株式会社ウィルズ運営   ビットコインの始め方・買い方や仮想通貨初心者向けのおすすめ取引方法を徹底解説 - WILL CRYPTO
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

ビットコインの始め方・買い方や仮想通貨初心者向けのおすすめ取引方法を徹底解説

読者

ビットコイン(仮想通貨)を始めてみたいけど、始め方がわからない

読者

ビットコイン(仮想通貨)をするのにおすすめの始め方ってあるの?

ビットコイン(仮想通貨)を始めたいと考えている人のなかには、上記のような疑問を持つ人も多いでしょう。

結論から言えば、ビットコイン(仮想通貨)の始め方はとても簡単で、最短で10分、最低1円でトレードを始めることも可能です。

ただし、暗号資産交換業者の選び方やビットコインのポイントなど、初心者が知っておきたい知識もあります。

そこでこの記事では、ビットコイン(仮想通貨)の始め方をわかりやすく解説するだけでなく、ビットコイン(仮想通貨)で利益を出すのコツなども紹介しています。

ぜひこの記事で紹介する内容を理解し、ビットコインで利益を安定して出し続けられるようになりましょう。

この記事のポイント
  • ビットコインは簡単に始められる
  • 暗号資産交換業者によっては最短10分程度でトレードすることも可能
  • おすすめの暗号資産交換業者は、ビットコインが1円から買えるCoincheck
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインを始める初心者におすすめの仮想通貨取引所一覧

ビットコイン 始め方

ここでは、ビットコインをこれから始める方におすすめの暗号資産交換業者を一覧にして紹介してします。


取引所 コインチェック DMM Bitcoin bitFlyer GMOコイン bitbank LINE ビットマックス BITPoint SBI VC トレード 楽天ウォレット マネックスビットコイン
ロゴ
特徴 初心者人気No1
シンプルで使いやすい
手数料も最安値級
国内最大手GPが母体
レバレッジ取引に特化
BTC取引高国内No1
精密なチャートが人気
取扱通貨数が
国内最多の21通貨

入出金手数料が無料
取り扱い銘柄が
22種類と業界最大級

UIが使いやすい
LINEアプリから
簡単取引

少額から取引可能
最短当日で取引可能
500円から始められる
豊富な取り扱い銘柄
取引スタイルを選べる
楽天ポイントが使える
楽天経済圏の人に
おすすめ

取引手数料無料
レバレッジ取引が可能
評価
(5.0)
(4.5)
(4.5)
(4.0)
(4.0)
(3.5)
(3.0)
(3.0)
(3.0)
(2.5)
レビュー数 93,110件 9,718件 111,074件 3,908件 24,266件 なし 204 241 5,708 33
公式サイト
← 左右にスライドできます。 →

ビットコイン(仮想通貨)の始め方や買い方

ビットコイン 始め方
かなり大まかに説明してしまうと、ビットコインは口座を開設して入金し、購入するだけで始められます。さらに、最短10分程度でトレードが可能です。

もう少し具体的にすると次のようになります。ビットコインの始め方を1つずつ確認していきましょう。

ビットコインの始め方
  • 始め方①暗号資産交換業者を選ぶ
  • 始め方②口座開設を申し込む
  • 始め方③口座に入金する
  • 始め方④ビットコインを購入する
  • 始め方⑤ビットコインを売却する
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコイン(仮想通貨)の始め方①仮想通貨取引所を選ぶ

ビットコインは、暗号資産交換業者を選ぶことから始まります。

なお、法律(資金決済法)上は暗号資産交換業者と定義されていますが、一般的には暗号資産(仮想通貨)取引所と呼ばれることが多いです。

具体的には、暗号資産交換業者と言うとbitFlyer(ビットフライヤー)やGMOコイン、Coincheck(コインチェック)などが挙げられます。

暗号資産交換業者によってサービス内容が異なるため、そのなかでも自分に合った暗号資産交換業者を選ぶことが重要です。

また、暗号資産交換業者は複数選び、シーンに応じて使い分けることもできます。

後半ではおすすめの暗号資産交換業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコイン(仮想通貨)の始め方②口座開設を申し込む

暗号資産交換業者が決まったら、口座開設を申し込みましょう。

業者によって多少順序が異なりますが、一般的には次の流れです。

一般的な口座開設の流れ
  • 登録フォームやアプリなどからメールアドレスを登録する
  • パスワードを設定する
  • 受信メールのURLにアクセスするか記載されているコードを入力してメールアドレス認証をする
  • 利用規約や重要事項説明書などを確認して同意する
  • 電話番号を登録する
  • 届いたSMSに記載されたコードを入力してSMS認証をする
  • 氏名や生年月日、性別、職業、住所などお客様基本情報を登録する
  • 本人確認書類を提出しeKYCなどで本人確認を完了する
  • トレード目的などを入力する

上記の流れで申し込んだ後は、暗号資産交換業者が口座開設基準に基づく口座開設審査を行います。

ただ、審査といっても例えば次のようなことを確認する簡単な審査です。

一般的な口座開設基準の例
  • 国内に居住している
  • 20歳(または18歳)以上74歳以下である
  • 個人である(法人ではない)
  • 反社会的勢力と関連がない

つまり、基本的には申込情報と本人確認書類の情報が同一であることを確認できれば問題ありません。

読者

カードローンやクレジットカードのような厳しい審査ではないみたいだね。

実際、審査完了までの時間は暗号資産交換業者によって変わりますが、例えばbitFlyerやGMOコインなら最短10分です。

ただし、最短10分など当日中に口座開設を完了するためには、運転免許証やマイナンバーカード、そして自分の顔をスマホで撮影して本人確認を行うことが前提となっています。

いわゆるeKYCと呼ばれている方法です。このeKYCの方法でない場合、郵送物によって本人確認を行う方法が一般的となっています。

そのため、郵送物が当日中に届くことは難しく、基本的には当日中にトレードを開始できないことに注意しましょう。

ちなみに、このような本人確認手続きは犯罪収益移転防止法によって定められているため、どの暗号資産交換業者も同様です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコイン(仮想通貨)の始め方③口座に入金する

暗号資産交換業者による審査が完了し、口座を開設できたら資金を入金します。

具体的な入金方法は暗号資産交換業者によりますが、基本的にはインターネットバンキング(Pay-easy含む)によって入金する方法が便利でおすすめです。

暗号資産交換業者によって名称は異なり、即時入金やクイック入金という名称の場合があります。

インターネットバンキングでは即時(リアルタイム)にトレード余力に反映されるため、待つことなくすぐにトレード開始可能です。

ただし、暗号資産交換業者によって即時入金やクイック入金に対応している金融機関は異なるため、詳細を確認しておきましょう。

例えば、住信SBIネット銀行やPayPay銀行、イオン銀行と提携している暗号資産交換業者は多いですが、ゆうちょ銀行やauじぶん銀行などに対応しているケースは少ないです。

もしインターネットバンキングが利用できない場合は振込入金を利用しますが、利用している金融機関所定の振込手数料に注意しましょう。

また、フォビジャパンなど一部の暗号資産交換業者ではコンビニ入金も可能ですが、コンビニ入金は手数料が高いためおすすめしません。

ビットコイン(仮想通貨)の始め方④ビットコインを購入する

入金が反映されたら、いよいよビットコインを購入します。

読者

取引所とか販売所とかあるけど、どこで買うのが正解なの?
ビットコインの現物を購入する方法
  • 取引所形式
  • 販売所形式

取引所形式と販売所形式は同じようにも見えますが、実はまったく異なります。

簡単に説明すると、取引所形式はオークションでビットコインを購入する方法、販売所形式はお店でビットコインを購入する方法です。

詳しくは後述しますが、一般的には取引所形式でビットコインを購入する方法をおすすめします。

ビットコイン(仮想通貨)の始め方⑤ビットコインを売却する

ビットコインを購入した後は、タイミングを見て売却を検討しましょう。ビットコインを売却する方法は購入したときとほとんど同じです。

ビットコイン(仮想通貨)を始める仮想通貨取引所のおすすめの選び方

ビットコイン 始め方

国内だけでも数ある取引所から、自分に適切な選び方を紹介します。

自分に合わない暗号資産交換業者を選んでしてしまうと、損失を出す可能性が高くなる場合もあるので、適切に選んで楽しみながら資産を増やしましょう。

取引所の選び方
  • 金融庁からの認可されているか
  • 手数料やスプレッドの安さで選ぶ
  • 扱っている通貨の多さで選ぶ
  • スマホアプリの使いやすさで選ぶ
  • セキュリティ体制で選ぶ
  • 取引所と販売所が揃っているか
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

選び方①:金融庁から認可されているか

ビットコイン 始め方

仮想通貨取引所を選ぶときは、金融庁からの認可されているか確認しましょう。

金融庁に認可されるためには、安全性や信頼性が必須です。

逆に金融庁に認められていない業者では、保有している資産が保証されません。気付かないうちに情報漏洩や資産が盗まれるというデメリットもあります。

金融庁の認可を受けている暗号資産交換業を本記事では紹介しているので、どこの交換業者で口座開設するか悩んでいる方は紹介されているところから選ぶことをおすすめします。

選び方②:扱っている通貨の多さで選ぶ

ビットコイン 始め方

取り扱っている銘柄の多さで選んでもよいでしょう。

仮想通貨初心者におすすめの通貨はメジャーな「ビットコイン」「イーサリアム」ですが、徐々に慣れたりする頃にはマイナーなアルトコインも増えていると思います。

ですが、当然ながらマイナーであるほど取り扱っている業者は少なくなります。

もし自分が今すぐトレードしたい銘柄がなければ、絶好のチャンスを逃してしまうかもしれません。

好機を逃さないためにも、銘柄数が多い暗号資産交換業に登録することをおすすめします。

選び方③:手数料やスプレッドの安さで選ぶ

ビットコイン 始め方

手数料スプレッドはなるべく安い所を選びましょう。

手数料には「取引手数料」「入金手数料」などがあります。

手数料を無料にしているが、そのほかは有料に設定している、という所は多いです。

また手数料の安い暗号資産交換業者を選ぶことで、浮いた金額でより多くの銘柄を保有することができます。

手数料の安い交換業者を選ぶことは、トレード機会を増やすことにもつながるので、登録前に各手数料やスプレッドをチェックしましょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

選び方④:スマホアプリの使いやすさで選ぶ

ビットコイン 始め方

スマホアプリの使いやすさも重要なポイントです。

特にスキマ時間や外出中にトレードする方は、スマホを使う機会が多いため、操作が簡単で使い勝手のよいアプリでできる交換業者がおすすめです。

もし使いづらいアプリを使用していると、誤った操作で損失してしまったり、取引チャンスを逃してしまうかもしれません。

そういったリスクを回避するためにも、使いやすいスマホアプリを提供している暗号資産交換業者を選びましょう。

選び方⑤:セキュリティ体制で選ぶ

ビットコイン 始め方

セキュリティ体制が万全な仮想通貨取引所を選びましょう。

ビットコインをはじめとした仮想通貨はインターネット上の通貨です。

そのため、ハッキングされてしまうと保有している通貨がすべて盗まれるリスクがあります。

また通貨に限らず、個人情報が漏洩する可能性もあるので、必ずセキュリティ体制が万全の暗号資産交換業を選びましょう。

セキュリティ体制が整っている業者の特徴として「金融庁に認可されている」ことが挙げられます。

金融庁に暗号資産交換業者として認可されるためには、安全性と信頼性が保証されていなければなりません。

金融庁に認可されている暗号資産交換業者はこちらからご確認ください。

選び方⑥:取引所と販売所が揃っているか

暗号資産交換業者には、以下のパターンに分かれます。

暗号資産交換業者の2パターン

・取引所と販売所が揃っている

・取引所と販売所の片方しか扱っていない

販売所では交換業者とユーザーがトレードするので、相手が見つからずに売買できない心配がありません。

一方、取引所ではトレード相手が見つからない場合はビットコインのやり取りが成立しません。

しかし、販売所に比べて手数料を安く抑えてトレードができます。

両方揃えている交換業者に登録して、トレード状況に応じて使い分けることで両方の美味しいとこ取りをする方法がおすすめです。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコイン(仮想通貨)を始めたい方におすすめの仮想通貨取引所

ビットコイン 始め方

読者

結局、仮想通貨取引所はどこを選べばいいの?

ビットコイン初心者におすすめの暗号資産交換業者を紹介します。

ぜひ参考にしながら、自分に合った暗号資産交換業者を選んでみてください。

おすすめ仮想通貨取引所
  • おすすめ第1位:コインチェック
  • おすすめ第2位:DMMビットコイン
  • おすすめ第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)
  • おすすめ第4位:GMOコイン
  • おすすめ第5位:bitbank(ビットバンク)
  • おすすめ第6位:LINE BITMAX
  • おすすめ第7位:BITPoint(ビットポイント)
  • おすすめ第8位:SBI VC トレード
  • おすすめ第9位:楽天ウォレット
  • おすすめ第10位:マネックスビットコイン

おすすめ第1位:Coincheck(コインチェック)

ビットコイン 始め方出典:Coincheck

Coincheck(コインチェック)の評価
口座開設スピード
(4.0)
入出金手数料
(3.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(5.0)
総合評価
(4.5)
Coincheck(コインチェック)のココがおすすめ!
  • アプリダウンロード数No.1
  • 取引所の手数料が無料
  • 約500円からビットコインが買える

Coincheck(コインチェック)は、アプリの使いやすさに定評のある、初心者におすすめの暗号資産交換業者です。

実際、2020年1月から12月までのアプリダウンロード数はNo.1であったとホームページ上に示されています。

GMOコインと同じく500円相当からビットコインの購入が可能で、さらに手数料が無料とわかりやすい点が初心者にとって大きなメリットです。

また、Coincheck(コインチェック)は「Coincheck NFT(β版)」という暗号資産交換業者運営の国内初のNFTマーケットプレイスを運営中です。

NFTは非代替性トークンと呼ばれるもので、例えばNFTアートといってデジタルアート(美術品)に使われたり、ゲームアイテムに使われたりしています。

ビットコインに慣れてきたら、イーサリアムという暗号資産(仮想通貨)をトレードし、NFTに触れてみても良いかもしれません。

なお、下表では入金手数料770円以上とありますが、これはクイック入金を利用した場合です。振込入金なら通常220円以下で振込可能ですので、Coincheck(コインチェック)の場合は振込入金を利用しましょう。

ちなみに、振込先入金口座はGMOあおぞらネット銀行か住信SBIネット銀行が選べます。どちらかの銀行口座を持っている人は手数料無料で入金可能です。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 27通貨
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

おすすめ第2位:DMM Bitcoin

ビットコイン 始め方出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(5.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(5.0)
総合評価
(4.5)
DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジの取扱通貨数国内No.1※
  • 最短1時間でトレード可能
  • 入出金手数料が0円
※2024年2月時点、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ

DMM Bitcoinは、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引に大きな強みを持つ暗号資産交換業者です。

レバレッジでの通貨数は国内No.1となっています。ただ注意したいのは、DMM Bitcoinは基本的に取引所(オークション形式)が利用できない点です。

前述のとおり、基本的には販売所より取引所がおすすめであるため注意しておきましょう。

もっとも、販売所形式は初心者でも扱いやすく、DMM BitcoinではBitmatch注文という取引所形式に似た注文方法も可能です。

DMM Bitcoinでは、入出金手数料が無料である点もおすすめポイントと言えます。

多くの暗号資産交換業者は、住信SBIネット銀行やPayPay銀行など一部の金融機関としか提携していません。

一方、DMM Bitcoinは1,000社以上の金融機関と提携しているため、多くの人がクイック入金を無料で利用可能です。

ビットコインの現物取引に慣れてきたら、DMM Bitcoinでレバレッジをかけてみても良いでしょう。

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 現物(BitMatch注文を除く)23、レバレッジ(BitMatch注文を除く)33通貨
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

>>>DMM Bitcoinで口座開設する!<<<

DMMビットコイン

おすすめ第3位:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer出典:bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)の評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(4.0)
取扱通貨数
(4.5)
取引所・販売所手数料
(4.5)
総合評価
(4.5)
bitFlyer(ビットフライヤー)のココがおすすめ!
  • ビットコインのトレード量6年連続No.1
  • 最短10分でトレード可能
  • ビットコインを1円から売買できる

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインのトレード量6年連続No.1と人気のある暗号資産交換業者です。

GMOコインと同様に最短10分でビットコインを購入でき、取扱通貨数も国内では最多水準となっています。

読者

まずは少額から購入してみたい

bitFlyer(ビットフライヤー)なら上記のようなニーズにも対応可能です。具体的には、販売所なら1円からビットコインを購入することができます。

なお、bitFlyer(ビットフライヤー)は独自のツール「bitFlyer Lightning(ビットフライヤーライトニング)」を提供しています。bitFlyer Lightningは、ゴールドマンサックスの元トレーダーが開発したツールです。

このツールでは、ビットコインの現物取引はもちろん、ビットコインFXやビットコイン先物などができます。

やや上級者向けですが、ビットコインに慣れてきたらbitFlyer Lightningの利用も検討してみましょう。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)は日本で初めてビットコインが貯まるクレジットカード「bitFlyer クレカ」を新生銀行グループのクレジットカード会社「アプラス」と提携して発行しています。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 330円(クイック入金)
※住信SBIネット銀行は0円
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
※三井住友銀行は上記金額より330円安い
取扱通貨数 22通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 直近30日のトレード量に応じて0.15% BTC以下
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)
ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
ビットフライヤー

おすすめ第4位:GMOコイン

ビットコイン 始め方出典:GMOコイン

GMOコインの評価
口座開設スピード
(5.0)
入出金手数料
(5.0)
取扱通貨数
(5.0)
取引所・販売所手数料
(4.5)
総合評価
(5.0)
GMOコインのココがおすすめ!
  • 取扱通貨数が国内最大級
  • 最短10分でトレード可能
  • 入出金手数料が無料

まず初心者におすすめしたい暗号資産交換業者は、GMOコインです。

国内では最大級の26通貨を取扱っており、オリコン顧客満足度も国内の暗号資産交換業者で1位を獲得しています。

また、実は入金と出金の手数料を合計すると1,000円ほど手数料を負担する暗号資産交換業者もあるところ、GMOコインは入出金手数料を0円にすることが可能です。

読者

今すぐビットコインでトレードをしたい!

上記のようなニーズにも、最短10分で購入可能とされていることからGMOコインはおすすめです。

その他、例えば1ビットコインの価格が600万円なら取引所で600円(0.0001 BTC)、販売所なら60円(0.00001 BTC)でできる手軽さもあります。

このように、GMOコインは口座開設スピードや入出金手数料、取扱通貨数など、非常に総合力の高い暗号資産交換業者です。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 26通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第5位:bitbank(ビットバンク)

ビットコイン 始め方出典:bitbank

bitbank(ビットバンク)のココがおすすめ!
  • トレード量が多くチャートが安定しているので、スプレッドの変動も少ない
  • 取り扱い銘柄が22種類と業界最大級
  • シンプルなUIで、アプリやツールの使いやすさに定評あり

おすすめの暗号資産交換業者5つ目は、bitbank(ビットバンク)です。

ビットバンクは「ビットバンク株式会社」が運営している暗号資産交換業者です。

仮想通貨の売買量が多く、売買が活発化しているため、注文が通りやすいというメリットがあります。

また、ビットコインだけでなく、アルトコインの中でも注目されているイーサリアムやリップル、シンボルなどのアルトコインを手広く扱っています。

そのため、他の銘柄に興味がある人にもおすすめの暗号資産交換業者です。

また全体的にUIがシンプルなのが特徴です。

そのため、スマートフォンアプリや各ツールの機能性、使いやすさにも定評があります。

特にbitbank(ビットバンク)独自のトレーダー御用達のチャートツールである、「Trading View(トレーディングビュー)」が使える点も魅力的です。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 0円(振込手数料はお客様負担)
出金手数料 550円 / 770円(3万円以上)
取扱通貨数 32通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第6位:LINE BITMAX

ビットコイン 始め方出典:LINE BITMAX

LINE BITMAXのココがおすすめ!
  • LINEアプリから簡単にトレードできる
  • 暗号資産貸出サービス(レンディング)の利率が最大8%
  • 独自仮想通貨「リンク(LN)」を国内で唯一取り扱っている
  • 最大2倍のレバレッジをかけられる
  • 1円相当の少額から投資できる

おすすめの暗号資産交換業者6つ目は、LINE BITMAXです。

LINE BITMAXはLINEの関連企業である「LINE Xenesis株式会社」が運営している暗号資産交換業者です。

LINE BITMAXは、LINEアプリからの入金が可能という特徴があります。

そのため、普段からLINEを利用している方にとっては利便性の高い暗号資産交換業者といえます。

売買手数料、入金手数料ともに無料となっており、また、LINEブロックチェーンの基軸通過「LINK」の取り扱いがある国内唯一の暗号資産交換業者です。

1円から購入が可能なので少額から始めたい初心者の方にはおすすめの暗号資産交換業者です。

さらに、暗号資産貸出サービス(レンディング)や最大2倍のレバレッジ(売りのみ)などの機能も充実しています。

中でも、暗号資産貸出サービス(レンディング)は最大利率8%となっており、業界最高水準です。

普段ご利用のLINEから簡単にアクセスできるうえ、LINEならではの使いやすくわかりやすいアプリデザインも嬉しいポイントです。

販売所手数料0円(別途スプレッドあり)販売所手数料0円(別途スプレッドあり)

レンディング最大利率8%(業界最高水準)レバレッジ最大2倍(売りのみ)独自仮想通貨リンク(LN)

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 0円
出金手数料 LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
取扱通貨数 7通貨
最小注文数量 1円相当額(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第7位:BITPoint(ビットポイント)

ビットコイン 始め方出典:BITPoint

BITPoint(ビットポイント)のココがおすすめ!
  • 最短当日でトレード開始
  • 15種類の豊富な銘柄
  • 500円以下の少額から始められる

おすすめの暗号資産交換業者7つ目は、BITPoint(ビットポイント)です。

ビットポイントは、入出金手数料など、現物取引にかかる手数料がすべて無料で利用できる点がメリットとなっています。

また、仮想通貨の購入がはじめての方でも直感的で簡単に操作できることにも定評がある暗号資産交換業者です。

扱っている仮想通貨銘柄も15種類と豊富で、ビットコインから人気のアルトコインまで揃えています。最近では、柴犬コイン(SHIB)を日本で初めて導入しました。

時価総額ランキングでも上位を占める信頼性の高い暗号資産(仮想通貨)を購入できるので、様々な投資スタイルに合わせて資産運用することができます。

投資手法には「現物取引」の他にもレンディングも可能です。レンディングとは、保有している仮想通貨を貸し出して、利率に応じて賃貸料を得る手法です。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 0円
出金手数料 0円
取扱通貨数 20通貨
最小注文数量 0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 0円
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

おすすめ第8位:SBI VC トレード

ビットコイン 始め方出典:SBI VCトレード

SBI VC トレードのココがおすすめ!
  • 豊富な取り扱い銘柄
  • 入金手数料など各種手数料が無料
  • レバレッジや積み立て暗号資産など選べる

おすすめの暗号資産交換業者8つ目は、SBI VC トレードです。

SBI VC トレードは、現物取引の他にもレバレッジや積立暗号資産などのサービスを提供している点がメリットになっています。

レバレッジとは、口座にある証拠金を担保にして、証拠金以上の金額でできるサービスです。例えば、証拠金が5万円あれば、レバレッジ2倍で10万円分までトレード可能になります。

SBI VC トレードでは、保有している暗号資産(仮想通貨)も証拠金としてトレードすることが可能なので、保有している暗号資産を売却せずに他の暗号資産で利益を狙うことができます。

レバレッジ手数料は一般には年率0.04%程度が多い中、SBI VC トレードはレバレッジ手数料は年率0.004%と、一般的なレバレッジ手数料よりも圧倒的に格安です。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 0円
出金手数料 0円
取扱通貨数 20通貨
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
0.000001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 0円
販売所手数料 Maker -0.01%
Taker 0.05%

おすすめ第9位:楽天ウォレット

ビットコイン 始め方出典:楽天ウォレット

楽天ウォレットのココがおすすめ!
  • 楽天ポイントが使える
  • 楽天キャッシュにチャージ
  • 口座開設は最短即日

おすすめの暗号資産交換業者9つ目は、楽天ウォレットです。

楽天ウォレットは、楽天ポイントを証拠金にして暗号資産に交換することができます。最低100ポイント(1ポイント=1円相当)から交換できるので、100円分から暗号資産(仮想通貨)を保有することができます。

また、お持ちの暗号資産(仮想通貨)を楽天キャッシュにチャージすることで、楽天市場などでの買い物に利用することも可能です。

そのため、既に楽天に登録さている方は手持ちのポイントでサクッと暗号資産運用を始めることができます。

暗号資産運用で利益を出すことができれば、新たに楽天市場で買い物を楽しむこともできるので、楽天に登録している、もしくは楽天銀行に口座を持っている方におすすめの暗号資産交換業者です。

口座開設スピード 最短即日
入金手数料 0円
出金手数料 300円
取扱通貨数 9通貨
最小注文数量 0.01 BTC(販売所)
0.01 BTC(取引所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 Maker -0.01%
Taker 0.03%
販売所手数料

おすすめ第10位:マネックスビットコイン

ビットコイン 始め方出典:マネックスビットコイン

マネックスビットコインのココがおすすめ!
  • 取引手数料が無料
  • レバレッジをかけられる
  • 原則24時間365日トレード可能

おすすめの暗号資産交換業者10目は、マネックスビットコインです。

マネックスビットコインは「マネックス証券」が運営している暗号資産交換です。

マネックスビットコインでは、CFD取引をすることができます。CFD取引とは現物で行わず、売買の際に出た金額の差で決済する方法です。

CFDは現物ではないため、通貨を保有できませんが、売り局面でも利益を狙うことができます。またマネックスビットコインでは、レバレッジを2倍に設定することもできるので、小資金でも大きな利益を獲得することも可能です。

その他にもストリーミング注文をはじめ通貨の複合注文にも対応しており、注文方法が豊富であることもマネックスビットコインの魅力です。

口座開設スピード 最短即日
入金手数料 0円
出金手数料 0円(即時出金は330円)
取扱通貨数 4通貨
最小注文数量 0.01 BTC
積立暗号資産 不可能
取引所手数料
販売所手数料

ランキング査定根拠はこちら

ビットコインとは

ビットコイン 始め方

ビットコインは、インターネット上で流通させることを前提とした仮想通貨(暗号資産)の一種です。

「安い手数料で国際送金を高速化させる」という目的のもと、サトシ・ナカモト氏によって世界で初めてリリースされた仮想通貨であり、ブロックチェーン(※)の存在を世界中に認知させるきっかけにもなりました。

ビットコインのリリース後、さまざまな通貨が開発されていますが、それらアルトコインを全く寄せ付けない時価総額や知名度を維持しています。

ビットコインは「通貨」「コイン」と呼ばれていますが、あくまでインターネット上にしか存在しないため「仮想通貨」とされています。

※ブロックチェーンって何?
ブロックチェーンとは、一般に、「取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のようにつなげ、正確な取引履歴を維持しようとする技術」とされています。データの破壊・改ざんが極めて困難なこと、障害によって停止する可能性が低いシステムが容易に実現可能等の特徴を持つことから、銀行業務・システムに大きな変革をもたらす可能性を秘めています。
引用元:ブロックチェーンって何? | G.金融経済を学ぶ | 一般社団法人 全国銀行協会

ビットコインなど仮想通貨の取引方法

ビットコイン 始め方

ビットコインの取引方法のポイント
  • マイニングへの参入するのは厳しい
  • キャピタルゲイン(値上がり益)が現実的
  • ビットコインの5つの方法を紹介

マイニングとは仮想通貨の取引承認作業に協力することで、新規発行される通貨を報酬として得ることです。

取引承認には、高度なコンピュータ演算が必要なため、ハイスペックなPCが必ず必要となります。またマイニング事業には世界中の企業が取り組んでおり、参入ハードルはかなり高いです。

今からマイニング事業に取り組むには、かなりの時間と労力を必要とするので、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙う方法が現実的といえます。

ここでは、現実的なビットコインのトレード方法を5つご紹介します。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインの取引方法①現物取引

ビットコイン 始め方

ビットコイン現物取引
  • 最もメジャーな方法
  • 値上がりで利益を出す手法
  • 下落時は稼げない

現物はビットコインのトレード方法として最もメジャーな手法です。

「安いときに仕入れて、値上がりしたタイミングで売る」という分かりやすい仕組みです。

この特性は株式投資で利益を狙う方法によく似ており、株式投資の経験がある方はスムーズに現物取引を始められるでしょう。

また株式投資の経験がなくても、最もシンプルな方法なので投資初心者におすすめの手法です。

ビットコインの取引方法②ビットコインの積み立て投資

ビットコイン 始め方

ビットコインの積み立て投資
  • 毎月一定額購入する
  • 時間や手間がかからない
  • 少額から始められる

ビットコインの積立投資とは、一定期間ごとに決められた額のビットコインを自動的に購入しつづける方法です。

1,000円から始められる投資なので、いきなり大損するというデメリットはなく、低いリスクで仮想通貨投資をしたい方におすすめの手法です。

また少しずつ保有コインが増えるので、基本的に長期で利益を狙います。

そのためビットコインの値動きを頻繁にチェックする必要がありません。

スキマ時間にビットコイン投資を始めたい方や、なるべくリスクを抱えたくない方におすすめの方法です。

ビットコインの取引方法③レバレッジ取引(仮想通貨FX)

ビットコイン 始め方

ビットコインのレバレッジ取引
  • 証拠金より大きな額でトレードできる
  • 下落時でも利益を狙える
  • 損失が膨れ上がる危険性がある

レバレッジ取引は、証拠金を担保にすることで、預けた金額よりも大きい額でトレードできる手法です。

レバレッジでは保有額よりも大きな金額でトレードできるため、その分狙える利益も大きくなります。

資金100万円でレバレッジをかけた場合の利益は以下の通りです。

レバレッジ無し レバレッジ2倍 レバレッジ4倍
利益10% 10万円 20万円 40万円
利益20% 20万円 40万円 80万円

レバレッジをかけるほど大きなリターンが見込めます。

その他にも空売り(※)でビットコインが下落している時でも利益を狙えるメリットがあります。

※空売りとは
空売りでは、暗号資産の価格が下落傾向にある際に、ビットコインを実際に保有していない状態でも「現在の価格で売る(新規売り)」という指示を出します。そして、価格下落後に「現在の価格で買う(買い戻し)」という注文を入れると、売却価格と購入価格の差額が利益となります。

引用元:ビットコイン取引の空売り(ショート)とは?- DMMビットコイン

ただしレバレッジは、レバレッジをかけた分だけ損失額も大きくなるという点に注意しましょう。

ビットコインの取引方法④レンディング

ビットコイン 始め方

ビットコインのレンディング
  • ビットコインを貸して金利を得る
  • リスクが低い
  • 長期で利益を狙う

レンディングとは、保有しているビットコインを暗号資産交換業者に貸すことで金利を得る投資方法です。

貸している期間は常に一定の金利を受け取ることができるので、長期的に安定した投資を好む方におすすめの手法です。

金利は貸し出した暗号資産交換業者ごとに設定されていますが、一般的には1.0~5.0%となっています。

銀行の普通預金がおよそ「0.001%」の金利であることを考えると、レンディング投資によって長期で利益を狙う方法は魅力的です。

ビットコインの取引方法⑤アービトラージ

ビットコイン 始め方

ビットコインのアービトラージ
  • 価格差を利用する
  • 複数の暗号資産交換業者への登録が必須
  • 時間に余裕がない方は厳しい

アービトラージとは、ビットコインを価格が安い業者で仕入れて、高く売れる業者で売るという方法です。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、暗号資産交換業者ごとに価格が異なります。アービトラージでは、その価格差を利用して利益を狙います。

「安く仕入れて、高く売る」という一見簡単な仕組みに思えますが、アービトラージにはいくつか難点があります。

アービトラージの難点
  • 複数の交換業者に登録しなければならない
  • 常に複数の交換業者で値動きをチェックしなければならない
  • 送金や売却を繰り返し、手間がかかってしまう

アービトラージは時間に余裕がある方におすすめの手法です。そのため初心者の方には現物取引とレバレッジ取引をおすすめします。

暗号資産交換業を選ぶときは、現物とレバレッジができる交換業者を選択しましょう。

コインチェックならどちらもできるので、ビットコインを始めたい方は無料登録から始めましょう。

\口座開設は完全無料/

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインで仮想通貨取引を始めるメリット

ビットコイン 始め方

ビットコインで仮想通貨取引を始めるメリット
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

値動きの幅(ボラティリティ)が大きい

ビットコイン 始め方

ビットコインなどの仮想通貨には、値動きが激しいという特徴があります。

値動きが激しければ短期間で利益を出すことが可能です。また株式投資や投資信託よりも短い期間で大きな利益を出せるメリットがあるため、「すぐにでも儲けたい!」という方におすすめです。

値幅(ボラティリティ)が大きいほど大きな利益を狙えますが、大きな損失を抱えるリスクもあることには注意してください。

短期間で稼ぎたいという気持ちがあっても、生活資金を使って購入することは控えましょう。

余剰資金を使った結果、大損して生活がままならないという状態を避けることが重要です。

仮想通貨の中でも特に信頼性が高い

ビットコイン 始め方

ビットコインは数ある仮想通貨の中でも信頼度が高いです。

世界中にユーザーがいて、大企業も決済方法に採用しているということが信頼性が高いことの証明になります。

ではなぜビットコインはビットコインは信頼性が高いのか、以下の理由が挙げられます。

ビットコインの信頼性が高い理由
  • 過去のデータが記録されている
  • データ改ざんはほぼ不可能
  • 仮想通貨の中でも特に価格が安定している

仮想通貨の中でも特に信頼性が高く、安全にトレードできるメリットがあります。

そのため初心者の方は、仮想通貨の取り扱いに慣れるまでビットコインでのトレードがおすすめです。

下落相場でも利益を出せる

ビットコイン 始め方

株式投資では基本的に値上がり益を狙って投資するため、下落相場で利益を狙えません。

しかし、ビットコインは空売りすることで下落相場でも利益を狙うことができます。

またビットコインをはじめとする仮想通貨は値動きが激しく、下落相場になることも多いため、空売りで利益を狙うタイミングもかなりあります。

相場状況に関わらず利益を狙えるのはビットコインの大きなメリットの1つと言えるでしょう。

24時間365日いつでもトレードができる

ビットコイン 始め方

株式投資は株式市場が空いている時間(※)しかできません。

そのため株式投資で利益を出そうと考えても、時間がなくて諦めてしまうという方が多いです。

一方、ビットコインをはじめとする仮想通貨は24時間365日いつでもトレードできます。

自分の都合の良い時間でいつでもトレードできるので、生活サイクルに合わせた方法を確立しやすいです。

自分に合う方法を見つけて、トレードを楽しむことができるのはビットコインのメリットと言えます。

※前場:9時~11時30分 後場:12時30分~15時

日本国内でも 一部店舗で決済通貨として使える

ビットコイン 始め方

資産を増やすためにビットコインのやり取りをすることが多いですが、実は決済手段としても利用できます。

既に「ビックカメラ」「コジマ」などの一部店舗では決済方法の1つとして導入されています。

日本国内では、徐々にビットコイン決済を採用している店舗が増えているので、至る所でビットコインでお得に買い物できる日も近いかもしれません。

また店舗に限らず、「DMM.com」「Paypal」のネット決済にもビットコインは導入されているため、今後さらに決済方法としてビットコインを導入する企業が増えることが期待できます。

ビットコイン決済を始めたい方は、まず仮想通貨取引で口座開設から始めましょう。

\口座開設は完全無料/

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインのデメリット

ビットコイン 始め方

相場の変動が大きく損害がでる可能性がある

ビットコイン 始め方

ビットコインは値動きが激しいという特徴があります。そのため大きな利益を出せる一方で、大きな損失を抱えるデメリットも抱えています。

特にレバレッジを大きくして損失を出してしまったとき、ロスカットされてしまう可能性が高いです。

ロスカットとは、暗号資産交換業者業者が強制的に決済することです。

ロスカットされてしまうと大損失が確定するので、余剰資金で行いましょう。

通貨としての価値が保証されていない

ビットコイン 始め方

ビットコインは法定通貨として認められておらず、通貨価値が保証されていません。

通常、通貨価値が保証されていなければ、買い物やトレードで利用することは不可能です。

しかし、国内では暗号資産交換業者を金融庁が管理していたり、世界にはビットコインを法定通貨として認めている国もあるので、安心してビットコイン売買ができる状況に向かいつつあります。

資産盗難・詐欺被害の可能性がある

ビットコイン 始め方

ビットコインなどの仮想通貨はインターネット上で管理されます。

そのため、ハッキングなどで保有していた仮想通貨が盗まれてしまう可能性があります。

また仮想通貨に限らず、個人情報や機密情報が外部に漏れてしまうリスクも0ではありません。

過去には、世界最大級だった暗号資産交換業者「マウントゴックス」がハッキング被害に遭い、約490億円分のビットコインが流失しました。

こうしたハッキングによる盗難被害は存在するので、仮想通貨を保有する方は秘密鍵や個人情報を徹底して守りましょう。

サーバーダウンやシステムトラブルの可能性がある

ビットコイン 始め方

ビットコインはインターネット上で管理するため、タイミング悪くシステムトラブルに巻き込まれる可能性があります。

システムトラブルによりトレードが一時中断してしまい、場合によっては大きな損失を抱えてしまうかもしれません。

システムトラブルに巻き込まれることを回避する対策として、複数の暗号資産交換業者に登録することをおすすめします。

1つの取引所でシステムトラブルに巻き込まれても、そのほかの業者でトレードを続けることができます。

またトラブルで保有している通貨でトレードできなくなってしまっても、複数の暗号資産交換業者業者に資産を分散させていれば被害額を減らすことにもなります。

ビットコインの推移や買い時を紹介

ビットコイン 始め方

ここでは、ビットコインの推移や具体的な買い時について解説していきます。

2024年2月現在、ビットコインは以下のような推移をしています。

出典:CoinMarketCap

2023年スタートしたビットコインの上昇基調ですが、2024年2月以降さらなる上昇を見せています。

また、ビットコインの相場に以下のようなタイミングが現れた時は買い時です。

ビットコインの買い時
  • ビットコインが暴落しているタイミング
  • ポジティブニュースが出たタイミング

ビットコインが暴落しているタイミング

ビットコインに限らず、仮想通貨市場が暴落していればビットコインを安く仕込める絶好のタイミングです。

逆に「有名企業がビットコインを大量に購入する」など、高騰しているタイミングで購入してしまうと、購入後に価格が下がってしまいリターンは狙いづらいです。

当然ですが、どこが高値になっているかは誰にもわかりません。

ポジティブニュースが出たタイミング

ビットコインに関するポジティブニュースが出たタイミングも絶好の買場になる可能性が高いです。

例に挙げると、以下のようなニュースです。

  • 著名人がビットコインについてポジティブな声明を発表
  • 大手企業が決済にビットコインを採用

過去に米大手のテスラ社が決済にビットコインを採用する、という発表をした際に価格が高騰しました。

最新ニュースを取り入れ続けることで、効果的に利益を得られるでしょう。

ビットコイン始め方・取引のコツ

ビットコイン 始め方

読者

ビットコインの流れやおすすめの取引所はわかったけど、やっぱり実際に売買するとなると不安。

ここでは、初心者が知っておくべきビットコイン売買のポイントやコツを紹介します。ビットコインに不安がある人も、ぜひポイントを押さえて実践してみてください。

ビットコインを始めるコツ
  • 基本的な稼ぎ方を知る
  • ビットコインの取引方法を知る
  • 少額から時間を分散させて投資する(集中投資は避ける)
  • 短期間で利益を出そうとせず長期投資を前提にする
  • 少額からでも買ってみる
  • 複数の取引所で口座開設する
  • ビットコインは余剰資金で始める
  • 損切りをして被害を減らす
  • トレンドには逆らわない
  • 慣れるまでレバレッジ取引をしない
  • レバレッジ手数料を知る
  • ルールを作って守り続ける
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

基本的な稼ぎ方を知る

ビットコインでトレードを行う理由はもちろん「稼ぐため」という人が多いでしょう。ビットコインで稼ぐためには、基本的にはキャピタルゲインを狙うことになります。

キャピタルゲインは資産価格の値上がり益のことで、例えば1ビットコインが500万円から550万円に値上がりしたとき、1ビットコインあたり50万円の利益です。

稼ぎ方はとても単純ですが、簡単に稼げるわけではありません。もちろん、将来の価格変動を確実に予測できるのであれば簡単です。

しかし、当然ながらビットコインの将来の価格を知っている人はいません。

また、ビットコインに限らず暗号資産(仮想通貨)のトレードは、価格変動が激しいなどの理由から不確実性(リスク)が高いと言われています。

つまり、ビットコインはハイリスク・ハイリターンの投資対象です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインの取引方法を知る

ここまでの解説で一部紹介していますが、ビットコインのトレード方法は現物取引を含めて次の3つがあります。

ビットコインの取引方法
  • 現物取引
  • レバレッジ取引(FX・CFD)
  • 積立投資

レバレッジ取引とは、例えば500万円のビットコインを250万円で取引できる方法です。

そもそもレバレッジは「てこ」を意味し、資金を借りて自己資金を超える方法をすること、またはその効果を指します。

レバレッジの効果とは、同じ投資金額で利益は2倍になるが、損失も2倍になる可能性があるということです。また、同じ損益を得るために必要な資金が2分の1にもなります。

つまり、レバレッジ効果とは自己資金に対する損益率が大きくなる(資金効率が高まる)効果のことです。

レバレッジ(差金決済)は、売りポジションを持つことができたり、レバレッジ手数料(ロールオーバースワップ)が発生することがあったりなど、現物とは異なるルールもあることに注意しておきましょう。

また、レバレッジはリスクが拡大する方法ですが、積立投資は投資リスクを抑えることができる投資方法です。詳しくは次項で確認していきましょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

少額から時間を分散させて投資する(集中投資は避ける)

ビットコインは比較的リスクの大きい投資対象であるため、初心者が集中投資をすることは避けるべきです。

集中投資とは、例えば投資に使っても良いお金が100万円あったとして、その100万円を一度にビットコインに投資してしまうような投資方法を指します。

集中投資はうまくいけば大きな利益が狙える反面、同等に大きな損失を出す可能性があるのです。

大きな損失を出してしまうと、投資資金が尽きてビットコインでのトレードを継続することができなくなるかもしれません。

そこで、例えば10ヶ月にわたって1ヶ月10万円ずつ投資するなど、投資する時間を分散する投資方法(積立投資)を試してみましょう。

短期間で利益を出そうとせず長期投資を前提にする

短期間で大きな利益を出そうとするほど、短期間で大きな損失を出す可能性がある投資になってしまいます。

そのため、まずは長期投資を前提にリスクを抑えたビットコイン売買を検討することがおすすめです。

少額からでも買ってみる

ここまで紹介した内容からすると、ビットコインへの投資は「危ない投資」と認識した人もいるかもしれません。

とはいえ、リスクがあるから投資をしないというのでは本末転倒です。車を運転することにも交通事故を起こす(起こされる)かもしれないという不確実性(リスク)があります。

しかし、リスクがあるからといって車の運転をしないという人はそう多くないでしょう。たしかに自賠責保険や任意自動車保険などリスクに備える方法もありますが、それでも一定のリスクを許容しているはずです。

要するに、稼ぎたいのであれば当然に損する可能性(リスク)も負わなければならず、そのリスクをどこまで許容するかという点が重要となります。

そこで、例えば1,000円だけでもビットコインに投資をしてみてはいかがでしょうか。何もリスクを負わない場合よりも、ビットコインのコツを習得しやすくなるはずです。

複数の取引所で口座開設する

複数の暗号資産交換業者で口座開設することをおすすめします。

中には、経営破綻が突然やってくる可能性もあります。

過去に大手の暗号資産交換業であるFTXが破綻したことで、多くの方が資産を減らしました。

複数の暗号資産交換業で口座開設しておくことで、こういった事態が起こっても資産を守ることができます。

ビットコインは余剰資金で始める

ビットコインは生活の余剰資金で売買を行いましょう。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は値幅が大きく、価格変動によりたった数日でビットコインの大半を失ってしまう可能性があります。

そのため生活に必要な分の資金は確保しつつ、余った資金でトレードすることをおすすめします。

損切りをして被害を減らす

損切りすることをおすすめします。特に短期で利益を狙う方は損切りを徹底しましょう。

ビットコインをはじめとした仮想通貨では、値動きが激しいという特徴をいかして、短期で利益が得られます。

しかし下落中に損切りができないと、損失が大きくなり続けてしまい、結果的に資金のほとんどを失ってしまうという可能性もあります。

次のチャンスを残すためにも損切を徹底して損失が膨らまないようにしましょう。

トレンドには逆らわない

取引初心者は、逆張りで大きな利益を得ようとする方がよくいますが、下落相場が回復しないまま資金を失ってしまうことがあるので、逆張りは控えましょう。

トレードに慣れてきたら逆張りで大きな利益を狙いに行ってもよいかもしれませんが、はじめのうちは安定して利益を出せる手法をおすすめします。

慣れるまでレバレッジ取引をしない

ビットコイン初心者がレバレッジ取引で大きな損失を抱える、ということはよくあります。

レバレッジには、証拠金以上に大きな価格でトレードできるという特徴ゆえにハイリスク・ハイリターンです。

暗号資産交換業では、レバレッジを最大2倍に設定できます。

仮にレバレッジ2倍でトレードしたとき、トレード成功なら2倍の利益が得られます。しかし、トレード失敗なら損失は通常の2倍です。

この損失額が証拠金を上回ってしまうと、追加で資金を用意しなければならないのでトレードに慣れるまではレバレッジをかけることは控えましょう。

レバレッジ手数料を知る

レバレッジをかけた状態が翌日まで続くと、「レバレッジ手数料」が請求されます。

このレバレッジ手数料は日を追うごとに膨らんでしまうので、レバレッジをされる方は注意しましょう。

ポジションが1日だった場合は金額分の0.04%しか請求されませんが、長期でレバレッジする方は徐々に負担が大きくなっていくので要注意です。

ルールを作って守り続ける

安定して利益を出し続けるためには、自分なりのルールに基づいた方法が欠かせません。

特に、1回に投資する額や1回のトレードで許容できる損失額など、投資資金を管理するためのルールは優先して決めておきましょう。

そのルールを守ることによって、資金がなくなりビットコインの売買を継続できないという状態を避けることができます。

さらに、ルールもなくたまたま運が良かっただけで得た利益は、安定して出し続けることができません。ルールを守って得た利益こそ、今後も安定して出し続けられる利益です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインを保管する「ウォレット」を解説

ビットコイン 始め方

ウォレットとは、保有している仮想通貨をデータ上で保管する方法です。

ここではいくつかあるウォレットの種類をわかりやすく解説していきます。

ウォレットの種類
  • ウェブウォレット
  • モバイルウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

ウェブウォレット

ウェブウォレットとはインターネット上で仮想通貨を保管するウォレットとなっており、「オンラインウォレット」とも呼ばれます。

ウェブウォレットの例として取引所ウォレットが挙げられます。文字通り仮想通貨のトレードを可能にするウォレットです。

またウェブウォレットは秘密鍵などのアカウントを守る情報もインターネット上で管理するため、ハッキングや情報漏洩のリスクを抱えています。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、スマートフォンなどの端末で利用する仮想通貨ウォレットです。

その特性上、モバイルウォレットは誰でも手軽に利用することができます。

また秘密鍵は端末内で管理されるため、情報漏洩などのリスクが比較的低いです。

しかし扱う端末が変わってしまうと、秘密鍵などの情報も再度入力しなければならないので、常に忘れない状態にしておきましょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、USBメモリなどの外付けデバイスで仮想通貨を保管するウォレットです。

ハードウェアウォレットはインターネット上での管理ではないので、情報漏洩のリスクがかなり低いです。

しかしUSBメモリ自体を無くしてしまうと、保管してある仮想通貨や秘密鍵の情報がすべて失われてしまうので、ハードウェアウォレット自体の管理には細心の注意を払いましょう。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、秘密鍵などの情報を文字として紙に記録する方法です。

このウォレットはインターネットとは無縁の場所で情報を管理するため、ハッキングの心配を考える必要がありません。

しかし、ハードウェアウォレットと同様にウォレット自体を紛失してしまう恐れがあります。

また秘密鍵などの重要な情報を記載したまま、誰かに盗難されると保有している仮想通貨がすべて盗まれてしまう可能性があります。

そのため、ペーパーウォレットを使う方は、保管場所を自分1人の秘密にするなど、可能な限り情報が洩れないようにしましょう。

ビットコインの始め方に関するよくある質問

ビットコイン 始め方

ビットコインの始め方に関するよくある質問をまとめました。ぜひチェックしてみて、ビットコインに関する理解を深めておきましょう。

ビットコイン始め方に関するよくある質問
  • ビットコインの始め方は?
  • 取引所と販売所の違いは?
  • ビットコインにおすすめの取引所は?
  • ビットコインを始めるために準備が必要なものは?
  • ビットコインを始めるのにかかる時間は?
  • ビットコインは何時から何時までできる?
  • ビットコインはいくらから買える?
  • ビットコインを始めると税金かかる?
  • ビットコインは誰でも始められる?
  • ビットコインはスマートフォンだけでも始められる?

ビットコインの始め方は?

ビットコインは、暗号資産交換業者に口座開設を申し込み、資金を入金後、販売所や取引所で注文を出すことによって始められます。

取引所と販売所の違いは?

取引所は参加者同士の注文をマッチングして行うオークション形式で、販売所は暗号資産交換業者が提示する価格で行う店頭形式です。

基本的には、手数料やコストを抑えられる取引所をおすすめします。

ビットコインにおすすめの取引所は?

この記事で紹介している暗号資産交換業者はすべておすすめですが、迷ったら総合力の高いコインチェックを選んでみてはいかがでしょうか。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ビットコインを始めるために準備が必要なものは?

口座開設の流れで説明したとおり、一般的には次のものを準備する必要があります。

ビットコイン取引のために準備が必要なもの
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • 本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)

当然、メールやSMSを送受信するための通信環境も必要です。

ビットコインを始めるのにかかる時間は?

ビットコインを始めるのにかかる時間は、最短で10分程度です。多くの暗号資産交換業者では翌営業日以内にビットコイン取引を始められるでしょう。

ビットコインは何時から何時までできる?

ビットコインは、24時間365日取引できます。ただし、臨時にメンテナンスが実施されることがあるため注意が必要です。

ビットコインはいくらから買える?

ビットコインの価格にもよりますが、通常は500~600円程度から購入できます。取引所や販売所ごとに最小発注数量が決められているため確認しておきましょう。

例えば、bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所における最小発注数量は0.00000001 BTCです。

ビットコイン価格を適用すると1円未満になることもありますが、つまり1円から取引できます。

ただし入出金手数料を負担することがあるため、そのようなコストにも注意しておきましょう。

ビットコインを始めると税金かかる?

ビットコインなどの仮想通貨で得た利益は主に雑所得に分類され、税金がかかります。

また所得金額によっても税率が異なるので、気になる方は以下の表でご確認ください。

課税対象の所得金額 税率
195万円以下 5%
195万円以上 330万円以下 10%
330万円以上 695万円以下 20%
695万円以上 900万円以下 23%
900万円以上 1,800万円以下 33%
1,800万以上 4,000万円以下 40%
4,000万円以上 45%

脱税はせずに、確定申告をしてしっかり税金を支払うようにしてください。

ビットコインは誰でも始められる?

ビットコインをはじめとする仮想通貨は20歳以上75歳以下であれば、誰でも始めることができます。

仮想通貨取引所の口座開設には、本人確認書類が必要なので、事前に用意しておきましょう。

ビットコインはスマートフォンだけでも始められる?

ビットコインはスマートフォンだけでも始められます。

仮想通貨取引所の多くがアプリを開発しており、口座開設から実際の取引まですべてスマートフォンで完結させることができます。

ビットコイン(仮想通貨)始め方のまとめ

ビットコイン 始め方

ここまでビットコイン(仮想通貨)の始め方や取引のコツをご紹介してきました。

ビットコインに限らず、仮想通貨全体がさらなる需要を期待されて価格の高騰が発生しています。

この機にビットコインで仮想通貨取引を始めて、一攫千金を狙いたい方も多いと思いますが、無理なトレードは資金を失う可能性を高めてしまうので、まずは少額でビットコイン取引を始めましょう。

コインチェックでは少額でビットコイン取引を始められるうえに、アプリの操作性などに定評があるため、初心者の方におすすめの仮想通貨取引所です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー 金子賢司さん
東証一部上場企業で10年間サラリーマンを務める中、業務中の交通事故をきっかけに企業の福利厚生に興味を持ち、社会保障の勉強を始める。 現在はファイナンシャルプランナーとして、健康とお金、豊かなライフスタイルなどの相談を受ける。個人・法人のお金に関する相談、北海道のテレビ番組のコメンテーター、年間毎年約100件のセミナー講師などを広く活動している。趣味はジャザサイズ。
<保有資格>CFP

金子賢司さん公式ホームページ

⬇︎こんな記事もおすすめ

仮想通貨取引所おすすめ6選【最新版】選ぶ際のチェックポイントや注意点も解説

ビットコインの今後は?過去の出来事や専門家の予測から今後の値動きを予測

消費者庁、金融庁、警察庁、政府からの注意喚起

「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

暗号資産取引に関して特に注意すべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です