株式会社ウィルズ運営 カードローンの借り換えおすすめ10選!低金利の銀行や審査、メリットデメリットを紹介 - WILL LOAN
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

カードローンの借り換えおすすめ10選!低金利の銀行や審査、メリットデメリットを紹介

読者

カードローンの借り換えって何をするの?

読者

カードローンを借り換えでおすすめの低金利ローンが知りたい!

といった悩みを抱える人は多いです。

カードローンの借り換えは現在契約しているカードローンの借入残高を別のカードローンで借りて返済、または一部返済することです。

現在借入をしているカードローンよりも低いカードローンで借り換えをすれば、返済額や金利の負担が軽減される場合があります。

今回はカードローンを借り換えるメリットとデメリット、借り換える時の注意点、カードローンの借り換えにおすすめの借入先などについて紹介します。

カードローンの借り換えをまとめると
  • カードローンの借り換えは現在契約しているカードローンから別の会社のカードローンに乗り換えること
  • カードローンの借り換えには審査がある
  • カードローンの借り換えをするメリットは金利を低くして総返済額を少なくできる、返済の利便性が向上する、毎月の返済額を軽減できるなど
  • カードローンのデメリットは金利や利息総額が高くなる場合もある、審査が厳しいの2つ
  • カードローンの借り換えにおすすめの借入先はプロミス、レイクALSA、アイフル
初めての利用なら最大30日間利息ゼロ!
アイフル
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー 中西諒太さん
静岡県出身。株式会社了代表取締役。アパレル販売員をしながら独学で宅建を取得。賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務を経て独立し現在に至る。 WEBメディア運営・監修・不動産賃貸業に従事。 中西諒太さんの公式サイトはこちら

カードローンの借り換えとは

カードローン_借り換え_とは

カードローンの借り換えとは、現在契約しているカードローンから別の会社のカードローンに乗り換えることを指します。

例えば、現在金利10%のA社から借入をしており、A社よりも金利が2%安い8%のB社に同額の借入をして、そのお金でA社の借入を返済すれば、金利8%のB社からの返済のみになります。

このように、カードローンの借り換えをすれば返済の負担を軽減することができ、自由に使えるお金も増える可能性が高いです。

また、全額でなく一部借り換えた場合でも、借り換えた分の利息を抑えることができます。

カードローンの借り換えとは
  • 借り換えは別のカードローンに乗る変えることであり、おまとめローンとは異なる
  • カードローンの借り換えには審査がある

借り換えとおまとめローンの違い

借り換えは「別のカードローンへの乗り換えること」と先ほど説明しました。

一方で、おまとめローンは複数の借入を一つのおまとめローンを使ってまとめることを指します。

おまとめローンを利用することで複数の返済を一つにまとめることができ、管理の手間がなくなり、毎月の返済額を減らせる可能性もあります。

このように、借り換えとおまとめは全く異なる商品になりますので、勘違いしないようにしてください。

ただし、おまとめローンで契約しても今よりも適用金利が下がることはあります。

カードローンの借り換えには審査がある

カードローンを新規で契約する時に審査があるように、借り換えをする時にも審査に通過しなければいけません。

また、一つの会社から現在借入をしている場合、自分の収入や信用情報によっては同額のお金を借りられない可能性もあります。

例えば、消費者金融では借入できる金額は年収の1/3までと定められている総量規制という法律があります。

そのため、年収1/3を超える借入はできません。

例えば、年収300万円の人が借入できる上限額は100万円です。

現在100万円を既に借入している場合、新たに他の会社で同額の100万円を借入することはできません。

カードローンの借り換えのメリット4つ

カードローン_借り換え_メリット

ここでは、カードローンの借り換えをするメリットを紹介します。

カードローン借り換えのメリット①金利を低くして総返済額を少なくできる

カードローンの借り換えをすれば、金利を低くして総返済額を少なくできます。

借り換えはローンの残高が段階的に減っていくことから厚生労働省も推奨しており、現在契約しているところよりも低い金利のカードローンに借り換えをすることで毎月の利息負担を軽減できます。

例えば、100万円を金利18.0%で借りている場合、金利12%で借り換えをすることで以下のように利息を削減することができます。

カードローンの金利
金利18.0% 金利12.0% 差額
返済総額 1,523,580円 1,334,640円 −188,940円
利息総額 523,580円 334,640円 −188,940円
毎月の返済額 25,393円 22,244円 −3,149円
元金返済分 10,393円 12,244円 +1,851円

このように、借り換えをするだけで18万円以上も返済総額が安くなることがわかります。

現在200万円の借入がある場合は約37万円ほどの利息総額を軽減ができ、早めに完済目指せます。

カードローン借り換えのメリット②返済の利便性が向上する

新しい借り換え先でカードローンの返済に便利なサービスが提供されているところもあります。

例えば、口座振替で自動で返済できたり、返済日を自由に選べたり、提携しているATM手数料が無料などのサービスを提供していることが多いです。

特に、ATMで返済している場合は返済する度に無駄な手数料が発生するため、トータルの失費がかさんでしまいます。

借り換えをするだけで今まで以上に返済の利便性が高くなる点は大きなメリットと言えるでしょう。

カードローン借り換えのメリット③毎月の返済額を軽減できる

毎月の返済額の負担が厳しく感じる場合は、借り換えをすることで毎月の返済額を低くすることもできます。

例えば、プロミスで100万円借りる場合、毎月の最低返済額は26,000円です。

しかし、毎月の返済額が低めに設定されているPayPay銀行は100万円借りた場合の最低返済額は15,500円です。

借り換えをするだけで毎月の返済額を1万円以上削減することができるため、心に余裕を持った状態で返済を続けることができるでしょう。

返済期間が伸びれば、その分総返済額も膨らみやすいですが、まずは生活に余裕を持たせることも大切なポイントです。

カードローン借り換えのメリット④借り換え専用ローンは金利の引き下げが義務付けられている

借り換え専用ローンは金利の引き下げが貸金業法で義務付けられています。

そのため、既存の借入よりも適用金利が引き下げられるため、負担が軽減できます。

「借換後」の金利が「借換前」の金利を上回ることがないようにする。なお、複数の債務をまとめる場合、「借換後」の金利は、「借換前」の金利を各債務の元本で加重平均した金利を上回らないこととする。

出典:改正貸金業法に関する内閣府令の改正の概要

例えば、現在適用されている金利は18.0%の場合、最低でも17.9%以下となります。

つまり、現在の適用金利よりも低い金利が適用されることが保証されていますので、借入専用ローンを利用する利点は大きいです。

カードローン借り換えのデメリット2つ

カードローン_借り換え_デメリット

続いて、カードローンの借り換えをするデメリットを紹介します。

カードローンの借り換えをするデメリット

カードローン借り換えのデメリット①金利や利息総額が高くなる場合もある

借入先のカードローンによっては逆に金利や利息総額が高くなる場合もあります。

例えば、元金定額方式から元利定額方式に変更した場合、元利定額方式の方が返済期間が長くなるため返済総額が増えてしまいます。

また、借入する時の金利は審査通過後に決まるため、必ず今よりも金利の低いカードローンで借り換えできるとは限りません。

下限金利が低めでも、上限金利が高いところを選ぶと今よりも利息が高くなることもあるため注意してください。

借り換え専用のローン以外で借り換えをする場合、金利が確実に下がる保証はありませんので慎重に選ぶようにしましょう。

カードローン借り換えのデメリット②審査が厳しい

カードローンの借り換えには審査があります。

借り換え先のカードローンでは、新しく新規契約が必要になるため審査に通過しなければ借り換えすることはできません。

また、カードローンの借り換え時の審査は現在の借入額や返済状況を考慮したうえで審査が行われるため、新規契約と比べると審査に通過できない可能性も高いです。

審査は必ず行われ、審査がない、緩いカードローンはありませんので、借り換え先は慎重に選ぶようにしましょう。

編集部

審査に通過できなければ残念ながら借り換えをすることはできません。

カードローンの借り換えにおすすめの低金利借入先10選

カードローン_借り換え_おすすめ

ここでは、カードローンの借り換えにおすすめの借入先を紹介します。

アイフル

出典:アイフル

アイフルは借り換え専用のローン(かりかえMAX・おまとめMAX)を提供しています。

かりかえMAXは今よりも低い金利で毎月の返済額を軽減できます。

他社からの借入が1社でも複数の借入でも返済管理がラクに。

また、年収の1/3を超える借入も可能で現在総量規制ギリギリの範囲で借入している人や、審査落ちしてしまった人にもおすすめです。

さらに、他の消費者金融ではできない銀行のカードローンやクレジットカードのリボ払いも借り換え可能です。

金利 3.0~18.0%
無利息期間 最大30日間
限度額 1~800万円
審査時間 最短20分
即日融資 可能
借り換え専用ローン ◯(かりかえMAX・おまとめMAX)
初めての利用なら最大30日間利息ゼロ!
アイフル

アコム

カードローン_借り換え_アコム

出典:アコム

アコムは毎月の金利、返済金額の負担を軽減できる借り換え専用ローンを提供しています。
アコムのメリットは審査が早い点です。
通常の新規申し込みだけでなく借り換えローンも審査も最短30分で完了し、即日借入することもできます。
また、提携ATMが多いので返済時の移動の手間が省ける可能性が高く、提携ATMでの返済は手数料がかからないため今よりも条件が良くなる可能性が高いです。
さらに、アコムは自分の代わりに清算手続きも代行してくれるため、仕事が忙しくても返済が遅れることはありません。

金利 3.0〜18.0%
無利息期間 最大30日間
限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
借り換え専用ローン ◯(借り換え専用ローン)
↓↓ アコムの3秒診断で結果を確認 ↓↓
アコム

三井住友カード【三井住友カード カードローン】

カードローン_借り換え_三井住友銀行

出典:三井住友カード

三井住友カード カードローンは50万円以下の少ない借入額でも低金利が適用されるカードローンです。

返済の遅延なく返済し続けると、適用利率毎年0.3%ずつ引き下げるサービスなども非常に魅力的です。

また、提携している銀行や三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行などと多く、借り換え後の利便性が高くなる点も魅力と言えるでしょう。

毎月の返済額は最低1万円から返済できるため、今よりもゆとりを持った状態で返済をすることもできます。

金利 1.5~15.0%
無利息期間
限度額 最大900万円
審査時間 最短5分
即日融資 可能
借り換え専用ローン

PayPay銀行カードローン

カードローン_借り換え_paypay銀行カードローン

出典:PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローンは借入金額が高いほど金利がお得になるサービスです。

特に、200万円を超える借入の場合は他社よりも金利を抑えられる可能性が高いです。

返済方法は毎月1,000円単位で無理なく設定することもでき、返済日前にメールでお知らせしてくれるためうっかり返済を忘れてしまう心配もありません。

また、借入直後や支払いの直後などで返済が難しい場合は約定返済日を1ヶ月分スキップできる点も大きな魅力です。

金利 1.59%~18.0%
無利息期間
限度額 最高1000万円
審査時間 最短翌日
即日融資
借り換え専用ローン

楽天銀行【スーパーローン】

カードローン_借り換え_楽天銀行カードローン

出典:楽天銀行

楽天銀行のスーパーローンは楽天会員ランクに応じて審査が優遇されます。

これは楽天会員限定のサービスで、普段から楽天グループのサービスを利用している人には特におすすめのカードローンです。

また、年1.9%~年14.5%と借り換えにも好適な金利で、金利の見直しで毎月の支払額が安くなる可能性が高いです。

借り換えした後の毎月の返済額は2,000円から決めることができ、ボーナスや臨時収入など、お金に余裕がある時に追加で返済することもできます。

返済する口座を楽天口座にすれば、ランキが一つ上がって審査が優遇されたり、24時間365日の即時振込などの利便性も高まります。

金利 1.9〜14.5%
無利息期間 最大30日間
限度額 10〜800万円
審査時間 最短翌日
即日融資
借り換え専用ローン

みずほ銀行カードローン

カードローン_借り換え_みずほ銀行

出典:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン24時間Web申込を受け付けており、全てオンライン上で完結するためお忙しい方や、すぐに利用されたい方にもおすすめです。

カードローンを利用するとみずほ銀行のATM手数料が無料になるため、現在みずほの口座を持っている人にも便利なサービスです。

また、返済は毎月2,000円単位で追加することができるため、現在毎月の返済額が厳しい方でも無理なく返済ができます。

さらに、みずほ銀行の口座を持っていれば新たにローンカードを作る必要がなく、キャッシュカードでの返済もできるため家族にもバレにくいです。

金利 2.0%~14.0%
無利息期間
限度額 10万円~800万円
審査時間 2~3営業日
即日融資
借り換え専用ローン

ORIX MONEY(オリックスマネー)

カードローン_借り換え_オリックスマネー

出典:ORIX MONEY(オリックスマネー)

ORIX MONEY(オリックスマネー)はクレジットカードやローンサービスを提供するオリックス・クレジットのスマホ完結ローンです。

最大金利は17.8%で、少額での借入でも今より利息が安くなる可能性が高いです。

また、ORIX MONEY(オリックスマネー)はWebで申込をした後、オンライン本人確認サービスを利用すると自宅に郵送物が届くこともないため、借入が家族にバレてしまうこともありません。

さらに、ORIX MONEY(オリックスマネー)で契約するとオリックスレンタカーやオリックスカーシェアなどを優待価格で利用できる点も魅力です。

金利 2.9〜17.8%
無利息期間
限度額 最大800万円
審査時間 最短即日
即日融資 可能
借り換え専用ローン

JCBカードローン【FAITH】

カードローン_借り換え_JCBカードローン

出典:JCBカードローン

JCBカードローンのFAITHは最大2.5カ月の無利息期間で少額でも借り換えを検討している人におすすめです。

Webで申込が完結し、カードを受け取る前に借入することも可能です。

また、キャッシング1回払いなら金利5.00%で借入することができ、金利を抑えられます。

さらに、一般的には消費者金融のカードローンの方は金利が高く設定されていますが、JCBカードローンFAITHは銀行のカードローンよりも上限金利が低く設定されています。

返済方法は早期完済と負担を軽減しながら返済のどちらかを選択することもでき、ニーズに合わせた便利なサービスも利用可能です。

金利 4.40〜12.5%
無利息期間
限度額 最大500万円
審査時間 最短1週間
即日融資
借り換え専用ローン

プロミス

プロミス-ロゴ

出典:プロミス

プロミスは借り換え専用のおまとめローンで段階的に残高を減少させることができます。

返済は毎月1回で返済期日や返済金額の管理がしやすく、今後の返済予定も立てやすいです。

また、現在契約しているローンで適用されている金利を確認したうえで、利息額を減少するように考慮してくれるためほぼ確実に負担が軽減できます。

商品名はおまとめローンになりますが、各銀行で提供しているおまとめローンよりも審査が早く、店頭での申込をすれば最短即日融資を受けることも可能です。

さらに、現在プロミスから借入している場合でも、おまとめローンへ契約を変更することもできるので、返済状況に合った柔軟な対応もできます。

金利 4.5〜17.8%
無利息期間 最大30日間
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
即日融資 可能
借り換え専用ローン ◯(おまとめローン)

レイクALSA

カードローン_借り換え_レイク

出典:レイクALSA

レイクALSAの「アルサ de おまとめ」は複数の借入を一本化することができ、毎月の返済額や利率を抑えることができるカードローンです。

1社だけでなく複数の借入も一本化でき、総額150万円、貸付利率(年率)15.0%の場合は毎月の返済額が17,000円も軽減できます。

また、レイクALSAは限度額200万円以内の借入であれば60日間の無利息サービス、5万円までなら180日間の無利息サービスが選べます。

そもそもの金利は他と比べても大差ないですが、無利息期間を上手く利用することで実質金利が低くなるためお得です。

また、短期間で完済できれば無駄な利息を一度も支払うことなく返済できるため、返済の目途がたっている人にもおすすめです。

金利 4.5~18.0%
無利息期間 最大180日間
限度額 1〜500万円
審査時間 Webで最短25分
即日融資 可能
借り換え専用ローン ◯(アルサdeおまとめ)

カードローンで借り換えすべき人は?

カードローン_借り換え_すべき人

カードローンで借り換えすべき人は、現在の利息額が高い人です。

利息が高ければ、その分総額は膨らんでいきますので返済はどんどん苦しくなっていきます。

今よりも金利の低いカードローンに借り換えができれば、毎月の返済額は少なくなり余裕を持てるでしょう。

ただし、注意しなければならないのは、借り換えの時には再び審査に通過しなければならないということ。

借り換えローンの場合は残高がある状態で審査を受けるため、ローン残高が大きく審査結果に影響し、一般的には審査が厳しくなります。

そのため、なるべくローン残高を減らしておくことが審査通過率を上げる要素となります。

カードローンの借り換えで審査通過率を上げるポイント

カードローン_借り換え_通過率

カードローンの借り換えの審査は厳しく、審査を有利に進めるためには以下のポイントを押さえておきましょう。

借り換えで審査通過率を上げるポイント①返済遅延を起こさない

これまでに一度でも返済遅延を起こしている人は審査通過が難しいです。

借り換えを検討している人の中には、毎月の返済額がギリギリ、既に払えない状態にいる人もいると思います。

返済遅延を起こしてしまうと審査時に悪影響を与えてしまうため、返済遅延を起こさないようにすることが大切です。

借り換えで審査通過率を上げるポイント②収入が安定しているか

借り換えの審査時には自分の収入が安定しているかどうかも重要なポイントとなります。

例えば、コロナが影響して収入が下がっていたり、返済のために収入を上げようと転職したばかりの時に借り換え審査をすると、審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

そのため、カードローンの借り換えをする時は収入が安定している時に申込をするのがおすすめです。

借り換えで審査通過率を上げるポイント③借入残高はなるべく減らしておく

借り換えで審査通過率を上げるためには、現在の借入残高をなるべく減らしておくのもポイントです。

希望借入額が低いほうが審査に通りやすくなるため、申込をする前にできるだけ借入残高は少なくしておきましょう。

カードローンの借り換えをしないほうがいい人

カードローン_借り換え_しない方がいい人

カードローンの借り換えをしないほうがいい人は以下のとおりです。

借り換えをする前に、自分に当てはまる項目がないかどうかをチェックしてください。

借り換えをしないほうがいい人①現在契約しているカードローンの金利が低い

現在契約しているカードローンの金利が低い場合は借り換えのメリットを感じることは少ないです。

金利が低いカードローンから金利が高いカードローンに借り換えしてしまうと逆に返済の負担が多くなったり、総返済額が増える可能性もあるため借り換えをしないほうが良いでしょう。

借り換えをしないほうがいい人②借入残高が少ない

現在契約しているカードローンの借入残高が少ない場合は、そもそも借入をする必要はないでしょう。

元本が少ない場合や、完済までの期間が短い場合は借り換えをするメリットが少ないです。

そのため、わざわざ借り換えをする必要はありません。

借り換えをしないほうがいい人③返済が何度も遅れている

現在借入をしているカードローンで、何度も返済が滞っている場合はそもそも審査に通る可能性が低いです。

借り換えをする時は申込者の収入や現在の借入残高、返済滞納履歴、信用情報などから総合的に審査します。

現在借入しているところで返済の滞納履歴が残っている場合は審査に通過する可能性は低いです。

カードローンの借り換えのQ&A

カードローン_借り換え_よくある質問

最後に、カードローンの借り換えに関するよくある質問にまとめて回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

カードローンの借り換えで審査が甘いところはある?

カードローンの借り換えで審査を甘いところはありません。

逆に、審査が甘いことをウリにしているところは闇金業者の可能性もあるため絶対に利用しないでください。

カードローンの借り換えでおすすめの借入先はどこ?

カードローンの借入でおすすめの借入先はプロミス、レイクALSA、アイフルです。

借り換えローンにはどんなデメリットがある?

借り換えローンには金利や利息総額が高くなる場合もある、審査が厳しいなどのデメリットがあります。

カードローンの借り換えをする前に相談できるところはある?

カードローンの借り換えをする前に誰かに相談したい場合は、弁護士や公的機関がおすすめです。

特に、複数の会社から借入をしている場合は一度専門家に相談した方が良いかもしれません。

初めての相談は無料の弁護士事務所もありますので、悩んでいる人は一度相談してみるのも良いでしょう。

カードローンの借り換えのまとめ

カードローン_借り換え_まとめ

今回はカードローンを借り換えるメリットとデメリット、借り換える時の注意点、カードローンの借り換えにおすすめの借入先などについて紹介してきました。

現在適用されている金利よりも低い金利のカードローンに借り換えをすることで、毎月の返済額や総返済額の負担を軽減することができます。

また、複数の借入先から融資を受けている場合も返済日や返済額の管理がしやすくなるというメリットもあります。

審査はあるものの、無事に借り換えの審査通過ができれば大きなメリットが得られますので、総返済額を減らしたい人や毎月の返済額を低くしたい人は一度検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンなど借入に関する政府による注意喚起

消費者生活センターの役割と相談の仕方を知ろう

金融庁提供:お金を借りる方、借りている方へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です