株式会社ウィルズ運営   ネム(XEM/NEM)の今後はどうなる?過去の動向と投資家の意見から将来の見通しを徹底解説 - WILL CRYPTO
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

ネム(XEM/NEM)の今後はどうなる?過去の動向と投資家の意見から将来の見通しを徹底解説

読者

ネム(NEM)の今後ってどうなるの?

読者

ネム(NEM)の将来性はないって聞くけどどういう理由から?

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

ネム(NEM)は日本の投資からの知名度も高く、SNSなどでも話題になることが多い仮想通貨の一つです。

実際にネム(NEM)を保有している人や、これからネム(NEM)の投資を始めようと考えている人は、今後のネム(NEM)の見通しについて気になりますよね。

そこで、今回はネム(NEM)の特徴をはじめ、過去の価格動向、今後の見通しなどについて詳しく紹介していきます。

現在のNEMの価格はこちらです。

安いうちに仕込める今、NEMはおすすめと言えるでしょう。

ネム(NEM)今後をまとめると
  • ネム(NEM)は2015年に誕生したブロックチェーンプラットフォーム
  • ネム(NEM)は送金スピードとセキュリティ性能に特化した銘柄
  • シンボルのサブチェーンとしても両立
  • ネム(NEM)の将来に期待する人もいれば、将来性がない判断する投資家もいる
  • ネム(NEM)の取引はコインチェックがおすすめ
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック
当記事の監修者
ファイナンシャルプランニング技能士 國弘泰治さん
大学院修了後、大手流通企業に就職するも3か月で退職をし、実家の山口県の酒造会社で店長として勤め、その後福岡県の投資用不動産企業へ転職。 退社後はフリーターをしながらFPの資格を取得し2017年10月にFPオフィスALIVEを開業。 2021年3月からFPオフィスALIVEからMBA・FPオフィスALIVEへと事務所名を変更し現在に至る。 得意分野は不動産投資と海外投資、相続・事業承継など <保有資格>2級ファイナンシャルプランニング技能士,AFP,MBA(経営学修士),スカラシップアドバイザー(日本学生支援機構)

國弘泰治さん公式ホームページ

⬇︎こんな記事もおすすめ

ビットコインの今後は?過去の出来事や専門家の予測から今後の値動きを予測!

イーサリアムの今後の見通しは?これまでの価格変動の流れから今後を徹底予測!

ネム(NEM)の2024年の価格推移

2022年から2024年2月現在までのネム(NEM)に関するニュースをまとめます。

2022年2月14日 コインチェック、16日に対象者へ暗号資産シンボル(XYM)付与
2022年2月13日 nem・Symbol待望の大型アップデート
2022年1月29日 米Valkyrie、ネム・シンボルプロトコルの800億円相当の財務を監督
2022年1月27日 テックビューロ、新「COMSA」ローンチを発表

2022年2月までは頻繁にニュースとして取り上げられていましたが、2024年2月現在ネム(NEM)だけでなく、仮想通貨相場が不安定ということもあり、これといって価格変動に大きな影響をもたらす情報は発表されていません。

ネム(XEM/NEM)の値動き材料

ネム(NEM)の値動き材料
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

編集部

ネムが値動きする材料について紹介していきます。

ワールドカップの影響

カタールで開催するワールドカップでシンボルが採用されました。

ワールドカップで現地ホテルの建設のプロジェクトを管理するプラットフォームとしてシンボルが採用されており、建設における監査や工程を可能にする仕組みとして構築されています。

シンボルを用いたブロックチェーンだけではくAIを用いた大型のプロジェクトということもあり、シンボルにとって大きなイベントとなるため、今後の可能性に大きな影響を与える可能性があるとして注目されています。

NFT市場への参入

ネム(NEM)の今後の予測をするためには、NFT市場への参入も大きな影響を与えると予測できます。

新しいプラットフォームとしてシンボルはNFT市場への参入を予定しています。

シンボルはエンタープライズ向けのブロックチェーンということもあり、NFT作成や販売に最適なプラットフォームとして注目されています。

NFTは現在世界中で注目されている市場なので、NFT市場への参入はネム(NEM)の今後の価格動向に大きな影響を与えることは間違いないと言えるでしょう。

大手取引所での上場

シンボルは大手仮想通貨取引所である韓国の「Bithumb」に上場しました。

Bithumbは現在210種類以上の仮想通貨を取り扱っており、韓国ウォンとビットコイン(BTC)との通貨ペアでシンボル(XYM)を取引できます。

Bithumbに上場が発表された時には前日比で一時30%ほど価格が高騰し、今後も大手取引所に上場すれば今後の価格変動に大きな影響を与えることは間違いないと言えるでしょう。

XYM(ジム)との関係性

ネム(NEM)はXYM(ジム)とも大きな関係性があります。

そのため、ネム(NEM)の価格を予測する時は、XYM(ジム)の値動きにも注目することが大切です。

770億円相当の資産管理を委託

CoinPostの発表によると、ネム(NEM)とシンボルはアメリカのヴァルキリー(Valkyrie)社と7億トークンの資産管理を行う規約を結んだことを発表しました。

NEM・Symbolのプロジェクト資金監督にValkyrie社が関与するようになる」ということは以前から報告されていましたが、1月25日に複数人で資産を管理するための”マルチシグネチャーウォレット”がセットアップされたことも報告されています。

参照:BITTIMES

これにより、ネム(NEM)の運営社が本格的に経営改善することの本気さが垣間見え、ネム(NEM)を活用するプロジェクトの選定と発展があればさらなる価格上昇に期待ができると言えます。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ネム(NEM)とは

ネム_今後

通貨名 ネム(ゼム)
通貨単位 XEM
誕生 2015年
発行上限枚数 約90億枚
コンセンサスアルゴリズム PoI(Proof of Importance)
ホワイトペーパー NEM Whitepaper
公式サイト https://discord.com/invite/xymcity

編集部

まずはネム(NEM)の特徴について紹介していきます。
ネム(NEM)の特徴
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

新しい通貨が発行されない

ネム(NEM)は現在既に発行上限枚数に達しているため、今後新しい通貨が発行されることはありません。

そのため、価格や需要が上がれば需要性が高くなりやすい通貨と言えます。

多くの仮想通貨はマイニングによって新規のコインを発行しているため、市場に出回っているコインは年々増え続けています。

しかし、ネム(NEM)は今後供給量が増えることがないため、コインが増えすぎて価格がインフレが起きてしまうことはありません。

処理速度が速い

ネム(NEM)はデータの処理速度が速く、スピーディな取引ができる点も特徴です。

処理速度が仮想通貨にとって非常に重要なポイントで、処理速度が遅ければその分マイナス通貨として作用されてしまいます。

ネム(NEM)は他の通貨と比べても処理速度が速く、非常に優秀です。

仮にビットコインと比較してみると、ビットコインの送金時間は10分~40分程度なのに対して、ネム(NEM)は約1分程度で送金が完了します。

また、送金手数料が約2,000円程度かかるビットコインに対して、ネム(NEM)は約10円と送金手数料が安い点も魅力です。

特に高額の送金をする場合は送金先に着金するまでに時間がかかってしまうこともありますが、ネム(NEM)を活用すればスムーズな取引ができます。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

Polを採用している

ネム(NEM)はPolを採用している点も特徴の一つです。

Proof of Importance(PoI)は専用のウォレットにある保有量と保有期間などから得られるスコアを、ネットワーク運営にどれだけ貢献したかどうかを評価する独自の仕組みです。

ネム(NEM)を一定量以上保有すると1日ごとにスコアが更新され、10,000(NEM)以上超えた場合はデータの承認作業ができるようになります。

一般的にマイニングで多くの利益を得るためには、大がかりな設備や電力が必要になりますが、Proof of Importance(PoI)ではこれらの悩み解消できる仕組みを採用しています。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

新しくシンボルの運用を始める

2020年にはネム(NEM)は新しく「Symbol(シンボル)」というブランド名に変更しました。

ネム(NEM)の保有者にシンボルを付与することがきっかけとなり、多くの投資家達がネム(NEM)を保有するという動きが目立ち、その後ネム(NEM)を手放すユーザーも増えました。

そのため、シンボルの付与が終わった後に一気にネム(NEM)の価格は下がり、その後も目立った値上がりなどはないため、「ネム(NEM)は終わった」「ネム(NEM)は今後に期待できない」といった意見を持つ人がいるようです。

シンボルは簡単に説明するとネム(NEM)の上位互換の位置にあり、ネム(NEM)がアップデートされることでシンボルの運用が開始されたものです。

そのため、シンボルはネム(NEM)の機能を受け継ぎながらも、新たな機能が追加されているため、ネム(NEM)を改めて購入する人は現在あまりいないのが現状です。

アプリ開発やブロックチェーンが簡単にできる

ネム(NEM)はプログラマーなどの開発者にとっても、ブロックチェーンやアプリケーションの開発がしやすい点が特徴のプラットフォームです。

アプリケーションの開発はイーサリアムなどが有名ですが、同様にブロックチェーン上にスマートコントラクトという自動プログラムを設計できる点が特徴です。

ネム(NEM)は独自のプラットフォーム上に「APIゲートウェイサーバー」という技術を採用することで、8種類のプログラミング言語でブロックチェーンアプリを開発することができます。

これにより、開発者の負担が軽減されて利用者の増加に直結する重要な要素となっています。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

世界各国との連携

ネム(NEM)は現在マレーシアやアラブ首長国連邦、ドバイなどといった各国の機関と連携しています。

世界中の主要機関と連携しているということは、それだけネム(NEM)のセキュリティ強度が強いということと捉えることができ、高く信頼されていると言えるでしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ネム(XEM/NEM)は将来いくらになる?価格予想

ネム今後-価格予想

ネムは、2024年に入ってから少しづつではありますが、上昇傾向にあります。

処理速度も早く、決済手段などによって価格は変動してくるでしょう。

また、シンボルが様々なプロジェクトで利用されたり、需要が高まることで必然的にネムの価格も上昇すると考えられます。

現在のネムの価格は4円前後ですが、2022年1月から仮想通貨全体の市場が下落しているため、ネムの価格も低いです。

ネムに直接要因があるわけではないため、仮想通貨全体に景気が見られることで価格も上昇してくるのではないでしょうか。

いきなり、10,000円などといった数字は現実的ではありませんが、処理速度の向上・決算手段・市場への参入などによって価格が上昇する可能性はゼロではないということですね。

ネム(NEM)のこれまでの価格推移

ネム_今後

編集部

続いて、ネム(NEM)のこれまでの価格動向について紹介していきます。
ネム(NEM)のこれまでの価格動向
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

2015年~2016年

ネム(NEM)は2015年の3月に誕生した仮想通貨です。

誕生して1年弱は特に激しい値動きはありませんでしたが、2016年の7月ころから価格の上昇が始まりました。

その後、同年12月にはシンガポールでNEM財団が設立され、ネム(NEM)が本格的に世界展開されるようになりました。

そのため、投資家の中にはこのころからネム(NEM)の存在を知ったという人もいるでしょう。

NEM財団は現在も積極的に活動しており、翌年の2017年にはNEM専用のブロックチェーンセンターを設立しました。

2017年~2018年

2017年は年始から年末にかけて1年間で0.20から0.40ドルの間を推移しており、一時高騰しました。

この時の高騰理由は、ネム(NEM)が中国の企業が開発したメッセージアプリであるWeChatと連携し、簡単にネム(NEM)で支払いができるという誤情報が流れたことだとされています。

ネム(NEM)の利用拡大への期待から、一時0.7まで高騰しました。

ですが、翌日には誤情報だったということが投資家達にも伝わり、売り先行相場で0.4まで一気に下落しました。

ただし、この誤情報が起きてからは価格は少しずつ右肩上がりとなっており、2017年の年末には1.02で終えています。

2018年には2017年の年末の価格上昇が続き、1月の7日には過去最高となる211円台まで到達しました。

しかし、その後は日本だけでなく世界中を賑わせたコインチェック事件が発生します。

コインチェック事件とは、2018年の1月に、国内取引所であるコインチェックがハッキングを受けて、約580億円の暗号資産ネム(NEM)が流出した事件です。

この事件が起きてから1月末には一気に80円台まで大きく下落し、この下落相場は同年4月まで続き、このころには20円台まで下落しました。

5月には一時的に40円台まで回復しましたが、大きなダメージを受けたことは事実です。

もちろん、コインチェック事件はネム(NEM)ブロックチェーンに問題があるわけではなく、あくまでもコインチェック側のセキュリティに問題があったことで起きた事件です。

しかし、投資家の中には一度流出してしまったネム(NEM)に対しての抵抗感が払拭できずに、価格下落の原因となってしまいました。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

2019年~2020年

2019年は特に大きな事件や値上がりの要因等はなく、年間を通して10円程度の価格で推移しています。

2019年からNEM財団がセキュリティ対策の強化などを行っていましたが、価格はイマイチ上昇せず、下落相場が続いていました。

2020年は年始の1月に新しいプラットフォームであるシンボルの発表を行いました。

この時点ではそこまでネム(NEM)の価格に影響を与えることはありませんでしたが、その後少しずつ上昇し始めて、年末には20円を超える上昇を見せました。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

2021年~2022年

2021年はシンボルが正式にリリースされた影響で、価格が一気に高騰しました。

ですが、この高騰は長続きせず3月からは緩やかに下落相場となっています。

前半に勢いを見せたネム(NEM)ですが、後半は緩やかに下落し、その後は大きく値上がりすることはありませんでした。

その後、2022年6月には6.925円の付近を推移しており、上昇の兆しを見せることはありません。

これはネム(NEM)でだけに限らず、仮想通貨全体での下落が要因とされています。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ネム(XEM/NEM)買うべきタイミング

ネム(NEM)を買うべきタイミング

編集部

ネムを買うタイミングを2つに分けて紹介していきます。

相場が好転・大暴落したとき

ネムを買うタイミングとして、「相場が好転したとき」が挙げられるため、仮想通貨全体の価格動向を把握しておくことが大切でしょう。

一方で大暴落したときも買い時です。大きな暴落が生じると、その反動で大暴騰が起きる起こることも少なくありません。

しかし、価格が下がったことで安易に購入するのではなく、チャート分析などによって予兆を確認してからの購入をおすすめします。

価格が下げ止まりしてから、購入すると良いですね。

良いニュースがでたとき

良いニュースがでたときも、ネムの買い時です。

仮想通貨が取引所に上場したときや、ネムをビジネス目的で企業と連携したときなど、仮想通貨やネムにとって将来性が広がるようなニュースとなります。

良いニュースがだされたときは、少ない売り注文のなかで買い注文が殺到して価格は上昇をみせるでしょう。

しかし、ニュースによる価格高騰は時間とともに再度下がることも少なくありません。

ニュースにひ

ネム(NEM)が購入できるおすすめの取引所

ネム今後-おすすめ取引所

編集部

ここからは、ネム(NEM)が購入できるおすすめの取引所を紹介していきます。
取引所 取引手数料 レバレッジ取引 取扱通貨数 特徴
Coincheck(コインチェック) 無料 18銘柄 シンプルな操作画面で初心者におすすめ!
DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 無料 2倍 25通貨 様々な手数料が無料でレバレッジ取引も可能!
bitFlyer(ビットフライヤー) 販売所:無料※別途スプレッドあり
取引所:約定数量 ×0.01~0.15%
2倍 19銘柄 業界最長7年ハッキング0の次世代セキュリティ体制で安心!
GMOコイン 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%,Taker 0.05%
2倍 23銘柄 初心者や中上級者向けの取引ツールを提供!
bitbank(ビットバンク) 販売所:無料(一部銘柄を除く)
取引所:Maker -0.02%,Taker 0.12%
24銘柄 テクニカル分析で本格的な相場分析もできる!
Huobi Japan(フォビジャパン) 無料 2倍 27銘柄 顧客数と取引量が多い取引所!

【スマホで閲覧の方はスクロールできます】

Coincheck(コインチェック)

ネム_今後

出典:コインチェック

コインチェックはシンプルで初心者でも直感的に操作して入金や取引、仮想通貨の購入ができる便利なアプリで取引できます。

そのため、暗号資産取引が初めての人にも使いやすくなっており、誰でもすぐに慣れることができます。

親会社は東証プライム市場上場企業のマネックスグループということもあり、運用の信用性とセキュリティの高さは十分です。

アプリダウンロード数は国内No.1となっており、多くの仮想通貨投資家達に利用されている取引所です。

取引手数料 無料
レバレッジ取引
最低取引額 500円相当
取扱通貨 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) パレットトークン(PLT) サンド(SAND) ポルカドット(DOT) フィナンシェトークン(FNCT) チリーズ(CHZ) チェーンリンク(LINK) メイカー(MKR) ダイ(DAI) ポリゴン(MATIC) イミュータブル(IMX) エイプコイン(APE) アクシーインフィニティ(AXS) ラップドビットコイン(WBTC)
キャンペーン 【口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジ取引の取扱通貨数が国内でNo.1※1
  • 取引が可能になるまで、最短1時間
  • 入出金手数料、および取引手数料は無料※2
1※2024年2月時点、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
2※BitMatch取引手数料を除く

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)4つ目は、DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinの最大の特徴は、なんといってもレバレッジ取引が可能な点にあります。

またDMM Bitcoinは、入出金にかかる手数料が無料なのも大きなポイントといえます。

加えてDMM Bitcoinでは、多くの人がクイック入金を無料で利用できます
提携の金融機関は1,000社を超えているためです。

口座への入金は手数料の安さから銀行入金やコンビニ入金を利用するのが一般的で、反映までのタイムラグも気になります。

その点クイック入金なら、特定の場所に足を運ぶ必要もなく、料金の反映にもタイムラグもありません。
そんなクイック入金が無料なのは、時間軸で考えて大きなメリットとなるでしょう。

DMM Bitcoinで仮想通貨の現物取引の感覚を掴んだら、十分な注意を払い、レバレッジ取引にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 現物(BitMatch注文を除く)23、レバレッジ(BitMatch注文を除く)33通貨(うち、レバレッジ取引のみの取扱いが4通貨)
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

>>>DMM Bitcoinで口座開設する!<<<

DMMビットコイン

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

出典:ビットフライヤー

ビットフライヤーはビットコイン取引量6年連続No.1の実績を持つ仮想通貨取引所です。

販売所の売買手数料やビットコインFX の取引手数料、三井住友銀行からの振込手数料等が無料で、無駄なコストをかけることなく取引をすることができます。

また、ビットフライヤーはこれまでに業界最長7年ハッキング0の次世代セキュリティ体制で大切な資産を管理しているため、安心・安全に取引できる点が魅力です。

他にも、「かんたん積立」では仮想通貨を自分のペースで自由に購入することができ、リスクを削減しながら利益を狙うことも可能です。

取引手数料 販売所:無料※別途スプレッドあり
取引所:約定数量 ×0.01~0.15%
レバレッジ取引 2倍
最低取引額 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.001BTC
取扱通貨 ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)リスク(LSK)イーサリアムクラシック(ETC)ベーシックアテンショントークン(BAT)ステラルーメン(XLM)ネム(XEM)テゾス(XTZ)ポルカドット(DOT)チェーンリンク(LINK)シンボル(XYM)メイカー(MKR)ポリゴン(MATIC)ジパングコイン(ZPG)フレア(FLR)シバイヌ(SHIB)パレットトークン(PLT)ザ・サンドボックス(SAND)
キャンペーン ・bitFlyer クレカ 2大特典キャンペーン!
・友達を招待すると、最大 10,000 円相当のビットコインがもらえるキャンペーン
ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
ビットフライヤー

GMOコイン

ネム_今後

出典:GMOコイン

編集部

GMOコインは2年連続オリコン顧客満足度&取扱い国内No.1の取引所です。

最短10分で仮想通貨取引を始めることができ、ビットコインやイーサリアム、リップルなどたくさんの銘柄の中から好きな銘柄を選んで投資ができます。

また、口座開設、即時入金、日本円の出金、暗号資産の預入・送付など各種手数料がすべて無料となっているため、無駄なコストを削減しながら取引できます。

さらに、GMOコインは初心者や中上級者向けの取引ツールを提供しており、簡単に、本格的な分析で積極的に利益をおさめることも可能です。

取引手数料 販売所:無料
取引所:Maker -0.01%,Taker 0.05%
レバレッジ取引 2倍
最低取引額 販売所:0.00005BTC
取引所:0.0001BTC
取扱通貨 BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM,MONA,ADA,MKR,DAI,LINK,FCR
キャンペーン ・暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる
・暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる

bitbank(ビットバンク)

ネム_今後

出典:ビットバンク

ビットバンクは初心者でも簡単な操作で仮想通貨取引ができる取引所です。

シンプルで軽量ながらも本格的なトレードもでき、チャートも取引も24時間365日リアルタイムで更新されるためテクニカル分析で本格的な相場分析もできます。

また、オフラインのコールドウォレットを採用してマルチシグでハッキング対策も万全の対策を整えているため、資産も安全に管理され、安心して取引できる点も魅力です。

取引手数料 販売所:無料(一部銘柄を除く)
取引所:Maker -0.02%,Taker 0.12%
レバレッジ取引
最低取引額 販売所:0.00000001BTC
取引所:0.0001BTC
取扱通貨 BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG,XYM,LINK,MKR,BOBA,ENJ
キャンペーン ビットバンク創業8周年大感謝祭!

Huobi Japan(フォビジャパン)

ネム_今後

出典:フォビジャパン

フォビジャパンは2013年の創業以来世界的にも顧客数と取引量が多い取引所です。

世界170ヵ国以上数千万人のユーザーに、安全で信頼できる暗号資産取引や資産管理サービスを提供しています。

仮想通貨は2円から購入することができ、少額からの投資を希望する人にもおすすめです。

ほぼ毎日キャンペーンを開催していることもあり、通常よりもお得に仮想通貨取引を始められる点も魅力の一つです。

取引手数料 無料
レバレッジ取引 2倍
最低取引額 0.0001BTC
取扱通貨 BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLTなど
キャンペーン お友達紹介キャンペーン

ネム(XEM/NEM)に関する投資家のリアルな意見

ネム今後-投資家の意見

編集部

続いて、ネム(NEM)の取引をしている投資家たちのリアルな意見を集めてみましたので、参考にしてください。

ネム(NEM)の取引をしている投資家たちは次のような意見を持っています。

ネム(NEM)の取引をしている投資家たちのリアルな意見
  • 今後値上がりする可能性が高い
  • このままの状態が続くと価格は上がらない

このように、ネム(NEM)の今後に期待している人もいれば、現状のままでは価格が上がらないと見通しを付けている人もいるようです。

このような意見は、全て正しいというわけではありませんが、これからのネム(NEM)の動向を予測するための材料として参考にしてください。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ネム(NEM) 今後に関するよくある質問

ネム_今後

編集部

最後に、ネム(NEM)の今後に関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

ネム(NEM)は今後値上がりする?

ネム(NEM)の取引を考えている人や、現在保有している人の一番の悩みが今後の見通しがどうなるかという点です。

将来の見通しを100%予言することは難しいですが、現在ネム(NEM)はワールドカップで採用されたり、多くのプロジェクトが進行していることもあり、今後の価格上昇に期待ができると言えるでしょう。

ただし、前述した通りネム(NEM)はイーサリアムやXYM(ジム)との関係性も深いため、今後の値動きには注目しておくことが重要です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ネム(NEM)の取引ができる取引所はどこ?

ネム(NEM)の取引ができる取引所は現在以下の5つの取引所です。

  • Coincheck(コインチェック)
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • bitbank(ビットバンク)
  • Huobi Japan(フォビジャパン)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

今後上場する予定はある?

2024年2月現在、ネム(NEM)が他の取引所に上場するという発表はありません。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ネム(NEM) 今後のまとめ

ネム_今後

今回はネム(NEM)の特徴をはじめ、過去の価格動向、今後の見通しなどについて詳しく紹介してきました。

ネム(NEM)はビットコインなどと比べても処理速度が速く、セキュリティ強度も高いため今後の活用には多くの投資家にも注目されています。

また、シンボルと分岐したということもあり、シンボルのトレンドもネム(NEM)の価格に大きな影響を与えます。

将来性がないという考えを持つ投資家も多いですが、実際にネム(NEM)やシンボルはさまざまなプロジェクトを展開しているため、今後も急激な値上がりに期待ができると言えるでしょう。

ネム(NEM)の取引をするためには、取引所で口座を開設する必要があるため、取引のタイミングを逃さないように、今のうちに口座開設から始めてみてはいかがでしょうか。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

消費者庁、金融庁、警察庁、政府からの注意喚起

「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

暗号資産取引に関して特に注意すべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です