常に情報を収集しながら分析していくことが大切です。

シンボル(XYM)では何ができますか?

シンボル(XYM)ではSymbolチェーンを使ったサービスでの支払いに活用できます。

また、ハーベストでシンボル(XYM)を獲得し、売却益を得ることも可能です。

国内の取引所ではどこで取引できますか?

国内の取引所では次のような取引所で取引できます

  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンク)
  • Huobi Japan(フォビジャパン)
  • Zaif(ザイフ)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

シンボル(XYM) 今後のまとめ

シンボル_XYM_購入方法

今回はシンボル(XYM)の今後の見通しや高騰のタイミング、シンボル(XYM)の取引におすすめの取引所などについて詳しく紹介してきました。

シンボル(XYM)は近年、取引所に上場することが増えており、他の取引所でも上場すればこれまで以上の値上がりに期待ができるでしょう。

また、カタールで開催されたワールドカップにもシンボル(XYM)が使われていることもあり、さまざまな企業が注目していることは事実です。

これからシンボル(XYM)の取引を始めようと考えている人は、まずは市場を分析したうえで、取引のタイミングを逃さないように今のうちにシンボル(XYM)の取引が出来る口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

消費者庁、金融庁、警察庁、政府からの注意喚起

「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

暗号資産取引に関して特に注意すべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です