株式会社ウィルズ運営   仮想通貨の時価総額とは?現在のランキングや将来性の高いおすすめ銘柄も! - WILL CRYPTO
当サイトの表記には、プロモーション広告を含みます。※不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)に基づく表記 デジタル庁管轄 e-Gov (外部リンク/新しいウィンドウで開きます。)

仮想通貨の時価総額とは?現在のランキングや将来性の高いおすすめ銘柄も!

そもそも仮想通貨の時価総額って何なの?
ランキングが上位なほど有名ってのはわかるけど…。
ちゃんと説明はできないや。

このような疑問を持った方へ向けた記事となります。

時価総額は、仮想通貨に関する方々なら誰しも聞いたことがあるのではないでしょうか。
仮想通貨において「時価総額」は、さまざまな場面で本当によく使われる言葉です。

この記事では、時価総額の概要や計算方法についてご紹介しています。

それに加えて、

仮想通貨 時価総額-概要についても解説しています。

仮想通貨投資において、時価総額についての理解は重要な要素です。

本記事でしっかり理解のうえ、仮想通貨で稼ぐための参考にしていただければと思います。

仮想通貨の時価総額についてまとめると
  • 時価総額とは、「通貨の市場規模や価値を相対的に判断できる指標」のこと。
  • 「時価総額=市場価格×発行数量」で算出できる。
  • 発行数量は上下するため、時価総額は常に変動する。
  • 時価総額が高いと、取引がしやすく、最新情報にも触れやすいメリットあり。
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック
当記事の監修者
ファイナンシャルプランナー 中西諒太さん
静岡県出身。株式会社了代表取締役。アパレル販売員をしながら独学で宅建を取得。賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務を経て独立し現在に至る。 WEBメディア運営・監修・不動産賃貸業に従事。 中西諒太さんの公式サイトはこちら

仮想通貨の時価総額とは?

仮想通貨 時価総額-とはこの章では以下のとおり、仮想通貨の時価総額について見ていきます。

仮想通貨の時価総額についてまとめると
  • 時価総額の概要
  • 時価総額の計算方法

それぞれ解説します。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

時価総額の概要

仮想通貨における時価総額とは、一言でいうと、以下のとおりです。

時価総額を一言でいうと

「仮想通貨の市場規模や価値を、相対的に判断できる指標」のこと。

仮想通貨それぞれに与えられた時価総額を見れば、おおよその市場規模や価値が把握できます

そのため、時価総額を基準にして仮想通貨の銘柄を選ぶ投資家も少なくありません。

つまり時価総額が高い仮想通貨は、需要が大きいです。
そのため、一般的に「信頼性が高い」とされています。

一方で時価総額の低い仮想通貨は、需要が小さいです。
そのため、一般的には「信頼性に欠ける」とされています。

時価総額の計算方法

時価総額は、以下の計算方法で求めることができます。

時価総額の計算方法

時価総額=市場価格×発行数量

見てのとおりですが、市場価格が上がることで、時価総額も上がります

とはいえ、発行数量が上がっても時価総額は上がりません
なぜなら発行数量が上がると、「希少性」が低下するからです。

その結果、市場価値が下がってしまいます。

つまり供給を増やしすぎても供給過多となり、価値は下がる、というわけです。

このように時価総額は、市場価格と発行数量のバランスで成り立っています。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

【2024年2月】仮想通貨の時価総額ランキング

仮想通貨 時価総額-ランキング時価総額ランキングトップ5は、以下のようになっています。

  • 1位 ビットコイン
  • 2位 イーサリアム
  • 3位 テザー
  • 4位 BNB
  • 5位 リップル

それぞれご紹介します。

1位 ビットコイン(BTC)

ビットコインは、世界で初めて作られた仮想通貨です。

数ある仮想通貨の中でも圧倒的な知名度と規模を誇ります。
そのため、時価総額は堂々の1位となっています。

もともとビットコインは、決済手段として開発されました。
その手段として「中央管理者の存在しない分散システム」を導入
そのシステムの利便性が、世間から大きく注目されました。

ビットコインは今後の将来性においても非常に優秀です。
実際に2021年9月、アメリカのエルサルバドルで法定通貨として認定されています。

ビットコインは現在「世の中のすべての仮想通貨の基軸」であり、中心的な存在となっています。

そのため仮想通貨を始めるなら間違いなく、真っ先に検討したい銘柄です。

シンボル(通貨) BTC
時価総額 143,507,680,576,750円
価格 7,318,427円(2024年2月26日 0時00分現在)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

2位 イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、時価総額2位を誇る仮想通貨です。

2015年の7月に生まれ、ビットコインに次ぐ仮想通貨として世界的に知られています。
もともとは、「分散型アプリケーションで利用される通貨」として開発されました。

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクト機能です。

スマートコントラクト機能とは?

ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのこと。
データ改ざん耐性に特化しており、高いセキュリティが保証される。

具体的には、
・NFTアート
・メタバースのアバターやアイテム

といった「一点もの」の証明として利用されている。

スマートコントラクトはメタバースやNFTに限りません。
今後もさまざまな分野で応用されることが期待されています

2021年にはNFTブームが到来しています。
その影響もあり、11月頃にはイーサリアムは過去最高値の約54万円を記録しています。

また現代では「メタバース」の市場が拡大し、将来性が期待されています。
そのメタバースでも、イーサリアムのスマートコントラクト機能が利用されています。

イーサリアムは、時価総額1位のビットコインと比較し、市場規模や知名度はまだまだ低いです。
また、購入価格についても桁が違います。

そのため、今後の伸びに大きな期待がかかる銘柄です。

シンボル(通貨) ETH
時価総額 45,177,910,538,673円
価格 375,401円(2024年2月26日 0時00分現在)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

3位 テザー(USDT)

テザーは時価総額ランキングにおいて、2024年2月現在で3位の仮想通貨です。

テザーの特徴は、「米ドルと連動したステーブルコイン」であることです。

 

ステーブルコインとは?

価格が「法定通貨(米ドルやユーロ)」や「金」に連動するように組み込まれた仮想通貨のこと。
そのためステーブルコインには、価格を安定化させるメリットがある。

そもそもステーブルとは、「安定」や「緩やか」という意味。

テザーは国内の暗号資産交換業者(取引所)では取扱を行っていません
そのため、日本人には馴染みのない通貨ともいえます。

しかし仮想通貨投資においては、国内のみならず、世界に目を向けることが大切です。

しかし2022年3月、スイスの都市ルガーノは、テザーを法定通貨にすることを決定しました。

テザーは、チャートが安定していることも特徴です。
そのため、堅実な投資を行いたいなら、まず検討したい銘柄といえます。

シンボル(通貨) USDT
時価総額 ¥14,415,049,706,266
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

4位 Binance Coin(BNB)

Binance Coinは時価総額ランキングにて、現在4位となっている仮想通貨です。

大きな特徴として、海外の暗号資産交換業者(取引所)「Binance」にて、さまざまな待遇を受けられることが挙げられます。

具体的には、以下のようなものです。

Binanceにて受けられる優待の内容

・取引手数料の割引(最大25%)
・コンバート(両替)サービスを利用できる
・ステーキングを利用できる
・Binance上でのローンを利用できる
・他のプラットフォームでの決済手段となる
ほか

また2021年1月、今後のロードマップを公式ブログにて公開しました。
DeFiへの資金流入、また技術面や人材に注力し、事業を展開することを掲げています。

このようなことから、Binance Coinは将来性にも期待がかかります。

シンボル(通貨) BNB
時価総額 ¥7,200,259,560,191
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

5位 リップル(XRP)

リップルは、リップル社が開発し、発行や運営を行っている仮想通貨です。

リップルは、2017年に大幅な値上がりを見せた仮想通貨のひとつです。

リップル社には、「国際送金を円滑にし、より低コストにする」という明確な目的があります。
その目的の達成のために使用されているのが、このリップルという仮想通貨です。

基本的に仮想通貨は、目的やビジョンが明確であればあるほど値上がりが期待されます。
その点、リップルの目的意識は強いものとなっています。

投資家の間では、

これほど目的やビジョンが明確な仮想通貨は、リップル以外にない

とまでいわれるほどです。

またリップルは、さまざまな銀行や金融機関、企業とも提携し、現在進行系で実用化も進んでいます

このような観点から、今後の値上がりにも大きな期待がかかる仮想通貨です。

シンボル(通貨) XRP
時価総額 ¥4,224,290,107,962.50
価格 77.87円(2024年2月現在)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

今後時価総額が上がる?将来性が期待される注目銘柄

仮想通貨 時価総額-将来性

今後、さらに時価総額が上がる仮想通貨ってほかに何がある?

といった疑問を持った方へ向け、今後の将来性が期待される仮想通貨をまとめました。

主に、以下の3つに絞ってご紹介します。

今後、時価総額が上がることが期待の仮想通貨
  • リップル(XRP)
  • ポルカドット(DOT)
  • サンド(SAND)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

リップル(XRP)

リップルは、リップル社が開発し、発行や運営を行っている仮想通貨です。

リップルは、2017年に大幅な値上がりを見せた仮想通貨のひとつです。

リップル社には、「国際送金を円滑にし、より低コストにする」という明確な目的があります。
その目的の達成のために使用されているのが、このリップルという仮想通貨です。

基本的に仮想通貨は、目的やビジョンが明確であればあるほど値上がりが期待されます。
その点、リップルの目的意識は強いものとなっています。

投資家の間では、

これほど目的やビジョンが明確な仮想通貨は、リップル以外にない

とまでいわれるほどです。

またリップルは、さまざまな銀行や金融機関、企業とも提携し、現在進行系で実用化も進んでいます

このような観点から、今後の値上がりにも大きな期待がかかる仮想通貨です。

シンボル(通貨) XRP
時価総額 ¥4,224,290,107,962.50
価格 77.87円(2024年2月現在)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

ポルカドット(DOT)

ポルカドットは、2020年8月に上場した仮想通貨です。

ポルカドットの最大の特徴として「ブリッジ機能」という技術が挙げられます。

ブリッジ機能とは?

ビットコインやイーサリアムといった、他の仮想通貨と連係する技術のこと。
連係することで、以下のようなメリットがある。

・セキュリティの向上
・通貨の取引スピードの向上
・アップデートの速度の向上

ポルカドットはブリッジ機能にとどまりません。
他にも、さまざまなプロジェクトが現在進行系で進められています

ポルカドットは近年で急激に注目を浴びているかそうつ。
いまやどのサイトでも、注目のアルトコインとして挙げられています

その影響から日々知名度を上げており、今後の拡大にも期待がかかる仮想通貨です。

シンボル(通貨) DOT
時価総額 1,415,672,775,488円
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

サンド(SAND)

SANDは、メタバースプラットフォーム「The Sandbox」をプレイするのに必要となる仮想通貨です。

「The Sandbox」とは、マインクラフトのようなボクセルアートが特徴のゲームです。
自身のアバターやアイテムを作成したり、土地を作って売買を楽しめるものとなっています。

またSANDには数多くの大手企業が出資しています。
ドラゴンクエストで知られる「スクエア・エニックス」もそのひとつです。

2022年5月、国内で初めてCoincheck(コインチェック)にて取り扱いが始まりました。
その影響もあり、急激に多くの投資家からの注目を集めました。

SANDはそれ以降も、着実に市場を拡大させています。

2022年6月後半には、170円台を記録しています。
また、時価総額ランキングも順位を上げる動きを見せております。

人気メタバースプラットフォームの通貨という、新たな可能性を秘めた仮想通貨として、今後も目が離せません。

シンボル(通貨) SAND
時価総額 ¥158,162,892,545.46
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

時価総額ランキング上位の仮想通貨を保有するメリット

時価総額ランキングで上位の仮想通貨を保有すると、メリットがあります。

そのメリットとは、以下のとおりです。

今後、時価総額が上がることが期待の仮想通貨
  • 流動性が高く、取引がしやすい
  • マイナーコインと比較し、チャートが安定している
  • 最新の情報が見つけやすい

それぞれ順をおって解説します。

流動性が高く、取引がしやすい

流動性とは?

流動性が高い=いつでも常に取引ができる。

このように流動性とは、「どれだけ常に取引可能な状態か」を表す言葉です。

「時価総額が高い」。
これは「世界に一定数、仮想通貨が流動している状態」といえます。

そのため、おおよそ常に取引ができる状態となっています。
一方で流動性が低く、時価総額ランキング下位のものは、タイミングによって取引できないこともあります。

欲しいタイミングで取引できるのは、大きなメリットといえるでしょう。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

マイナーコインと比較し、チャートが安定している

時価総額ランキング上位の仮想通貨は、チャートが安定していることもメリットです。

保有している人も多く、市場も大きいためです。

仮想通貨ランキング下位の仮想通貨の場合、著名人の発信やニュースなどでもチャートが大きく乱高下します。

「それがマイナーコインの醍醐味」という方もいるでしょう。

しかし、仮想通貨は一般的に「長期投資」が向いています。
仮想通貨でギャンブル的な要素を避けたいなら、なるべくランキング上位の仮想通貨を選ぶのが賢明です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

最新の情報が見つけやすい

時価総額ランキング上位の仮想通貨は、最新の情報やニュースが見つけやすいこともメリットです。

ビットコインやイーサリアムの場合、どんなニュースサイトやメディアでも、最新の情報が得られます

一方で時価総額ランキングの低いマイナーコインの場合、情報を得るためのメディアが限定されます
そのため、重要なニュースに気付けないこともあるかもしれません。

仮想通貨投資において、情報は大きな武器となります。
その点で、時価総額ランキング上位の仮想通貨は強みとなるでしょう。

時価総額のほか、仮想通貨を選ぶ際のポイント

時価総額やランキング順位は、「仮想通貨の市場規模や価値を判断できる指標」です。

とはいえ、仮想通貨を選ぶ際は、この他にもポイントがあります。

以下の3つに絞って、それぞれご紹介します。

これから上場が期待される仮想通貨の選び方
  • 目的や用途から選ぶ
  • 信頼性を見て選ぶ
  • 出資企業数を見て選ぶ

目的や用途から選ぶ

仮想通貨が開発される背景には、何かしらの目的があります。

その目的がより明確で、理解しやすい仮想通貨を選ぶのがいいでしょう。

仮想通貨に限った話ではありませんが、投資とは将来性を見込んだお気に入りの銘柄にお金を払うことです。

目的もよくわからないし、何がいいのかもあんまり理解できない。

と思う仮想通貨には、投資しない方が賢明です。

なるべくネットの評判などで判断するのはやめた方がいいでしょう。
自分がどう思うかで選ぶことが理想
です。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

信頼性を見て選ぶ

「その仮想通貨には信頼性があるか否か」で判断するのもいいでしょう。

信頼性は、以下の基準で判断します。

仮想通貨の信頼性の判断基準

・有名な取引所へ上場しているか
・開発者や開発チームの情報が検索して出てくるか
・公式サイトに情報がしっかり掲載されている

上記すべて「Yes」であれば、高確率で信頼性の担保された仮想通貨であるといえるでしょう。

また、時価総額の金額やランキング順位も、信頼性において重要な要素です。
確認するようにしましょう。

出資企業数を見て選ぶ

出資している企業の数も、仮想通貨の上場に大きく影響します。

大手企業が出資するということは、将来性が期待されているということだからです。

例えば、イーサリアムは現在、時価総額2位の仮想通貨です。
その裏には、米大手企業のMicrosoftや、トヨタ自動車からの出資を受けています。

「大手企業の仮想通貨への出資」は、仮想通貨の価格を大きく動かします

そのような情報は、もれなくチェックしたいものです。

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)5選

せっかくなら、時価総額ランキングの高い仮想通貨を購入したい!

といった方へ向け、国内のおすすめの暗号資産交換業者(取引所)を以下のとおりご紹介します。

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)
  • Coincheck(コインチェック)
  • DMM Bitcoin
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)

Coincheck(コインチェック)

出典:Coincheck

Coincheck(コインチェック)のココがおすすめ!
  • アプリダウンロード数No.1
  • 取引手数料は取引所のなら無料
  • ビットコインなら、約500円から購入できる

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)1つ目は、Coincheck(コインチェック)です。

Coincheck(コインチェック)の特徴はスマホアプリです。
分かりやすさ、直感的な操作性から、初心者に定評があります。

スプレッドも安く、取引所の手数料が無料です。

Coincheck(コインチェック)はNFT事業にも力を入れています。
「Coincheck NFT(β版)」を運営し、自由にアイテムやキャラクターの売買ができます。

さらにCoincheck(コインチェック)では2022年5月、新たに「SAND」の取り扱いを開始
今後時価総額ランキング上位の仮想通貨の上場も期待されています。

Coincheck(コインチェック)の入金口座は、GMOあおぞらネット銀行、もしくは住信SBIネット銀行いずれかです。
いずれかの銀行口座をすでに持っている方は、入金手数料が無料で済むものメリットです。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 770円以上(クイック入金)
出金手数料 407円
取扱通貨数 27(2023年10月時点)通貨
最小注文数量 500円相当額(販売所)
0.005BTC以上かつ500円相当額以上(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:0.000%
Taker:0.000%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)
CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

DMM Bitcoin

出典:DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのココがおすすめ!
  • レバレッジ取引の取扱通貨数が国内でNo.1※1
  • 取引が可能になるまで、最短1時間
  • 入出金手数料、および取引手数料は無料※2
1※2023年10月時点、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
2※BitMatch取引手数料を除く

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)4つ目は、DMM Bitcoinです。

暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引の取引通貨数は国内No.1です。

DMM Bitcoinの最大の特徴は、レバレッジ取引が可能な点にあります。

また、入出金にかかる手数料が無料なのも大きなポイントです。

加えてDMM Bitcoinでは、多くの人がクイック入金を無料で利用できます
提携の金融機関は1,000社を超えているためです。

クイック入金なら、特定の場所に足を運ぶ必要もありません。
また、料金の反映にもタイムラグもありません。
そんなクイック入金が無料なのは、大きなメリットです

口座開設スピード 最短1時間
入金手数料 0円(クイック入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 現物(BitMatch注文を除く)23、レバレッジ(BitMatch注文を除く)33通貨
最小注文数量 0.0001 BTC(販売所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 -(取引所取引はなし)
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

>>>DMM Bitcoinで口座開設する!<<<

DMMビットコイン

bitFlyer(ビットフライヤー)

 

bitFlyer出典:bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)のココがおすすめ!
  • ビットコイン取引量が6年連続でNo.1
  • 登録から最短10分でコインの取引が可能
  • ビットコインならなんと約1円から売買可能

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)2つ目は、bitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量6年連続で1位です。

取扱通貨数も国内の暗号資産交換業者(取引所)の中で最多水準です。
今後、時価総額ランキング上位の仮想通貨も追加される可能性も秘めています。

また、口座開設スピードが最短10分。
登録から10分で取引可能な手軽さも魅力です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は2014年の創業以来、セキュリティトラブルに遭ったことがありません
セキュリティ面を重視する方でも安心です。

さらに販売所なら約1円からビットコインを購入できる点も魅力です。

名前

最初から大金をつぎ込むのは怖い。
とにかく少ない金額から始められたら嬉しい。

といった慎重派の方にもおすすめできる暗号資産交換業者(取引所)です。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 330円(クイック入金)
※住信SBIネット銀行は0円
出金手数料 3万円未満:550円
3万円以上:770円
※三井住友銀行は上記金額より330円安い
取扱通貨数 22通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 直近30日の取引量に応じて0.15% BTC以下
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)
ビットコイン取引量、6年連続No.1!※
ビットフライヤー

GMOコイン

出典:GMOコイン

GMOコインのココがおすすめ!
  • 取扱通貨数は国内最大級
  • 登録から取引までの時間が最短10分
  • 入出金手数料は無料

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)3つ目は、GMOコインです。

GMOコインは初心者におすすめの機能が充実しています。

国内取引所では顧客満足度1位を獲得

取り扱い通貨数も豊富で、国内の取引所の中でも最大級を誇ります。
そのため今後、時価総額ランキング上位仮想通貨の上場も見込まれます

暗号資産交換業者(取引所)の基本的な入出金手数料は、合計で1,000円ほどかかります。
しかしその点GMOコインなら、無料にすることも可能です。

GMOコインは口座開設スピードに定評があり、なんと最短10分です。

面倒な手続きとかめんどくさい。
すぐ始めたい。

といった、手軽さ重視の方にもおすすめです。

口座開設スピード 最短10分
入金手数料 0円(即時入金)
出金手数料 0円
取扱通貨数 23通貨
最小注文数量 0.00001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 可能
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

bitbank(ビットバンク)

出典:bitbank

bitbank(ビットバンク)のココがおすすめ!
  • 取引量が多くチャートが安定しているので、スプレッドの変動も少ない
  • 取り扱い銘柄が業界最大級
  • シンプルなUIで、アプリやツールの使いやすさに定評あり

おすすめの暗号資産交換業者(取引所)5つ目は、bitbank(ビットバンク)です。

ビットバンクは取引量が多く、売買が活発化しています。
そのため、注文が通りやすい
点がメリットとして挙げられます。

またビットコインだけでなく、イーサリアムやリップル、シンボルなどのアルトコインを広く扱っています
そのため、時価総額ランキング上位の仮想通貨の購入を考えている方にも最適です。

取引所手数料も0.02~0.12%と、安めに設定されています。

加えてビットバンクは、公式サイトをはじめ、全体的にUIがシンプルです。
そのため、スマートフォンアプリや各ツールの機能性、使いやすさに定評があります。

特にトレーダー御用達のチャートツール「Trading View(トレーディングビュー)」が使える点も魅力的です。

全てにおいてステータスの高い暗号資産交換業者(取引所)であり、仮想通貨初心者にもオススメです。

口座開設スピード 最短1日
入金手数料 0円
出金手数料 550円 / 770円(3万円以上)
取扱通貨数 14通貨
最小注文数量 0.00000001 BTC(販売所)
0.0001 BTC(取引所)
積立暗号資産 不可能
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%CC
販売所手数料 0円(別途スプレッドあり)

仮想通貨の時価総額に関する最新ニュース【2024年2月26日】

暗号資産市場の時価総額は163.90兆円、 24時間売買代金は9.05兆円という結果です。

過去24時間での主要暗号資産の動向は、ビットコイン が4,256,224円で-0.16%の下落となり、売買代金は約 22,540億円になります。

イーサリアム は234,561円で-1.97%の下落となり、売買代金は約 7,648億円。

リップル が73.699円で-1.07%の下落となり、売買代金は約 1,183億円です。

ほとんどの主要仮想通貨が価格を下落としましたが、過去7日間において、ゼロエックスは+33.77%と大きく上昇しています。

過去30日でもゼロエックスは+43.28%と大きく上昇しているため、他の仮想通貨よりも価値を伸ばしたと言えるでしょう。

逆に最も価格を下落ちさせたのは、リクエストネットワークで-27.96%と大きく下落。

過去30日になるとフレアが-19.25%下落しています。
参考:みんかぶ

仮想通貨の時価総額まとめ

以上、仮想通貨の時価総額の概要や算出方法、現在の時価総額ランキング上位の仮想通貨、今後注目の仮想通貨などについてご紹介してきました。

時価総額は、仮想通貨の市場規模、価値、および信頼性を相対的に判断できます
そのため堅実な初心者の方は、まずは時価総額ランキングが順位のものから選ぶのがおすすめです。

ランキング上位のものでなくても、今後の将来性が期待されているものもあります。
そのような銘柄に投資するのも楽しみが増す、という観点でメリットでしょう。

これから仮想通貨を選ぶ際は、ぜひ「時価総額」を気にかけてみてはいかがでしょうか。

なお仮想通貨について、以下の記事もぜひご覧ください。

リップルの今後はどう?気になる最新情報や今後の見通しについて徹底解説!

ビットコイン・仮想通貨の始め方【かんたん】初心者でも儲けるコツや買い方を解説

ビットコイン・仮想通貨の始め方・やり方|初心者でもわかる取引手順を徹底解説

CoinCheckはアプリが使いやすく、これから始める人でも安心!

手数料が安く、使いやすいため、当サイトでも1番人気の仮想通貨取引所です!


500円から仮想通貨が買える!

コインチェック

消費者庁、金融庁、警察庁、政府からの注意喚起

「投資などのお金に関するトラブルや悪質商法について」

暗号資産取引に関して特に注意すべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です