WILLs

IR-navi

のべ600社以上が導入!
IR活動のスタンダートツール

  1. ① 国内機関投資家
  2. ② 外国人投資家
  3. ③ 個人株主

3つの投資主体をインターネット上で結ぶ国内唯一の投資家マーケティングツール

ウィルズが提供する、企業と投資家のネットワーク

株式保有状況を把握

国内投信・海外ミューチュアル情報と実質株主判明調査結果の登録・閲覧

国内の投信(ファンド)および海外のファンド(ミューチュアル)が組み入れている銘柄と株式数を日次で集計しています。年1~2回実施する実質株主判明調査結果の登録・閲覧に加え、日次で集計された情報を閲覧することができます。自社に加え、上場会社全社の保有が閲覧できるため、他社を比較対象にすることができます。通常の株主判明調査では報告できない、パッシブ、アクティブ運用の数値のブレイクダウンに加え、ウェイト・インデックスと呼ばれるシステム独自の指標により各投資家による株の保有状況(強気・弱気)を数値化しております。この指数を活用することにより、自社に有効な投資家を優先的に並べ替えることが可能になっておりIR業務効率化に役立ちます。アクティブファンドに関しては各ファンドの運用担当者名までをターゲティングできます。

投資家ターゲティング

他社比較分析による潜在投資家ターゲティング機能

IR-naviのファンド分析機能やプロフィール機能からスクリーニングした機関投資家を個人ベースまでターゲットし、フォルダにリスト化できます。ターゲティングリストをもとにIR戦略別にアクションを起こすことにより、迅速かつ効率的なIR業務を遂行することができます。メールサーバーを搭載していますので、メールであればすぐに国内約4,000名、海外約100,000名の機関投資家にリーチすることが可能です。また、機関投資家の住所からすぐにラベル印刷を行えますので、各種招待状やアニュアルレポートなどの郵送物を発送する準備を円滑に行うことができます。上記国内外機関投資家のデータベースは、コールセンターにより随時アップデートされていますので、機関投資家へのリーチ率は業界最高レベルに達しています。

IRアクション

可能な限りのIRアクションをシステム上でサポート
メール配信機能
リストにある投資家へメールを一斉配信することが可能です。
マイリスト機能
分析やデータベースで抽出した国内外の投資家をIRの用途別にグルーピングすることが可能です。投資家の移動が多いという悩みを、IR-naviのデータベースと連動することによって解消しております。また、CSVファイルとしてダウンロードし、ローカルPCに保存する事ができます。
郵送用にラベル出力
アニュアルレポートの送付等の用途に定形ラベルのフォーマットでレイアウトできます。発送業者を介さなくても、自社でラベル出力から発送までが容易に行えます。
IRイベント告知
機関投資家に説明会等のIRイベントを告知できます。国内最大級のIR-naviイベントカレンダーは、多くの機関投資家が利用しています。
IRイベントの出欠管理
決算説明会の実施にあたり、メール配信機能を使い投資家への一斉案内をすることができます。エントリーした投資家の出欠情報は自動集計され、出欠管理、出席者名簿作成まで、一元管理が可能です。
コンタクト履歴機能
日ごろの投資家との面談履歴を登録、管理することができます。情報を共有することで面談履歴情報を会社の財産にし、担当者が変わっても業務をそのまま引き継ぐことができます。面談情報を検索機能などで整理でき、投資家データベースにない方の情報も登録管理することができます。